広告

ロモソズマブ 骨密度が明らかに上がる、骨粗鬆症の有望な新薬

新しい作用機序の骨粗鬆症治療薬が日本で承認申請されました。

ヒト抗スクレロスチンモノクローナル抗体製剤「ロモソズマブ」骨折の危険性の高い骨粗鬆症の治療薬として製造販売承認申請

 

骨吸収を抑えるだけでなく、骨破壊を抑え、骨密度の増量を促す、とても注目されている薬です。日本にはこの手の薬はまだありません。アメリカにおいてP3の結果を発表したのは、アムジェンとUCBです。

Results From Phase 3 BRIDGE Study Show Romosozumab Significantly Increases Bone Mineral Density In Men With Osteoporosis

日本ではアステラスとアステラスアムジェンの動き、情報が注目されていますが、UCBが絡んいることを知らない方も、実は結構います。

画期的な新薬ですが、例のごとく、薬価がどうなるのか。とても高くついてしまうと、また色々とありそうです。かと言って、低い薬価では開発者のモチベーションにも関わるでしょう。

何れにしても、患者にしっかりと提供されるのか。注目されるところです。

 

また、転職をお考えの方で、骨粗鬆症領域ご経験のある方、ぜひご一報ください。情報提供をさせていただきます。こちらまでどうぞ。

これ、売れそうですね!!!

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。