製薬業界リストラ時代の難しいキャリア構築はどうすればよいのか。

キャリア構築は難しいですよね。これは、どの業界でも同じです。

特に製薬業界は、数年前に比べますと、選択肢がだいぶ狭まったような気がします。

IT業界を見てください。ソフトウェアのベンダーの数とかすごいですよね。外資ですよ。ITのソフトウェアのベンダーのプリセールスの人たちは、選択肢がたくさんあります。しかも全て良い給与です。

選択肢があるどころか、IT企業側が人が足りなくて困っていて、

人材の取り合いをしているのです。

業界が変わると、同じ外資系企業でもこうもかわるのですね。

一昔前の、製薬業界も、IT業界ほどではありませんが、選択肢がたくさんありました。

さて、他の業界でも同様ですし、当然製薬業界で見ても、その人によって良い会社と感じたり、悪い会社と感じたり。大きな会社に居ることがハッピーな人もいれば、小さな会社の立ち上げが好きだという人も居ます。

また、同じ人物であっても、5年前なら、立ち上げで冒険できたけど、今後はすこし大きな会社で静かにしていたいとか、考えが変わったり。

大きな会社にいてフラストレーションが溜まり、小さなベンチャーに転職して不自由はいろいろあるけどハッピーだとか、またその逆を言う人も当然居ます。

Photo by Tim Gouw on Pexels.com

どれが幸せなのか、本当にその人次第になってしまします。

ただし、大体の傾向というものはありますよね。大まかな傾向で言えば、小さな会社にいる人は、大きな会社で成績を伸ばして、実績を蓄え、自分の実力を試すために少数精鋭の組織に来た・・・というパターンが多いのではないでしょうか。

メガファーマで実績を積んで、力をつけて立ち上げの会社に移るとか、やりがいもあるし、ハッピーだと感じる人が居るというケースです。

一概には言えないものの外資の立ち上げフェーズの会社は、メガファーマよりも給料が高いです。

ストックオプション、RSUが有ったりします。

小さな会社は、M&Aの対象になってしまうという心配は有ったとしても、その心配を納得させられる給料が支払われる訳です。

逆に言うと、少数精鋭の企業は、マンパワーが欠けると痛いので、高い給与でリテンションをするわけです。

リスクを上回るメリット

リスクはどんな場合でもどんな組織でもあるわけだから・・・と、自分なりに良しとしたりするわけですよね。

もし会社がなくなったら、また別の会社を探すよ。そのためにも、力をつけておきますよ。と、言った具合です。

ところが最近立ち行かないのは、その「ほかを探す」ということです。昨今、本当に製薬企業、特にコマーシャルサイドにおいてはポジションが減っております。最近の買収、M&Aでいうと、

シャイアーの人々は武田に、

セルジーンの人々はBMSに、

バイオベラティブの人々はサノフィに、

アクテリオンの人々はJ&Jに、

といった具合に、大きな組織に飛び出して、小さな組織に来た集団が、また大きな組織に、、このままだと戻ることになります。

特に、シャイアーから武田というのは、どんなに武田が外国人社長でグローバライズしたとはいえ、カルチャーが違いますよね。

小さな会社に居る人の特徴

そもそも、バイオベンチャーからスタートして大きくなったような会社にいる人材は、そういう大きな組織にに元々居て、見切りをつけて飛び出した人々が集まっているの集団なのです。

こういう種類の人々は、大きな組織に戻るのは抵抗があるはずです。

こんな回りくどく言わなくても、わかりますよね。

それでも、M&Aというのは想定していたわけですので、「まあ、そういうときにはまた別のスタートアップを探すことにする」と、思っていた人々が、今、行先がなかなかありません。

中には、数少ないチャンスを何気にものにして、同じような会社に見事に移る人も、ゼロではないのですが、本当にそういう案件は少ないです。

自己矛盾の発生

ゼロではないだけに、自分自身に自信満々だった人々は、たそがれてしまったりすることもあるのです。

「まだ俺には実力が足りないということだな・・・」

などという解釈に持っていきがちです。納得するためです。

かつて意気揚々とメガファーマを飛び出した精鋭が、プー太郎になるわけにもいかないですから、大半の人は、そのまま大きな組織に統合されるのを待つことになるわけです。

自己矛盾が生じます。

自己解釈をするには??

では、そういう人たちはどんな心構えで居るべきでしょうか。

大きな組織に戻るということを、どういうふうに解釈すれば、ストレスなく過ごせるのでしょうか。

答えは、もうすべて個人だと思うしかありません。

良い会社とか、大きい会社とか、逆に小さくてまとまりのある会社とか、なんでも会社会社と考えずに、自分自身の業界での評価を上げていき、そこに納得感を見出す他ないのではないでしょうか。

個人の評判は、この業界であれば、特に狭い業界ですから、だいたい聞こえてきます。そしてその評判が、これが、面白いくらいにほぼ一致したりするのです。

一つの業界と捉えて、そして、個人の評判をひたすら上げるしかないかなと思います。

そうしておけば、また時代が来るかと思いますよ。

Photo by rawpixel.com on Pexels.com

3年先は、誰にもわからない

この業界ですけど、3年先は、わかりません。5年は遠すぎます。2年は短いかな。

だから、3年です。

3年前、今の状況わかりました?

僕はわかりませんでした。

ということは、3年先も、誰もわからないのです。

その時のために、個人の評判を確固たるものにしておけばよいかと思います。

同時にですけど、極端かもしれませんが、ある日突然会社が潰れても、全く別のことで生きていけるくらいの、何かを身に着けたいですね。その何かも、2年で身につくかと思います。




広告

シャイアー経営陣、「全会一致」で拒否

シャイアーの経営陣が、武田薬品からの買収提案を全会一致で拒否した模様です。

4月19日のナスダックのレポート

 

によると、シャイアーの経営陣は武田からの買収提案、2018年3月29日分(第一回)、2018年4月11日(第二回)、そして4月13日分(第三回)の全てを、全会一致で拒否したとのことです。

シャイアーが武田の了承無しに発表したナスダック上のコメントによると、拒否の理由として武田の買収提案金額が安い、つまり、シャイアーのパイプラインを武田が過小評価しているためとしております。

武田からシャイアーへの打診は非公式に3回あり、最終的には6.5 兆円を超える打診になりましたが、それをシャイアーの経営陣が過小評価と捉えたということになります。

ただし、シャイアー側は今後さらなる魅力的な提案が出てくるのかどうかは、様子を見るというふうに含みを残しているとのことです。

武田が正式に買収表明をしなければならない期限は、今月25日までです。

が、武田のウェーバー社長は税金対策で本社機能をシャイアー側のアイルランドに移す計画もほのめかしているので、どうでしょう、武田の取締役会がその決定を了承するかどうか。

また、シャイアーはこれに先んじてオンコロジー部門を売却しました。アナリストによって見方が分かれているようですが、より資金を強化して買収防衛をしたいのか、あるいは買収金額を引き上げたいのかと言う意図が見え隠れしているようです。

さらにここにきてアラガンがシャイアー買収に名乗りを上げてきました。おそらく前から投機筋を探していたアラガンですが、武田に先に買われては買い物の選択肢がなくなるという危機感が見え隠れています。シャイアーには眼科用剤もありますから、アラガンにとっては良かったのかもしれません。

ただ今回の武田のトライですけど、市場の反応はおしなべて冷ややかな雰囲気ですよね。ちょっと無理な買い物のような気がしてる人は多いと思います。

25日まであと5日間ですが、どのような動きがあるでしょうか。武田がさらなる資金調達をして攻勢をかけてくるのか、はたまたアラガンが勝負に出てくるのか。成り行きが注目されますね。

 

 

参照

https://globenewswire.com/news-release/2018/04/19/1481776/0/en/Shire-plc-Statement-re-Proposal-from-Takeda-Pharmaceutical-Company-Limited.html

72ヶ月分の上乗せ。出るだろうか。

先日の業界のニュースで武田が代謝性・循環器系領域の研究開発活動から撤退するということが報じられましたね。リードしてきた糖尿病領域の開発もやめるとのことですね。まあ、色々なことがありますが大きなニュースです。かつてアジルバをARB7番手として世の中に出し、確かに一番優れた薬でしたが、薬価で失敗し、しかも販売された時にはすでにニューロタンのジェネリックが出ているという、信じられない戦略以降、ばたついています。紆余曲折あり、外国人社長が就任し、テバとの合弁を発表しました。「止めない」と断言していた糖尿病の開発もやめるということで、ここは大きな決断ですね。まあ、もしかつて組んでいたアムジェンとまだ続いていればpcsk9の先発をアステラスに出されることもなかったかもしれませんが、うまくやれなかったので後の祭りです。ところでテバとうまくやれますかね。

さて、その業界ニュースに戻るのですが、その記事の最後の行に、2000人いるMRの人員削減は免れない見通しだとくくっていました。気になる予測ですね。まあ、この数年のメガファーマのリストラを見ていれば、特に大きな驚きもないですが、ポイントはそのやり方ですね。サノフィやノバルティスなどの外資組は個人差あれどだいたい36ヶ月とか40ヶ月の上乗せ金で希望退職を募りましたね。一方で第一三共や田辺三菱などの国内組はなんと72ヶ月!。この流れで行くと、やはり国内最大手であれば、当然第一三共、田辺三菱に追随して72ヶ月を出してくるとよそうされてもおかしくありません。

ところがです。この「国内組」というくくりに安易に武田を入れても大丈夫でしょうか。そう思う理由は冒頭からのいわゆる武田のバタバタですよね。しかも社長だけでなく、上層部には外国人が沢山居ますねいまこの会社。72ヶ月の上乗せ金というこのメンタリティ、外国人の上層部にどう映りますかね。たとえば武田で50歳なら、大学病院担当経験も部下も持った経験など一度も無いMRでも、給与は低くても1000万円くらいですよね。72ヶ月といえば、6年分ですから、そういう人々一人ひとりに6000万円づつ出しますかね、この上層部が。なにか、一波乱あるかもしれませんね。

もちろん、あくまでも予測であって、人員削減が決定したわけではありません。しかしながら最近武田で気になる動きといえば、中途採用にやたらと力を入れている所です。人員削減しようと考えているのに、採用なんておかしいと思うかもしれませんが、考え方としては、人員削減をして欠員を補充するのではなく、あらかじめ欠員を見通して若手のやる気のある給料も安くて済む人材を先に入れているのかもしれませんね。見通される欠員の補充を最初に行うという、新しいやり方かもしれません。