AI, blog, 医療機器

ダビンチの特許切れ

Robotic Surgery といえば、ダビンチが牽引してきました。すでに各病院には、ダビンチが入っていることが売りになっていたり。また、Robotic Sergery Centerなるものできていたります。

https://med.nyu.edu/robotic-surgery/

NYUのメディカルセンターのロボティックサージャリーセンターです。センターといっても、一部にダビンチが置いてあるのか、それともダビンチ専用の何かファシリティがあるのかどうかはわかりません。

 

https://www.bumrungrad.com/en/robotic-surgery-center

筆者の住んでいるバンコクの、バルムンラート病院のRobotic Sergry Centerです。こちらの情報はもっと大掛かりで具体的です。バンコクといえば、メディカルツーリズムが一つの重要な外貨獲得手段になっており、中東やヨーロッパから多くの患者が訪れる状況です。当然、ダビンチは病院にあるということになります。タイにはたくさんの医学部があり、欧米で研修した優秀な医師がたくさんいます。

話は逸れますが、日本も一時期メディカルツーリズムを産業化しようという動きがありあました(今でもあるのかな)が、なんかパッとしないですね。外国人がたくさん日本の病院に治療に来ている光景は何となく想像できないですね。

そのダビンチの特許が切れそうです。

今までダビンチが牽引してきたロボット手術業界に、競合他社が参入しようとしております。

https://cmrsurgical.com/versius/

有力視されているのは、CMRのVersiusです。ダビンチよりは小さいとか、色々とできることが多いなどの差別化をもうすでに売りとして高らかに謳いあげています。

さらにGoogleでは、JJとの共同でクラウド型のロボティクスサージェリーをやるとか。クラウドでどこでもLearning、そして知識共有できるという売りでしょうか。

日本ではその前に制度の見直しや優遇措置が必要かもしれません。全て保険適応をしようとするので、導入が遅れているとの見方があります。また、操れる医師不足で、トレーナーも足りない。私の知り合いの若手の医師はトレーニングを受けに韓国に行った医師がいるらしいと聞きました。

薬事申請の面でも、人材の面でも、日本はRobotiv Seargeryのダビンチ以降の製品導入大丈夫でしょうか。

Post Davince…ダビンチ以降のロボティクスに少し注目です。

 

 

 

 

 

広告
blog, MR, 医療機器

攻めの採用

昨年製薬業界はリストラ続きでした。特にコマーシャルサイドではMRを筆頭としてそれが顕著でした。MRは要らない、MRの数が減ると言われてもう10年以上経つでしょうか。実際にMRの数は減らされて来たような気がします。転職数もだいぶ減りました。数年前のように、常に10社くらいがMRを募集ているような時代ではもうありません。

しかしながらMRの転職ニーズはまだあります。ただ、企業側のニーズの様相が変わりました。

以前は企業側は普通のMRを求めていました。新薬が新発売。その新薬も同種のマーケットがすでにある中での新製品が多かったのです。若手で、普通のMRであれば転職が可能でした。従いまして転職マーケットも活況でした。また、欠員の補充もこれと言ってなんの特筆よするようなリクエストは少なかったです。本当に普通であればOKでした。

様相が変わったというのは、この企業側のニーズが変わったということです。普通のMRのニーズから特殊なMRのニーズに様変わりしました。

例えば今私が扱っているMRの案件は、

患者数600人のオーファンドラッグの新発売に伴い、全国を8人のMRで担当するという案件です。様変わりも甚だしいです。つい数年前までは製薬企業は患者数の何百万人もいるプライマリー領域の開発に精を出していました。単純に売れるからです。ところが今は患者数600人の薬を開発して発売しようとしているのですから。当然そこには情熱が感じられるわけです。この8人の募集に関して、私としては応募を待っているわけにはいきません。こちらから声をかけて、口説いて興味を持ってもらう形です。この人材獲得の手法も様変わりです。大きな広告を出してまるで大手家電量販店のような3割引4割引当たり前みたいな大風呂敷を広げて、全て手取り足取りサポートして給与交渉も任せてください・・・的な手法では見つかりませんし、企業側もそういうエージェントからくる候補者を信用しないでしょう。なぜなら、ああ、この人はあのウェブに出ているフルサポートを謳っているエージェントを頼りにする人材なんだな・・・と思うことでしょう。8人です。考えてみてください。例えば勤務地の希望が通ると思いますか。そもそも、勤務地とかを気にしている時点でこの選考からは落ちてしまうかもしれません。それが、「勤務地の希望を叶えます」みたいなことを謳っているエージェントをあてにして登録している時点で、人物像を疑ってしまうかもしれません。全てをいいようにやってほしいというような人材は適しません。だいぶ昔と変わりましたよね。

もう一つの例は企業側の求めるリクエストがより具体化しているところです。特定の診療科の訪問経験。特定の診療科のKOLとの繋がりがあるかどうか。あるなら、何先生なのか? また、つながりとは? その定義は何か。担当病院に居ただけなのか。例えば、今でもその先生の携帯に電話してアポイントが取れるくらいの関係なのか。というところまでリクエストされます。こうなってくると、私としても尚更転職希望者を待っているわけにはいかないのです。そのような経験のありそうな人材をどうにかして探し当てて、声かけをしなければならないのです。

普通のMRの普通の転職は減りましたが、専門的なMRの専門的な転職は、むしろ増えて居るかもしれません。

普通のMRの数はどんどん減って居ますが、専門的なMRはまだまだ必要です。

こうなってくると、私としては転職希望者のサポートはもちろん続けるのですが、むしろ企業側のニーズに合う人を探して、転職希望だろうとなかろうと声かけをしなくてはならなくなります。ここがかなり以前と様場割りしているところです。もちろん、そのような手法は今までもありました。例えば、メディカルアフェアーズのMDや、臨床開発のプロジェクトマネージャーや薬事など。こういう方々はこちらからの声かけがメインでしたが、いよいよその手法がMRにも及んできたということになります。前回は攻めの転職という話でしたが今回は攻めのリクルーティングという話になろうかと思います。攻めのリクルーティングによって、攻めの転職をしたい方、ぜひ私に連絡ください。なぜなら私は攻めのリクルーターだからです。もちろん転職希望者のサポートもしますが、どちらかというと、企業側にとって必要とされている人材を探して口説いてその企業に送り込む。これが私のメインの仕事です。その際、その人材は必ずしも転職を必要としていない場合がほとんどです。そういう人に声かけをするわけですから。

blog, MR, 医療機器

攻めの転職

比較的平和な医薬品業界においても、攻めの転職が必要な時代になりました。攻めの転職とはなんでしょうか。答えは色々かもしれませんが簡単に言えば、現状が安定していても転職をすることでしょうか。

攻めの転職を実現するためには常に向上心があるということが前提にはなります。

お会いする多くの方の転職の動機が、現状の住処が何かと住みにくくなり安住の地を探すような理由になります。また、すでに安住の地に住んでいると思い込んでいる方は転職に興味がありません。

安住の地、安定、食いっぱぐれたくない。これは一家の大黒柱として、あるいはおそらく生物学的にも安全に身を守ろうとすることは本能であり当然かもしれません。いわゆるジョブセキュリティです。

 

安住の地に住んでしまいますと問題があるのは、挑戦を忘れがちになってしまうことです。挑戦を忘れてしまうと競争に負けてしまいます。競争に負けてしまうとその組織は徐々に凋落します。挑戦を忘れた住民は現実をなるべく見ないようにして安住の地であった惰性からくるご褒美を享受しながら暮らし続けます。いよいよ安住の地の様子が一変し始め、新たな楽園を探さなければならなくなった時が来ても時すでに遅く、その住民には楽園での市民権を勝ち取る競争力はありません。

つまり挑戦を忘れることそのものもがジョブセキュリティ上最も危険な状態と言えるのではないでしょうか。

よく、「俺は安定していれば、特に多くを望まないよ。あいつみたいに野心家じゃないからさ・・・」みたいな人を見かけますが、実はこの方がいう、自分とは異なる野心家の「あいつ」こそが、実はセキュリティに敏感なのかもしれません。安定を求めている自分は実は危険な賭けをしていて、多くを望んでいる「あいつ」が実は安定を求めている・・・・というコントラバーシルな状況が生まれているのです。

 

安定したければ、むしろ、多くを望まなければならないのではないでしょうか。安定したければむしろ変化に挑戦して競争力をつける必要があるのではないでしょうか。安住の地で暮らしていると思って勘違い中のあなた、今こそ攻めの転職をして将来のセキュリティを確保する必要があるかと思います。

 

この話は次の「攻めのリクルーティング」に続きます。