blog

医薬品の売上ランキング 2012第一四半期 日本とアメリカ

久々の更新になりました。7月より新しいファームに移り、いろいろとバタバタしておりました。それにしても、この夏は暑かった。これからお盆ですのでまだまだ夏なのですが、ようやく朝晩は過ごしやすくなった気がします。さて、お盆ということで、ビジネスの世界では第三四半期、Q3の真っ最中なわけですが毎年のようにこの時期のビジネスはスローです。こと、リクルーティングにおいては最たるもので、なにしろ「人事」というように人が居なければ始まらないビジネスなので・・・。お盆はさすがに遅くなります。

そんな中、第一四半期の医薬品売上ランキング的なものが、少し前に出てきました。日米で比較すると面白いです。

日本 (imsより http://www.ims-japan.co.jp/docs/top_line_121j.pdf

上位 10 製品  2012 1Q   JAN-MAR

売上金額 (単位:百万円)

医家向製品  薬価ベース 前年比%

  • 1 ブロプレス   28,259   -7.7%
  • 2 デイオバン   26,727   -3.2%
  • 3 アリセプト   25,847   -18.7%
  • 4 プラビツクス   22,283   17.8%
  • 5 リピト-ル   20,107   -19.1%
  • 6 タケプロン   20,008   2.4%
  • 7 アレグラ   19,794   -12.1%
  • 8 レミケ-ド   19,532   13.3%
  • 9 モ-ラスヒサミツ   19,042   -4.3%
  • 10 オルメテツクダイイチサンキヨウ   18,866   -5.2%

1位は武田のブロプレス(http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2149040F1026_1_21/)そしてそれに次ぐ2位もARBのディオバンですね。日本では高血圧の薬が1位と2位を占めていますね。しかも両剤とももうすぐジェネリックが出そうなくらい発売して何年もたっている製品ですね。まさにARB大国日本ですね。ジェネリックが出たら影響が出ますよね、特にこういう生活習慣病というか、慢性疾患の薬は、ジェネリックに抵抗がある人でも、ジェネリックに替えやすいという話を聞いたことがあります。

3位のアリセプトはアルツハイマー型認知症(痴呆)進行抑制剤ですね。エーザイが開発し、ファイザーが海外では提携して同じ製品名で展開してブロックバスターという、圧倒的な売り上げを残し続けた製品ですね。発売後10年以上たっている今年のQ1でも3位に入っていますが、対前年比でなんと18.7%のマイナスですね。理由は当然ジェネリックの出現によるものですね。アリセプトのジェネリックは2011年になんと30社が参入したそうです。(http://file.marugariita.blog.shinobi.jp/ceefd8ef.pdf#search=’ドネペジル%20ジェネリック’)そりゃ、対前年が落ち続けるのも当然ですよね。これがいわゆる医薬品業界の2011年問題ですね。ざっと30億円くらいは落ち込んでいるわけで、ファイザーも相当の対策が必要になるわけですね。

4位のプラビックスは抗血小板剤で、上位では唯一対前年の売り上げを伸ばしていますね。最近PPIとの相互作用も話題になりましたけど、順調に売り上げを伸ばしています。大型ですね。

そして5位のリピトールはこれも2011年問題ですよね。日米ともにジェネリックが大ニュースになりました。これこそブロックバスターの代名詞だっただけに、今でも影響を受け続けています。それでもまだ5位に入っていますね。ファイザーはアリセプトといい、リピトールといい大変ですよね。

まあ、大変大変と言っても、ファイザーもその他大手先発品メーカーもジェネリックのチャネルをしっかりと持ちつつあります。ファイザーもエスタブリッシュ部門がジェネリックを扱いますし、サノフィ・アベンティスも日医工と提携していますよね。ちなみに、サノフィと日医工はリピトールのジェネリック売るみたいですね。ちなみにたとえば、ノバルティスはサンドが、アボットはホスピーラが関連ジェネリックメーカーで存在しますね。

ただ、ジェネリックと言っても、日本での7掛けはグローバルにおいてはかなり高いみたいですね。たとえば、リピトール10mgの先発品の薬価は113.6円に対して、最初に出たジェネリックの薬価が76.5円、次に出たジェネリックの薬価でも68.9円ですので、本当に7掛けですよね。これにたいして、たとえばアメリカでは先発品に対して15%から20%だそうですから、10円とか20円という世界なのです。保険制度がプライベートのみかもしれないけど(今のところ)、この値段だったら自分で買っても問題ないですよね。

この先発品とジェネリック品の価格の開きは、ただ単に医療費の削減ということだけでなく、ビジネスにおいては何を意味するかというと、そのカテゴリーでどれか一つにおいてジェネリックが出てしまった場合、日米で戦略が若干違ってきます。

たとえば日本ではリピトールのジェネリックが出ても、リバロやクレストールもそれなりに戦えるのです。もちろん、安いほうがよいのですが、ただ、もしリバロやクレストールが気に入っている患者さんがいるなら、多少、つまり30円か40円高くても、「先発品で良いよ」という場合が出てくるでしょう。ところが、アメリカのように、リピトールが10円とか20円で売っていたら、いくら気に入っていても100円の先発品は売れないですよね。 開発品目も同じです。今から、たとえエビデンスも出ている最良の、過去ベストのスタチンが出たとしても、もう売れません。既存の先発品も売れない、同種の開発もストップする…。つまり、そのカテゴリーの医療用医薬品マーケットの終焉的なものを意味するような気がします。日米では、同じジェネリックが出たと言っても、インパクトや意味が違いますね。

さて、6位以下ですが、いやー、昔の薬ががんばっていますよね。やはり、日本のマーケット、日本での製薬会社は製品を大事にする文化があるような気がします。これは、医薬品の場合、良い事なのか、悪い事なのか、わかりません。情報を持った生命関連製品ですから、コカ・コーラのようなコンシューマー製品とはもちろん違う。当たり前ですが。いまだにスタチンや抗アレルギー剤、ARBなどを主力と掲げなければいけない会社、そこの優秀なMRは、なんというか、お腹いっぱいですよね。転職の動機にもなります。「今年もスタチンの拡売かよ・・・」みたいな。

さて、アメリカです。

http://247wallst.com/2012/07/18/top-10-u-s-drugs-for-2012-first-quarter/

ていうか、WSJ、エビリファイのスペリング間違えてますしたので、修正しておきました(笑)

  1. •Plavix (BMY) — $1.62 billion in sales
  2. •Nexium (AZN) — $1.40 billion
  3. •Abilify (Otsuka) — $1.34 billion
  4. •Singulair (MRK) — $1.24 billion
  5. •Seroquel (AZN) — $1.16 billion
  6. •Advair Diskus (GSK) — $1.14 billion
  7. •Crestor (AZN) — $1.12 billion
  8. •Cymbalta (LLY) — $1.03 billion
  9. •atorvastatin (generic) — $0.95 billion
  10. •Humira (ABT) — $0.93 billion

それにしても、エビリファイすげー!!

エビリファイは、ちょっと置いておいて、見てください。

リピトールが消えています。そして、9位に早くもリピトールのジェネリックが入っていますよね。アトルバスタチンです。これが今回のランキングの日米の最たる違いじゃないでしょうか。リピトールは日米ほぼ同時にジェネリックが発売されて、しかも、アメリカよりも日本のほうが圧倒的に参入会社が多いはず。にもかかわらず、日本ではまだ先発品のリピトールが5位に食い込んでいて、ジェネリックは10位以内に入っていません。さらに薬価が10円20円のジェネリックがランクインするわけですから、それだけ量が出たんでしょうねえ。いやあ、リピトールインパクト大きいな。

さて1位にプラビックスが入っています。アメリカではブリストル・マイヤーズ・スクイブが売っています。日本ではサノフィです。長年リピトールが座っていた1位の座ですが、同じくブロックバスターのネクシウムを上回り、Q1では1位ですね。

まあ、しかしながら、Plavix、一般名clopidogrelも、すでにジェネリックが出始めましたので、おそらくQ4にはランク外に消えてしまうのでは? そして、この領域の他の競合品が全く売れなくなる・・・・ちょっとQ4は早すぎるかな?。 決して早くはないですね、なぜならプラビックス75mgの薬価は日本では275円ですが、アメリカでは、しかもオンラインで1錠あたり$0.25くらいで買えちゃうわけですから・・・。

Crestorもランク外に消えるでしょうね。それにしても、日本とはだいぶ薬の種類が違いますね。

エビリファイすごいですね。しかもアメリカでもOtsukaですね。

Wikiでは、一般名アリピプラゾール(Aripiprazole)(商品名:エビリファイ®)は大塚製薬が発見・開発し、世界60カ国・地域以上で承認されている非定型抗精神病薬の一つである。略称はARP。2006年1月に許可。

医薬品もなんというか、生活習慣病だの、高血圧、高脂血症というところから、心の病気にマーケットがシフトしてきたような気がするのは私だけでしょうか。そろそろ本格的に日本人が精神科に堂々と通う時代が到来かもしれませんね。

大塚製薬と言えば、サントリーや出光のように非上場の勇ですね。いやー相当株価は上がるはずですよね。 非上場かと思ったら、ホールディングスが上場してました。 2010年の年末に、鳴り物入りで上場し、当初2100円で売り出した株価は、現在2407円ですから、300円以上上げているわけですね。大塚の株、アメリカで売り出したら絶対売れますよ、ただでさえ気運に左右されやすい医薬品株ですから、ランキング3位ってインパクトがありますね。

まだまだこちらに関連の話題は続きますが、次回に。

広告
blog

OTC どうでしょう。

あけましておめでとうございます。仕事始めだ!と思ったら3連休ですね。

さて、昨年末から、このblogでは製薬業界における所謂2011年、2012年問題らしきネタを紹介させていただいておりました。何しろ世界一のリピトールだけに、話題が尽きません。

そのリピトールが世界一の座を明け渡すと、そこに追随している品目の一つがネクシウムですね。オメプラールに次ぐプロトン・ポンプ・インヒビター(PPI)でアストラゼネカが日本法人でも昨年売り出しましたね。

日本のマーケットにネクシウムを出すにあたって、AZが単独で売るのか、それともリピトールのように他社と組んで併売をするのか? ということが発売以前から注目されておりました。

結果的にはご存じのように併売という形をとりました。大型新薬ですから、それなりのプロモーションが要求されます。AZ一社ではなく、他社と組むことによってMRの実質的な数的メリットを狙ったことになります。日本のマーケットを攻略するうえで、多数のMRによる人海戦術が功を奏するという判断があったのかなと思います。

そのパートナーがまさに第一三共ですよね。 ただし、併売と言っても色々な手法があるのですが、AZがクレストールの時に塩野義と組んで色々と生じた諸般の課題をクリアすべく、マーケティングとプロモーションというすみわけをすることに落ち着いたわけです。 2社が痛みを分けて、けんかをして奪い合うような形ではなく、仲良くみんながハッピーになれるようなやり方をAZは選びましたよね。 いずれにしても、AZはブロックバスターを日本法人では単独で売るという選択をしなかったので、MRを単独で増員しなくて済んだのです。

そのパートナの第一三共は、ネクシウムを扱い、さらに今まで世界一だったリピトールのジェネリックを、子会社ランバクシーを通じて世界市場で売っている。 何だか、うまいことやっているように見えますね。 さらにランバクシーは、テバとの提携をして、テバの販売網に「ジェネリック・リピトール」を乗せようとしていますね。 まさに、日本でも大洋と興和テバを買収したテバですから、日本市場でも攻勢をかけてくるのでしょうか。それはわかりません。

またまた話がリピトールに戻ってしまいますが、高脂血症は慢性疾患ですから、動脈硬化の予防的に処方されている人も併せますと、相当長い間リピトールを飲み続けているという患者さんが多いです。リピトールの服用に慣れているご年配の方にとって、「同じ薬です」と言われても、「アトルバスタチン」という風に名前も色も変わると、何か違うものに変わった気がしてくる方も多いです。

ジェネリックでは、日本でも一般名が商品名というように統一されてきておりますので、名前が変わり、患者さんにとっては、なんか違うという感覚をぬぐいきれません。特にブランド好きな日本人にとってはなおさらのことだと思います。

「ジェネリックが良いのはわかるけど、先生、私は今までのリピトールで良いですよ…」という人も多いでしょう。さて、この日本人の変化が苦手、ブランド好きという特徴をマーケッティングに反映させると、どうなるか少し考えてみました。

実は先日こちらで取り上げました、OTC薬として存在する医療用医薬品の薬価収載削除の動きですが、実はこの日本人のメンタリティが大きな影響を及ぼしかねないと、密かに思っております。

だいぶ前から報道されていることですが、現在、米国でファイザーがFDAに打診中の案件の一つに、リピトールのスイッチOTCということがあります。

Pfizer May Market Own Over-the-Counter Lipitor Pill

こんな慢性疾患の医薬品のOTC化が可能なのかどうなのか、わかりません。が、もしも本当に可能であり、事実としてOTCになった時には、リピトールの薬価が削除されちゃうかもしれませんよね・・・・。

そして、「リピトール」というブランド名がOTCとして蘇るのです。ブランド好きで変化が苦手な日本人なら、なじみの深いこの名前のOTCは、「アトルバスタチン」よりも売れるかもしれません。もちろん、「リピトール」というブランド名を名づけることが許される企業は、ファイザーですよね。

世界第二位の医薬品マーケットの日本で、スイッチOTCは波紋を呼びそうですね。ただ、この実現性は未知数です。

blog

ジェネリック・リピトールを巡るニューヨーク決戦!

リピトールの後発品ですが、日本からは5社から発売になっていますね。 

アトルバスタチン錠5mg/10mg「EE」  – エルメッドエーザイ
アトルバスタチン錠5mg/10mg「KN」  – 小林化工
アトルバスタチン錠5mg/10mg「サワイ」 – 沢井製薬
アトルバスタチン錠5mg/10mg「サンド」 – サンド
アトルバスタチン錠5mg/10mg「トーワ」 – 東和薬品

お気づきのように、ジェネリック医薬品のネーミングは、一般名を基準としたネーミングに統一化されました。昔は、それはギャグ?というようなユニークな名前もありましたが、数十社が参入するジェネリックマーケットですので、紛らわしくなったり、処方ミスなどをなくすためだと思います。

できれば、リピトールに準えた名前をつけたかったでしょうね。 それだけリピトールのブランド名は浸透していますので。

さて、このリピトールのジェネリック戦線ですが、アメリカでは、2つのメーカー、ワトソンランバクシーでちょっとした物議を醸しております。

ワトソンは、NYに本拠を置くジェネリック医薬品メーカーです。ワトソンは自社のホームページで、今回のリピトールの後発品の発売を

“Largest generic product launch in US history” 

つまりアメリカ史上で最大の製品の後発品の新発売として、意気込んでいます。アトルバスタチン錠80mgの初出荷の様子が、ホームページ上で動画で記録されているほど、ワトソンとしては、会社的にも意義のあることだったことが伺えます。それにしても、アメリカではリピトールは80mgなんですね。

ワトソンが、動画をホームページにまでupして、「我々はもう出荷している」ということを強調している理由ですが、なんとなく、ランバクシーを意識しているような気がしてなりません。なぜなら、ワトソンは、「スタート」を切ったものの、ランバクシーは、ジェネリック・リピトールの販売権は得ているものの、主要記事によるとまだ沈黙しているのです。

Watson starts selling generic Lipitor in US, Ranbaxy mum

11月30日時点のBloombergによれば、ランバクシーはこの時点で更なる最終的なクリアランスをUSFDAから受けなければならないのです。記事によると、インドのアナリストも、いつUSFDAから許可が降りるかわからないと言っています。こんな記事を読むと、ワトソンの動画が如何にインパクトを与えているものであるかを感じざるを得ません。

 さて、ランバクシーといえば、インド最大の医薬品メーカーで、第一三共の傘下。 つまり、この一連のドタバタは、日本の会社の子会社が繰り広げていることだったのですね。ということは、むしろ、かなり日本に関係のあることだったのです。

第一三共の経営にかかわる方々にとっては、歯がゆいことだったのでしょうか。日本ではなかなかこの手の報道がないので、うかがい知ることができないところです。

さらにランバクシーは、ジェネリック最大手のテバと組んで、このジェネリック・リピトールをテバの販売網に乗せようとしております。当然戦略上のことであるかと思いますが、第一三共にとっては、日本市場はテバを通じてオペレーションをすることになるのかと思います。大洋と興和テバを同時に買収して、テバ製薬誕生の目玉製品にもなりそうな予感がします。このストーリーのためにも、ランバクシーはUSFDAからの宿題をクリアしなければならないのでしょう。

ランバクシーの拠点はインドではグルガオン、アメリカではニュージャージーに置かれてています。 ニューヨークとニュージャージーに本拠を置く2社、まさにgreater NY 決戦。。

NBAで言えば、ネッツとニックスのマジソンスクエアガーデンでの決戦!と、行きたい所なのでしょうが、今のところはネッツの不戦勝になりそうな雰囲気ですね。この東海岸での対戦は、日本にも大いに関係があり、今後の成り行きがかなり注目されます。