blog

アポ無しでリモートでMRができるかもしれないと思った

偶然を演出するCosmos Video

いちいちアポを取らないでMRと話したいという医師は多いと思います(俺調べ)。そもそも、それが本来のMR活動です。本当に必要な時にはアポイントとりますけど、普段の活動ではいちいちアポイントとりません。

「先生、ちょっといいですか?」

とか、

「あ、武田さん、ちょっといい?」

みたいなやりとりこそ、医師も望んでいるのです(俺調べ)。

ところが、コロナで、MRもリモートになり、全てオンラインになってしまいました。特段用事がない時には、普段なら、ドクターと医局とかでつまらない話でもしていれば良いのですが、何しろリモートですので、ドクターと話す時には一個一個アジェンダ(懐かしい。渡辺喜美)が必要になります。

あそこの焼肉が美味いとか、あの子可愛いとかいう雑談にアジェンダはありません。ですので、それはリモートではできなくなりました。

考えたのですが、ポケモンGOでしたっけ? そういうゲームありますよね。それの病院が舞台のを作ってもらえば良いと思いました。医局とか院長室とかにいくわけです。良いと思いませんか。偶発的なミーティングができそうです。

医師は、MRと偶発的なMTGとか、あるいは、何かのついでにちょっとだけ話したいとか、そういうことを望んでいるのです。

  • 偶発的なMTG
  • ちょっとだけよ

それが可能になるかもしれないと思わせたのは、Cosmosという会社です。

Cosmosは人と一緒に仕事をするような感じを提供する、バーチャルプラットフォームです。ただ、同じ会社とか、オフィス空間がプラットフォームになるので、外部をプラットフォームにできるのかわかりません。

もしも、外部のパブリックな場所をバーチャルにできるなら、まさにVRの登場になります。

VR 【 Virtual Representatives 】の登場

Cosmosをちょっと加工すれば、パブリックスペースのプラットフォーム化が可能になるのではないでしょうか。

そうしたら、医局のバーチャルプラットフォームが誕生します。

そこに、MRならぬ、VRとしてログインして医師や各メーカーがうろつくのです。

そこに、おっと、声がかかります。先生からです。

「はい。あ、それはですね、症例としては。。。。」

みたいな、医師とMRのセッションが早速始まります。アポ無しです。

Cosmosを改良して、VRとして活動できる時代が来るかもしれません。

ただ、もう、そこまでいくと、「普通に訪問しなよ」とおもってしまうのです。

カテゴリー:blog