blog

全米視聴率50%のスーパーボウルで流れたクスリのCMに、文句をつけた州知事

バーモント州はアメリカ北東部に位置しています。アメリカ東部はニューイングランド地方と呼ばれ、西海岸の明るい雰囲気とは一味違い、美しい紅葉などで有名ですね。5大湖に次ぐ6番目の湖と呼ばれるシャンプレイン湖のほとりは今頃雪景色でしょうか。スノーボードのバートン、アイスクリームのベンアンドジェリー、ドレミの歌のトラップファミリーの家などなど、旅情あふれる地域です。フランス語圏のカナダのケベックに近いので、そもそもバーモントとはフランス語で緑の山という意味ですね。湖の名前のシャンプレインもフレンチサウンドですね。

前置き長くなりましたが、先日、その風光明媚なバーモント州において、州知事であるピーター・シュムリンさんが突然製薬会社2社にクレームをつけました。しかも内容がこの製薬2社が全米での社会問題である麻薬中毒者を助長しているというのです。バーモントらしからぬ、穏やかなことではありません。

全米のテレビ視聴率がほぼ50%に近いという番組があります。それはスーパーボウルのテレビ中継です。今年、2016年は、デンバー・ブロンコス 対 カロライナ・パンサーズが戦い、2月8日にカリフォルニア州サンタクララにあるリーバイス・スタジアムから全米中継されたのです。この全米が熱狂するお祭りのハーフタイムショーにはコールドプレイ、そして名だたるビッグスターがゲスト競演しました。

そんななか、当然テレビCMのスポットも、効果覿面でしょう。なにしろ視聴率は主催者の発表で49%なのですから、アメリカ人の半数が見ているのですよ。すごいです。そしてCM権利料もこの世のものとも思えない高額なのですが、各社こぞってCMの権利を買うわけです。

今回、2016年、このスーパーボウル中継の飛び抜けて破格のテレビCMを出した製薬会社がありました。なんとアストラゼネカと第一三共が全米で展開している薬についてのCMです。その動画はこちら!!

これは、モバンティックのCMです。モバンティックは、去年アメリカで発売された新規作用機序の便秘薬です。オピオイド系のペインリリーバーの副作用で生じる便秘を治す薬で、第一三共の米国子会社「第一三共インク」とアストラゼネカ(AZ)が米国を対象とした共同商業化契約を結んだのです。そしてまさに、今年初めの全米1のイベントのテレビCMの権利を購入したのでした。なんか、アメリカの薬のCMって、派手ですね。

そこまではよかったのですが、このCMに対して文句を言っているのがバーモント州知事のピーター・シュムリンさんなのです。なぜでしょうか。意外にもその理由は、アメリカ社会が抱える闇に関係ありました。ピーターさんは民主党で3選の知事です。就任当初から麻薬対策には力を入れてきました。なんか、この話題旬ですね。まあ、それはさておき、ここ数年、東海岸、つまりバーモント州を含むペンシルバニア州、メリーランド州ほか東海岸全域で、フェンタニル(ヘロインと同じオピオイド系の強力な合成麻薬)を混ぜたヘロインが流通しているということが問題になっていました。闇ですね。当然州知事も対策しなければ選挙にも勝てないわけで、この点、常に対策しているということをアピールしているのです。

モバンティックは便秘薬ですが、OIC(Opioid-Induced Constipation)つまり、オピオイド誘発性便秘の治療薬なのです。テレビCMもオピオイドの副作用の便秘で悩む人が登場します。さて、このオピオイドなのですが、前述のヘロインと言ったように、習慣性や常習性など、ちょっと問題がありまして、全米では危険な使用も多いです。確かマイケルジャクソンが主治医に頼んで注射したのもそうですよね。依存してしまうわけです。これがアメリカの闇です。

オピオイドの種類(http://precise-mind.com/mississippi-psychiatrist/suboxone-clinic-opiate-help-ms/)

opioid list
オピオイドを使って、便秘になっても、この薬を服用すれば大丈夫!? つまり、ピーター・シュムリンさんが言っているのは、この製薬会社はスーパーボウルのCM放映権を馬鹿高い金額で購入し、それを全米のオピオイド危険使用者を助長するようなミスリードをしているのか?それは不適切ではないか?と、言いたかったらしいのです。その記事はこちらです。

もちろん、AZも第一三共インクも当然ですがオピオイドの適正使用に関しての副作用の便秘が対象で、危険使用者など全く対象外なのは言うまでもないのですが。。
さてその後ですが、知事の発言をこの両社ともになんとなく様子を見て、なんとなく無視というか、スルーしているようです。

ただこのCMたしかにインパクトありますよね。なにしろopioidを使っている人口は、おそらく日本の比にならないでしょうから。詳しくは知りませんが。これは売れそうですね。一体いくら売れるのでしょうか。成り行きが注目されますね。

広告
blog, MR

【予測】MR数は2016年から増加に転じる?

数年前、ファイザーで早期退職、まあ、リストラがありました。グローバルで15%の人員削減ということで、日本も然り、執り行われました。変な話かもしれませんが、この早期退職は大人気、退職をすると数十ヶ月分の給料がもらえる訳ですから…。早期退職の詳細が、抜き打ちで社員にリリースされると、社員からは応募の電話が殺到し、その日のうち、いや、1時間もしないうちに予定人員に到達し、売り切れた、ということを聞いた事が有ります。中には、電話をするためのアルバイトを個人的に雇って応募した…なんて言う輩も居たとか居ないとか。それだけ大人気の早期退職制度だったのです。

何故そんなに大人気だったかと言えば、もちろん手厚い制度そのものの魅力も有るでしょうが、丁度その頃は、退職したMRは行く先がたくさん有ったのです。製薬業界も即戦力のMRを受け入れる企業がたくさん有りました。糖尿病や高血圧、CNS、オンコロジーなどの新薬のパイプラインを控えた製薬企業がこぞってミッドキャリアのMRを中途採用で迎え入れていました。つまり、次の行く先を見つけやすかったので、ジョブセキュリティと言う点から考えると退職する事にそこまでのインパクトやリスクも無く、たくさんの人が中途採用を、まあ、安心して選んで、喜んで大金を手にしたのです。
それから数年経った今、まさに、数社でリストラが行われようとしていますよね。ノバルティスはディオバンの件で、サノフィはプラビックス特許切れの後グローバルで削減の動きが、アストラゼネカも主力製品の特許切れの影響で。また、国内企業も海外売り上げ比率の上昇で国内が鈍化してコスト削減に追い込まれている会社が多いですね。第一三共はかなりの人数を削減しそうですし、アステラスは営業所を減らす方向とか。これは筆者の勝手なブログですから事実関係に何の責任も持つつもりはありませんので悪しからず。

さあ、では、これらの企業に所属する人々は、あの、ファイザーの時の様に喜んで早期退職制度への応募に殺到するのでしょうか。

しません!!

数年前と今この現在とでは、環境があまりに違います。

一番の違いは、受け入れ企業があまりにも少ない事です。つまり、MRの中途採用の募集が少なすぎるのです。早期退職制度が喉から手が出るほど欲しくても、行く先企業が不十分である事が不安で制度に応募する事を躊躇する人々が大部分を占めている様子です。ノバルティスやサノフィ、第一三共の早期退職はうまく行くかどうか、成り行きが見られるところです。

個別企業の早期退職は横に置いといて、そもそもグローバルでここ数年、製薬企業はMR数を減らしてコスト削減を図るトレンドに有りました。アメリカを中心に、MR数の減少傾向が何年も続いています。さらに、MRのアウトソーシング、つまりCSOのコントラクトMRも、当初の予想ほどではないものの増え続けました。

では、メーカーではなく、CSOは良い受け皿になるのでしょうか。給与レベルにある程度折り合いがつけば、と、思う方も居るかもしれません。当然CSOにとっては人材そのものが財産になる訳ですから、この人員の流れは見ているはずです。しかしながら、もともと高い給料の年齢の高いMRはCSOにとってはマッチする人材では有りません。最近ではCSOも年齢は峻別するし勤務地はどこでも良い訳でもありません。

早期退職制度を利用しようかどうしようか迷っている人々にとっては、取り巻く環境下での逆風が次から次へと出てきている訳で、人々にとってはさらに早期退職制度への手を挙げ難くなっているのです。

こんな難しい状況であれば、手を挙げずに、つまり、制度を利用せずに、コツコツとこのまま続ければ良いじゃないか、と思い直すひとも出てくるでしょう。

しかしながら、安閑として続けるわけにもいかない現状があるのです。このままだと数年後は早期退職制度どころか、単純に首切りが始まるのではという漠然とした不安からです。

単純にクビになるくらいだったら現行の早期退職制度の利用に踏み切った方が良い、というのが趨勢でしょう。

なかなか悲観的な事が多いですね。
だがしかし、だがしかし!
筆者の個人的な感覚ではありますが、悲観ばかりではありません。昨年あたりから、漠然と続いてきたMRの減少の勢いが弱まっています。つまり、

MR数の減少は、まだあと少しの間は続くのですが、もうすぐ底に達するのではないだろうか、ということ。再来年あたりからはむしろ増加するのではという感覚です。バイオファーマを中心に数百人の新しい部隊が誕生しているし、メガファーマにおいてもオーファンや専門領域へのシフトが続いていて人員が必要に転じています。

新製品の新発売も来年から多くなります。

スタチン、ARB、DPP-4、SGLT-2、アレルギー薬やPPIなど、今まで売れ筋だった路線、つまりプライマリー領域華やかしかり日の製品群の時代は、新発売スタートダッシュのマンパワーを補う方法としてコントラクトMRが重宝されました。当然、限られたスパンでのプロダクトライフサイクルの方程式です。

立ち上げでお祭り騒ぎして、競合品が出て、数年経過し、特許が切れる、といったような製品群の場合は、コントラクトMRの利用はまさにプロモーションのユーティリティとして正しいでしょう。

ところが、来年からの新製品の多くは、専門領域での新規物質が多いのです。現状、世界の開発品目、世界のパイプラインの40%ほどが専門領域や、またオーファンドラッグです。

オーファンは儲からない、という、これまでの常識を覆すかの様にオーファンの開発が盛んです。オーファンが思ったよりも儲かると言う事に各企業が気づき始めたのです。逆に言えば、今から糖尿病などの薬を開発しているような会社は、戦略として若干疑わなければならないかもしれません。

専門領域やオーファンドラッグは、なかなか競合もジェネリックも存在しないマーケットです。

競合もジェネリックもなかなか出てこない、、、、と、言う事であれば、MRアウトソーシングよりも、むしろ帰属意識の高いプロパー社員の方が適しています。

これからは、専門性の高い領域で専門MRの転職マーケットが盛んになるのではと、思います。再来年、つまり、2016年くらいからでしょう。

現在早期退職を考えている方、専門MRへの道をサポートしますよ。ご連絡くださいませ。

blog

OTC どうでしょう。

あけましておめでとうございます。仕事始めだ!と思ったら3連休ですね。

さて、昨年末から、このblogでは製薬業界における所謂2011年、2012年問題らしきネタを紹介させていただいておりました。何しろ世界一のリピトールだけに、話題が尽きません。

そのリピトールが世界一の座を明け渡すと、そこに追随している品目の一つがネクシウムですね。オメプラールに次ぐプロトン・ポンプ・インヒビター(PPI)でアストラゼネカが日本法人でも昨年売り出しましたね。

日本のマーケットにネクシウムを出すにあたって、AZが単独で売るのか、それともリピトールのように他社と組んで併売をするのか? ということが発売以前から注目されておりました。

結果的にはご存じのように併売という形をとりました。大型新薬ですから、それなりのプロモーションが要求されます。AZ一社ではなく、他社と組むことによってMRの実質的な数的メリットを狙ったことになります。日本のマーケットを攻略するうえで、多数のMRによる人海戦術が功を奏するという判断があったのかなと思います。

そのパートナーがまさに第一三共ですよね。 ただし、併売と言っても色々な手法があるのですが、AZがクレストールの時に塩野義と組んで色々と生じた諸般の課題をクリアすべく、マーケティングとプロモーションというすみわけをすることに落ち着いたわけです。 2社が痛みを分けて、けんかをして奪い合うような形ではなく、仲良くみんながハッピーになれるようなやり方をAZは選びましたよね。 いずれにしても、AZはブロックバスターを日本法人では単独で売るという選択をしなかったので、MRを単独で増員しなくて済んだのです。

そのパートナの第一三共は、ネクシウムを扱い、さらに今まで世界一だったリピトールのジェネリックを、子会社ランバクシーを通じて世界市場で売っている。 何だか、うまいことやっているように見えますね。 さらにランバクシーは、テバとの提携をして、テバの販売網に「ジェネリック・リピトール」を乗せようとしていますね。 まさに、日本でも大洋と興和テバを買収したテバですから、日本市場でも攻勢をかけてくるのでしょうか。それはわかりません。

またまた話がリピトールに戻ってしまいますが、高脂血症は慢性疾患ですから、動脈硬化の予防的に処方されている人も併せますと、相当長い間リピトールを飲み続けているという患者さんが多いです。リピトールの服用に慣れているご年配の方にとって、「同じ薬です」と言われても、「アトルバスタチン」という風に名前も色も変わると、何か違うものに変わった気がしてくる方も多いです。

ジェネリックでは、日本でも一般名が商品名というように統一されてきておりますので、名前が変わり、患者さんにとっては、なんか違うという感覚をぬぐいきれません。特にブランド好きな日本人にとってはなおさらのことだと思います。

「ジェネリックが良いのはわかるけど、先生、私は今までのリピトールで良いですよ…」という人も多いでしょう。さて、この日本人の変化が苦手、ブランド好きという特徴をマーケッティングに反映させると、どうなるか少し考えてみました。

実は先日こちらで取り上げました、OTC薬として存在する医療用医薬品の薬価収載削除の動きですが、実はこの日本人のメンタリティが大きな影響を及ぼしかねないと、密かに思っております。

だいぶ前から報道されていることですが、現在、米国でファイザーがFDAに打診中の案件の一つに、リピトールのスイッチOTCということがあります。

Pfizer May Market Own Over-the-Counter Lipitor Pill

こんな慢性疾患の医薬品のOTC化が可能なのかどうなのか、わかりません。が、もしも本当に可能であり、事実としてOTCになった時には、リピトールの薬価が削除されちゃうかもしれませんよね・・・・。

そして、「リピトール」というブランド名がOTCとして蘇るのです。ブランド好きで変化が苦手な日本人なら、なじみの深いこの名前のOTCは、「アトルバスタチン」よりも売れるかもしれません。もちろん、「リピトール」というブランド名を名づけることが許される企業は、ファイザーですよね。

世界第二位の医薬品マーケットの日本で、スイッチOTCは波紋を呼びそうですね。ただ、この実現性は未知数です。