ドライブスルーワクチン

アメリカ、ヨーロッパでは普通

日本でも、ワクチンをドライブスルーで打てるようにしたら良いかと思います。アメリカでもヨーロッパでも普通にやっています。

https://www.bbc.com/news/uk-scotland-edinburgh-east-fife-54310762
https://www.cbc.ca/news/canada/montreal/drive-thru-vaccination-clinic-1.6013010

例えば、人口の多い東京近郊から少し離れた栃木県、茨城県、山梨県、あるいは伊豆あたりの、高速道路のだだっ広いサービスエリアなどに、ドライブスルーワクチン会場を設営するのです。担当は地元の医師によって行われます。申し込みも要らない、ただ身分証明証を持参して行くだけです。

ワクチン接種後30分くらいそこで副反応の様子を見て、もしもの時には救急車で地元の病院に搬送するようにします。

現在、日本でもワクチン接種率が急激に上がっているようですが、後一押しというところでしょうか。収束に向かうには、ワクチンしかありません。

https://cio.go.jp/c19vaccine_dashboard

ワクチンの後は佐野ラーメンを

会場には、地元特産のお土産ショップをずらりと並べれば良いかと思います。さらに、そこまでの高速道路料金は無料にします。ワクチンは無料ですが、地元にお金が流れます。できれば、現地の地元のラーメン店がブースを出すというのはいかがでしょうか。地元のラーメンのキャンペーンにつながります。

さらにさらに、地元のホテルなどの割引券やクーポンを配って、コロナ収束後に利用してもらえるようにするのです。できれば、ローカルアイドルのライブや、売れないお笑い芸人のライブイベントなども有ってもよいかもですが、ちょっと密になると大変なので、それは少し無理かと思います。。。

高速道路を移動して、パーキングエリアで、ドライブスルーワクチンするだけなので、人の流れは局地的ですし、地元の商店街を練り歩くわけではありませんから、感染拡大の心配もそれほどないかと思います。

もちろん関東でだけではなくて、全国単位です。

まさに、ワクチン普及と、さらに地元のビジネスを活気づけるイベントになるのです。

ドライブスルーワクチンが実現したら、ワクチン接種率も増加するかと思います。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


   CLUB KENNY
オフィシャルLINEというのを作りました。

   CLUB KENNY
新しい試み。つながります。

購読申し込みを受領しました !

メールをチェックしてメールマガジンの購読を確認してください。

FB 繋がり申請歓迎

BionTechのワクチンが上手くいったら、ドイツの移民政策の成果と言えるのかもしれない?

もちろん人にもよるかと思いますけど、トルコ人は移民することに対してかなりアグレッシブです。特にドイツにはトルコ系移民が沢山います。

Between 1970 and 2010, approximately 40,000 Western Thrace Turks arrived in Western Europe, most of which settled in Germany. In addition, between 2010 and 2018, a further 30,000 Western Thrace Turks left for Western Europe due to the Greek government-debt crisis.

Turks in Germany – Wikipedia

ブンデスリーガとかもトルコ出身選手すごいですよね。

アメリカにいた時に、まあ、語弊があるかもしれないけど、ものすごくトルコ人留学生達はアグレッシブだったのを覚えています。アルバイトも肉体労働的なものをやって。あと、女子に対する猛アタックがすごいのです。特にアメリカ人、ヨーロッパ人、そして日本人女子にも、ものすごい圧力できていましたよ。その女子に彼氏とかがいても関係ないのです。

数年後日本で多国籍な従業員の職場でずっと働いていますけど、ある日ドイツ人の女子にトルコ人のエピソードを話したら、それはとにかく、移民のチャンスを狙っているのだろうということでした。

トルコ人とも何人か友達になりましたけど、関係ないけど、トルコ語って日本語に近いと思います。アクセントだけでいうとです。文法とかそういうのは全くわかりません。発音は、結構母音が日本語に近いと思ったことがあります。すもません、このくだりはこの記事に全く関係ありません。

で、ファイザーのワクチンの開発元のBioNTechですけど、ドイツの会社ですけど、トルコ系移民の研究者が創業者なのです。前の記事にも書きました。

COVID-19から世界が解放される ROCKNROLL なBIONTECH

BioNTechの創業者であり、研究者のウール・シャヒンさんとエズレム・テュレチさんは、しかも夫婦なのです!

夫妻は、mRNAの特徴的な働き、特にオンコロジー領域に注目して研究をしてきたのです。夫婦で研究なんて、キュリー夫妻を彷彿とさせますよね。

もしも、このワクチンによって、Covid-19から人類をすくったら、まさに、夫妻でノーベル賞ですよね。まさしくキュリー夫妻のようです。

移民Nに対しては賛否両論ありまして、特にドイツは寛容ですよね。メルケル首相も移民政策に関してはたのEUに比べると寛容で、一線を画しています。この寛容さは、例えばカナダとかオーストラリアにも通じるくらいな印象を受けます。

もしBioNTechが成功して、しかも新型コロナに勝つなんていうことがあれば、ドイツの移民政策に関しては1つの成功と言えるのかもしれません。

まだまだ副反応とかその辺のデータが出てこないのでなんとも言えないですが、成り行きを見ていくしかないですよね。

さて日本はどうなるのかと思います。すでに大量のワクチンを購入することになっています。ワクチンの発売間もない時期の製薬会社の仕事の1つに役所というか、行政へのアプローチが必須になります。

行政へのアプローチができる人は、なかなか製薬会社内にもいません。それこそファイザーとか武田とかそのほかワクチンを製造販売している企業のなかには居ると思いますが、絶対数が少ないですし、難易度がそこそこある割には重要視されていたなかったりします。まあ、すでにどんどん出回っているワクチンに関してはそこまで重要ではないかもしれませんが、新しいワクチンには、からならず行政対応が必要になってきます。

ファイザーと、モデルなのワクチンを売ることになった武田はどのような行政対応を取っていくのか、これも注目だと思います。

ファイザーのCEOの動画を見て頭をかすめた事

ワクチンのニュースが立て続けに出てきました。

ファイザーの社長が鳴り物入りで動画に登場して、ワクチンは大丈夫だ!みたいに意気揚々と言っています。

それまでは、治験の情報ではずっとOcford大学とAZの製品が先を行っていたような気がするのですが、本当に突然の嵐のように、モデルナ、そしてファイザーとワクチンが出てきました。

その直後のニュースがまた少し変だったのですが、AZのワクチンの有効性が70%しかないと出てきたのです。これは、慌てて出てきたファイザー、そしてモデルナのmRNAワクチンの有効性90%とはえらい違うなと思ったのです。

このニュースを見て、みんなAZ大丈夫か? みたいに思いました。

ところが、またまたその直後に、AZのワクチンは投与方法で90%の有効率を超えていることがわかりました。

この時間の流れがとても変です。

ファイザーのCEOが動画を出した直後にファイザーの株式が上がりました。

AZの有効性が70%と出ました。

この時に、ファイザーのCEOは実は自分の保有している株を売り抜きました。

その後AZの有効性も投与方法で90%超えがわかりました。

その後、保存方法でAZがかなり上回ることがわかりました。

AstraZeneca – OxfordModernaPfizer – BionTech
TypeViral VectormRNAmRNA
Doses222
How Effective62 – 90%9595
Strage2℃ – 8℃-20℃ up to 6mths-70℃
source WHO Kenyamazaki.com

なんとAZのワクチンは、保存方法は普通の冷蔵庫で大丈夫です。

それに対して、ファイザーは−70℃じゃないとダメなのですよ。ものすごいコストがかかりますよね。なんか、全然AZの方が良いと思います。

僕が言いたいのは、ここですね。

なんか、AZの製品の方が良いのを知っていて、それを世の中が知る前に、動画を大々的にリリースして、株式が上がっがら売り抜いているじゃん。ファイザーのCEO。違いますか?

結果論かもしれないけど、そうです。

ファイザーのCEOが意気揚々と動画でワクチンの供給体制が整ったこととか、ファストトラックで治験をやって上手く行ったことなどを話している時点では、まさかAZの製品の保存方法がそんなに優れているなんて、みんな知らなかったのですから。

なんか、慌てて行動したように見えて仕方がありません。この一連の動きを見ているとです。

AZの方が優れているのを知っていた。 みんながそれを知る前に動画を流した。株価が上がる。自分の保有株を売り抜いた。

このストーリーがピッタリすぎて、頭から離れません。

アストラゼネカのワクチンに期待してしまいます

現在新型コロナワクチンの治験で進んでいるのは、やっぱりアストラゼネカとオックスフォード大学がやっている治験ですよね。

とにかく、ワクチンが早く出ないと、経済がやばいです。

企業はリストラ、赤字決算の嵐です。

三菱重工も、国産旅客ジェット機の開発を辞めちゃうみたいですし。

ワクチン出てくれば、まあ、少しは安心できます。アストラゼネカに期待してしまいます。それにしてもこのパスカル・ソリオの写真ジャック・マーみたいに見える。。

アストラゼネカに関しては、このブログでも過去に色々取り上げてきました。

ワクチンは、各社開発しておりますが、アストラゼネカとオックスフォード大学の候補がリードしております。

ていうか、P-3までいっているのは、10月19日時点で、WHOによると下記の治験のようです。

SinovacInactivatedInactivated
Wuhan Institute of Biological Products/SinopharmInactivatedInactivated
Beijing Institute of Biological Products/SinopharmInactivatedInactivated
University of Oxford/AstraZenecaNon-Replicating Viral VectorChAdOx1-S
CanSino Biological Inc./Beijing Institute of BiotechnologyNon-Replicating Viral VectorAdenovirus Type 5 Vector
Gamaleya Research InstituteNon-Replicating Viral VectorAdeno-based (rAd26-S+rAd5-S)
Janssen Pharmaceutical CompaniesNon-Replicating Viral VectorAd26COVS1
10月19日時点での、治験のドラフトは、このWHOのページからダウンロード可能です。
https://www.who.int/publications/m/item/draft-landscape-of-covid-19-candidate-vaccines

ちょっと、中国のも入っていますし。それがどうという訳ではないのですが。

やっぱり、アストラゼネカに期待してしまいますよね。

ISRCTN89951424 治験の概要を翻訳しただけのページ

これはオックスフォード大学での新型コロナワクチンの治験の概要です

このページ(http://www.isrctn.com/ISRCTN89951424)の翻訳

フェーズIII

薬剤名
ChAdOx1 nCoV-19ワクチン、MenACWYワクチン

一次アウトカム指標
ウイルス学的に確認された(PCR陽性)COVID-19の12ヶ月間の症候性症例

副次的なアウトカム指標

  1. ワクチン接種後7日間、電子日記に記録された勧誘された局所的および全身的な反応性の徴候および症状の発生(参加者200名のサブセットのみ)。
  2. 12ヶ月間に参加者から報告された/電子日記に記録された重篤な有害事象の発生状況
  3. 12ヶ月間に参加者が報告した/病院の記録に記録された疾患強化エピソードの発生状況
  4. 参加者が報告したPCRで確認されたCOVID-19疾患による入院、12ヶ月間の経過で
  5. 重度のPCRで確認されたCOVID-19病、病院の記録/参加者インタビューから記録されたパラメータ、12ヶ月間の経過
  6. 12ヶ月間のCOVID-19病との関連死
  7. 12ヶ月間にELISA法で測定したSARS-CoV-2非スパイク蛋白質に対する抗体(血清効力率
  8. ワクチン接種後28日目にELISA法で測定したSARS-CoV-2スパイクタンパクに対する抗体(血清転換率)。
  9. ワクチン接種後28日目の生および/または偽型SARS-CoV-2ウイルスに対するウイルス中和抗体(NAb)アッセイ

すべての参加者は28日目、90日目、182日目、364日目にフォローアップ訪問に招待され、試験中のいずれかの時点でCOVID-19を示唆する症状を発症した場合は、試験チームに連絡するように求められる。症状のある参加者は、SARS-CoV-2 PCR検査のために来院していただくことになります。

試験全体の開始日
01/05/2020

試験全体の終了日
31/07/2021

オックスフォード大学
Photo by David Jakab on Pexels.com

(山崎)ていうか、これも来年の7月とか言ってたら、もうオワコンというか、もうあれですよね、オリンピックとかって、無しなんですよね。誰も言わないけど。

治験ボランティアの参加条件は下記の通りです。

治験ボランティア参加資格

  1. 18 歳から 55 歳までの成人。上限年齢は、高齢者における追加の安全性データが得られた場合には、延長することができる。
  2. すべての試験要件を遵守する能力と意思があること(治験責任医師の見解)。
  3. 3. 研究者がボランティアの病歴についてかかりつけの医師や主治医と話し合うことを許可し、研究手順に関連する場合には、すべての医療記録にアクセスすることを許可すること。
  4. 4. 妊娠可能性のある女性のみ、試験期間中に継続的に効果的な避妊を行う意思があり(下記参照)、スクリーニングとワクチン接種の日に妊娠検査が陰性であること。
  5. 試験期間中の献血を控えることへの同意
  6. 書面によるインフォームド・コンセントの提供

性別
両方とも

目標とする参加者数
2000

参加者除外基準もあります。ごくごく当たり前ですが、興味ある人もいるかと思いますので、翻訳を載せます。

参加者除外基準

  1. 試験期間中のCOVID-19の予防薬試験への参加。注:COVID-19治療試験への参加は、COVID-19が原因で入院した場合に認められる。試験チームには、できるだけ早くその旨を通知すること。
  2. 2. SARS-CoV-2 の血清学的調査に参加し、研究期間中は参加者に血清状態が通知される。注:登録後に血清状態を開示すると、誤って参加者のグループ割り付けの盲検化が解除される可能性がある。COV003 への参加は、ボランティアが地域/国別の血清学的調査から得られた血清学的結果の盲検化を維持している場合にのみ認められる。
  3. 研究介入以外のワクチン(認可または治験薬)を、研究ワクチン接種の前後30日以内に受ける予定がある。
  4. 試験データの解釈に影響を与える可能性のある治験薬または認可ワクチンの過去の受領(例:アデノウイルスベクターワクチン、コロナウイルスワクチン)。
  5. ワクチン候補の投与予定日に先立つ3ヶ月以内に免疫グロブリンおよび/または血液製剤を投与した場合
  6. 免疫抑制剤または免疫不全状態が確認されているか、または疑われている場合、無菌症、重度の感染症の再発、および過去6ヶ月以内の免疫抑制剤の慢性使用(14日以上)(ステロイド外用薬または短期経口ステロイド(14日以下のコース)を除く)。
  7. ChAdOx1 nCoV-19、MenACWY、パラセタモールのいずれかの成分によって増悪する可能性のあるアレルギー疾患または反応の既往歴がある。
  8. 血管性浮腫の既往歴がある場合
  9. アナフィラキシーの既往歴
  10. 研究期間中の妊娠、授乳、または妊娠の意思・意図
  11. がん(皮膚基底細胞がんおよび子宮頸がんin situを除く)の現在の診断または治療の有無
  12. 研究への参加に影響を及ぼす可能性のある重篤な精神疾患の既往歴
  13. 出血性疾患(例:因子欠乏症、凝固障害、血小板障害)、またはIM注射または静脈穿刺後の重大な出血またはあざの既往歴がある。
  14. 現在のアルコールまたは薬物依存の疑いがあるか、または知られている場合
  15. 15.重度および/またはコントロール不能な心血管系疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患、肝臓系疾患、腎臓系疾患、内分泌疾患、神経系疾患(軽度/中等度の良好な合併症は認められます。
  16. 実験室で確認されたCOVID-19の履歴
  17. 登録前にSARS-CoV-2抗体で血清陽性
  18. 2020年2月以降、スクリーニング時にSARS-CoV-2抗体で血清陰性でない限り、新たに発熱、咳、息切れ、無呼吸/老衰を発症した。
  19. クマリンおよび関連する抗凝固薬(ワルファリンなど)または新規経口抗凝固薬(アピキサバン、リバロキサバン、ダビガトラン、エドキサバンなど)などの抗凝固薬の継続的な使用
  20. その他、研究への参加によりボランティアのリスクを著しく増大させたり、ボランティアの研究への参加能力に影響を与えたり、研究データの解釈に支障をきたすような重大な疾患、障害、所見がある場合。

募集開始日
15/06/2020

募集終了日
31/07/2020

今月で募集締め切りなんですね。

ていうか、早よ!

筆者にコーヒー代を

¥500

あれ、オックスフォードって、来年もずっとオンラインにすると言ってなかった?

ワクチンバブルの割に、進まない治験

そろそろ、コロナ何とかして欲しい

Photo by Anna Shvets on Pexels.com

それはみんなが思っていますかね。

ちょっとWHOのページを見たら、開発中のCovid-19のワクチンは、170ありましたよ。そんなにいらないよね、とも思いますけど。

ワクチンバブルでも起こすのでしょうか。それはそれで、活気付けば、新たなマーケットが生まれて良いかもしれないけど、今はとにかく、早く第一号を出して欲しいですよね。

経済はもう、止められないですよ。日本も第二波でなんだか、やだなーとみんな思い始めていますよねこの週末とか。

170の候補のうち、臨床開発に入ったのは21本です。そのうち、P-3はたったの二つ。

開発中 COVID-19 フェーズⅢはたったの2つ。

DRAFT landscape of COVID-19 candidate vaccines –
7 July 2020

全候補170
フェーズ Ⅲ
フェーズ Ⅰ から Ⅱ19
非臨床139
WHOの発表から

何かと、バッシングのあるWHOがまとめています。

もう、経済活動を止めるのはそろそろ限界なので、新型コロナがあっても普通のインフルみたいな扱いにして、経済活動を続けるには、ワクチンや治療薬あってこそです。

それにしても、ワクチンの候補物質、すごい数ですね。みていると、色々な国で開発しています。

臨床開発に入った候補物質は21本です。
そのうち、Phase3はたったの2つ。

こちらと
https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT04456595?term=vaccine&cond=covid-19&draw=2&rank=1

こちらです
http://www.isrctn.com/ISRCTN89951424

いずれも、SARS、MERSの適応ですよね元々。ダウンロードできるようにしておきました。

どうでも良いけど、早く出して欲しいです。みんな思ってますよね。

非臨床は139もあります。
これも、ないよりは良いけど、そんなにいるのか? という話ですね。

ところで、アメリカはWHOから撤退するみたいですね。これこそニューノーマルという感じですね。日本も続くのでしょうか。

ワクチンと、薬、早く出してもらわないと、こちらも商売になりません。

企業が採用を控えているので、大変な事になっています。人材業もそうですけど、その前に平和産業と言われている、ホテル業界、旅行業界、やばいです。

Photo by Nathan Cowley on Pexels.com

アストラゼネカの新人事

アストラゼネカは、新しいCEO人事を発表しました。 その方の名はパスカル・ソリオ! 考える人みたいで恰好いいですね。

http://www.astrazeneca.co.jp/activity/press/2012/12_8_28.html

パスカルさんも相当優秀な方だと思いますが、アストラゼネカが、ロッシュの社長を採ったところに、なにかアストラゼネカの希望というか、期待というところを見て取って良いのでしょうか。例えば最近ヤフーがグーグルの重役を採用したのと似ているような感じがします。

パスカルさんはロッシュのCOOです。ロッシュと言えば、現在最も注目されている製薬会社と言ってよいのではないでしょうか。注目されている理由は何と言っても最大のバイオ医薬品メーカーだからです。これからの医薬品業界は、遺伝子、個別化医療に乗らないと、生き残りは難しいですよね。そしてその主役となるのは抗体医薬です。ロッシュは「ジェネンテック」を2009年に完全子会社化した後、バイオ医薬品を中心とする分子標的治療薬の開発がさらに加速していますよね。現状のパイプラインで、抗体を用いて使用する医薬品が最も多い会社の一つです。その、ジェンティック買収、さらにロッシュのバイオファーマ化を先導し、売り上げを伸ばし続けてきた張本人が、パスカル・ソリオさんです。

ロッシュはパスカルさんが就任してから取ってきた方向性により、現状最もホットなファーマになっているのです。抗体医薬、オーファンに不可欠な試薬は、ロッシュ・ダイアグノスティクが重要な役割を果たしています。特にアジアパシフィックでの成長は顕著ですよね。このパイプライン見てもすごいです。http://www.roche.com/roche_pharma_pipeline.htm

最近のアストラゼネカはどうだったのでしょうか。実は今年の4月に新しく会長が就任しました。新会長は元ボルボの社長であり、ヨーロッパ版経団連と申しましょうか、ヨーロッパの経済団体であるERT(European Round Table of Industrialists)の会長でもあるリーフ・ヨハンソン氏です。最近流行の異業界からのボードメンバーと言う感じでしょうか。その新会長が就任後4ヶ月たった先日の8月28日に、ウォールストリートジャーナルのインタビューに答えて言いました。

“There’s a number of medicines going off patent, We need to replenish them.” (http://online.wsj.com/article/BT-CO-20120828-709362.html)

彼が言っているのは、こういうことです。

①「たくさんの薬が特許切れになる」②「我々はそれら(製品)を補充する必要が有る」

特許切れとはなんでしょうか・・・日本で言えば、ネクシウムやクレストールでしょうか。ネクシウムは今のところ効果を全面的に押し出すことで功を奏しているようです。つまりオメプラールのジェネリックという経済性よりも、より良い効果という新規性がメリットを上回っているということでしょう。しかしながら、これもジェネリックが7掛けの日本だけかもしれません。もし他のPPIのジェネリックがもっと安くなれば、どんなにネクシウムが優秀でも新規性よりPPIジェネリックの経済性が上回ってしまうでしょう。クレストールに至ってはスタチンのマーケットそのものがジェネリックに取って代わるところです。アボットやファイザーの様にプライマリー領域、長期収載品には、別のストラテジーが必要になるのかもしれません。

補充する必要があるとはなんでしょうか・・・言葉の通りです。とにかく製品、パイプラインを補充する必要が有るのです。アストラゼネカの会長は、はっきりとインタビューに答えています。つまり、裏を返せば、製品、パイプラインが手薄だと、いうことに他なりません。

なんと言うか、やっぱり、異業界の雰囲気がします。新しい風は良いことだと思います。由緒ある経済紙に自分が会長をしている会社のパイプラインが良くないと言っている訳ですから。なかなか医薬叩き上げの人はこう言えないかもしれません。株主や他の経済団体向けには、とてもわかりやすくて、良いのです。私もそう思います。そういえば、ノバルティスのトップも、ハインツから来た方ですし、最近日本のアストラゼネカに、P&Gから部長が来ましたよね。すばらしい流れですね。私のようなリクルーターとしては、こういう動き大歓迎ですね!(笑)

日本で言えば、トヨタの豊田社長が、武田の社長になっちゃったとか?? ありえなーい! だけどもありえるー。(笑)

ヨハンソンさんの発言は、今まで製薬会社の閉鎖性と言うか、排他的な感じと言うか、他からの参入を嫌うようなカルチャー、その参入障壁のフラストレーションを取っ払ってくれているような気がします。

奇しくも、彼が、WSJのこのインタビューに答えたのは、彼が関与した人事異動、つまり彼がロッシュから辣腕社長を連れてきて、プレスリリースがあった直後でした。すなわち、リーフ・ヨハンソンさんがパスカルさんに期待していることは、火を見るよりあきらかです。それは、古巣のロッシュでパスカルさんがやってきたように、アストラゼネカに置いても例えばジェネンティックのような会社とのコラボレーション、M&Aをして、抗体医薬、オンコロジー、ワクチン、オーファンドラッグなどなどを補充してほしいと言うことです。

アストラゼネカがこれから活況になりそうです。