医師の企業での就業について

企業で働く医師について
欧米ではたくさんの医師が製薬企業で就業しております。日本もだいぶ増えましたが、まだまだ欧米の水準ではないです。

医学の専門家である医師として、企業での就業をお考えください。

 

 

製薬会社

 

臨床開発

医薬品の開発は、15年以上、少なくとも150億円以上かかる壮大なプロジェクトです。
臨床開発における、安全性、評価、治験、薬事の全ての過程に、医師が活躍しています。

医薬品安全性管理業務(PV)

医薬品には効果と副作用が諸刃の剣です。副作用を最小限に抑え、リスクから患者さんを守ることがざっくりとした使命です。
医学専門家として、海外のデータや様々な情報を駆使し、業務に当たります。

 

メディカルアフェアーズ

医療用医薬品は最終的には患者さんの手元に届けられます。患者さんにとって医療用医薬品は生命に関連する製品です。洋服や冷蔵庫、家やゲームとは違い、高度の情報が求められます。
医療用医薬品は、高度な情報をもち、尚且つ適切に使用されてこそ初めて治療上に意義のある効能効果を発揮します。
医学の専門家として、企業のメディカルアフェアーズの部門で医師が活躍しています。

コマーシャルサイド

数は少ないですが、医療用医薬品の市販後のマーケティングやセールス部門でも活躍する医師が居ます。

 

*製薬企業での採用に有利な、あったらよい条件
→英語力
→臨床経験(3年くらい)

ただし、必須ではありません。

 

現状、製薬企業の医師に対する採用意欲は高いので、ポテンシャルがあると判断されれば、採用には前向きになるかと思います。

 

 

コンサルティングファーム

あまり居ませんが、参考程度にご案内いたします。

戦略やマネジメントを、クライアント企業向けにコンサルティングをする仕事です。ハードルはありますが、たまに医師も活躍しています。

具体的な企業
マッキンゼー・アンド・カンパニー
ボストン コンサルティング グループ
ベイン・アンド・カンパニー
A.T. カーニー
アクセンチュア
デロイト
PwC
KPMG
IBM

他、多数

参考
https://japhmed.jp/whats_new/post_33.html
https://japhmed.jp/activity/kenkyu.html
https://japhmed.jp/PM04.pdf

 

企業での就業にご興味をお持ちのMDの方、

さらなる情報については、こちらからご遠慮なくご連絡ください。

 

 

 

 

広告