タグ別アーカイブ: 早期退職

製薬会社の早期退職・リストラに備えて、エージェントはどう選べば良いのか

さて、エージェント選びはどうしたら良いでしょうか。筆者も今はエージェントですけど、昔はMRでした。エージェントをやる前は、正直、エージェントの中身などには詳しくありませんでした。詳しくないどころか、全く知りませんでした。まあ、当たり前と言えば当たり前です。

広告

協和発酵キリン リストラ発表で株価戻す

協和発酵キリンの株価が昨日のリストラの発表で寄り付きから反発しています。     リストラ […]
続きを読む »

【実例】敢えてコントラクトMRになる人

敢えてコントラクトMRになる人が一定量います。 「いや、コントラクトはもういいです。」 「いや、それは考えては […]
続きを読む »

1-1 営業畑で生きて行く

若手(自称含む)のMRが、このまま製薬業界で生きて行くことを考えてみます。 全体の考えはこういう感じです。 & […]
続きを読む »

リストラは最大のチャンス

福利厚生が良い会社は人気がありますけど、同時に福利厚生に人生が縛られることもありますよね。   「給 […]
続きを読む »

製薬会社でリストラされる人、されない人。

ひとつの方法として転職することです。転職も出世のきっかけです。特段同じ実力の人々の中にいた時には、転職すると職位も給与も一般的には上がります。顕在化した所長などの役職についていなくても、グレードが上がる場合が多いです。

早期退職制度へはすぐに応募せよ

製薬業界は、現在、大変な事になっていますね。大リストラ時代です。 ところで、関係ないように、思うかもしれません […]
続きを読む »

【予測】MR数は2016年から増加に転じる?

と、言う事であれば、MRアウトソーシングよりも、むしろ帰属意識の高いプロパー社員の方が適しています。

これからは、専門性の高い領域で専門MRの転職マーケットが盛んになるのではと、思います。再来年、つまり、2016年くらいからでしょう。

MRが転職を決意する理由  会社が早期退職制度を適用し始めた

年齢という意味では、早期退職の制度に届かない、まだお若い方であったとしても、制度は利用できませんが、なおさら市場での可能性があるうちに転職をした方が良いという事も言えます。