コロナ時代を生き残る

UKでもCovid-19のワクチンは来週から! 当然AZかと思ったら。。 

UKがAZ、、、、、ではなく、ファイザーのワクチンを承認しました。来週から接種を始めるようです。

先日、アメリカがCovid-19のワクチンをクリスマス前までに射ちはじめるという、ニュースが駆け巡りましたが、2020年12月2日発行の、英国保健社会福祉省の発表で、UKでも来週から注射するという内容がリリースされました。

ただ、てっきりUKだけにAZ / Oxford Univかと思っていたら、Pfizer / BioNTech社でしたので、少し拍子抜けです。

そこらへんの事情はよくわかりませんが、調べてみます。

何れにしても、ヨーロッパで初のCovid-19のワクチン接種国となります。

【英国保健社会福祉省の発表】

政府は本日、独立した医薬品・医療製品規制庁(MHRA)からファイザー/バイオンテック社のCOVID-19ワクチンの使用を承認するよう勧告を受け入れました。これは、数ヶ月に及ぶ厳格な臨床試験とMHRAの専門家によるデータの徹底した分析の結果、同ワクチンは安全性、品質、有効性の厳しい基準を満たしているとの結論を得たことを受けてのものです。

https://www.gov.uk/

ただしちょっと不可解なことがあり、Pfizer / BioNTech ですけど、保存条件は-70℃かと思っていたら、最初の5日間は、2-8℃で大丈夫みたいなことを言っています。

それ全然話が違うじゃん!

でも、もし本当に大丈夫ならある意味良いニュースではあります。

ガーディアンによると、このUKでのワクチン接種はとても歴史的と言っております。

「科学の勝利」

というような触れ込みで報道しているのですけど。ただ、保存状態の件は本当に大丈夫なのですか?

なんだかこれもPfizerのCEOが調子の良いこと言っちゃったのではないか? と、思ってしまいます。なぜかといえば、全然言っていることが違うからです。-70℃と2-8℃では、全然違いますよね。

とにかく、コロナ収まって欲しいです。