blog

バイオテック・バブル!!  半年で $500万→$20億!! 

500万ドルが半年で20億ドルに? 夢なら覚めないでほしいですね。 バブルなら、はじけないでほしい。

その企業はこの6月10日(水曜日)にNYSEに上場を果たしました。

アクソバント・サイエンシズは11日の上場初日、株価が公開価格を99%上回った。同社は米国での新規株式公開(IPO)で3億1500万ドル(388億円)を調達していた。アクソバントは昨年12月、英製薬大手のグラクソ・スミスクラインからアルツハイマー病の治療薬候補をわずか500万ドルの前払い金で取得した。アクソバントの企業価値は現在20億ドル強とされる。(WSJ 日本語)

このところ、早期退職だのなんちゃら事件だの、ろくなことがないメガファーマに比べ、ここ数年目覚ましのがいわゆるバイオテック系ですよね。ギリアド、アレクシオン、バイオジェン、アムジェン、ジェンザイム、などなどなど、元気が良いのはバイオテック系です。しかも社員の給料にストックオプションがあったりして、製薬業界では大手にはほとんどない制度ですね。RSUという株式が付与されること自体が、ああ、IPOして間もないんだなという印象を抱かせます。また、この株価が軒並み上がっていますよね。

最たるところはギリアドですか。ギリアドサイエンシズのソバルディは5月25日に発売されるや否や大盛況ですね。予想はついていましたが。何しろ奏功率が100%近いデータがあるので薬価の問題もあるかもしれないですけど、ほとんどのC肝の患者さんは使うことになりそうな勢いですね。グローバルで第2位のマーケットである日本で勢いがよければ当然株価は上がりますね。

従業員の持つRSUの評価額も上がるわけです。そうなると自然に従業員のみなしの年収というか、資産も上がりますね。

500万ドルで手放した製品が、今や20億ドルです。では、売ってしまったGSKの立場ってどんなのでしょうか。失ったのか、どうなんでしょう。ただ、悔しいと思っていることは確かですよね。逃がした魚が大きかったのか、持ち腐れと思って人に安く売っちゃった製品が、知らぬ間に大きくなったのか。。ただでさえ売り上げに苦労しているので、もはや自ら手放したこの候補物質は垂涎の的なのかもしれません。これ皮肉ですよね。なにやってんの。。。。

アクソバント・サイエンシズ経営者のCEOのVivek Ramaswamyは、なんと若干29歳!!

半年前にGSKから開発中の1パイプラインを500万ドルで購入、スピンオフしました。品目はアルツハイマーの治療薬。もちろんまだ世に出ていません。折しもアルツハイマーはブロックバスターのアリセプトの特許が切れて市場ではそういえば跡継ぎが不在でしたよね。イクシロンパッチもブロックバスターまではいきませんね。同種同行品も少ない領域ですよね。考えてみれば、このある種メジャーな疾患、疾患数に対しては医薬品がすごく少ないですね。

ただしこの種の薬剤は治験がとても難しいです。何しろ当の本人に病識がない場合もあるわけで、治験には家族や身近な人物の協力が不可欠です。たとえば患者の表情一つにしても改善されればある種の効果判定につながったりするわけで。この症例数の確保もかなり難しいはずです。その巻き込まれたみじかな人物にも様々な制限がかけられるわけです。とにかく観察をしていなければならないわけですから、とても疲れますよね。身近な人物の役割をしている人が、仮に旅行でも行っちゃったらこの症例は残念なサンプルになってしまいますよね。症例の確保が一筋縄ではいかない気がします。その難しさが世の中にあまり製品のない所以でしょうか。

アルツハイマー、なかなか新薬でない

市場に少ない。これが後押ししたのか、IPOした途端、ものすごい投資家が動き出しました。まだ世の中に出ていない薬にもかかわらずNYSEに上場しました。ただし、これでないケース、つまり世の中に出ないケースもあります。その場合どんなシナリオが考えられるか。

まだ世の中に出ていないというのがどうも気になります。もしこれがバブルだとしたら。まずバイオテック関連の企業のRSUが下がりまくりますね。そして負の連鎖スパイラルが? それは本当に困ります。

まだまだ勢いのあるバイオテック関連株、まだまだ弾けないバブルが続きそうです。続いて欲しいです。

広告
blog

アルツハイマー パッチ

少し前ですが、東京ビックサイトで開催されたインターフェックスで面白い薬剤に出会いました。面白い薬剤を見せてくれたのは、事前に、コンタクトをしていたドイツ人です。東京ビッグサイトに着き、早速彼が所属する、ドイツの製薬会社のブースに足を運びました。

インターフェックスの海外から参加した会社が集まっている一角に、彼ともう一人が小さなブースを構えていました。彼はドイツの製薬会社で、アジアパシフィックのビジネスディベロップメントを担当して、もう一人はR&Dの担当者でした。

彼らが見せてくれたのは、四角いパッチ製剤でした。一見、単なる絆創膏に見えましたが、効能はアルツハイマー型認知症ということで、びっくりしました。が、実は、びっくりしたのは僕だけで、すでに日本でもノバルティスから発売されたとのことでした。いやあ、MRを離れて数年たつと、新薬のキャッチアップに疎くなりますね。 (イクセロンパッチ)

僕がびっくりしたのには、少し理由もあって、実は僕が新卒で入社した製薬会社では、当時、アルツアイマーの治療薬の開発に社運をかけていたときだったからです。大学病院を担当したときに、老年病科での治験に少しかかわりましたが、その治験が本当に本当に大変だったことを覚えています。

なにしろ、主訴は痴呆です。患者自身が、気づいていない場合が多いです。痴呆ですから・・・・。多くの場合は、ごく近い家族などが気づくということです。まあ、そりゃそうですよね。

そして治験ですが、これがまた効果の判定が、色々ありまして。僕の覚えている限りですが、例えば、ずーっと下を向いていたおじいちゃんが、前を見た。こんなことでも、効果として認められたりするらしいです。 これも昔の話で、いまはどのようになっているのかは、知りませんが。

モニタリングですが、内臓疾患や怪我ではないので、基本的にご自宅に患者さんは居る訳です。患者の身近にいる人にしかわからないような効果もあるわけです。従いまして、その治験には、患者と、患者にごく近い人物が必ず居なければいけないという、縛りがあったりしたのを覚えています。

しかも、その、「ごく近い人」とされた場合には、その人にも条件がつきます。例えば、半年間旅行にいけないとか、何日以上離れてはいけないとか・・・・・。

治験といっても、製薬会社は真剣で、医師はもちろん業務としてやっていただいてはいるものの、患者にとっては、時にはそんなに真剣ではない人も、含まれたりしているのです。意外と、この「ごく近い人」が、縛りを守りきれずに、旅行に行ってしまったり、色々と不都合が生じて、結果的に症例としてカウントできなくなったりしていました。

当然、近くで監視をしていないと、治験薬を飲み忘れたり、あるいは、飲んだことを忘れて、また飲んでしまったりするわけですよ。もしもダブルドーズになってしまったら、おそらくその時点でデータとしての価値が揺らぎますよね。

で、ブースのドイツ人が言いました。

「ヨーロッパでは、ウチ等がとっくに売ってるけど、日本でノバルティスから発売になるよ。」
「へえ、それは知らなかった。良かったね。」

僕が言うと、僕の質問にも答えてくれました。

「とにかく、貼ってあるのが見えるから、飲み忘れがないよ。」
「貼ってあるのが見えるから、もう一個貼らないし、ダブルドーズもないよ。」
「肝での初回通過効果もないよ。」

当然、超高齢化社会に向けて直滑降の日本です。認知症患者の推計は2010年で250万人らしいですね。さらに、2030年人は420万人に達すると言われているらしいです。こんなに使いやすい製剤があれば、本当にすばらしいと、彼らに言いましたが、彼らは、もう日本でも発売だし、誰でも知ってるよと言っていました。

新薬のCatch upが必要だと感じた一日でした。