blog

高い給料を求めることは、正しい。

お金のため

なんのために働くのかを考えてみたいと思っています。

結論から言うと、お金のためです。

極端な話と思うかもしれませんが、お金のために働くと考えると物事が整理されて、モヤモヤしたものが晴れるかと思います。

「そっか、お金のために働くと思えばいいんだ。」
こんな感じで、色々とキャリアについて悩んでいた方々も、一気に解決です。

では、どんなキャリアを歩めば良いのでしょうか。

これも簡単です。

お金が高い企業を選べば良いのです。

少しでも給与が高い企業のオファーを取れるように進んでいくと決めれば、その方向はかなり正しいかと思います。

お金のために働く。
お金が高い企業を目指す。

お金を稼ぐことを阻むこと達

とてもシンプルですよね。ただ、そう簡単に行かないのが、世の中というものです。お金のために働いて、お金の高い企業を選びたいけど、そうできない理由として、

・そもそもスキルが足りない
・家庭の事情がある
・自分自身の事情がある

少し抽象的になってしまいましたが、そもそも、そんな給料の高い企業からオファーをもらえるほどのスキルが無い。
勤務地が限定されている。親の介護、奥さんの家族のこと、子供が私立の学校に行った、ローンを組んだ。
パワハラでメンタルやられている。

そうなのです。お金のために働くという考えの下に、給料の高い企業にすんなりと入れる人なら、そんな簡単なことはないのです。

そりゃ、できたら、東大出て、ハーバード大出て、ゴールドマンサックスで働いて、起業して社長になって、投資家になって、、、と、そんな道を歩んでみたいものです。中にはそういう人も居ますが、大抵の人は、そんなんじゃないのです。

お金だけのためか

お金のために働くと言うことを結論で申し上げましたが、ではお金だけのためでしょうか? 

やりがい、幸せ、自己実現。

これらはかなり関係あります。

自分の事情、自分のやりがい、自分の自己実現の中で、それを踏まえた上で、最大限の給与をもらうということが良いかと思います。

逆に言えば、幸せでなければ、辛い仕事になるかと思います。
やりがいがなければ辛いかと思います。
自己実現でき無ければ、辛いかと思います。

崇高な理念は、嘘っぽい

よく企業のホームページに書いてあることを面接で言う人がいます。

面接用には悪くないですけど、本当にそう思っていたなら、少し嘘っぽいです。例えば製薬会社などにあるような、「病気の人を助けたい」的な理念です。

そんなことよりも、お金のはずです。僕はそう思います。そもそも医者でもないのに、病気の人を助けられないです。

「病気の人を助けたいので、仕事をしています。」

嘘っぽいです。

実は、もっと稼ぐことで、役に立っている場合があるのです。それを知った方が良いです。

業界問わず、優秀な営業マンなら、営業成績を人よりも多く上げることによって、末端のユーザーの役に立っていると考えることができます。

製薬会社のMRなら、日頃の活動はインセンティブを多くもらいたいから。でも、その活動の多さが、実はどこかの患者さんの役に立っているかもしれない・・・、と考えられるのです。

これなら、自然です。

病気の人を助けたい

のではなくて、

日頃、お金を稼ぐための活動が、もしかしたら、その延長線上に、誰かの役に立っている可能性がある。

こう言う考えの人の方が、好感が持てます。

病気の人助けたいと言いながら、MRやっている人がいたら、会社やめて医学部行って医者になった方が良いと、助言します。

金儲けしたい、一山当てたい一心が、実は世の中のためになる

特にヘルスケア企業に多いのですが、病気とか、患者とかの企業理念に洗脳というと大げさですけど、なんか、変に良い人になりがちです。

営業に限らず、例えば、開発の人も

「アンメットメディカルニーズ」に挑戦するのが使命とか、「まだ薬の行き渡らない地域に貢献したい」などなど云々、とても立派なことを言います。

間違ってはないです。

嘘でもないでしょう。

でも、「マジかよお前?」と、突っ込みたくなります。

逆に、こんなことを言ってくれたら、信じます。

「まだ治療法のない新薬を開発して、ブロックバスターになって、それでがっぽり儲けて、麻布に建てた豪邸の車庫から、フェラーリに綺麗な彼女を乗せて出てくる姿を想像しています。」

おそらくこんなことを言ったら、製薬業界では変な人かもしれませんが、本当にそういうモチベーションでやり遂げたら、本当に世のため人のためになるではありませんか。

本当に、その通りになったら、変な理念を常日頃馬鹿みたいに掲げている輩よりも、よほど価値のある人物になります。

結局、お金のことを考えることが、結果的に、世のため人のためになるんだ! と、強く思うのです。

日本人は、理念よりも、このお金への執着を取り戻すべきだと思っています。

であれば、失われた30年は戻ると思います。

カテゴリー:blog