Uber Health の上を行く三和交通の笛

Uber Healthとは

Uber Healthは、要するに、あらかじめ予約した通院のために、タクシーが送迎してくれるサービスです。料金などはすべてアプリを通じて後払いです。

全米で展開されていて、ウェブから管理できます。プライバシーに厳しいアメリカは、患者のプライバシーを保護するために、HIPAAという法律に準拠しています。

HIPPA


HIPAA(1996年の医療保険の移植性と説明責任に関する法律)は、医療情報を保護するためのデータプライバシーとセキュリティの規定を提供する米国の法律です。 この法律ができた背景には、近年健康保険会社と医療提供者に対するサイバー攻撃とランサムウェア攻撃によって引き起こされる健康データ侵害が急増したからと言われています。

というか、この時点でもう日本では難しいと思います。お年寄りがウェブとかアプリを使いこなせないと思うからです。それでも地方では、移動に大変なので、子供とか介助者が、お年寄りに変わり設定してくれるかもしれません。

ただし、日本のタクシー会社では、すでに似たようなサービスが展開されています。

アメリカで問題になるような、個人の病歴などの情報がタクシー会社に知られないように、法律で保護しているとのことですが、日本ではいちいちそこまでの個人情報への意識が強くないかと思います。毎回毎回病院に通っている人を載せるタクシーが、その人が病気であることを知ったからと言って、どこか問題になるようなことがそもそも想定されていません。

また、日本では結構イレギュラーに医者にかかることが多いような気がします。このプラットフォームだと、イレギュラーにまで対応していないような気がします。

笛を吹けばタクシーが来る!!!

さらに、日本では、三和交通株式会社が、笛を吹いてタクシーを呼ぶIoTデバイスを開発して話題になっております。

Uberの上をいく三和交通

江戸時代には、笛を吹いて籠を呼んだということから、笛を吹いてタクシーを呼ぶデバイスを開発したようです。これはもう、Uberの上を行っています。Uberに教えてあげたい。

三和交通の方が、Uberより上だと思いますが、とは言え、Uberに話を戻すと、Uber Healthは現在、米国ではUberが利用可能なすべての場所で利用可能です。 Uber Healthアカウントを使用すると、1日24時間、週7日間、乗車をリクエストまたはスケジュールできます。

Uber Healthは、ヘルスケアに特化しています。患者を大切にし、ヘルスケア業界の輸送障壁を取り除くためにテクノロジーを使用しています。パートナーと協力して、彼らのニーズと患者のニーズを満たす製品を構築しています。また、Uber Healthを使用して、スタッフの乗車を1回限りまたは継続的に手配することもできます。要するに、患者に特化で、一回きりでも、定期的にでも使えるということ。料金は毎月アプリから引き落とされるのでしょう。

きっとアメリカでは保険会社との絡みもありますよね。Uber Healhは追加料金も発生しないので、保険の一環のサービスに組み込みやすくなっているのかもしれないです。ダッシュボードでの乗車のスケジューリングのコストは、予約時の標準Uber料金に基づいており、毎月医療機関に直接請求されます。

日本は、国民皆保険なので、そこらへんはシンプルですよね。また、プライバシーとか人権とか、アメリカほど深刻ではなく、それは良いのか悪いのかわかりませんが、そこまで深刻ではないことは確かです。

笛を吹けば、タクシーが来る。そのほうが、ウェブでぴこぴこやっているより、よほど使い勝手が良いです。

アメリカでは逆に、それできないだろうなあ・・・・。

デジタルヘルスはビジネスチャンス

デジタルヘルスは様々な領域に、IoTを通じて参入しています。なんでもアプリとかでつないでしまえば、それはデジタルヘルスのビジネスチャンスとも言えるのかもしれません。

例えばですが、投薬のタイミングを教えてくれる時計とか、赤ちゃんの粉ミルクを作る時に勝手にお湯を沸かすポットとか、寝返りを自動的にしてくれるベットとか、全てどこかでコントロールしようと思えば、IoTで繋がって、アプリを開発すれば、それはビジネスになるということです。

それは良いのですが、今回は、三和交通をUberに教えてあげたいと思いました。

広告

これからは留学するならデジタルヘルス?

将来のキャリアアップに、留学を考えている方も多いかと思います。

 

また、お子さんを留学させたいと思っているお父さん、多いでしょう。

であれば、デジタルヘルスはいかがでしょうか。

 

アメリカ、イギリスにはもう数年前から大学でデジタルヘルスのコースがあります。
こちらのウェブによると(http://www.betacareers.de/)、どういう基準かはわかりませんが、デジタルヘルスのコースのある大学のランキングがあります。

あのスタンフォードでも10位ですか。。あの、オックスフォードは8位。こういう分野は、伝統校は遅れているのでしょうか。とはいえ、10位以内ではありますけど。

1. University College London
2. University of Strathclyde
3. University of Nottingham
4. Maynooth University
5. Jacobs University
6. University of Warwick
7. Savonia University of Applied Sciences
8. Oxford University
9. University of Cambridge
10. Stanford University

日本では、あまりないのか、僕が知らないだけなのかよくわかりませんが、ググってみると神戸大学の大学院にありました。
https://www28.cs.kobe-u.ac.jp/research/healthcare

さすがですね。

まあ、ランダムな気持ちで、ミーハー的に6位のワーリック大学を少しみてみます。

ワーリック大学のデジタルヘルスケア研究所は2010年に設立され、セントラルキャンパスにある国際デジタル研究所にあり、5年間で4百万ポンドの共同研究です。

IDHは、革新的なデジタル技術を使用して人々の健康と福祉を向上させることを目指しています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
彼らのウェブによると、彼らの目指していることは、厳格な学際的な研究、開発および評価に支えられて、公衆、患者および専門家のためのデジタルソリューションの実施を支援することによって、医療の質、安全性、アクセシビリティおよび生産性を改善すること、ということです。

さらに、

ヘルスケアにおける研究主導のイノベーションのモデルは、関連する理論を特定し、適切な技術を選択し、必要に応じて新しい解決策を開発することを伴います。そのため、各ソリューションでは、ヘルスケアシステムへの昇格前に、安全性、有効性、およびコストへの影響について厳密な評価を行う必要があります。

これらすべてには、業界、NHS、そして多くの分野の境界を越えた緊密な協力が必要です。 IDHは、生物医学および情報工学、健康心理学者、統計学者および公衆衛生、病院医療および地域保健の背景を持つ3人の臨床医の専門家を雇用しています。何人かはNHSで働くことに数年を費やしましたが他のものは重要な産業と同様に学術的経験を持っています。これは私達が健康関連の問題の大部分を理解し分析し、そして革新的なデジタルソリューションを開発し、評価しそして展開することができることを意味します。

 

IDHの教育

デジタルヘルスケア研究所の目的は、教育を通じて、英国および海外の地域社会の健康と福祉を向上させることです。共同制作された、特注の研究オプションの独特な範囲は、IDH内から考案され、そして提供されています。
これらは、PhDを含む伝統的なプログラムを含み、ヘルスケア運営管理の修士課程で教えられました(フルタイムとパートタイム)。

多くのIDHコースは、テクノロジーベースの学習プラットフォームを介してのみ提供される予定です。これにより、海外からの参加者の研修(旅行やビザの問題を否定し、それによって現在アクセスできない専門家や市民に教育を提供すること)が可能になり、フルタイムの雇用に柔軟な研修を受けることができます。

私たちのコースはすべてベストプラクティスのデジタル配信で構成されます。コンテンツは可能な限り最高品質のものであり、そしてアクセス可能でインタラクティブで魅力的な方法で配信される証拠に基づく最新の情報を含む明快さと目的でデザインされています。

IDHは医療や一般の人々に知識をどのように伝えていますか

業界およびヘルスケアのパートナーと協力して、コンテンツおよび配信の点で世界をリードする共同制作コースを介して、適切な科学分野からの証拠を開発し、関係者に広める
医療従事者、産業界の従業員およびその他の利害関係者を、フルタイムの雇用またはCPDへのアクセスがほとんどない地理的領域で訓練し、それによって健康格差を削減する
幅広い利害関係者(例えば、医師、看護師、同盟の医療専門家、教師、保護者、市民)にわたるスキルのギャップを特定して削減し、それによって医療の経済的負担を軽減する
当社のコースコンテンツの提供に有力な専門家を巻き込み、顧客、共同制作者、または従業員をデジタルでトレーニングすることを希望する業界パートナーの中心的拠点になることを目指しています

なんか、言い方悪いですけど、この大学のパクリで良いので、どこか地方の鳴かず飛ばずの大学が新しいコースを新設したらいかがでしょうか。

秋田県の国際教養大学とか、大分の立命館アジアパシフィック大学みたいに、何か特徴を出せて学生が集まるのではないでしょうか。

例えば、言っては悪いですが、田舎の学生もあまり集まらないFランの大学が、急に「デジタルヘルス学部」とか作ったら、いかがでしょう。

話題になること必須です。

英語は「フィリピン」で学べ!: 短期集中・マンツーマン・格安の語学留学
海外留学がキャリアと人生に与えるインパクト:大規模調査による留学の効果測定
最新版 大学院留学のすべて 入学後絶対後悔しないための10のステップ (アスカカルチャー)
お金がなくても東大合格、英語がダメでもハーバード留学、僕の独学戦記

デジタル治療薬

デジタルとヘルスケアはますますつながりを深めています。
市場規模は2018年でおよそ2000~3000億米ドルと言われたりしていますので、世界の医薬品市場を8000億米ドルと考えると、単純に の2割以上、4割くらいに達する勢いです。

とはいえ、では、どこか大きな会社がありますか?

例えば、ノバルティスとかファイザーがデジタルヘルスのビジネスで何百億ドルも稼いでいますか。

結論言えば、稼いでいません。つまり、実態がよく見えません。ここがデジタルの不思議なところです。

FDAは2017年にアプリによる依存症の治療を認可しました。つまり、

日本で言えば、アプリで行う治療に薬価をつけたという感じでしょうか。

この会社、ご存知でしょうか。

https://peartherapeutics.com/

“PRESCRIPTION DIGITAL THERAPEUTICS FOR THE TREATMENT OF SERIOUS DISEASE”

デジタル治療法による重病の治療??

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

こちらの会社の関係者の方には大変申し訳ないのですが、個人的には、控えめに言ってわけわかりません。

 

処方箋が必要ということは、このアプリの治療法は薬剤師が渡すのでしょうか???????

 

ただし、精神科では、医師からのムンテラに保険点数が付くので、もしそれがスマホとかで代替してもわからんでもないです。

この会社のパイプラインを見ると、こんな感じです。

https://peartherapeutics.com/science/product-pipeline/

彼らは、Prescription Digital Therapeuticsのパイオニアだそうです。

彼らの申請したデジタル治療薬「reSET」と「reSET-O」をFDAが薬として認可しました。

どうやって治験をするのでしょうか。

色々興味深いです。

今後、2019年、そして東京オリンピック後に、デジタルヘスるすはますますマーケットを拡大させると思います。

現状、製薬企業で働いているそれぞれのプロフェッショナルは、いよいよ覚悟しなければならないと思います。

というのは、ヘルスケアマーケットがこう言ったITの人たちにどんどん侵食されかねないからです。

ただし、患者さんにとっては、色々選択肢が広がるのは良いことですが。

デジタルヘルスへの知見、リテラシーのない人たちはどんどん閑職に追い込まれるでしょう。

すでに全米のヘルスケアの売上規模の4割近くに迫る勢いなのですから、これからどんどん拡大することは火を見るより明らかです。

もう、やれ、「借り上げ社宅がない」とか、「自分の車で回っていいのか聞いてほしい」とかを気にしているMRはますますオワコンです。

デジタルヘルスケアの一部であるデジタルセラピーは、まあ、だいたいが、メンタル関連が多いのですが、これがメンタル以外の治療にまで来ていたりします。

例えば、オンラインでの治療技術共有なんかは、もう製品として申請しようとしいます。

すでに、一つの選択肢に入ってきているのです。

まあ、現代人のライフスタイルから見れば、衣食住すべてデジタルですよね。

着るものも、アプリでレンタルありますよね。もう結婚式とか何かのイベントで衣装を買ったりしません。

住むのも、もうホテルも民泊とか、Airbnbとかをアプリで選んだりしています。

最近は、ホテルをブックスるOYOとかいうアプリの会社がグローバルで急成長しています。聞くところによると、10代のインド人が創立したそうですよ。

食べるのはもちろん、レストランのブックなどは言わずもがなですよね。

支払いも紙幣も硬貨も使わずにデジタルですよね。

こんな世の中ですから、こんな現代人の、行動やライフスタイルの変化の真っ只中なので、考えてみたら、医療だけがデジタル化しないわけないのです。

デジタルの治療法は、メンタル関連だけでなく、すでに糖尿病、鬱血性心不全、肥満、アルツハイマー病、認知症、喘息、薬物乱用、ADHD、高血圧、不安、うつ病、およびその他いくつかを含む多種多様な疾患および状態の予防および管理に開発されています。

最近、こちらの本も読んだのですが、内容は難しくはないのですが、新しい事だらけ。

 

ヘルスケア産業のデジタル経営革命
日経BP社 (2017-10-24)
売り上げランキング: 20,352

個人的感想は、そんな簡単にヘルスケアが成り立つか? という感じです。

僕が古いのかもしれませんが、そんなアプリとかデジタルとかで簡単にヘルスケアが成り立つのかと思ってしまいます。

僕の全体的な感想です。

何か、IT業界の人が、新しくて良いマーケットを見つけた・・・くらいに考えているのかと思ってるとしたら、「そんなに簡単じゃないよ」と、言いたくなります。

とは言え、もう何年も前から、ITと医療は密接に関わっているし、これからはデジタルもAIも然りです。

今後もデジタルとヘルスケアの動きを追っていきます。

デジタルも牽引していくくらいの気概を持っていきましょう。