33歳で婚約した、とある女性MRの物語

その女性MRは、都内の女子大を出て、新卒で某関西本社の外資系製薬企業に入社しました。

僕は地理がよくわからないのですが、和歌山県に配属になり、県内であっても、和歌山市までも3時間くらいかかる場所を担当になったそうです。

 

当然縁もゆかりもない、土地です。

 

和歌山県も素晴らしいところだと思いますが、その女性MRは望んでそこに配属になったわけではありません。

個人的に、和歌山県に、特に何の他意もありませんが、考えてみれば、大学を出たばかりの22歳の女性が、縁もゆかりもないところで、地方で、独り暮らしをする・・・・これがMRです。

このブログは僕の勝手な発言なので、批判されても大丈夫なのですが、22歳の女性をそう言う配属にする会社がどうかしていると個人的には思います。

男性とか、女性とか、まあ、ダイバーシティの折、特に外資、いや国内企業でも人事はあまり言ってはいけないと思いますが、僕はもう企業に属してないので、はっきり言います。

 

新卒の女性を希望していない勤務地に配属させて、独り暮らしさせる企業は、おかしい。

批判されても構いません。

 

その場所を望んだのであれば、話は別です。

希望もしていないのに、そんな和歌山市に出るのに3時間の場所って、どこですかね。。。。そもそも僕も和歌山県自体に行ったことがないのでわかりませんが。

 

(誤解のないように言いますが、僕は新卒で製薬会社に入った時には、へき地を希望しました。なぜなら、3代も4代も、代々に渡って東京の家系だったからです。田舎が欲しかった。なので、僕は日本の地方が羨ましいです。個人的に。ちなみに、結局配属は東京になり、その後ずっと東京勤務でした。)

 

で、その方が、私のところに来たのは3年前で、その時彼女は入社後6年経っていました。

22歳から29歳まで、独身女性が縁も所縁もない、土地で暮らしたのです。

まだ、縁がなくても、大阪とか、東京とか、名古屋とか、そう言うある程度主要都市なら話は別ですが、和歌山市から、3時間って、すごいなと思いました。

私のところに来た時に、色々聞いたら、
「もう限界だ」
「お金はどうでも良いから、東京で暮らしたい」
と言うようなことを言っていました。

学生の時に付き合っていた彼氏とは数年前にとっくに別れ、

その後会社の先輩から告られたけど、断り。。みたいなことがあったらしいです。

合コンなどそう言うのもなく、たまに開業医のおっさんに飲みに連れて行かれたと言っていました。

「来年、30歳になります。」

と、彼女に言われた時には、生々しくて、二の句が継げませんでした。

結局、あるコントラクトMRのポジション、東京限定で転職しました。

その後3年経ちまして、とあるメーカーに、東京勤務で転職しました。

現在33歳ですが、結婚のご予定があるとの連絡が来ました。。。。。

いやあ、何と言うか。

特に女性で、新卒で希望していない勤務地で独り暮らししている方、

そもそも、このご時世、もうMRをずっと続けること自体がオワコンなので、希望の勤務地でコントラクトMRでもやりませんか。

 

もう、我慢するのはやめましょう。

 

*やたらとコントラクトMR推すなあ、、、と、思っている方。バレました?

そうです。あんまりメーカーの案件が無いのです。

あと、正直、コントラクト悪く無いと思っています。

コントラクトMRオススメなのです。
MRをずっと続けないと言う前提ですけど。

 

メーカーのMRなら、全国OKが前提になりますよ。

コントラクトなら、堂々と、勤務地ありきで言えます。

 

ご連絡お待ちしております。下記からフォームにご記入ください。

このウェブ上には残りませんのでご安心ください。
メールアドレスのお間違いにご注意ください。

 

 

 

 

AIで作った食品で糖尿病予防

世界初の生理活性ペプチドを組み込んだ食品を発売するかもしれない、ニュリタスの情報です。

「人工知能」と「DNAシークエンシング」

最新テクノロジーを組み合わせています。

うまくいけば、2020年にも生理活性ペプチドを組み込んだ糖尿病予防の食品が発売されるかもしれません。

予防医学の最先端です。

すでに、ネスレ、BASFとコラボしています。

CEOはノラ・カルディ博士。CEOに見えないですね。

 

カルディと言ってもコーヒーが売っているお店ではありません。

 

ノラ・ジョーンズもびっくりでっす。

AIで作った食品で糖尿病予防なんて、”Dont know why” と言っていることでしょう。

 

平野ノラもびっくりです。

AIで糖尿病予防できる食品できたら、儲かって”バブリー”と、言っていることでしょう。

 

 

 

 

ノラ・カルディ博士はアイルランド人の母とフランス人の父をもち、ダブリン大学トリニティ・カレッジで分子進化と生物情報工学を学び、博士号を取得したそうです。

 

 

その彼女の創業した会社、Nuritasのバックアップしている投資家がすごいです。

マーク・ベニオフ・・・・セールスフォース・ドットコム最高経営責任者

アリ・パルトビ・・・・起業家。フェイスブックのアドバイザー

ボノ・・・・U2

ジ・エッジ・・・・U2

ニュー・プロテイン・キャピタル・・・・シンガポールのキャピタル

 

 

Nuritasはわずか1年間で数百ものペプチドを発見し、特許を取得している。このうち血糖値の調整機能がある2つのペプチドは、糖尿病予防に役立てるため開発が進められている。

最大の難関は、実際に効果があるだけでなく、美味しく摂取できる分子を見つけることだ。また、食品に加える際にペプチドが上手く混ざるようにすることや、加熱しても問題ないかなどを確認する必要もある。

食品がもたらす健康効果について、消費者はますます敏感になりつつある。しかし、残念なことに、こうした意識の変化が彼らの食習慣を劇的に変えるとは限らない。だからこそ、慢性疾患と闘うためにはこうしたペプチドを含む食品が必要になってくるのだ。

ニュリタスが開発を進めているペプチド食品は、人々の健康に大きな効果をもたらすことになるだろう。

(https://forbesjapan.com/articles/detail/15272#)

 

 

ニュリタスの戦略は、なんとなく新しく見えます。どこかを買収するとか、どこかのシェアを奪うとかというよりも、コラボするというスタイルです。

 

まず、ネスレとのコラボです。

こちらのプレスリリースをみても、

Nestlé and Nuritas to Work Together on Discovery of Food-Derived Bioactive Peptides Through Artificial Intelligence

Nestlé and Nuritas to Work Together on Discovery of Food-Derived Bioactive Peptides Through Artificial Intelligence

なんか、「一緒にやろうよ!」みたいな雰囲気ですよね。会社のプレスリリースに見えません。

 

 

 

次は、BASFとのコラボです。こちらは、BASFサイドのプレスリリースですが、Nuritasに影響されたのか、波長が合ったのか、化学カンパニーだけに、化学反応してしまったのか、どうかわかりませんが、BASFまでが「Togetherしようぜ」みたいになっちゃってます。 ルー大柴もびっくり。

https://industries.basf.com/en/Omega-3/News-Events/News-Release/2017/BASF-and-Nuritas-to-Work-Together-on-Delivering-Next-Generation-Peptide-Ingredients-Through-Artificial-Intelligence.html

BASF and Nuritas™ to Work Together on Delivering Next Generation Peptide Ingredients Through Artificial Intelligence

 

 

 

すでに出願とか、こういう情報も出ていますよ。

https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2018523704

 

AIを使って抽出したペプチドの食品。そしてそれが血糖値を抑える。これが、ガチで市場に出てきたら、予防医学がますます盛り上がりますね。