製薬会社ランキング2019!! (2018売上) あの企業のランクは予想通り

おそらく5月ころに発表されるフォーチュン誌のフォーチュン500に先駆けて、本日4月8日、製薬業界専門誌(FircePharma)で、拡散OKのデータが出ました。たまたま昨日のこのブログでランキング関連の事に触れたら、なんとその次の日にこんなランキング記事が出てくるなんて・・・。

もしかして、このブログ見た?  ←無いわっ!

ジョンソン・アンド・ジョンソンの一人勝ち?

上段が2018年で、下段が2017年の売上を示しています。あらためて見ますと、ジョンソン・アンド・ジョンソンが群を抜いて1位なんですね。
もちろん認識はしていたものの、こうやってグラフを見ると2位にかなり差をつけています。
ランキングとは、なんとなく、ファイザー、ノバルティスというイメージが強いのですが、このグラフでいかにジョンソン・アンド・ジョンソンが突出しているのかがわかると思います。

Dashboard 1
広告

ただし、ジョンソン・アンド・ジョンソンの売上は、コンシューマーヘルスなどが入っているかと。特に、ワンデイアキュビューも入っちゃってるのでしょうか。

たしかに、オンコロジー、免疫と医療用医薬品も好調だとは思いますが、それで突出した1位になるとは少し考えにくいかなとおもってしまいます。

OTCやコンシューマーヘルスケアを含めるのであれば、例えばノバルティスにアルコンなどをくっつけるとこのランキングも変化があるのかなと思います。


詳細は中身を見なければ

この売上にどのセクターがそれぞれ含まれるのか、中身をみなければ判断できない部分もありますが、ざっと言えるのは、ジョンソン・アンド・ジョンソンがかれこれ5年位トップに君臨しているということですよね。



ギリアドがランクダウン

C型肝炎が治癒が見込める時代になった立役者でもあるギリアドですが、2019年はランクを落としています。
先日のブログで、ブリストルよりもリリーよりも上と言いましたが、今年のランキングでは案の定下に来ています。
理由はマーケットが落ち着いてしまったC肝の次のスタンバイ時間ですよね。



HIVとB肝で、どこまでJAKにつなげることができるか

ギリアドが買収ターゲットにとりあえず今の所なっていないのは、お金が沢山あることと、パイプラインがまだ時間がかかっていて投資判断が難しいというところなのでしょうか。

むしろ、お金があるならどこかを買っちゃったほうがよいのかもしれません。そのあたりは、過去にも書いたのですが、数年経ちまして状況はたぶん、ガラリと変わっているのかなあと思います。

いずれにしても、ランキングが下がっているのは確かなので、どこかを買収するのか、どこかに買収されるのか。

はたまた、B肝とHIVで状態をキープしながら、パイプラインを早く出すのかということになってしまいます。

2019年に何かしらの変化があるでしょうか。




ロッシュ 世界一のパイプラインも2019はあることが気になる

さてロッシュですけど、数年前からHer2など世界一のパイプラインと言われてきたのですが、たしかにそうなのですが、気になるのはバイオシミラーの登場です。

FircePharmaによると、リツキサン、ハーセプチン、アバスチンなどのバイオシミラーがアメリカで2019年に出てくるとか。
そうなんですか。すみません知りませんでした。

バイオシミラーがでちゃうと、やはり売上には影響するものと思います。とはいえ、このような分子標的やバイオ製剤は、影響と言っても、例えばリピトールとかニューロタンにジェネリックが出てきたような市場のインパクトまでは行かないとは思いますが。。。

したがいまして、去年から今年はギリアドのランキングが気になるところでしたが、今年から来年は、ロッシュがどうするのか。が、注目かと思います。


The top 15 pharma companies by 2018 revenue

  1. Johnson & Johnson
  2. Roche
  3. Pfizer
  4. Novartis
  5. Merck & Co.
  6. GlaxoSmithKline
  7. Sanofi
  8. AbbVie
  9. Bayer
  10. Eli Lilly
  11. Amgen
  12. Bristol-Myers Squibb
  13. Gilead Sciences
  14. AstraZeneca
  15. Teva Pharmaceutical Industries

(FircePharma)

Photo by Lukas on Pexels.com



そして、来年あたりに、あの日本一の製薬会社、武田がはいってきますか。それも楽しみですね。

ただし、ここまで書いてきて、最後にこんな事言うのもナンですが、ランキングというのは実際、一つの参考にしかならないですね。「だから?」みたいな。

ランク外にもっと面白そうなことがあるのかなとか思ってしまいます。新薬開発に必要なのは、お金と、パッションですよね。


ワンデー アキュビュー モイスト 【BC】9.0【PWR】-5.50 90枚入
広告

ワンデー アキュビュー モイスト 【BC】9.0【PWR】-5.50 90枚入posted with amazlet at 19.04.08ジョンソン・エンド・ジョンソン
売り上げランキング: 4,195
Amazon.co.jpで詳細を見る

広告

製薬会社ランキング、今年のフォーチュン500はどうなるのか?

フォーチュン500

5月過ぎくらいになると、アメリカでフォーチュン500が出てくると思います。もうすぐですね。企業のランキングですよね。

第1四半期を過ぎて、次々と昨年(2018年)の売上等の数字が揃い、経済誌フォーチュンがまとめて、それがランキング化されます。

なにか、似たようなランキングもあるようです。が、だいたいフォーチュン500があまりにも有名ですよね。フォーチュンと聞くと、雑誌であるということより先にフォーチュン500のランキングが思い浮かぶくらいです。

似たようなランキングとは、こんな感じですが、どれもこれもフォーチュン500ほどの指標にはなりません。


フォーチュン500と類似のランキング

  • フィナンシャル・タイムズ・グローバル500(世界の企業の時価総額をランキングしたリスト)
  • フォーチュン・グローバル500(世界の企業の売上高をランキングしたリスト)
  • フォーブス・グローバル2000(世界の公開会社の上位2,000社のランキングリストである。順位は売上高、利益、資産、市場価値の4つの要因に基づいて決められる)
  • インターブランド・ベスト・グローバル・ブランド・リスト(世界の企業のトップブランド・ベスト100を決めるリスト。インターブランドが集計し、発表したものをビジネスウィーク誌も発表する)
  • ビジネスウィーク・トップブランド・ベスト100(世界の企業のトップブランド・ベスト100を決めるリスト。インターブランドが集計し、発表したものをビジネスウィーク誌も発表する)
  • ビジネスウィーク・革新的な企業ランキング(世界の革新的な企業をランキングしたリスト)
  • 半導体メーカー売上高ランキング(世界の半導体メーカーをランキングしたリスト)
  • 半導体・製造装置メーカー売上高ランキング(世界の半導体製造装置メーカーの売上高をランキングしたリスト)
  • 世界の軍事企業の売上高ランキング(世界の軍事企業の売上高をランキングしたリスト)

さて、フォーチュン500ですが、アメリカ企業を対象だけのランキングと、グローバルでの企業が対象なランキングがあります。

  • フォーチュン500・・・アメリカだけ
  • フォーチュン・グローバル500・・・世界が対象

さてそのランキングですが、もうすぐ2019年(2018年のデータ)が出てくるとおもいますので、今のうちに、昨年の発表2018年(2017年のデータ)を見てみることにします。








フォーチュン500 /2018・・・アメリカ企業だけが対象

ランキング企業名総売上高($M)業態日本法人
1Walmart500,343小売ある 西友
2Exxon Mobile244,363石油ある
3Berkshire Hathaway242,137保険ない
4Apple229,234コンピュータある
5UnitedHealth Group201,159ヘルスケアない
6McKesson198,533ヘルスケアない
7CVS Health184,765ドラッグストアない
8Amazon.com177,866インターネットある
9AT&T166,546通信ある
10General Motors157,311自動車ある
11Ford Motors157,311自動車ある
12AmerisourceBergen153444医薬品卸ない
13Chevron134533石油ある
14Cardinal Health129976医療機器ある
15Costoco129,025小売ある
16Verizon126,034通信ある
17Kronger122,662小売ない
18General Electric122,274電気ある
19Walgreens Boots Alliance188,214ドラッグストアあったけど撤退
20JPMorgan Chase113,899金融ある
21Fannie Mae112,394金融ない
22Alphabet110,855インターネットある
23Home Depot100,904小売ない
24Bank of America Corp.100,264金融ある
25Express Scripts Holding 100,064調剤ない
26Wells Fargo97,741金融ない
27Boeing93,392飛行機ある
28Phillips 6691,568石油製品ない
29Antherm90,039医療保険ない
30Microsoft89,950ソフトウェアある

30位まで抜き出しましたけど、パッと見て印象的なのは、


○1.Walmart ウォルマート

→相変わらず1位なんですね。ただし店舗型リテイルはゆくゆく縮小するでしょう。ビジネスの多角化をしているはずです。

○3.Berkshire Hathaway バークシャー・ハサウェイ

→日本人にとっては馴染みのない企業ですが、歴史のある企業です。

ネブラスカ州オマハに本社を置く持株会社である。もともと綿紡績事業であったが、戦後に原料価格が下がり世界中で競争が起こったので、ウォーレン・バフェットに買収されてから保険業を足場とする機関投資家へ転換した。

wikipedeia




ウォーレン・バフェットは製薬企業への投資は消極的

→バフェットといえば、世界一の投資家。彼に目をつけられたわけですね。なるほど。日本で言えば、東洋紡とか、日東紡とか、そういう紡績会社が、買収されて保険会社になっちゃったみたいな感じなのでしょうか。紡績から保険って、なかなかですね。さすがアメリカ。

ちなみにですが、ウォーレン・バフェットは製薬企業への投資はあまり好きではないらしいですが、ジョンソンアンドジョンソンとか、テバには投資しているらしいです。

製薬企業が好きではない理由は、研究開発費が多額すぎるのと、変動が激しすぎるからとのことです。さらに、バフェットは日本への投資もあまりすきではありません。

豪快なイメージが有りましたが、意外と慎重派なんですね。学ぶところは多いです。


○4.Apple ・・・売上高は1位のアップル 課題はiPhone依存

時価総額では4位ですが、売上では間違いなく1位です。懸念されるところは売上の殆どがiPhone頼みだそうで、iPhone以外の売上アップがとても大きな課題になっています。日本にいると、iPhoneユーザーがとても多いのですが、世界シェアではサムスン→アップル→ファーウェイの順です。しかもファーウェイがアップルにものすごく接近しています。このランキングでもわかるように、サムスン、ファーウェイはアンドロイドなので、iPhone以外の売上を模索するときに、アプリでは勝てそうにもないですよね。


○5.6.7.UnitedHealth / McKesson / CVS

ヘルスケア関連3社です。この3社を一つにまとめた意図は、ヘルスケアということよりも、いかにもアメリカらしいという点です。日本との違いよく現れています。


「民間保険だけ」のアメリカならではのビジネス戦略

ユナイテッドヘルスは、世界最大の医療保険であると同時に、単なる保険ではなく、包括的な医療プログラムを売っています。国民皆保険ではないアメリカならではだと思います。お金を使って、こういうサービスを受けるということなのです。実際に僕の友人のアメリカ人もアメリカで入っています。

McKessonは調剤薬局ですが、規模やサービスが全然違います。個人的に突出しているのは、HEORのデータを集めてそれをサービス化しているところじゃないでしょうか。つまり、皆保険ではないので、新たな価値を自ら生み出す姿勢です。患者から集めたリアルワールドエビデンスをサービス化。日本の調剤は、いかに点数をもらうかに走りすぎやしていないかと思ったりするのです。保険制度の違いがビジネスを多角化にもっていくのでしょう。日本の調剤は、与えられる点数を出来るだけ取ろうという努力はありますが、価値を創り出すことはしているのでしょうか。


予防医学先進国 アメリカ

CVSはコンビニとドラッグストアが合体したような店舗で、全米のどんな田舎にもある感じです。コンビニとドラッグストアと言っても、スケールが違います。売っている医薬品はOTCやサプリメント。その大きさが違います。調剤もしています。皆保険ではありませんので、風邪やそこらでいちいち医者にかからないですよね。なので予防にとても関心があるのです。アメリカ人は風邪をひいても家でチキンスープとかレモネードとかジンジャーティーとか飲んで治そうとしています。それは好きにしてほしいのですが、アメリカ人と日本で働いていると、如何にも熱がありそうで怠そうにしていて、マスクもせずに咳込んでいるまま出勤してきて、会社で生のレモンとか生姜とかを噛っている人が居ます。ほとんどのアメリカ人は、日本でインフルにかかっても医者に行きません。日本の公共の場でそれはやめてほしいとつくづく思います。

この、民間保険システムがもらたらす、包括サービスと、予防医学のビジネスの拡大と言えるのではないでしょうか。

その他、気になるのは、オイルやリテール、自動車がまだ入っていますが、おいおいソフトウェア関連がランクインしたりするのかなと、思っているところです。

ところで、製薬会社のランクインはどうなっているのでしょうか。下記が、フォーチュン500(2018)で、ランクイン(500位以内)した製薬企業です。



フォーチュン500の製薬企業

Company2018 Fortune 500 RankingAnnual Revenue per 2018 list (in billions)2017 Fortune 500 Ranking
Johnson & Johnson37$7735
Pfizer57$5354
Merck & Co.78$4069
AbbVie110$28111
Gilead116$2692
Eli Lilly129$23132
Amgen130$23123
Bristol-Myers Squibb145$21147
Celgene224$13254
Biogen245$12248
Regeneron Pharmaceuticals473$6N/A

製薬会社は、フォーチュン500では、37位からの登場なんですね。フォーチュン500には、11社ランクインしていました。

ジョンソン・アンド・ジョンソンが製薬トップで37位。

あまり日本で聞かないのは、Regeneronでしょうか。サノフィとのコラボでPCSK9 (Proprotein Convertase Subtilisin Kexin Type 9) のプラルエントの開発元ですね。バイオです。

ギリアドがリリーよりもブリストルよりも上

に来ていますね。よほど設けたということですよね。C型肝炎は、もう著効する薬で治り、新患も減り、マーケット枯渇して久しいので、そろそろ新たな大型を展開しないと、、ですよね。今年発表では何位につけているでしょうか。

11社だけ? 11社もある?

それにしても、アメリカでのトップ製薬会社が37位で、500位以内に11社って、良いのでしょうか、良くないのでしょうか。どなたか詳しい経済学者とか、なんか言っていないですかね。。

今年発表のフォーチュン500ではどうなるでしょうか。



フォーチュン・グローバル500

ではフォーチュン・グローバル500を見てみましょう。フォーチュン・グローバル500は、アメリカだけではなくて、世界を対象にしています。

ランキング企業名業態総売上高($M)
1ウォルマート小売アメリカ500,343
2国家電網(ステートグリッド)電力配送中国348,903
3中国石油化工集団(シノペック)石油中国326,953
4中国石油天然気集団石油中国326,008
5ロイヤル・ダッチ・シェル石油オランダ311,870
6トヨタ自動車自動車日本265,172
7フォルクスワーゲン自動車ドイツ260,028
8BP石油イギリス244,582
9エクソンモービル石油アメリカ244,363
10バークシャー・ハサウェイ投資、保険アメリカ242,137
11Appleコンピュータアメリカ229,234
12サムスン電子電機韓国211,940
13マッケソンヘルスケアアメリカ208,357
14グレンコア商品取引スイス205,476
15ユナイテッドヘルス・グループヘルスケアアメリカ201,159
16ダイムラー自動車ドイツ185,235
17CVSヘルス薬局・ヘルスケアアメリカ184,765
18amazonインターネットサービスアメリカ177,866
19エクソールグループ投資オランダ161,677
20AT&T通信アメリカ160,546
21ゼネラルモーターズ(GM)自動車アメリカ157,311
22フォード・モーター自動車アメリカ156,776
23中国建築工程建設中国156,071
24鴻海精密工業電子機器製造台湾154,699
25アメリソース・バーゲン医薬品卸売アメリカ153,144
26中国工商銀行銀行中国153,021
27アクサ保険・金融フランス149,461
28トタル石油フランス149,099
29中国平安保険保険中国144,197
30本田技研工業自動車日本138,646



アメリカだけではなくて、グローバルとなると、いろいろな国が入ってきますね。

それでもウォルマートが1位なのですが、2位から7位まではアメリカ以外です。中国が3社入っているのは驚きですね。

上位にはオイル関連が5社入っていて、オイル強いですね。6位に日本企業としてトヨタが入っています。


トヨタとホンダ

日本企業は30位以内には、トヨタとホンダということになりますね。今年はホンダはどうなりますか。


30位以内に製薬会社ランクインなし

製薬会社で、30位以内には、居ませんね。製薬業そのものって、意外と地味なのかもしれませんね。

ではフォーチュン・グローバル500で、製薬関連のランクイン企業を見てみましょう。


フォーチュン・グローバル500の製薬企業

製薬企業でのランキングフォーチュン・グローバル500での順位会社名売上高$M本社の国
186China Resources82.184Hong Kong
2100Johnson & Johnson76.45USA
3169Roche Group56.634Switzerland
4187Pfizer52.546USA
5193Bayer51.933Germany
6194Sinopharm51.844China
7203Novartis50.135Switzerland
8271Sanofi40.81France
9276Merck40.122USA
10290GlaxoSmithKline38.868UK
11422Abbvie28.216USA
12455Gilead Sciences26.167USA
13491Boehringer Ingeelheim23.888Germany



グローバルで見ると、ジョンソン・アンド・ジョンソンの上を行っているのが、香港のチャイナリソースということで驚きです。

それにしても、グローバルではジョンソン・アンド・ジョンソンが100位で、その上にランクしている製薬1位のチャイナリソースをもってしても86位なんですね。

チャイナリソースってどんな会社でしょうか。

ウェブを見るとたくさんの子会社からなっているようで、製薬も卸も、OTCも全部やっている複合体のようです。本当に創薬を知ているのかはさておき、規模の大きさで1位になっているということのようです。

製薬6位に入っている中国のSinopharm(http://www.sinopharm.com/1156.html)ってどんな会社でしょうか。これも見てみると、創薬というよりはヘルスケアサービスを知ているようですね。

ベーリンガー  ギリギリフォーチュン・グローバル500



製薬企業は、なんだか地味に見えてしまいますね。更に地味なのは日本企業ですよ。



日本企業はフォーチュン・グローバル500圏外

お気づきの方も多いかと思いますが、日本企業はどうなっていますでしょうか。グローバル500の中には入っていないということですね。圏外です。

今年の発表はどうなるでしょうか。

よく製薬ランキングなんかをググると出てきますが、グローバルで俯瞰してみると、製薬業そのものが地味な存在だということに気づいちゃいますね。寂しいことです。





ーーーーおまけーーーー

1995年のフォーチュン・グローバル500をググってみました。

この数年前は、Japan as No.1と言われ、任天堂がマリナーズのオーナーになり、ロックフェラーセンタービルが三菱地所に買われて、かの名画であるゴッホの『ひまわり』は、大昭和製紙の会長が買ったりした時代。ちなみに、この絵画はその後大昭和製紙が手放して、その後は行方不明になっております。。。

その後諸説ありますが、1993年にバブルが崩壊して、2年経過の1995年時のフォーチュン・グローバル500の触りを少し。。。。





1995年のフォーチュン・グローバル500

1三菱商事
2三井物産
3伊藤忠商事
4住友商事
5General Motors
6丸紅
7Ford Motor
8Exxon
9日商岩井
10Royal Dutch Shell





日本の総合商社が上位にランキングしているのがわかります。バブル崩壊後2年経ってもです。昔の話ですね。

日本企業は今後またこういう時代が来るのでしょうか。もう来ないよね。(泣)

今年のフォーチュン500はどうなるでしょうか?????





米アボット、製薬事業を分割 2012年末めど

Breakup or  Buildup?

各メディアが一斉にアボットの事業分割計画について報じています。
http://blogs.wsj.com/deals/2011/10/19/abbott-breakup-a-glimpse-into-the-future/

「米アボット・ラボラトリーズは19日、2012年末をめどに後発薬を除く製薬事業を分割し、新会社として上場すると発表した。医療・診断器具や栄養事業など、製薬以外の事業は本体に残り、アボットの社名を引き継ぐ。成長ペースや主力市場の異なる製薬事業を分離することで経営効率を高め、株主価値を高める狙い。(日本経済新聞)」

考えてみれば、まったく不思議な話ではありません。前から思っていましたが、アボットに酷似している会社がジョンソン・アンド・ジョンソンかもしれませんアメリカの企業でR&DにフォーカスしてM&Aをして成長を遂げたメガ・ヘルスケアカンパニー。J&Jの現在のオペレーションを見れば、5社から成っていますよね(メディカル、コンシューマー、ビジョンケア、ダイアグノスティック、ヤンセンファーマ)。

また、同じアメリカ系のブリストルマイヤーズ・スクイブも医療機器のコンバテックや粉ミルクの企業をかつて分離しましたし、ファイザーに至っては過去に農薬や食品その他を分離してきました。また、アボットにおいては、バスキュラーやAMOなど、別オペレーションがくっつきましたよね。企業、特に外資なので、この辺が活発なのは頷けるところです。

医療機器と医薬品では、商習慣もコンプライアンスも全く違いますよね。ですから、同じ会社でやるというのは、どこか無理があったりします。より効率的なオペレーションということで考えれば、今回のABBOTTのニュースはbreakupというよりは、未来に向けたbuildupではないでしょうか。記事によるとアボットの場合は分離した新会社の社名も新しくして米国で上場するらしいので、J&Jのようなファミリーというよりは、もしかしたらファイザーのように分社化していくのかもしれません。

分社化、上場ということにフォーカスすると、資本の分散によって、投資家からの買いも入りやすくなることや、何より節税につながると思います。特にリウマチ、クローン病のヒュミラにおいては更なる売り上げ増を望む一方、バスキュラー、ビジョン系のデバイスは競合へのシェアアップが必須になっている関係上、この分割が及ぼす波及効果への期待は納得ができるものと言えます。

日本における医薬品業界という観点から考えれば、そもそもダイナボットからアボットになり、エンシュア・リキッドやクラリシッドを売っていた会社。さらに北陸製薬買収でホクナリンテープが来て、シナジス、セボフレンが別部隊になったという印象はありますが、元々薬屋たちにとっては、機械屋との接点が無かったので、特段大きな変化があるようには見えないでしょう。

今回のニュースは、breakupやsplitというよりは、それぞれの分野が分離して発展するというbuildupにほかなりません。歓迎すべきものだと思います。

特に特殊な業界である医薬品においては、なおさら歓迎すべきニュースではないでしょうか。