在宅勤務のMRは用事がなければ別にドクターとweb面談なんかしなくて良いし、用事がないことは良い事であるという事を上司も本社も認めた方が良い。

コロナで、営業も在宅である。

製薬会社のMRも在宅。

別に在宅でも良いので、用も無いのにweb面談の実績を作りたいだけでドクターにメールしたりするのをやめたほうが良い。

用が無いのは良いことだと思う。平和で。

製薬会社の営業部門もそういう風に解釈すれば良いのに。在宅勤務で、用が無いから、ただ在宅している。それで何ら問題ないはず。

ただし、上司はそう思わない。用が無いから何もしないことを、本社や、上司の上司から「MRに何もさせていない」とか、「何のアイデアも無い」みたいに思われることにビクビクしているのだろう。部下から見れば迷惑でしかない。

考えてみれば、上司とは、まあ、40歳代とか、50歳代もいるか? 要するにベテランのMRだろうか。ベテランMRはもう転職先も無いし、ローンに子供の教育費に、まあ或いは親の介護であるとか、色々抱えている。もし製薬企業に居られなくなれば、生活は維持できないから必死だろう。別に英語とかプログラミングなどできるわけでもないし、ITスキルも金融リテラシーも低いし、彼らにMR以外の選択肢はないのだ。だから必死である。

上司に選択肢がないからと言って、本社や上司の上司に体裁整えたいからと言って、部下に対して「ドクターにメールしてweb面談のアポ取れ」とか、あるいは無意味なweb面談の回数をトラックしたりしている事例が発生している。

無意味な面談は、無意味である。

ーーーーー

考えてみれば、コロナ前の外勤の時も、特段用は無いことがほとんど。毎日毎日用があるわけでは無い。新薬発売とか、効能追加とか、講演会とか、そういうのがなければ、あんまり用はない。

それでも、何となく訪問して、ドクターに会ったりする。用もなくて会うので、会話も特段重要では無い話題がほとんど。

重要では無い会話がほとんどでも、面会回数1は大きい。ドクターからしても、まあ、向こうから来るから、別に少し話すくらいは仕方ないかな・・・程度な感じなのだろう。

これをメールとかでできれば解決するのではないだろうか。

つまり、「重要じゃないけど、コンタクトしたよ。」みたいなのが、MR側からもドクター側からもわかる感じにできれば。しかもオンラインで。

ドクター側からも、用もない事に時間を割かなくても、コンタクトした履歴は残せる感じ。これならMRの上司も満足。

ーーーーーー

例えばだけど、開封通知付きの、返信無用のメールをドクターに送る。ドクターがメールを開封したら、カウント1。

メールをクリックするだけ。

それでも、立派なコンタクトだ。

ただ問題点はこれが流行ると、MRが挙ってドクターにメールをしまくるので、大量のメールにドクターがうざくなって開封すらしなくなる恐れがある。

ーーーーーー

開封でさえ、しなくてもよくするとか。もうクリックすらしない。ただ届いていれば、良いと。

そうなると、もうメールの中身も要らない。メールのタイトル部分で完結できレバ良い。

メールのタイトルに、

「●●製薬の●●です。今日も良い天気ですね。では。(返信、開封無用)」

これだけで良い事になる。それでも良いと思う。

ただそうなると、「意味ないメール送るな」みたいになるよね。

どうにかして、意味の無い事をクレームなしでやり遂げることはできないだろうか。

ーーーー

もちろん、用事があるときは、大いにweb面談のアポなり電話なり、何なりすれば良い。

問題は、用事がないのに、「面談しろ」と言われた時の対処法なのだ。

意味のないコンタクトを、如何にリモートで成し遂げるか。これが解決できたらすごい。