ブロックチェーンは患者を救えるのか

ビットコインだけではない

ビットコインで儲けてそのお金で良い医療を受けるという話ではありません。ブロックチェーンは金融だけでなく、あらゆるプロセスを基盤として記録する特徴があります。

全てのプロセスを記録できれば、例えば、偽薬の製造を止めることができるかもしれません。その通りのプロセスを経ないという時点で、AIとかで弾けば良いかもしれないし、あるいは、そのプロセスを経る工場を限定してしまえば良いかもしれません。

医薬品は開発型の製品です。あのなんだかうどん粉を固めたみたいなモノが、莫大な開発費により高い薬価がついているのですから。

最近のニュースでも、破格の薬価がついている希少疾病の医薬品などがあるわけです。減量そのものは多分、高くないでしょうが、その製法、豪勢に費やした研究開発、それには当然治験も含まれますが、それが高いわけですよね。

企業の毛球開発費の比率が高いほど、一昔前は、R&Dに力を注いでいる企業ということで評価もありました。

つまり、R&Dにかける予算は、いわばその会社がいかに患者フォーカスのポリシーを持ち合わせているのかと言う、バロメータにもなり得たわけです。

医薬品の開発はご承知のように、10年以上、何百億円もかかり、しかもほとんどが失墜します。このトライアンドエラーを、ブロックチェーンで最小限にできれば、優れた医薬品が安く誕生するかもしれません。

R&Dのゲームチェンジャー

そんな革新的な、ゲームチェンジャーなテクノロジーを、ブロックチェーンが担おうとしているわけです。

そんな中のニュースでは、ベーリンガーとIBMが共同でブロックチェーン技術で臨床開発をすることに乗り出したことで納得できます。IBMといわば、ワトソンだと思っていましたが、ブロックチェーンもかなりやっているのですね。やっているって、よくわからない表現ですが。

暗号通貨の基盤をなす技術かと思っていましたが、色々な応用方法があるものですね。

特に難病の薬や、希少疾病の医薬品は、これから爆速で出現しそうですね。昔の古くて分厚い医学書の、ほんの1ページにも満たないような扱いで、奇病と言われ、誰もその薬なんて作ろうともせずに、ただただ苦しんでいた患者さん。

そう言う患者さんには、このブロックチェーンがとても役に立つ時代がくるかもしれません。AIとブロックチェーンで、薬を開発。

そもそもブロックチェーンの目的は、インターネット(情報、金銭など)を使って取引しながら効率とセキュリティを獲得することであることですよね。

今日では、すべての取引の情報源を記録することが可能になっているわけです。このブロックチェーンの技術をうまいこと医薬品の開発に応用すれば、もうそれは革命な訳です。

製薬とブロックチェーン


それでベーリンガーインゲルハイムとIBMは、臨床試験でブロックチェーン技術の採用を検討することへのコミットメントを発表したわけですね。

https://newsroom.ibm.com/2019-02-12-Boehringer-Ingelheim-Canada-Ltd-and-IBM-Canada-Announce-First-of-its-Kind-Collaboration-to-Integrate-Blockchain-Technology-into-Clinical-Trials

読んでもわかりません。はい。

読んでも分からない、この技術は、何もベーリンガーだけがやっているわけではないようです。サノフィ、アムジェンも乗り出しています。これからは、こう言う、製薬とコンサルの組み合わせが、一つのチームアップになっていくかと思います。

IBMだけではなくて、当然、マッキンゼーもBCGもアクセンチュアもやることでしょう。製薬と組んで、ブロックチェーンで臨床開発です。

今までは医療とITといえば、まあ、例えばオラクルあたりのソフトウェアを使って、その基盤も元をたどればIBMかもしれませんが、で、そのソフトの導入ができることを一つのスキルとみなして、転職などでは有利に働き、レジュメでもそのローカライズの経験を書いてあったりするものですが、これからは、ブロックチェーンの技術がわかる人が、製薬にも来そうですね。

そうなると、もう、薬屋の風情じゃなくなりますよね。業界関係ないです。

ブロックチェーン、マシーンラーニング、デジタル、この辺りに長けている人が全ての業界で需要が高まってくるわけですね。製造業も、金融もです。フィンテックなんて、その他最たるものですよね。

たぶんノマドワーカーが増える

これらの仕事は、多分プロジェクトベースなので、もう一社に長く留まる人も少なくなるかもしれません。しかも外注すれば、フリーのエンジニアが請け負うかもしれません。

先月は、PayPayの仕事、今月は薬の開発、来月は幼稚園バスの自動運転などなど、そう言う人はもう、そもそも日本人である必要もなければ、日本人であったとしても、日本にいる必要さえなくなりますね。

東南アジアで雇われずに、ビーチサイドでパソコンパチパチやりながら、抗がん剤の開発をしていたりする人が出てくるかもしれません。

もうそんなのにキャッチアップできません。年齢も関係なければ、序列もない。出世なんて、古典的な概念ですね。

ただ、それは、幸せをもたらすのかな。

広告

ブロックチェーンの技術で、リアルワールドエビデンスは構築できないか

全ての取引が記録されるなら、

ブロックチェーンの技術で、リアルワールドエビデンスは構築できないか、考えてみたりする。

全ての事象をトラッキングできる技術、しかもそれが暗号化されるのであれば、ブロックチェーン技術はPMSモニタリングに向いているのでは無いだろうか。

しかしながら、暗号化されて個々の端末に入ってしまうので、一元管理は課題になるのかもしれないが、それを克服するのはそれほど難しくはなさそうだ。

なぜこんなことを考えたかと言えば、単純な思いつきに他ならない。

なぜこんな思いつきをしたかと言えば、たまたまフィンテック絡みのリクルーティングをしているときに、少し勉強して、ブロックチェーンは分散型台帳技術と呼ばれているということを知ったので。

てっきり、色々な仮想通貨のことをブロックチェーンというのかと思っていました。

ブロックチェーンとは仮想通貨の技術を指している

ブロックチェーンは技術のことを指し、仮想通貨、ビットコインを支える中核技術とのこと。つまり、仮想通貨はビットコイン。それを動かす技術はブロックチェーンの1部ということなのか?。

台帳というくらいなので、ビットコインにまつわる全ての取引は、インターネット上に記録されている。これでリアルワールドエビデンスも記録されれば良い。ビッグデータを解析するAIエキスパートをいちいち雇わなくてもよくなるかも。パイソンやらRやらを熟知しなくても、解析できそうじゃね?

「サトシ・ナカモト」って誰?


それはミステリー。

ていうか本当に、誰だかわからないことになっている。その、正体不明の「サトシ・ナカモト」によって、2009年1月3日に誕生したビットコインの全ての取引は記録されている。暗号化されて保存されていて、特段、管理する仕組みが定まっていないので、集中的な権限が無いのが、リスク分散にもなり、逆に良いらしい。

ブロックチェーンは、技術を指す。

なので、ブロックチェーンでリアルワールドエビデンスを構築できるだろう。
リアルワールドエビデンスは、知らないけど、すでに、応用されようとしているのは、

・不動産取引
・貿易金融取引などのスマートコントラクト
・食品などのサプライチェーンのトラッキング
・その他

このその他は、医療にまつわることも含まれるだろう。

ただし、まだまだ絵空事に過ぎないだろう。なぜなら、フィンテックをめぐる事件が後をたたないからである。

もし間違ったことがエビデンスとして構築されたら、もうえらいことになる。しかも、事件や事故の責任は誰が取るのか。

法的な整備も待たれるだろう。

それに、やはり医療ともなると、高い倫理観が常に求められるので、こういったよくわからない人が作った仕組みなどは、敬遠されるだろう。


広告

倫理、法律、責任など。まだでしょ。

ブロックチェーンにまつわる、事故や不祥事などをググると、出てくる出てくる。こんなに不完全なものは、医療への応用はまだまだ先と言わざるを得ない。

理屈で気には、ブロックチェーンの技術は、もしもセキュアなものであると確信できるならば、医療への応用は待った無しだ。

統計、データ解析、エピデミオロジー、保険、全てにおいて応用できるものばかり。

リスク管理を徹底すれば、本来のテクノロジーの恩恵に預かれるけど、またそのリスクというのはいたちごっこ。

ブロックチェーン用のリスク管理のソフトウェアをどんどん更新しなければならず、ここも全く遅れている分野である。

もしこのリスク管理もAIで作ったら、もうそのイタチごっこを人間が把握することがそのうちに不可能になるのでは。

勝手に、リスクが高まり、勝手にAIがソフトウェアをバージョンアップし、いつしか人間が追いつかなくなる。

やはり、医療への応用は、今の高いではとてもじゃ無いけど、怖いな。

サトシ・ナカモトって、まじで誰なの?

ビットコイン、また最近上がってる。