広告

AIはもう医療に入っている

医療関係者、または医療関係ビジネスに従事している方々、AIについては認識されておりますでしょうか。実は、AIはもう医療に入り込んでいます。

AIはもう人間よりも正確に、的確に仕事をこなしております。より良い治療指針を獲得するには、過去の膨大なデータを参照しなければならず、人の頭と手によっては限界があります。AIはその膨大なデータから瞬時に、的確に、正確に、効率よく最適な方針を打ち出すことができます。もう人間の医師が診るよりは誤診率は圧倒的に少ないでしょう。

膨大なデータを操る技術を時々ロボティクスと表現します。産業用ロボットではありません。むしろITの一環で、データをサイエンスする意味合いです。AIとロボティクス、共にデータをどう効率的に操るかがキーです。

AI、そしてロボティクスは当然現代の産業に組み込まれていきます。種々の産業にどう組み込むのか、それによってプロセス、業務の効率化、付加価値が生まれてくるのです。

産業だけではなく、当然、医療分野にも大きな大きな、とても大きな変革をもたらせてきています。

もはや、医療の産業は、製薬会社や医療機器メーカーよりも大きなポテンシャルがAI、ロボティクス関連企業に移っています。そのうちに、医療業界といえば、製薬や機器ではなく、情報技術、AI、ロボティクスを指すようになるでしょう。いや、もうなっているのかもしれません。

裏を返せば、AI、ロボティクス、データサイエンス、これらのトレンドに乗り遅れるた事業会社、即ち製薬、医療機器メーカーは、致命的なビジネスの喪失につながるでしょう。

当然、人材もAI、データに鈍感な人は今後どの分野でも生き残るのは難しくなるのかもしれません。

事業会社に対してAI、やデータサイエンス、ロボティクスを提供していくのは、ITベンダーやコンサルティングファームになるでしょう。

つまり、ITベンダー、コンサルティングファームが、事業プロセスの上流に位置するのです。

そして、上流の取り合いが始まるでしょう。

いや、すでに、プロセスの上流の激しい取り合いが、もうとっくに始まっているのです。

製薬企業や医療機器企業の現場の人々が知らない間に、AI、データサイエンスは激しい競争が展開されております。それは、もはや次世代の話ではないのです。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。