AZがギリアドに接触して合併検討の依頼をした。

ブルームバーグによると、

アストラゼネカはギリアド社に接触し、合併を検討するように依頼したとのこと

です。


5月に接触したものの、アストラゼネカは「いかなる取引についても条件を明示しなかった」と述べているようです。(ブルームバーグ)
ある情報筋は、

ギリアド社は現在、他の大手製薬会社との合併には興味がない

と語ったとのことです。

Photo by Burst on Pexels.com

医薬業界の人から見れば、別に驚くようなニュースでは無いですよね。ただしもし実現したら、どのようなインパクトがあるでしょうか。

  • ギリアド社員の給与は下がるだろうと思います。(日本)
  • 両社とも、特にAZ社員はさらなるリストラの可能性が出てくるのかもしれません。(日本)
  • AZの売りは、やっと持ち直したオンコロジーかもしれません。タグリッソ、リムパーザ。ついでにPDL−1も。それがギリアドにどこまで魅力に映るか。
  • AZの最高経営責任者のパスカル・ソリオさんはかつてジェネンテック買収などによりロッシュを世界一にのし上げた敏腕CEO。 こちらでも書いています。 今回は手腕を発揮できるでしょうか。
  • ギリアドはライバルとの合併に興味は無いのはたぶん本当です。C肝で得たお金は買収に使うつもりでした。でも結構時は経ちますけど。こちら。
  • ギリアドにとって良いことは本社をUKに移せることでしょうか。でもそれは最近アメリカも厳しいです。ファイザーが過去に本社移転目的でAZを買収しようとして失敗しました。


新型コロナに関してはインパクトがあるのでは

アストラゼネカはオックスフォード ワクチン グループと提携し、コロナウイルスに対するワクチンを開発中です。ギリアド社はレムデシベルですよね。これで、ワクチンと治療薬がつながります。これは業界としてインパクトあるかもしれません。

時価総額

アストラゼネカ 141,330,553千ドル(6/5)

ギリアド 96,273,158千ドル(6/5)

もし合併が実現すれば、業界最大規模の合併

まあ、15兆円が10兆円を合併する感じですか。

すごいことになりそうです。

ていうか、どっちにとってショックか、どっちにとって良いのか。

何れにしても、大きい合併になりそうですけど、ちょっとどうなんでしょうか。実現したらすごいです。実現したら。

なんだかあり得る気がしてきました。

投げ銭

しっかりと書きますので、応援お願いします。

500 ¥

製薬会社ランキング、今年のフォーチュン500はどうなるのか?

フォーチュン500

5月過ぎくらいになると、アメリカでフォーチュン500が出てくると思います。もうすぐですね。企業のランキングですよね。

第1四半期を過ぎて、次々と昨年(2018年)の売上等の数字が揃い、経済誌フォーチュンがまとめて、それがランキング化されます。

なにか、似たようなランキングもあるようです。が、だいたいフォーチュン500があまりにも有名ですよね。フォーチュンと聞くと、雑誌であるということより先にフォーチュン500のランキングが思い浮かぶくらいです。

似たようなランキングとは、こんな感じですが、どれもこれもフォーチュン500ほどの指標にはなりません。


フォーチュン500と類似のランキング

  • フィナンシャル・タイムズ・グローバル500(世界の企業の時価総額をランキングしたリスト)
  • フォーチュン・グローバル500(世界の企業の売上高をランキングしたリスト)
  • フォーブス・グローバル2000(世界の公開会社の上位2,000社のランキングリストである。順位は売上高、利益、資産、市場価値の4つの要因に基づいて決められる)
  • インターブランド・ベスト・グローバル・ブランド・リスト(世界の企業のトップブランド・ベスト100を決めるリスト。インターブランドが集計し、発表したものをビジネスウィーク誌も発表する)
  • ビジネスウィーク・トップブランド・ベスト100(世界の企業のトップブランド・ベスト100を決めるリスト。インターブランドが集計し、発表したものをビジネスウィーク誌も発表する)
  • ビジネスウィーク・革新的な企業ランキング(世界の革新的な企業をランキングしたリスト)
  • 半導体メーカー売上高ランキング(世界の半導体メーカーをランキングしたリスト)
  • 半導体・製造装置メーカー売上高ランキング(世界の半導体製造装置メーカーの売上高をランキングしたリスト)
  • 世界の軍事企業の売上高ランキング(世界の軍事企業の売上高をランキングしたリスト)

さて、フォーチュン500ですが、アメリカ企業を対象だけのランキングと、グローバルでの企業が対象なランキングがあります。

  • フォーチュン500・・・アメリカだけ
  • フォーチュン・グローバル500・・・世界が対象

さてそのランキングですが、もうすぐ2019年(2018年のデータ)が出てくるとおもいますので、今のうちに、昨年の発表2018年(2017年のデータ)を見てみることにします。








フォーチュン500 /2018・・・アメリカ企業だけが対象

ランキング企業名総売上高($M)業態日本法人
1Walmart500,343小売ある 西友
2Exxon Mobile244,363石油ある
3Berkshire Hathaway242,137保険ない
4Apple229,234コンピュータある
5UnitedHealth Group201,159ヘルスケアない
6McKesson198,533ヘルスケアない
7CVS Health184,765ドラッグストアない
8Amazon.com177,866インターネットある
9AT&T166,546通信ある
10General Motors157,311自動車ある
11Ford Motors157,311自動車ある
12AmerisourceBergen153444医薬品卸ない
13Chevron134533石油ある
14Cardinal Health129976医療機器ある
15Costoco129,025小売ある
16Verizon126,034通信ある
17Kronger122,662小売ない
18General Electric122,274電気ある
19Walgreens Boots Alliance188,214ドラッグストアあったけど撤退
20JPMorgan Chase113,899金融ある
21Fannie Mae112,394金融ない
22Alphabet110,855インターネットある
23Home Depot100,904小売ない
24Bank of America Corp.100,264金融ある
25Express Scripts Holding 100,064調剤ない
26Wells Fargo97,741金融ない
27Boeing93,392飛行機ある
28Phillips 6691,568石油製品ない
29Antherm90,039医療保険ない
30Microsoft89,950ソフトウェアある

30位まで抜き出しましたけど、パッと見て印象的なのは、


○1.Walmart ウォルマート

→相変わらず1位なんですね。ただし店舗型リテイルはゆくゆく縮小するでしょう。ビジネスの多角化をしているはずです。

○3.Berkshire Hathaway バークシャー・ハサウェイ

→日本人にとっては馴染みのない企業ですが、歴史のある企業です。

ネブラスカ州オマハに本社を置く持株会社である。もともと綿紡績事業であったが、戦後に原料価格が下がり世界中で競争が起こったので、ウォーレン・バフェットに買収されてから保険業を足場とする機関投資家へ転換した。

wikipedeia




ウォーレン・バフェットは製薬企業への投資は消極的

→バフェットといえば、世界一の投資家。彼に目をつけられたわけですね。なるほど。日本で言えば、東洋紡とか、日東紡とか、そういう紡績会社が、買収されて保険会社になっちゃったみたいな感じなのでしょうか。紡績から保険って、なかなかですね。さすがアメリカ。

ちなみにですが、ウォーレン・バフェットは製薬企業への投資はあまり好きではないらしいですが、ジョンソンアンドジョンソンとか、テバには投資しているらしいです。

製薬企業が好きではない理由は、研究開発費が多額すぎるのと、変動が激しすぎるからとのことです。さらに、バフェットは日本への投資もあまりすきではありません。

豪快なイメージが有りましたが、意外と慎重派なんですね。学ぶところは多いです。


○4.Apple ・・・売上高は1位のアップル 課題はiPhone依存

時価総額では4位ですが、売上では間違いなく1位です。懸念されるところは売上の殆どがiPhone頼みだそうで、iPhone以外の売上アップがとても大きな課題になっています。日本にいると、iPhoneユーザーがとても多いのですが、世界シェアではサムスン→アップル→ファーウェイの順です。しかもファーウェイがアップルにものすごく接近しています。このランキングでもわかるように、サムスン、ファーウェイはアンドロイドなので、iPhone以外の売上を模索するときに、アプリでは勝てそうにもないですよね。


○5.6.7.UnitedHealth / McKesson / CVS

ヘルスケア関連3社です。この3社を一つにまとめた意図は、ヘルスケアということよりも、いかにもアメリカらしいという点です。日本との違いよく現れています。


「民間保険だけ」のアメリカならではのビジネス戦略

ユナイテッドヘルスは、世界最大の医療保険であると同時に、単なる保険ではなく、包括的な医療プログラムを売っています。国民皆保険ではないアメリカならではだと思います。お金を使って、こういうサービスを受けるということなのです。実際に僕の友人のアメリカ人もアメリカで入っています。

McKessonは調剤薬局ですが、規模やサービスが全然違います。個人的に突出しているのは、HEORのデータを集めてそれをサービス化しているところじゃないでしょうか。つまり、皆保険ではないので、新たな価値を自ら生み出す姿勢です。患者から集めたリアルワールドエビデンスをサービス化。日本の調剤は、いかに点数をもらうかに走りすぎやしていないかと思ったりするのです。保険制度の違いがビジネスを多角化にもっていくのでしょう。日本の調剤は、与えられる点数を出来るだけ取ろうという努力はありますが、価値を創り出すことはしているのでしょうか。


予防医学先進国 アメリカ

CVSはコンビニとドラッグストアが合体したような店舗で、全米のどんな田舎にもある感じです。コンビニとドラッグストアと言っても、スケールが違います。売っている医薬品はOTCやサプリメント。その大きさが違います。調剤もしています。皆保険ではありませんので、風邪やそこらでいちいち医者にかからないですよね。なので予防にとても関心があるのです。アメリカ人は風邪をひいても家でチキンスープとかレモネードとかジンジャーティーとか飲んで治そうとしています。それは好きにしてほしいのですが、アメリカ人と日本で働いていると、如何にも熱がありそうで怠そうにしていて、マスクもせずに咳込んでいるまま出勤してきて、会社で生のレモンとか生姜とかを噛っている人が居ます。ほとんどのアメリカ人は、日本でインフルにかかっても医者に行きません。日本の公共の場でそれはやめてほしいとつくづく思います。

この、民間保険システムがもらたらす、包括サービスと、予防医学のビジネスの拡大と言えるのではないでしょうか。

その他、気になるのは、オイルやリテール、自動車がまだ入っていますが、おいおいソフトウェア関連がランクインしたりするのかなと、思っているところです。

ところで、製薬会社のランクインはどうなっているのでしょうか。下記が、フォーチュン500(2018)で、ランクイン(500位以内)した製薬企業です。



フォーチュン500の製薬企業

Company2018 Fortune 500 RankingAnnual Revenue per 2018 list (in billions)2017 Fortune 500 Ranking
Johnson & Johnson37$7735
Pfizer57$5354
Merck & Co.78$4069
AbbVie110$28111
Gilead116$2692
Eli Lilly129$23132
Amgen130$23123
Bristol-Myers Squibb145$21147
Celgene224$13254
Biogen245$12248
Regeneron Pharmaceuticals473$6N/A

製薬会社は、フォーチュン500では、37位からの登場なんですね。フォーチュン500には、11社ランクインしていました。

ジョンソン・アンド・ジョンソンが製薬トップで37位。

あまり日本で聞かないのは、Regeneronでしょうか。サノフィとのコラボでPCSK9 (Proprotein Convertase Subtilisin Kexin Type 9) のプラルエントの開発元ですね。バイオです。

ギリアドがリリーよりもブリストルよりも上

に来ていますね。よほど設けたということですよね。C型肝炎は、もう著効する薬で治り、新患も減り、マーケット枯渇して久しいので、そろそろ新たな大型を展開しないと、、ですよね。今年発表では何位につけているでしょうか。

11社だけ? 11社もある?

それにしても、アメリカでのトップ製薬会社が37位で、500位以内に11社って、良いのでしょうか、良くないのでしょうか。どなたか詳しい経済学者とか、なんか言っていないですかね。。

今年発表のフォーチュン500ではどうなるでしょうか。



フォーチュン・グローバル500

ではフォーチュン・グローバル500を見てみましょう。フォーチュン・グローバル500は、アメリカだけではなくて、世界を対象にしています。

ランキング企業名業態総売上高($M)
1ウォルマート小売アメリカ500,343
2国家電網(ステートグリッド)電力配送中国348,903
3中国石油化工集団(シノペック)石油中国326,953
4中国石油天然気集団石油中国326,008
5ロイヤル・ダッチ・シェル石油オランダ311,870
6トヨタ自動車自動車日本265,172
7フォルクスワーゲン自動車ドイツ260,028
8BP石油イギリス244,582
9エクソンモービル石油アメリカ244,363
10バークシャー・ハサウェイ投資、保険アメリカ242,137
11Appleコンピュータアメリカ229,234
12サムスン電子電機韓国211,940
13マッケソンヘルスケアアメリカ208,357
14グレンコア商品取引スイス205,476
15ユナイテッドヘルス・グループヘルスケアアメリカ201,159
16ダイムラー自動車ドイツ185,235
17CVSヘルス薬局・ヘルスケアアメリカ184,765
18amazonインターネットサービスアメリカ177,866
19エクソールグループ投資オランダ161,677
20AT&T通信アメリカ160,546
21ゼネラルモーターズ(GM)自動車アメリカ157,311
22フォード・モーター自動車アメリカ156,776
23中国建築工程建設中国156,071
24鴻海精密工業電子機器製造台湾154,699
25アメリソース・バーゲン医薬品卸売アメリカ153,144
26中国工商銀行銀行中国153,021
27アクサ保険・金融フランス149,461
28トタル石油フランス149,099
29中国平安保険保険中国144,197
30本田技研工業自動車日本138,646



アメリカだけではなくて、グローバルとなると、いろいろな国が入ってきますね。

それでもウォルマートが1位なのですが、2位から7位まではアメリカ以外です。中国が3社入っているのは驚きですね。

上位にはオイル関連が5社入っていて、オイル強いですね。6位に日本企業としてトヨタが入っています。


トヨタとホンダ

日本企業は30位以内には、トヨタとホンダということになりますね。今年はホンダはどうなりますか。


30位以内に製薬会社ランクインなし

製薬会社で、30位以内には、居ませんね。製薬業そのものって、意外と地味なのかもしれませんね。

ではフォーチュン・グローバル500で、製薬関連のランクイン企業を見てみましょう。


フォーチュン・グローバル500の製薬企業

製薬企業でのランキングフォーチュン・グローバル500での順位会社名売上高$M本社の国
186China Resources82.184Hong Kong
2100Johnson & Johnson76.45USA
3169Roche Group56.634Switzerland
4187Pfizer52.546USA
5193Bayer51.933Germany
6194Sinopharm51.844China
7203Novartis50.135Switzerland
8271Sanofi40.81France
9276Merck40.122USA
10290GlaxoSmithKline38.868UK
11422Abbvie28.216USA
12455Gilead Sciences26.167USA
13491Boehringer Ingeelheim23.888Germany



グローバルで見ると、ジョンソン・アンド・ジョンソンの上を行っているのが、香港のチャイナリソースということで驚きです。

それにしても、グローバルではジョンソン・アンド・ジョンソンが100位で、その上にランクしている製薬1位のチャイナリソースをもってしても86位なんですね。

チャイナリソースってどんな会社でしょうか。

ウェブを見るとたくさんの子会社からなっているようで、製薬も卸も、OTCも全部やっている複合体のようです。本当に創薬を知ているのかはさておき、規模の大きさで1位になっているということのようです。

製薬6位に入っている中国のSinopharm(http://www.sinopharm.com/1156.html)ってどんな会社でしょうか。これも見てみると、創薬というよりはヘルスケアサービスを知ているようですね。

ベーリンガー  ギリギリフォーチュン・グローバル500



製薬企業は、なんだか地味に見えてしまいますね。更に地味なのは日本企業ですよ。



日本企業はフォーチュン・グローバル500圏外

お気づきの方も多いかと思いますが、日本企業はどうなっていますでしょうか。グローバル500の中には入っていないということですね。圏外です。

今年の発表はどうなるでしょうか。

よく製薬ランキングなんかをググると出てきますが、グローバルで俯瞰してみると、製薬業そのものが地味な存在だということに気づいちゃいますね。寂しいことです。





ーーーーおまけーーーー

1995年のフォーチュン・グローバル500をググってみました。

この数年前は、Japan as No.1と言われ、任天堂がマリナーズのオーナーになり、ロックフェラーセンタービルが三菱地所に買われて、かの名画であるゴッホの『ひまわり』は、大昭和製紙の会長が買ったりした時代。ちなみに、この絵画はその後大昭和製紙が手放して、その後は行方不明になっております。。。

その後諸説ありますが、1993年にバブルが崩壊して、2年経過の1995年時のフォーチュン・グローバル500の触りを少し。。。。





1995年のフォーチュン・グローバル500

1三菱商事
2三井物産
3伊藤忠商事
4住友商事
5General Motors
6丸紅
7Ford Motor
8Exxon
9日商岩井
10Royal Dutch Shell





日本の総合商社が上位にランキングしているのがわかります。バブル崩壊後2年経ってもです。昔の話ですね。

日本企業は今後またこういう時代が来るのでしょうか。もう来ないよね。(泣)

今年のフォーチュン500はどうなるでしょうか?????





ギリアドの買収ターゲット

数年前に鳴り物入りで日本に上陸したギリアドサイエンシズですが、C型肝炎マーケットが落ち着いてからは静かですよね。珍しく少しザワザワしたので、何事かと思ったら、神田あたりの現金問屋絡みの偽薬騒動だったりしていますよね。

少し前に、その事件についてはテレビで特集していました。社長自ら出演していました。ボトルに入った錠剤では中が見えなくて偽造品が作られる恐れがあり、PTPに変えたようなことをインタビューでおっしゃっていたように記憶していますが、PTPに変わったのはその理由とは、なかなか興味深いですね。

そのギリアドサイエンシズがアメリカのカイト・ファーマを約119億ドル(約1兆3000億円)で買収することになりました。

劇的な奏功率で話題をさらったC肝肝炎治療薬。それは飛ぶ鳥を落とす勢いで売れましたが、ただ会社としてはそのあとの勢いがイマイチというか、多分良い薬だけに患者が治っちゃったからだと思います。C型肝炎治療の終焉というか、C 型肝炎に医療が勝ったと言えるかもしれません。

ギリアドの次の展開ですが、パイプラインの拡充でしょうか。

実は、今回のカイト・ファーマの買収も、去年から予想されていました。去年から予想されているターゲット企業はだいたいこんな感じです。

Kite Pharma (NASDAQ:KITE),

Tesaro (NASDAQ:TSRO),

Intercept Pharmaceuticals (NASDAQ:ICPT)

 

ギリアドの次の買収ターゲットは投機筋の間でも大きな関心事です。アメリカで投資家への情報提供サービスをしているモテリーフール社 (https://www.fool.com/)によると、、、

 

3 Potential Acquisition Targets for Gilead Sciences, Inc.
Gilead Sciences is ready to shop. Here’s why Kite, Tesaro, and Intercept might be good selections to add to the biotech’s cart.

Keith Speights (TMFFishBiz) Nov 16, 2016 at 4:41PM

https://www.fool.com/investing/2016/11/16/3-potential-acquisition-targets-for-gilead-science.aspx

 

 

この3社ですが、Kiteはすでに買収済みですので、良いかと思います。

Tesaroについてですが、パイプラインのPARP阻害薬、niraparibが有望のようですよね。ただしこのパイプラインは日本の販売権を武田が買いましたよね。

武田薬品とTESARO社による新規がん治療薬niraparibの
日本における独占的開発・販売に関するライセンス契約の締結について

https://www.takeda.co.jp/news/2017/20170727_7802.html

 

これはどのような意味を持つのでしょうか。グローバルでギリアドがTesaroを買収した場合、niraparibは製造販売元がギリアドで日本ではコプロになるのでしょうか。この辺り、よくわかりません。それとも武田が先手を打ったという意味もあるのでしょうか。どなたかマーケットに詳しいアナリストに聞いてみたいところですね。

 

 

また、インターセプトファーマについてはこのブログでも過去に紹介しました。

マンハッタンの製薬会社

 

ここは投資家のスティーブ・コーエンが投資して新進気鋭のMDでマウントサイナイ病院などで活躍していたMark E PruzanskyがFounderですよね。主力のパイプラインはオペチコールですが、この時は大日本住友が非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の治療薬「オベチコール酸」のライセンスを結んで、株価が急騰しました。

オペチコールは肝炎関連ということでギリアドも得意のところかもしれませんが、つい先日、なにやら副作用の注意がFDAから出ました。ここに来てオべチコールそのものの評価がイマイチだったりすると、買収に影響するのでしょうか。

FDA Drug Safety Communication: FDA warns about serious liver injury with Ocaliva (obeticholic acid) for rare chronic liver disease

 

かなり影響があるのか、そうでもないのか、なりゆきは注目されますね。

 

もう10月も半ばに近づいています。今後の他の買収の発表も近いでしょう。今後の製薬業界の再編に重要なポジションを持っていますね。