blog

クインタイルズとIMSヘルスが合併に合意 

クインタイルズとIMSヘルスが合併に合意したことを発表しました。

2016/5/3

http://www.quintiles.com/news/2016/05/ims-health-and-quintiles-to-merge

Bloomberg:  IMS Health to Buy Quintiles in $9 Billion Pharma Data Deal

CROに付加価値がついて、さらなる競争の激化、そして人材の流れも活発になるかと思います。

 

両企業で合計の株式時価総額は17.6億ドルで、企業価値に換算すると23億ドルになります。この発表そのものが先ほどのもので、すでにクインタイルズのグローバルのホームページのプレスリリースには出ています。また、ブルームバーグは”IMSがクインタイルズを買収”という表現をしています。

もともとですが、そもそも医薬品業界は、一大アウトソーシングマーケットです。CRO、CSOが何社もありますよね。今回CRO最大手のクインタイルズは研究開発(CRO)から、マーケットリサーチ、コンサルティングの(IMSヘルス)、そして営業部門の(CSO)までカバーすることになり、R&Dからコマーシャルサイドまでをフルラインでの用意が可能で、顧客獲得に弾みがかかると思われますね。いやいやいやいや、すごい企業ができましたね。各CROもこの動きに追随するでしょうか。しかしながら、IMSに匹敵するようなリサーチ、コンサルティングプロバイダーを探すのは難しいですね。

クインタイルズCEOのTom Pikeは、このようにステイトメントを発表しています。
「この2社の組み合わせは、顧客であるライフサイエンス企業にとって最も必要な革新的な新薬開発にさらに近づく結果をもたらす。革新的な新薬の価値をリアルワールドで見せることができ、さらに商業的な成功も加速させるだろう。我々リーダ的存在の2社がもたらすものはbest-in-classであり、この2社の合併が我々の顧客のさらなる成功を創り出すと革新している。」

また、IMS Healthの会長でありCEOのAri Bousbibのステイトメントです。
「我々のソルーションは、CROマーケットに差別化を、Real Worldのエビデンスの実力を高めること、そしてコマーシャルサイドでのソルーションをも顧客に提供できるようになるものだ。この強力な組み合わせは、テクノロジーをリードして、科学的なより深い分析に基づく能力を、我々の5万人のプロフェッショナルが100以上のマーケットに展開できるようになるものである。我々の合併はビジネスの成長を加速し、もっとフレキシブルな将来の広がりをもたらすだろう。」

この動きを見ていると、とても将来性のある企業へのステップアップのように見えます。また従業員にも色々な可能性を提供できる企業になるのではないでしょうか。単なるMRやCRAだけでなく、市場分析やマーケットシミュレーション、さらにコンサルティング業務とさまざまな分野で活躍の可能性のある企業に見えてきます。アウトソースビジネスのPER、付加価値が上がることにより、むしろ、メーカーのプレゼンスが下がるのかもしれません。また強豪CROやCSO、さらにコマーシャルサイドのアウトソースプロバイダーもこの動きに追随するところが出てくるでしょう。

メーカーよりもこのような企業の方が転職先として人気が出てくる可能性もありますね。リストラが加速しているメーカーに比べると、とても勢いがあって成長しているように見えてしまいますので。

この新しい業界の動きに注目です。

広告
MR

変化するCSO コントラクトMR

今までに何十人ものMRを、CSO(クインタイルズ、アポプラス、シミックアッシュフィールド、インヴェンティヴ などなどなど)に紹介して、転職に成功しました。CSOと聞くと、コントラクトMR。・・・つまり、新薬発売時の人員増強や、欠員が多く発生した時の補充というイメージがありませんか。もはや、CSOは、単なるMRの派遣ビジネスではありません。包括プロジェクトの受託や、ゲインシェアに関する契約、コール数アップの契約や、体系的な研修制度など、サービスは多岐にわたります。また、医薬品MRのみならず、医療機器業界、看護師の教育など、大きな大きなサービス業なのです。

包括プロジェクトと言うのは、色々な形があるのですが、例えば、その地域の開業医を全てそのCSOがプロジェクト先のメーカーと契約して担当する。例えばそのメーカーでもはやコールしなくなったけど、良い薬。つまり、長期収載品などですよね。もっとイメージがわく様にすると、例えばですが、リピトールの様な製品です。もう、積極的なプロモーションはかけていないかもしれませんが、その地域で集中的にコール数をあげたら、どうなると思いますか。もちろん、売り上げが伸びます。メーカーではできない仕事です。CSOが、その伸びた売り上げの数パーセントを対価として受け取ると言うような、簡単に言うと、そういうビジネスです。面白いと思いませんか。

この手法は、sales orientedなビジネスのもとでは、gainsharingの考えに基づいていると言えます。たしかに、給与レベルはメーカーの水準ではないかもしれません。でも、考えてみてください、このメーカーの現在の状況を。たとえ1000万円以上の年収があって威張っていても、先行きはどうでしょうか。5年後、10年後のジョブセキュリティが安心と言えますか。であれば、伸びているCSO業界で、定年までやりがいを持って、適切な給与で仕事をした方が良いと言う方々が、最近私のまわりに増えています。長期的な考えに立てば、ヘルシーな業界かもしれません。もちろん、メーカーの水準に達しないと言えども、人によりますが1000万円くらい支払われている場合もありますし、依然として他業界の営業マンよりは高水準な事は確かです。

包括の手法は、何も地域と言うことだけではなくて、製品ごとの場合もあります。数年前に出たけどすごく良い薬ありますよね。このような製品はゲインシェアのビジネスでは格好のたーげっとになります。つまり、日本の製薬業界は、CSO業界にとってはマーケットのセグメンテーションの中では、大きな大きな大きなブルーオーシャンなのかもしれません。と、言いつつも、この数年、言っているほどCSOの伸び率が小さいのはなぜか、それは、競争のせいでしょうか。個人的には、業界の参入障壁だと思います。やはり、製薬業界がコンサバティブに自分たちを守ってきたのではないでしょうか。ただ、その障壁も、今年、去年の業界のカオス状態を見れば、もう崩れているでしょう。これから、CSO業界は水を得た魚のように伸びを加速するかもしれません。MR数、1000人を抱える企業もざらに出てくるかもしれません。伸びる事は火を見るより明らかです。

コンサルティングも大きなCSOの新しいビジネスです。病院や開業医、または大病院の中の特定のチームなどなど、医療業界は一大コンサルティング産業です。大手や外資系のコンサルティングファームの格好の市場ではあるのですが、業界のきめの細かい習慣やカルチャーまでの話になると、MR経験者や業界出身者がどうしても強い場合もあるし、また、医師からの信頼を得やすい場合もあり、大きな強みがあります。複数のCSOが次々にコンサルティング業務に注力しています。超高齢化社会を目の前にして、大きな市場が目の前で待っています。

MRにとっては、今まで経験しなかったTA(Therapeutic Area)を体系的に身につけるチャンスなのです。例をとると、クインタイルズのQカレッジはその内容の深さと広さに圧倒されます。疾病や治療や医薬品の事だけではなく、経営やファイナンスに関わる事まで、体系的に研修システムが整い、テストなどもオンラインで好きな時間にできると言う充実ぶりです。循環器領域はデフォルトで、CNSやオンコロジーなど、今まで所属していたメーカーでできなかった事などが、全てのMRにチャンスがあると言う意味で、スキルの高いMRがどんどんCSOで養成されていくという感じです。

CSO業界でやりがいを持って、今まで培ったキャリアを礎に貢献したい方、連絡くださいませ。面白い仕事が待っています。
登録は、こちら