blog, MRの出口

製薬業界リストラでもCSOでは増員

製薬業界、リストラでも一定量は必要なMR

製薬業界のリストラに荒れた2018年から開けて、2019年も早いもので1Qが終わろうとしています。

相変わらず、製薬業界の人材関係については明るいニュースはあまりないのですが、CSOは活発です。

CSOはメーカーに比べれば給料は安いですが、他の業界の営業職よりは依然として高水準です。しかもCSOは特に今年に入って活況です。

以前は厳しかった年齢にも募集ポジションが出てきたりしています。

また、領域未経験ながら、オンコロジーのプロジェクトがあったりしております。

給料が安いと行っても、製薬メーカーに比べてという意味です。

製薬メーカーのMRであれば仕事内容からしてだいたい800万円くらいが相応だと考えております。

それ以上もらっている人もたくさんいますが、それは実際のMRとしての業務内容からは貰い過ぎと考えられ、いずれ是正されると思います。

是正のされ方は、例えば、リストラやM&Aだと思います。典型的な例は、外資のバイオ系の企業が大手に買収されたりすることでしょうか。

製薬の場合、外資のバイオの方が、大手よりも給料がだいたい高いので、買収されればいずれ買収した側の大手の基準に統合されるでしょう。

CSOの給料はメーカー標準よりも100万円か150万円くらい安くなる可能性があります。ただし、様々な理由で応募をする人が沢山います。

給料が下がってまでCSOに転職する理由は、

・リストラに遭い、メーカーへの転職がうまくいかない

・勤務地の理由

・担当領域の理由・・・例えばオンコロジーに行きたいけど行けないとか。

・将来を考えて

 

おそらくですが、数年後にはCSOの人数がメーカーMRの人数にだいぶ接近し、もしかしたら、CSOの方が上回ったりとか?

もしかしたら、MR=CSO勤務みたいな時代も来るかもしれません。

例えばですが、トヨタの車を買うときには、トヨタ自動車本社から買うわけではありませんよね。それと同じ理屈です。

医薬品のMRといえば、CSOという風になる可能性もあります。

メーカー勤務の人は、たとえ現状より給料が下がったとしても、活況なCSOに行くのも一つの選択肢です。

例えば、年収が100万円か200万円下がっても、別の方法で補えば良いことです。また、税金のことなどを考えると、そこまで生活レベルに大きなインパクトがあることはないかと思います。

さらにですが、ここ最近のメーカーのリストラは、なんとなく、日本社会が得意な足並みをそろえた結果という感じもします。

オタクもリストラですか? じゃあ、うちもやろうかな・・・的な。

この連鎖が終われば、落ち着くかと思います。

今からCSOに行って、将来の計画を進めるのも良いと思います。

MRの出口を目指している人にとっても、領域を変えたいという人にとっても、副業の勉強から始めたいと思う人にとっても。

 

→CSO募集情報ページへ

 

 

広告
blog, MR, MRの出口

協和発酵キリン リストラ発表で株価戻す

協和発酵キリンの株価が昨日のリストラの発表で寄り付きから反発しています。

 

 

リストラは好材料なのでしょうか。株主から見たらそうかもしれませんね。昨年の高値は2400円代ですから、その水準まで行ったら売りですかねえ。

株式の掲示板を見ていると、虫の知らせで昨日の大引に買ったとかいうコメントしている人がいました。そういう人もいるんですね。

人手不足人手不足と言うけど、そんなに人手不足なのに、リストラの嵐は止まりません。嵐、嵐、嵐「Oh Yeah!」 と言う感じです。

製薬業界、リストラ、2018とかでググって見てください。

ノバルティスが、NBIが、エーザイが、武田の研究所、ノボ、アステラス、大正製薬、マルピー、サノフィ、などなどなど。枚挙にいとまがありません。

大正製薬とか、協和発酵キリンとかは、創業以来初のリストラらしいですよ。

このブログで以前に何度か触れましたけど、早期退職の発表があったら、手を上げた方が良いかと思います。個人的な意見ですけどね。人それぞれ事情は違うかと思いますけど。

また、若手の人は、早期退職の対象にならなくても、自らキャリアチェンジなどを積極的にした方が良いと思います。そのためにも、例えば英語とか、資格とかを日頃から身につけておきましょう。
MRは素晴らしい仕事なのですが、計画を持つべきです。ずっとは続けられません。いつまでやるのか、で、その後どうするのか、ビジョンはありますか。

ずっとMRを続けると言うのは、無理ゲーです。

blog

リストラは最大のチャンス

福利厚生が良い会社は人気がありますけど、同時に福利厚生に人生が縛られることもありますよね。

 

「給料も、まあ、新卒の割には高いな。」

とか、

「日当ってすごいな」

とか、

「借り上げ社宅って、すごいな。」とか、

細かい話ですが、例えば、車とか、ある程度金額が張る買い物の時に、ディーラーで普通にローンを組んでも良いのですが、ある程度の規模の会社には、共済会みたいなのがありますよね。優遇金利でローンが組めたりとか。

「会社というのはすごいなあ、ああ、ありがたい。」

なんて、思ったりするのです。

住宅を購入するときのローンも、生保や医療保険も、結婚資金とか、色々とサポートがあったりしますよね。まあ、特に国内企業などは、新卒から定年まで一社で過ごす方が多いので、それはそれで良いことですね。

 

ただ、一度しかない人生だし、誰しもたまには、色々考えるものですよね。もしかしたら、もっと違う道があるのかもしれないとか。

現状でこれほど手当が厚いと、なかなか飛び出すのは怖いものです。住んでいる家も会社のおかげ、病気をしても休職できるし、お金に困っても共済がある、同じ業界の中では、それほどでもないかもしれないけど、他業界から見れば待遇は良い。。などなどと、気がつくとそういうスパイラルの中に居ることに気がつくのです。

「商売なんかやったって、俺みたいにぬるま湯で生きてきたような奴にうまくいくわけない。」

「転職しても、社内で競争に勝って、良い評価を得られるかな。」

「今から英語勉強したって、帰国子女とかそういう人に叶うわけない。」

「転職する奴は、昔にとっくにしてしまっている。自分はもう、年齢も年齢だし、もうここで良いわ。」

などなどというアイデアが浮かび、自分にとっては今が最良な状況なのだと暗示をかけながら生活していることがありがちなものです。

これが、人生の可能性を自ら狭めてしまう瞬間であります。

 

ところが、早期退職制度が発令されたらどうなるでしょう。

これは、とても良い機会だと考えられます。

ぬるま湯から、出て行く、チャンスでもあるし、違った道も自分にあるかもしれないと思っていた方は、飛び出すきっかけになりますよね。そこに理由があるわけですから。

イバラの道でも、楽しいかもしれません。