AI, デジタルヘルス, blog

AIで作った食品で糖尿病予防

世界初の生理活性ペプチドを組み込んだ食品を発売するかもしれない、ニュリタスの情報です。

「人工知能」と「DNAシークエンシング」

最新テクノロジーを組み合わせています。

うまくいけば、2020年にも生理活性ペプチドを組み込んだ糖尿病予防の食品が発売されるかもしれません。

予防医学の最先端です。

すでに、ネスレ、BASFとコラボしています。

CEOはノラ・カルディ博士。CEOに見えないですね。

 

カルディと言ってもコーヒーが売っているお店ではありません。

 

ノラ・ジョーンズもびっくりでっす。

AIで作った食品で糖尿病予防なんて、”Dont know why” と言っていることでしょう。

 

平野ノラもびっくりです。

AIで糖尿病予防できる食品できたら、儲かって”バブリー”と、言っていることでしょう。

 

 

 

 

ノラ・カルディ博士はアイルランド人の母とフランス人の父をもち、ダブリン大学トリニティ・カレッジで分子進化と生物情報工学を学び、博士号を取得したそうです。

 

 

その彼女の創業した会社、Nuritasのバックアップしている投資家がすごいです。

マーク・ベニオフ・・・・セールスフォース・ドットコム最高経営責任者

アリ・パルトビ・・・・起業家。フェイスブックのアドバイザー

ボノ・・・・U2

ジ・エッジ・・・・U2

ニュー・プロテイン・キャピタル・・・・シンガポールのキャピタル

 

 

Nuritasはわずか1年間で数百ものペプチドを発見し、特許を取得している。このうち血糖値の調整機能がある2つのペプチドは、糖尿病予防に役立てるため開発が進められている。

最大の難関は、実際に効果があるだけでなく、美味しく摂取できる分子を見つけることだ。また、食品に加える際にペプチドが上手く混ざるようにすることや、加熱しても問題ないかなどを確認する必要もある。

食品がもたらす健康効果について、消費者はますます敏感になりつつある。しかし、残念なことに、こうした意識の変化が彼らの食習慣を劇的に変えるとは限らない。だからこそ、慢性疾患と闘うためにはこうしたペプチドを含む食品が必要になってくるのだ。

ニュリタスが開発を進めているペプチド食品は、人々の健康に大きな効果をもたらすことになるだろう。

(https://forbesjapan.com/articles/detail/15272#)

 

 

ニュリタスの戦略は、なんとなく新しく見えます。どこかを買収するとか、どこかのシェアを奪うとかというよりも、コラボするというスタイルです。

 

まず、ネスレとのコラボです。

こちらのプレスリリースをみても、

https://www.nuritas.com/nestle-and-nuritas-to-work-together-on-discovery-of-food-derived-bioactive-peptides-through-artificial-intelligence/

Nestlé and Nuritas to Work Together on Discovery of Food-Derived Bioactive Peptides Through Artificial Intelligence

なんか、「一緒にやろうよ!」みたいな雰囲気ですよね。会社のプレスリリースに見えません。

 

 

 

次は、BASFとのコラボです。こちらは、BASFサイドのプレスリリースですが、Nuritasに影響されたのか、波長が合ったのか、化学カンパニーだけに、化学反応してしまったのか、どうかわかりませんが、BASFまでが「Togetherしようぜ」みたいになっちゃってます。 ルー大柴もびっくり。

https://industries.basf.com/en/Omega-3/News-Events/News-Release/2017/BASF-and-Nuritas-to-Work-Together-on-Delivering-Next-Generation-Peptide-Ingredients-Through-Artificial-Intelligence.html

BASF and Nuritas™ to Work Together on Delivering Next Generation Peptide Ingredients Through Artificial Intelligence

 

 

 

すでに出願とか、こういう情報も出ていますよ。

https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2018523704

 

AIを使って抽出したペプチドの食品。そしてそれが血糖値を抑える。これが、ガチで市場に出てきたら、予防医学がますます盛り上がりますね。

 

 

広告
AI, デジタルヘルス, blog

 ロボットクラウドラボラトリープラットフォーム

AI、ロボティックスについて情報を発信していきます。

少し前の、2018年7月のニュースです。

リリーがトランスクリプティック社と提携しました。

→参考(https://www.businesswire.com/news/home/20180724005252/en/Transcriptic-Selected-Oversee-Robotic-Cloud-Lab-Platform)

ロボットクラウドラボラトリープラットフォーム

シリコンバレーに本社を置くTranscripticは、オンデマンドライフサイエンス研究用の最初のロボットクラウドラボラトリープラットフォームを作成しました。

それにしても、この会社のロケーション良いですね。

Dumbarton Bridgeという綺麗な橋のたもとですね。

CTOによる、ロボティッククラウドラボの説明です。ていうか、若い。

同社のTCLE(The Transcriptic Common Lab Environment )は、堅牢な自動化、スケーラビリティ、柔軟性、および機器の遠隔監視を可能にするために、単一のユーザインタフェースを介して実験室のプロセス、プロトコル、および機器をIoTテクノロジと統合します。

つまり、ラボの装置と装置がAIで繋がって、IIoTになっている感じでしょうか。

ヘルスケアのインダストリー X.0(エックスポイントゼロ)でしょうか。

TranscripticとLillyは、自動化の力と人工知能および機械学習を組み合わせて、コストを削減し、スピードを上げ、環境を最小限に抑えながら、次世代の創薬を形作り、個々の科学者が新しいアイデアを試す範囲を広げようとします。

AIによる創薬ですね。

 

シリコンバレーのAI企業と、老舗の製薬企業とのコラボの良い例ですね。これでどんどんアンメットメディカルニーズの新薬が出てくると良いですね。

すごいイノベーションです。

今後も、ヘルスケアとAI、機械学習、ロボティックについて紹介していきます。

 


AI, デジタルヘルス, Key word

デジタルヘルスケア キーワード

デジタルヘルスケアには、だいたい下記のドメインがあります。

 

デジタルヘルス

  • 疾病を予防、診断または治療するためのヘルスケア技術の評価およびモニタリング

  • 患者のモニタリング

  • リハビリテーションまたは長期ケアのためのモニタリング

  • 自立支援

  • 障害者用の支援技術

  • リハビリロボット

  • 監視センサー、およびウェアラブルデバイス

  • 臨床的意思決定支援

  • 診断、分析、および患者関連データの解釈

  • 計算機シミュレーション

  • モデリング

  • 機械学習アプローチ

 

E-Health

モバイルヘルス

→モバイルデバイスによってサポートされている医学および公衆衛生の実践

  • ヘルスシステム工学アプリケーション

  • 知識発見

  • 意思決定

  • 最適化

  • ヒューマンファクタ工学

  • 品質工学

  • 情報技術とコミュニケーション

 

 

自然言語処理のための音声および聴覚システム、音声認識技

術、ならびに医療機器

→音声および聴覚を補助することができる(例えば、人工内耳)

 

遠隔医療、遠隔医療、テレケア、

telecoachingとtelerehabilitation

→遠隔距離で患者ケア

 

概ね、これらをデジタル、機械学習、AIなどでリンクさせることが、産業界のみならず、医療産業革命と言えるかもしれません。

これからは全てが繋がります。

 

4419537146_a173bbcfc6_q

 

今後一つ一つ話題を追っていきましょう。




広告 頭金ゼロからの不動産投資【保険ニュース】