家に居ながらどんどん売れる薬とは?

去年というか、コロナの前にふと思ったことがあるのですが、「ギリアドのMRって、暇だろうなあ・・・」と。それは決して悪いことではないのです。良い意味です。忙しければ良いという事はありませんので。

C型肝炎で儲けたお金で、賭けとも言えるカイトファーマ買収でオンコロジーのパイプラインを獲得したのは2017年ですよね。ただすぐに製品が出てくるわけでもないので、ヒット商品を求めて幹部が次々と辞めていったのは2019年頃です。

もともと、ホームオフィスで営業所もないので、コロナ前もみんな基本的に家にいたと思います。そこに、このコロナでさらにステイホーム。いよいよみんな飽きてくるのではと思った頃に、思いがけず、コロナでレムデシベルが注目されたということで、間違い無いでしょうか。

ただし、MRにとっては特段、レムデシベルで著しく業務が増えるわけでも無いと思いますけど。病院が勝手に使うことになりますよねきっと。

Vekluryっていうんですね。レムデシベル。ベクルリーです。

そもそも、元々訪問規制が厳しい昨今において、それに拍車をかけるコロナのパンデミックによって、MRはさらに家にいることになりました。

ただ、コロナの薬があったら、それって勝手に売れますよね。

あったにはあったのですが、レムデシベルが入院しているコロナ患者への投与がFDAで認められたのは、ついこないだです。2020年の9月頃ですよね。すごいタイミングですよね。

いやあ、タイミング大事だなあ。この世で一番肝心なのは素敵なタイミング。

そもそも新型コロナのための薬ではないですし。もともと。

しかもそれでコロナが治ったら、社会貢献度爆上がりじゃないですか?

家に居ながら、薬はどんどん売れて、今社会の最重要課題の解決に貢献して、尚且つ患者さんにもご家族にも貢献する。

ギリアドすごいなあ。

そして、そうこう、していうるうちに、コロナ終わったら、レムデシベル特需も落ち着くだろうけど、その頃にはカイトファーマのパイプラインであるオンコロジーも本格化したりするのですよね。

コロナの薬が売れてウハウハなんていう顔は不謹慎でできないだろうけど、真面目な顔を作るのも大変そうな感じですね。にやけるのを我慢できないのではないでしょうか。なんかこの写真はダニエル・オデイさんですけど、にやけるの我慢してませんか。気のせい?

レムデシベルの25万円は、ICERとの攻防。でも結局患者にとって良いことなら、株価も上がる。

レムデシベルの薬価がやっと決まったようです。

何日も前から、色々と予想が飛んでおりました。ギリアドの社長のオ・デイ(Daniel O’Day アニタ・オデイのO’Dayですね。知らないか・・)さんにとっては、株価に影響する大問題で、もっと高くを望んでいたかと思います。なぜかといえば、開発費に1000億円以上かかっているらしいからで、それを回収するためにはもちろん、高い方が良いに決まっているのです。

しかもオデイさんにとっては、2018年に就任後、何とかC肝の後の影の薄くなったギリアドの切り札ですから、そりゃ期待の製品だったわけなのです。もちろん、開発当時はコロナのことなんて想定していなかったはずですけど、色々と思わぬ展開になったともいます。

ところが、ここ数年続く新薬の高薬価の問題で、アメリカでは臨床経済的評価研究所(ICER: Institute for Clinical Economic Review)が目を光らせていて、それにO’dayさんも結構議論をしたりしていたのです。

ちなみに、ICERってあるんですね。ご興味のある方は、この動画を。。

25万円は妥当なのか

よかったのか悪かったのか、それは株価も示すように、悪くはなかったはずです。なぜなら、何となくギリアドはまず話題にかけていたのではないかと思うからです。C肝炎の後話題がなくて、日本のMRも暇でした。営業所もないし、元々家から通っていた人も、在宅になり、かなり暇だと思います。そこに来て、この話題ですから、別に損するわけではないし、良いのではないでしょうか。

高薬価の連続で世の中の感覚がいささか麻痺しているので、ブームに乗じて馬鹿高い薬価をアナウンスすることもできたはずです。しかもアストラゼネカに買われそうになって、焦ったのかはわかりませんけど、高く売りたいはずです。

ちなみにアストラゼネカに買われたら、インパクトはギリアドに

ちなみにアストラゼネカに買われたら、日本では結構インパクトの大きな出来事になるかと思われましたが。ギリアドにとってはまず給与が下がる。無かった営業所が地方にも現れる。そんなの、嫌ですよね多分。

ここはさすが、O’Dayさんは、CEOとして世論を見て、ICERも見て、馬鹿高い薬価をつけるのをやめました。言っているのが、「患者にとって良いことをしている。」ということなのです。

ていうか、O’Dayと聞くたびに、どうしてもアニタ・オデイを思い出してしまいます。ご興味のある方はこちらを。。。好きな女性ボーカルはどなたですか。アニタ・オデイは結構好きです。

患者にとって良いことをすれば、製薬会社は株価も上がると思います。

ちなみに、アメリカの有名な投資家は、今、ギリアドの株は買いであると言っているようですよ。25万円というのは、妥当で、これは評価できるようです。

さてさて日本ではどうなるのでしょうか。

buy me a coffee

筆者にコーヒー代をおごる

¥500

Panic Approving – 薬はトイレットペーパーかっ⁉︎

申請5月4日 承認5月7日

申請から3日で医療用医薬品が承認されたことを、誠に勝手ながら、パニックアプルービングと命名することにした。

コロナでレムデシベルが5月4日申請されて、5月7日に承認された。新型コロナとは言え、3日間で承認って、アリなん?。 海外での使用経験が根拠らしいけど、特例も特例で、それだけコロナが大変なことになっているということだろう。

トイレットペーパーが爆売れして在庫がなくなったり、マスクはもちろん、あと、カップ麺がめっちゃ売れ行きを伸ばしている。これらは、パニックショッピングというらしい。もうパニックになって、トイレットペーパーを買い占める行為のことである。

この承認も少しパニクっているのではないだろうか。

個人的にはというか、製薬の専門家でもなんでもないので、コロナの薬が承認されるということは歓迎すべきである。とは言え、まがいなりにも製薬業界で少し経験した者としては、「それ、大丈夫なの?」と、思ってしまう。

そういうときには、厚労省の頭の良い人たちが寄ってたかって承認に漕ぎ着けたわけだから、きっと大丈夫なのだろうと思うことにしている。

それにしても、5月4日って、休日じゃね? 申請できたの? 別に良いけど。

さらにさらに、政府はアビガンも5月中に承認する見込みだという。新型コロナ治療の選択肢が増えるのはとても良いことだと思う。ただ、マスコミによるこの薬の名前の連呼は気になる。結構、やばいと思う。

製薬企業は、薬の効能に関しては、本当に慎重に言っているにも関わらず、マスコミは無防備に声高に言っている。聞くところによると、ワイドショーとか情報番組とかで、薬の名前と効果を毎日連呼しているとのこと。

これ怖いわ。

やっぱり、マスコミとかをそのまま鵜呑みにする人口は一定いるので、怖いことだ。そこで、薬の名前と効能だけを連呼してたら、怖い。

怖いので、「レムデシビル製剤の使用に当たっての留意事項について」をここに貼っておくことにする。ネットで検索したら、出てきたので、そのurlを下記に貼っておこうと思う。

厚生労働省医薬・生活衛生局医薬品審査管理課長

それにしても、早くこの状況から脱したいな。それはみんなが思っていることか。

新型ウィルスでもARDS最善の治療は標準治療

新型ウィルスでも重症化するとARDSになり、ARDSの最適な治療は標準治療のようです。ARDSではすでにたくさんの治療法があるのでその治療を行なっているよ、という記事です。

マサチューセッツジェネラルホスピタルの記事です。

 2020年5月6日
COVID-19を持つ重症患者の死亡率-16.7%-は、他の病院で報告されているほど高くはなかった。また、中央値34日間の追跡調査では、人工呼吸器を使用していた患者の75.8%が集中治療室から退院した。”これに基づいて、我々は臨床家がCOVID-19による呼吸不全の患者に証拠に基づいたARDS治療を提供し、新しい治療法を検討する前に標準化された臨床試験を待つことを推奨します “と共同著者Jehan Alladina、MD、Mass Generalの医学インストラクターは述べています。

ウィルスは新型でも、重症化した後はほとんど標準治療で生存していると言う報告がありました。と言うことは、初期はアビガンとかレムデシベル投与で、重症化には投与もするけど後は標準治療ということでしょうか。

重症化というのはARDSの状態のことでしょうか。であれば、ARDSに関する標準治療はすでに色々とあるので、それはラッキーだと有名なお医者さん、C. コーリー ハーディン先生がこの記事で言っています。

推奨されたのは標準医療ですよね。すでに確立されているやつです。他の疾患も標準治療が最高の治療ということになると思います。

なんか、少し前に、日本の芸能人を中心に色々と変なというか、民間というか、標準ではない治療法が増えましたよね。その流れへの警鐘にもなるかな。エビデンスの確率した標準治療。

ですけど、アビガンとレムデシベルが爆速で承認されそうですね。すごいことだと思います。

レムデシベルはあれですかね、元々のエボラとかの治験はどうなったのでしょうか。そっちでもありですかね。

それは良いけど確か1ヶ月くらい前は、NYCの病院の呼吸器の先生が、人工呼吸器が足りないと言って悲鳴をあげていましたが、あれはもう大丈夫なのでしょうか。続報とかあるのかな。何かその先生はC-PAPでも良いと言っていましたよね。本当にC-PAPでもよかったらすごいですね。まあそれくらい逼迫していた状況ですよね。

ところで、伏臥位呼吸法とは、うつ伏せでやるんですかね。

https://www.jaam.jp/dictionary/dictionary/word/0310.html

そろそろ巷ではアフターコロナのプランが囁かれ始めていますよ。各企業の採用計画とか。思ったよりダメージ無さそうです。

なので、どんどん声かけしますね。