行政書士資格とか、良いのでは?

行政書士資格とか、良いのでは?

 

全ての人に当てはまるわけではありませんが、コツコツ勉強できる自信のあるMRには、行政書士資格の取得を強くお勧めします。

 

・MRをずっと続けるのはオワコン
・いずれ他の道を探す
・病院、開業医、調剤薬局の事務関連には、申請書類が盛りだくさん。コネがあれば受注できる。
・MRのうちに、コネを作れる環境にある。
・地元でできる。
・CMRなどなどやりながらも、できるだろう。
・難易度は、宅建以上だけど、司法書士ほどではなく、主婦とかも取っている資格。

 

自分自身はコツコツ型ではないですし、MR試験さえ1度落ちて2度目にやっと受かるくらいなので、決して偉そうに上から言える立場ではないのですが、行政書士資格は、特に文系MRの将来にとってすごく良いと思っています。

薬剤師資格を持ったMRをたまに、

「リストラされても食っていけるよね。裏山」

などと思ったりすることもありますし、理系の修士だの持っているMRに対しても、

「いいなあ、MSLとかいけそうじゃん」

と、思ったりします。

 

文系でも英語ができれば本社でマーケなどの転身も、ありっちゃありですが、そんなみんながみんな英語なんかできないですし、今から頑張っても気が遠くなるだけで、無理ゲーな感が否めません。

 

ただ、文系MRは、頭は悪くないはず。そしてコネづくりは上手いはず。

であれば、2年くらいコツコツ行政書士の勉強をシコシコすれば、受かりそうです。色々、主婦などの合格談なんかをググると、2年もかからずに取る人は取っています。

資格を取っただけでも生かさなければダメなのですが、ビジネスディベロップメントは、医師や薬剤師、諸々と仲良くなっていればできるのではないでしょうか。

医療業界へのコネ、強みを発揮

許認可、申請、遺産相続などなど、行政書士のカバーする範囲は様々です。個人病院、開業医2、3軒、調剤薬局数件から受注すれば、それなりに食っていけそうな気がします。医療行政について、強みがあるみたいな評判が構築できればなおさらです。

なぜこんなことを思ったかというと、最近、50歳近い外資系MRの方から相談を受けまして、このまま残っても良いことがない、年齢が厳しいのは承知の上だけど、転職したいと。

ただ、その方はTOEICがほぼ900点という、普通に外資で「英語できます」みたいな人よりも高いのです。聞くと、コツコツ勉強した結果だと。

ただMRをやっていて、英語を仕事で使うことはまずないですし、TOEIC900と言ってもペラペラ喋れるわけではないと。

 

 

コツコツ勉強はできる方なのです。

であれば、もう、資格の勉強でもして独立でもしたら良いのではと提案しました。ただし、いますぐ成し遂げられるわけでもないので、とりあえず、コントラクトMRでもやって、1プロジェクトの間にコツコツ勉強したらどうでしょうかと。

そう思ってググると、結構ヘルスケア業界の営業出身で、医療関連を専門にしている行政書士事務所みたいなのがありました。これは可能性ありです。

もしかしたら、副業でやっても良いかもしれないと思ったりもしました。CMRやって、副業で行政書士案件もできますみたいな。何も確定申告すれば問題ありません。

文系MRの一つの選択肢になるのではないでしょうか。

行政書士の難易度は、社会保険労務士とほぼ同じくらいという見方もあります。司法書士や税理士などは、はるかに難しく、比較にはならないということです。

 

確かに、昔同僚で通信教育で社会保険労務士を取った人もいましたし、ググると行政書士合格体験談みたいなのもたくさん出てきます。

ということは文系MRの出口としては、かなりアリなのではと。理由は、仕事を持って来れそうだということと、医療をフィールドにすれば、かなりの強みを発揮できそうだからです。

また繰り返しますけど、自分自身はコツコツ勉強できませんので、偉そうに人に勧めるのもナンですが、もし自分が今MRで会社からゴミ扱いされていると感じている立場なら、一念発起で考えるでしょう。そして用もないのに病院の事務長などを訪問したりして、あざとく、わざとらしくコネを作ったりするかもしれません。
大切なのは、会社の行く末や、会社の動向などに左右されず、自分自身の力で打開しようとする気持ちじゃないでしょうか。

「今厳しくて、うちもこの先どうなるかわからないんですよ・・。自分も危ないです」

みたいなことを言う人が多すぎるので、そう言う人に自信を持ってもらいたいです。

「MR舐めるな」と、声高に言ってもらいたいのです。

本社とかで偉そうにしている人に、
「お前は怒った医者に謝ることができるか?」
「研究会に出席した医師に、気持ちよく帰ってもらえる配慮ができるか?」

と、堂々と言ってもらいたいものです。MRは何もできないと言う論調も最近チラホラですが、そんなことはなく、むしろ逆だと信じています。

MRのままでずっと居続けることはオワコンですが、自分の力で何でも開拓できると思っています。

 

 

 

医者も、製薬会社も、ワトソンがやれば良いの?

日経新聞やその他メディアが「ワトソン=人工知能」であるという表現をしていることに関して、知ってか知らずか、IBMはそのまま放置しています。ただしIBMはワトソンをコグニティブシステムとか、コグニティブコンピューティングとして、人工知能という表現を自分からは使いません。良くある議論で、人工知能が人々の職業を奪うのではという問いかけに対して、IBMはあくまでも人工知能は人間が主体であり、人の生活を豊かにするためのものである、ということを強調しています。では実際にワトソンが様々な業界で取り入れられた後、どうなるのか?という素朴な疑問に対して、IBMは実際はわからないとしながら、ワークライフバランスの充実や、人の生活をどこまで豊かにしてくれるのか、楽しみであるという、なんというかエレガントな回答に終始しています。
医療現場では、すでにワトソンは活躍していて海外のみならず、国内においても東大の医科研で医師でもわからなかった患者の的確な診断に成功しているようです。IBMのみならず、自治医大では、人工知能ホワイトジャックの開発が進んでいます。
製薬業界ではテバとIBMが提携しました。喘息のような、というか喘息なのですが慢性疾患の予防に使えるようにするらしいです。喘息患者が発作を防ぐように、最適な処置を提供する仕組みを開発するようです。
http://www-03.ibm.com/press/jp/ja/pressrelease/50948.wss

29938464493_49be1caa10_n
ヘルスケア業界のみならず、IBMはゼネラルモーターズとは自動車向け情報提供サービス、今飛ぶ鳥を落とすかの勢いのアメリカのビジネス向けチャット、スラック(slack.com)とはネット開発技術を、オンライン教育が盛んなアメリカで展開する教育ベンチャーのユダシティ(udacity.com)とは教育事業を、ドイツのシーメンスとは画像診断、ドイツ自動車部品大手のシェフラーとはIoT、企業のみならず、フィンランド政府とは医師支援、スコットランドの金融、ロイヤルバンクオブスコットランドとは自動応答システムと、大きな動きだけでざっとこれだけ出てきます。

これらの報道全てに、IBMの人工知能という表現が出てきます。実際、人工知能はIBMだけでなく、各社現状しのぎを削って開発をしているところです。IBMは人工知能ではなくてコグニティブシステムというのであれば、そこは声高にメディアに対しても指摘しても良いのかと思ったりもするのですが、そこはトーンが低い気がします。物理的に、ひとつひとつの報道を指摘できないのか、またはIBM=人工知能と刷り込まれても、この競争には有利と判断しているのか、わかりません。

実際、IBMはこのワトソンで攻勢をかけているというか、社運をかけています。IBMのここ数年の業績は必ずしも良いとは言えませんでした。しかも数年前からクラウドに乗り遅れてしまったIBMが、ワトソンに起死回生を賭けているというのは、複数のメディアが指摘しています。

人工知能と医療は良いのですが、コンプライアンスなどの問題が出てきそうな気がします。すでに出ているのかもしれません。また、人工知能が仕事を奪うのではという危惧に関しては、私個人的には、奪われる仕事はあると思いますが、逆に未知の、今までになかった新しい仕事が増えると思っています。今までになかった、全く新しい仕事が、人の手によって行われることが必要になってくると思います。例えば、まあ、自動車の登場により、馬車は姿を消したかもしれませんが、自動車部品という、今までになかった新しい業界が誕生して、計り知れない雇用が生まれたと思います。e-mailが登場して、Faxなどは減ったと思いますが、コンピューターウィルスソフトの開発など、未知の業界が誕生して人が必要になりました。ワード、エクセルが誕生してワープロや印刷屋は減ったかもしれませんが、マニュアルや動画を作成する会社や、サービスが誕生しました。つまり、人工知能、ワトソンも急速に発展して、奪われる仕事もあるかと思いますが、今までに想像すらできなかった未知の仕事、業界が誕生することになるかと思っています。

医者も、製薬会社もワトソンに任せておけば、医者も製薬会社も要らないのでしょうか?

そうはならないと思います。むしろ、何らかの未知の仕事が増えると思います。もしも仕事が奪われると危惧されている方は、その未知の仕事が何か、常にアンテナを貼ってみてください。それもジョブセキュリティに繋がるかもしれません。