blog

全米視聴率50%のスーパーボウルで流れたクスリのCMに、文句をつけた州知事

バーモント州はアメリカ北東部に位置しています。アメリカ東部はニューイングランド地方と呼ばれ、西海岸の明るい雰囲気とは一味違い、美しい紅葉などで有名ですね。5大湖に次ぐ6番目の湖と呼ばれるシャンプレイン湖のほとりは今頃雪景色でしょうか。スノーボードのバートン、アイスクリームのベンアンドジェリー、ドレミの歌のトラップファミリーの家などなど、旅情あふれる地域です。フランス語圏のカナダのケベックに近いので、そもそもバーモントとはフランス語で緑の山という意味ですね。湖の名前のシャンプレインもフレンチサウンドですね。

前置き長くなりましたが、先日、その風光明媚なバーモント州において、州知事であるピーター・シュムリンさんが突然製薬会社2社にクレームをつけました。しかも内容がこの製薬2社が全米での社会問題である麻薬中毒者を助長しているというのです。バーモントらしからぬ、穏やかなことではありません。

全米のテレビ視聴率がほぼ50%に近いという番組があります。それはスーパーボウルのテレビ中継です。今年、2016年は、デンバー・ブロンコス 対 カロライナ・パンサーズが戦い、2月8日にカリフォルニア州サンタクララにあるリーバイス・スタジアムから全米中継されたのです。この全米が熱狂するお祭りのハーフタイムショーにはコールドプレイ、そして名だたるビッグスターがゲスト競演しました。

そんななか、当然テレビCMのスポットも、効果覿面でしょう。なにしろ視聴率は主催者の発表で49%なのですから、アメリカ人の半数が見ているのですよ。すごいです。そしてCM権利料もこの世のものとも思えない高額なのですが、各社こぞってCMの権利を買うわけです。

今回、2016年、このスーパーボウル中継の飛び抜けて破格のテレビCMを出した製薬会社がありました。なんとアストラゼネカと第一三共が全米で展開している薬についてのCMです。その動画はこちら!!

これは、モバンティックのCMです。モバンティックは、去年アメリカで発売された新規作用機序の便秘薬です。オピオイド系のペインリリーバーの副作用で生じる便秘を治す薬で、第一三共の米国子会社「第一三共インク」とアストラゼネカ(AZ)が米国を対象とした共同商業化契約を結んだのです。そしてまさに、今年初めの全米1のイベントのテレビCMの権利を購入したのでした。なんか、アメリカの薬のCMって、派手ですね。

そこまではよかったのですが、このCMに対して文句を言っているのがバーモント州知事のピーター・シュムリンさんなのです。なぜでしょうか。意外にもその理由は、アメリカ社会が抱える闇に関係ありました。ピーターさんは民主党で3選の知事です。就任当初から麻薬対策には力を入れてきました。なんか、この話題旬ですね。まあ、それはさておき、ここ数年、東海岸、つまりバーモント州を含むペンシルバニア州、メリーランド州ほか東海岸全域で、フェンタニル(ヘロインと同じオピオイド系の強力な合成麻薬)を混ぜたヘロインが流通しているということが問題になっていました。闇ですね。当然州知事も対策しなければ選挙にも勝てないわけで、この点、常に対策しているということをアピールしているのです。

モバンティックは便秘薬ですが、OIC(Opioid-Induced Constipation)つまり、オピオイド誘発性便秘の治療薬なのです。テレビCMもオピオイドの副作用の便秘で悩む人が登場します。さて、このオピオイドなのですが、前述のヘロインと言ったように、習慣性や常習性など、ちょっと問題がありまして、全米では危険な使用も多いです。確かマイケルジャクソンが主治医に頼んで注射したのもそうですよね。依存してしまうわけです。これがアメリカの闇です。

オピオイドの種類(http://precise-mind.com/mississippi-psychiatrist/suboxone-clinic-opiate-help-ms/)

opioid list
オピオイドを使って、便秘になっても、この薬を服用すれば大丈夫!? つまり、ピーター・シュムリンさんが言っているのは、この製薬会社はスーパーボウルのCM放映権を馬鹿高い金額で購入し、それを全米のオピオイド危険使用者を助長するようなミスリードをしているのか?それは不適切ではないか?と、言いたかったらしいのです。その記事はこちらです。

もちろん、AZも第一三共インクも当然ですがオピオイドの適正使用に関しての副作用の便秘が対象で、危険使用者など全く対象外なのは言うまでもないのですが。。
さてその後ですが、知事の発言をこの両社ともになんとなく様子を見て、なんとなく無視というか、スルーしているようです。

ただこのCMたしかにインパクトありますよね。なにしろopioidを使っている人口は、おそらく日本の比にならないでしょうから。詳しくは知りませんが。これは売れそうですね。一体いくら売れるのでしょうか。成り行きが注目されますね。

広告
blog

AZとZS

ここに来てまた製薬業界の吸収合併が盛んになってきましたね。

アストラゼネカは6日、米同業のZSファーマを27億ドル(約3300億円)で買収すると発表した。ZSが開発中の高カリウム血症の治療薬が将来、10億ドルを超える売上高になる可能性を評価した。アストラゼネカは昨年、米ファイザーからの買収提案を拒み独自路線を追求しており、買収で自社の治療薬を補完する。(日本経済新聞2015/11/6)

アストラゼネカの社長のパスカル・ソリオさんはかつてロッシュにいてジェネンテックを買収してパイプラインを強力にした人物です。ジェンテックはバイオベンチャーの中ではアムジェンに次いで大きいとのこと。wikiによりと武田より大きいです。このジェネンテックを筆頭に、数社を吸収することによってロッシュがパイプラインを拡大したことは知られていますね。その立役者がパスカル・ソリオさんです。この後ロッシュは特にHER2を拡大して「最強のパイプライン」とよばれるようになりました。さらにこのパイプラインにはオンコロジー、オーファンと、まさに個別化医療、専門領域の時代を牽引するような製品戦略で固まっていました。

そのパスカルさんを引き抜いたのはアストラゼネカの会長に就任して当時たった4ヶ月のレイフ・ヨハンソンです。ヨハンソンはボルボの最高経営責任者でしたが、アストラゼネカに会長として就任したのです。くしくもボルボは中国資本になってしまったので、その嫌気でしょうか。それはわかりません。

レイフ・ヨハンソンさんはWSJのインタビューで「アストラゼネカはこれから複数の製品が特許切れになるので、新しいパイプラインの補充が必要だ」と、答えていました。その矢先に、当時ジェネンテックの買収に成功して強固なパイプライン構築に成功したロッシュのCOOであったパスカル・ソリオを引き抜いたのでした。

つまり、パスカルさんに期待されていることは明白ですよね。買収により、パイプラインを強くして欲しい、ロッシュで経験した手腕を発揮して欲しいということですよね。それにしても製薬業界は本当にフランス人がたくさん活躍していますよね。

さてパスカルさんがアストラゼネカの社長に就任してからしばらく静かだったのですが、2014年には逆にファイザーから買収されそうになりましたよね。フィナンシャルタイムズの記事によるとヨハンソンさんがファイザーからのアプローチを蹴った感じですね。我々には必要ないと。ただ、アストラゼネカの状況を考えると決して悪い話ではなかったのですが、何か思うところがあったのだと思います。

何を思っていたのかわかりません。ボルボ時代に中国資本に買われてなんとなく悔しい思いがそうさせたのか。それともせっかくパスカル・ソリオを引き抜いて買収を目論んでいるところなのに買われてどうするんだ?みたいに考えていたのか、それとも普通に、投資される判断をビジネス的に分析してのことなのか、それはわかりません。

ファイザーのアストラゼネカ買収劇は収束しましたよね。その後ファイザーはホスピーラを買収し、最近はGSKに触手を伸ばしたり、アラガンに触手を伸ばしたりしていますね。どこか迷走しています。

そして今回、満を持してアストラゼネカはZSファーマの買収を発表しました。レイフ・ヨハンソンとパスカル・ソリオが就任して2年近く経っていますが恐らくこの間ずっと投機筋をさがしていたんでしょうね。これからこの買収がどんどん加速するのでしょうか。とりあえずですが、アストラゼネカは買われるよりも、買う道を選びましたね。

ただしアナリストの中には今回のZSの買収に首を傾げている人も居ますね。ZSが開発中の高カリウム血症の治療薬が将来、10億ドルを超える売上高になる可能性を評価したということですが、その薬がそんなに売れるかな?という疑問です。何か他に意図があるのではないかということですよね。一つには規模を少し大きくして容易に買収ターゲットになることを避けるといった意図もあるのでしょうか。そのために現在のパワーで可能な最大限の防御策なのでしょうか。また単純に高カリウム血症のマーケット拡大を狙った場合は、オンコロジーやオーファンから慢性疾患への回帰ともいうべきでしょうか。はたまた中国やASEANで経済が発展し透析施設が増えればこの種類の薬のマーケットは爆発するという考えでしょうか。それともアストラゼネカはクレストールやネキシウムのように、オンコロジー以外での特徴を広げようということなのでしょうか。。いろいろ考えられますけど真意はわかりませんよね。

何れにしてもひとつ言えるのは、パスカルさんもヨハンソンさんも、買われるより買う方が好きなんだろうなということです。そして明白なのはアストラゼネカがこれから拡大していくのだろうということですよね。このままさらなる大型の買収劇に見舞われなければ、元気のない他のメガファーマを押しのけてアストラゼネカが台頭してくると予想されますよね。

 

blog, MR

メルクセローノがくるぞ!!

ファイザーによるアストラゼネカの買収劇は、数ヶ月前にファイザーによる断念により立ち消えになりました。オフィシャルには今後もう無いと言われていましたが、水面下では、この年末にまた仕掛けるだろうと言われていました。法的にも、通念上も12月頃なら可能だと言っていたアナリストが居ます。さて、12月になりましたが、その気配はありません。結局ファイザーはアストラゼネカを諦めたのでしょうか。

まあ、諦めたと言うよりも、その必要があまり無くなったという印象も見え隠れしています。その理由がドイツのメルクセローノの存在です。

抗PD-1抗体という新しいトレンド

企業は人です。製薬業界も、企業ですので、やはり人材がモノを言います。その人材と言う切り口で言うと、オンコロジー領域に優秀な人材が流入している事は火を見るよりも明らかです。また、メーカーはこぞってオンコロジーパイプラインの充実を図ってきました。プライマリーからスペシャリティへ、そしてオンコロジーへと言った感じでしょうか。いまさら、高血圧とか糖尿病の新しい薬の開発に社運をかけるメーカーには魅力はありません。オンコロジー、ヘマトロジー、そしてオーファン、その他のスペシャリティファーマが隆盛を極めているのです。

さて、では、その次のトレンドは何でしょうか。ワクチンでしょうか。難しいですよね。ただ、オンコロジーに関連した新しい流れとしては、免疫オンコロジーと言う新領域がありますよね。それが抗PD-1抗体でしょうか。

抗PD-1抗体は小野薬品が長年かけて開発して晴れて世に出てきたオプジーボが牽引している状況でしょうか。それに追随し、世界の大手、中堅、スペシャリティファーマが開発にしのぎを削っていますよね。特にメラノーマなどの毒性の強い分野には期待されているようですね。この抗PD-1抗体のパイプラインを引っさげて提携先を探していたのがメルクセローノ、つまりドイツのメルクです。そして、その提携先に手を挙げてきたのがファイザーです。

ファイザーとドイツのメルクは、包括的な提携をしました(こちら)。ファイザーにとっては、このヨーロッパのメーカーとの提携の事実が、アストラゼネカへの興味を減少させる原因になっているのです。では買収なのか?いや、そんな性急な話ではないと思いますが、少なくともアストラゼネカを買収するモチベーションは下がりそうです。なぜなら、ファイザーはじめ、アメリカの大手企業の目論みは税金の安いヨーロッパに本社機能を移す事なのですから。

ファイザーとドイツのメルクの提携が発表されたのがこの11月ですから、水面下で囁かれていた、12月ファイザー、AZ買収説も、もう誰も言わなくなったのです。まあ、もしかしたら、AZの買収断念ありきで、ドイツメルクとの提携をしたと言えるのでしょうか。わかりません。

このグローバルでの提携で一番活気づくのは、日本のメルクセローノではないでしょうか。日本のメルクセローノは数年前にアービタックスを新発売し、その時は勢いが有りましたが徐々におちつきました。アービタックスも発売後長年経過し、そして最近では大手に比べた地味なパイプラインでなかなか人材が集まりませんでした。

ところがところが、今回の抗PD-1抗体を引っさげた提携先探しでファイザーと提携したのです。大きな開発費で、このパイプラインの開発は加速されるでしょう。そして、人材獲得に大きく有利な材料になりそうです。最近就任したメルクセローノの新しい社長は偶然なのか、どうなのかわかりませんが、ファイザー出身ですね。

メルクセローノが人材を募集する動きになるかもしれません。今までは若干苦労した人材獲得も、抗PD-1抗体開発パイプラインへの期待で、優秀な人材がメルクセローノに集結するかもしれません。

折しも、昨今のこの突発的な買い手市場に、大きな募集をかける可能性があります。製薬業界には求職者が多めに存在しているこのタイミングですので、まさに、メルクセローノが優秀な人材を獲得するのは今がチャンスではないでしょうか。

メルクセローノへの就業に興味が有る方は、是非ご連絡くださいませ。お気軽に相談に乗らせていただきます!