blog, MR

連邦政府も注目 ギリアド・サイエンシズのSovaldi

カリフォルニア州の議員がギリアド・サイエンシズに対して、C型肝炎の新薬Sovaldiの値段を下げてくれという要望を出しています(こちら)。日本ではあまりこういう事は無いですよね。しかも、ネットに載っちゃっているところが興味深いですよね。

すべて民間保険のアメリカですから、治療費はすべて自分と自分の加入している民間の保険会社が負担する事になるのです。当然このような高い薬剤はまさに、リッチな人々向けの製品という事になってしまいます。

代替製品や治療が存在するものであればリーズナブルなモノやサービスを選択すれば良いのですが、このギリアドのC型肝炎治療薬Sovaldiに関しては、高価であるものの、その抜きん出た有効性を認めていて、代替するものが無いと考えているのかと思います。つまり、このレターはギリアドに対しての要望の一方で、政府としてSovaldiの服用が他の方法よりもC型肝炎を煩う患者を助ける事になり、社会的意義が大きいという事を公言している事になります。

折しもオバマケアで揺れているアメリカの保険制度そのものに一石を投じる事態に発展しないとも言い切れないと思います。アメリカでおよそ320万人のC型肝炎患者が居るらしいです。その90パーセント以上がSovaldiによって良くなることを考えれば、かなりの国益に繋がるはずです。すごいですよね。

日本では当然の事ながら国民皆保険ですので、Sovaldiの薬価がいくらになるかはわかりませんが、C型肝炎で治療を求める患者であれば、ほぼ全ての人に使えるようになるでしょう。高額医療費の助成制度などいろいろあるので、まさに日本人として恩恵をうけることができると思います。ギリアド・サイエンシズにとってこのブロックバスターを日本で発売するという事は、社会的にもビジネスとしてもとても意義深い事だということになるでしょう。

連邦政府も注目してしまうほどのクスリ。ギリアド・サイエンシズの日本でのビジネスは着々と準備が進んでいます。

 

 

 

 

広告
blog

ギリアド・サイエンシズ

MR募集のお知らせです

 

今回はお知らせ用のblog upです。

アメリカで発売後の3ヶ月で2270億円の売り上げを示した新薬。
ギリアド・サイエンシズのC型肝炎治療薬、ソバルディです。そしてご承知のように、現在日本に上陸して、現在人材を募集しています。

MR

営業所長

肝炎領域経験のあるMRはもちろん、肝炎領域に興味のあるMRの方、ご連絡お待ちしております。

☆☆ギリアド・サイエンシズにご興味のあるMRの方はこちらからご連絡ください☆☆

 

それにしてもC型肝炎のものすごい高い水準の地楡率には驚かされます。もうこれでc型肝炎の治療は終わりじゃないでしょうか。そう思わせるくらいの数字を出しております。以下、記事を引用しております。

 

続々とc型肝炎の治療薬の開発が進み、続々と申請、そして発売される中で、ギリアドは一歩も二歩もリードしているようです。先日ロンドンで開催された欧州肝臓学会議(EASL)の年次学術集会で、抗HCV薬「ソフォスブビル」+「レディパスビル」の配合剤1日1回1錠による8週間の新薬療法は、治療完了から12週後、治癒の暫定的な指標になるSVRで93~95%の高い水準を記録したと報告しました。

医薬経済社 記事利用許諾番号Z32229

ギリアド・サイエンシズは肝硬変に発展していないが、治癒率の低い遺伝子型1の患者647人を対象にしたION-3研究で、複製プロセスの阻害など異なる作用でウイルスを叩く2成分は、患者特性を通じて高い治癒率を示した。詳細は発表と同時に、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)誌オンライン版に掲載された。
昨年12月にFDAから承認され、20日間ほどで1.4億ドルを売り上げたソバルディによってHCV療法の光景は一変したが、ギリアドを中心に進化は続き、他社の参入が始まる。保険財政の破綻の危機を訴える米国の公私支払い者は、競争によって1日1000ドルの薬価問題を取り巻く状況も変わることに期待を寄せている。
 

今年、そして来年にかけて数社で争われるだろうこの領域。将来性のある領域で活躍してみませんか。

☆☆ギリアド・サイエンシズにご興味のあるMRの方はこちらからご連絡ください☆☆