blog

日本から新薬を出せるだろうか

14日の日経新聞に製薬協会長で大日本住友製薬社長のインタビュー記事が載っています。見出しは「新薬出せねば行き詰まり」というなんとも悲壮感さえ感じる言葉です。さらに響きも4−4−5という、字余り加減で語呂もよろしくないです。サブタイトルとして「後発薬台頭、製薬各社にどう影響」という見出しです。このインタビューの趣旨は、加速する後発医薬品の普及に乗じて医療費削減の折、厚生労働省が打ち出した方針をうけて製薬メーカー側からの意見を聞くといった内容です。厚生労働省が高らかに打ち出した施作は後発医薬品の数量シェアを現状の50%強から80%以上に高めるというものです。で、それについてどう思うか?的な記事です。

増えすぎた医療費抑制には後発品のさらなる普及は、厚労相としては待った無しの命題でしょう。ここのところ自民党行革推進本部は「ジェネリックが高すぎる。」ということで、どうやら次回の衆院選の公約として安価なジェネリック医薬品の処方をすべての処方箋に記載するというような内容を盛り込むとか。

さて日経新聞のインタビュー記事に戻りますが、追い詰められている感のある見出しの文字とは対照的に、製薬協会長であり大日本住友製薬社長のお写真はかっこよいです。ダンディズムがほとばしっております。1968年東大経済学部卒、住友化学入社、2008年から大日本住友製薬社長で、現在70歳でいらっしゃるそうです。70歳で製薬企業の社長というのも驚きですし、個人的には新卒以来一度も転職していないということも驚きです。

製薬協の立場としては政府のジェネリック医薬品の普及推進には賛成をせざるを得ないでしょう。しかしながら先発メーカーの社長としては自社製品の売り上げを蝕む後発品の台頭は複雑な心境になるでしょうね。

「からだ・くらし・すこやかに」というコーポレートメッセージの大日本住友製薬。ジェネリック医薬品が安くなり普及すれば、くらしはよくなると思うのですが、実は今回の政府の打ち出した80%以上へ後発品数量シェアをアップさせるという方針には些か注文があるようです。つまりジェネリック医薬品が増えると当然ですが先発品の売り上げは減ります。ジェネリックが発売されている先発品は「長期収載品」ということになるでしょう。リピトールもアリセプトもたくさんの優秀な”元”新薬は、30以上のジェネリック医薬品にマーケットを明け渡しているわけですから、先発メーカーの売り上げは減りますよね。大日本住友製薬の社長が言っているのはまさにそこで、長期収載品の売り上げが製薬企業の利益の屋台骨であることはまちがいありません。この利益が減ってしまえば、企業は売り上げ高から研究開発費にかけるコストが回らずに、厳しくなるということなのです。簡単に言えば、そんなに新薬メーカーをいじめるなと。いうことでしょうか。

ただし「新薬出せねば行き詰まり」という見出しには、一般的な見解以上の意味があるような気がします。大日本住友製薬は2017年度に売上高4500億円、営業利益800億円の目標をかかげております。ところが開発中の抗がん剤「BBI608」の、結腸直腸がんを対象とした単剤の第3相国際共同治験が昨年の5月頃に中止が発表されるやいなや株価が暴落、その爪痕がまだ残っているのです。ちなみに2014年度の売り上げ高は3714億円で、対前年をも下回ってしまいました。この期待の新薬が出なければ当然のことながらこの中期見通しは見直しを迫られることになるでしょう。

大日本住友製薬に限らず今までオンコロジー領域を持たなかった製薬企業がこぞってオンコロジーのパイプラインの拡充を図っています。精神科領域を得意としていた大日本住友も開発の柱をオンコロジーに置き、2012年に米国のがん領域を専門とする創薬ベンチャー、Boston Biomedical, Inc.(BBI)を買収したのです。中止となったBBI608の結腸直腸がん対象の単剤治験は、北米では2015年度、日本でも2016年度の発売開始を目標としていました。これは正直痛手となっています。まあ、開発そのものをやめたわけではなく、単独中止後は併用療法などの使用方法に活路を見出そうとしているのです。

このボストンの会社、治験、なんでこけちゃったんでしょう。詳細は知りません。治験結果が思わしくなかったと言えばそれはサイエンスですから仕方がないということなのでしょうか。しかもそれが「想定外」だったということを社長も公言しています。筆者が昔所属していた日本の中堅製薬会社でも、似たような出来事がありました。奇しくもボストンにあるバイオファーマと提携し、投資を始めた途端に彼らのKPIが悪化したのです。疑いたくはありませんが、BBIの化合物は過大評価されたのでしょうか。それとも、プロトコルの書き方など、治験の人的な戦略そのものの失敗なのでしょうか。いずれにしてもBBIにとっては特段痛くもかゆくもないことかもしれません。すでに多額の売買益を得ているわけですから。サイエンスの結果は仕方がないとしても、そこに投資した判断はどうだったのか。まるで日本のプロ野球チームに所属するダメな多額の助っ人外人選手の様に。?

さて日本の中堅から大きな国内製薬メーカーは開発費に限界があります。ただ開発費の売り上げ高比率はグローバルファーマ同様に20%位を維持していますが、ボリュームが難しいですね。そこで海外のベンチャーに投資をしようとするわけですが、このベンチャーが失敗すると痛いです。

そんな中での、日経のインタビューでしたから、まあ、ちょっとタイミングが悪かったのか、「新薬出さねば行き詰まり」というインタビューになってしまったのでしょうか。

似たようなケースは今後も他の国内企業で出てくるはずです。治験の失敗はサイエンスのことで致し方ないとしても、KPIをキープすることや投資判断は人的なスキルセットの問題となりうるでしょう。ここは企業努力で上げていかなければならないかもしれません。それにはやはり人材も外から引っ張ってこないと難しいかもしれません。大日本住友製薬にかぎらず、大きな会社、特に財閥系の化学品部門の様な企業は役員のほとんどが新卒からの生え抜きで65歳以上ですね。生き残るには良い人材を外から連れてきて、組織を活性化することも必要かもしれませんね。

最近大塚製薬や小野薬品で目覚ましい画期的な新薬がグローバル基軸で出ていますね。日本の製薬企業発の新薬がもっと増えると良いですね。

広告
blog

マンハッタンの製薬会社

大日本住友製薬の株価が日中で一気に270円以上上がり、過去5年間を見ても大幅高で最も高値がついたのは今年、2014年の1月10日、金曜日でした。日本の株式市場は昨年の大納会ではアベノミクス効果で盛り上がりをみせたものの、明けた2014年1月は様子見とアベノミクスの日本経済に懐疑的な見方もあつまり、外国人投資家による売り気配がなんとなく散見される中で、やはりそういう地合で強みを見せるバイオ材料株と言ったところでしょうか。

何が材料かと言えば、ニューヨーク、しかもバッファローなどの近隣の工業地帯ではなく、なんとマンハッタン、しかもおしゃれなウェストビレッジのsuiteのワンフロアに構えている、インターセプト・ファーマシューティカルズ という、社員数45人足らずの会社によるものなのです。インターセプトファーマが開発する非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の治療薬「オベチコール酸」について、臨床試験でその有効性が確認されたと発表されたことが、まさに材料です。なんと、大日本住友製薬は2011年3月に、このインターセプトファーマと日本および中国における独占的な開発・製造・販売権のライセンス契約を締結していたのです。

マンハッタンのウェストビレッジといえば、僕の大好きな場所ではありませんか。有名ジャズクラブのビレッジバンガードは目と鼻の先ですよ。昔よく夜中に独りで出没しました。まさか、こんな場所に製薬会社があって、しかも日本の株式市場にまで影響を及ぼしているなんて、ちょっと驚きです。ウォールストリートジャーナルによれば、

CEOのマーク・プルザンスキー氏(46)は10年前、インターセプト・ファーマシューティカルズをニューヨークのウェストビレッジのマンションで1人で経営していた。負債額は10万ドル。同社の当座勘定には一時4.41ドルしかなかったこともあった。

ということらしいですよ。つまり彼は36歳のときからマンハッタンのアパートで独りでビジネスを始めたということですね。場所をもっとイメージすると、もしSex and the cityが好きな人がいれば、サマンサやミランダが構えている事務所があるような建物とイメージできるかもしれません。それが今や世界の投資家、製薬会社が注目する企業になっちゃったということで、こういうの、アメリカンドリームと言うのでしょうか。

投資家と言えば、バイオ関連株が大好きな人々とも言えるかもしれません。逆に言えば、バイオベンチャーは投資家、投資ファンドなしには成立しないでしょう。日本でも世界でもそうです。ここで、インターセプト・ファーマシューティカルズには、面白いというか、偉大と言えるか言えないか、大物投資家の存在が見え隠れしているのです。

その有名な投資家は2013年の11月7日時点で、インターセプト株を約100万株保有しました 。持ち株数に変化がなければ2億ドル(約210億円)余りの利益を確保したことになるのです。彼の名はスティーブ・コーエン。

しかもスティーブ・コーエンが率いるヘッジファンド運営会社、SACキャピタル・アドバイザーズは、2013年11月4日のロイターのニュースによると、なんと組織的なインサイダー取引問題で、同社が罪を認め、罰金などとして合わせて18億ドルを支払うことで合意した、と発表しており、インサイダー取引に対する罰金としては過去最大となるとのことです。検察とは和解し、SACは2014年来年初頭までには、90億ドルとされる自身の資金のみを運用する体制へと事業を縮小するとみられているとの報道があったのです。そして年が明けてこの年初のインターセプトということですね。。。

スティーブ・コーエンはニューヨーク郊外のロングアイランドのグレートネックという場所で育ったとのことです。このグレートネック、少し離れればポート・ワシントンという、わりかし日系企業があって日本人が多く住んでいるところの近くです。それにしてもアメリカの地名は、まあ、人の名前をつけることは良いとしても、ワシントンとかって多すぎないんですかね。なんだか、ピンとこないのでは。あちこちにワシントンが多すぎますよね。ちなみに、同じロングアイランドには、もっと東にポート・ジェファーソンという、今度はジェファーソンですが…同じような港町があり、ここは僕が過去に2年住んでいた場所の近くで、よく釣りに行きましたねえ。

さて、コーエンの育ったロングアイランドのグレートネックですが、まあ、地形的にもクビのような形なのですが、昨年、2013年のレオナルド・ディカプリオの映画、グレート・ギャツビーの舞台ではありませんか。wiki情報ですが、作品の舞台となったウェスト・エッグはニューヨークに実在する高級住宅地、グレート・ネックをモデルにしており、作者のフィッツジェラルド自身も居住していたことがある。とのことです。

なんとなく、この映画というか、超有名小説なのですが、内容的にこの話、証券マンがでてきて、コーエンとかぶると言ったらこじつけでしょうか。

コーエンは、高校のとき、ポーカーばかりしていたとのことですが、まさに勝負師。この映画の高級住宅地、ウェスト・エッグの人々の影響はあるのかなと。毎晩のように繰り広げられるパーティー。当然メタボなオジさんたちも沢山いたに違いないとか、思ってしまいます。メタボと言えば、肝炎? インターセプト・ファーマシューティカルズへの投資行動も、肝炎の薬がブレイクするぞ!と、思ったのも、ロングアイランドでのウェスト・エッグでのパーティー体験からだったりして? まさか。そんなことはないでしょう。。。。

そして、忘れてはいけませんが、大日本住友製薬もさすがです。さすが、先見の明。大日本住友製薬がなぜインターセプト・ファーマシューティカルズと? そこまでは知りません。きっと優秀な人材が大日本住友製薬に居らっしゃるのでしょう。

いやあ、何気にというか、実はというか、今後肝炎絡みのマーケットが慌ただしい、というか、すでにもうC肝では数社がバトル状態で。そのうちBも出ると。そして、この大日本住友製薬のマーケットはもっとすごくなりそうですね。メタボの人はみんなこの薬服用するようになったりすると考えたら市場は計り知れないです。