blog, 医療機器

MR辞めちゃった??

MRを辞めちゃったのは先日会った30歳手前のとある若いMRです。

誤解の無いように念のために申し上げますが、MRは素晴らしい仕事です。私自身もMRでしたし。常日頃から例えば若い異業界の営業マンが居て転職に悩んでいる時には、いつもMRへの転身を勧めていますし、また、もちろん現状MRの方々にも、オススメの企業への転職を毎日のように勧めています。MRは本当に素晴らしい仕事です。

ただし、MRだけが素晴らしい仕事ではありません。

前述の30歳手前の若いMRがMRを辞めて転職した先は外資系の医療機器メーカーの営業職でした。私の経験でも何人かMRから医療機器メーカーの営業職に転職した人がいます。お知り合いでも居るのではないでしょうか。

医療機器メーカーの営業職の仕事はドクターを相手にするところはMRに似ています。給料は会社により様々です。が、全体的に言えることは、高い人はMRより高くて、低い人はMRより低いです。言い方を変えると、ごくごく普通のパフォーマンスの営業マンならだいたい製薬業界のほうが高く、優秀な人は医療機器業界の人のほうが高い。

特に去年から今年にかけて製薬企業での大幅なリストラを見ていると、若い方々も将来が不安になったりするときもありますよね。MRを続けてそして40歳くらいになると早期退職の嵐になるのかなあと、若いMRも考えることと思います。特に30歳前のMRの方々は、医療機器メーカーへの転職も良いと思います。そこで医療機器メーカーへの転職について、私なりの今までのリクルーターとしての感想を羅列します。

医療機器メーカーは外資であればより営業部隊は本社に近い感じです。なぜならMRのように1000人以上も一つの会社に営業がいるような会社はなかなかありません。

医療機器メーカーはコンプライアンスが医薬品に比べると若干ゆるい感じがします。ただし当然ヘルスケア業界なので厳しいコンプライアンスはあるのですが、医薬品ほどではありません。ですので仕事をする上ではMRよりは若干フレキシブルかもしれません。

医療機器メーカーは、特に営業職は男社会です。もちろん特に外資系企業などはダイバーシティの兼ね合いで女性はウェルカムなのですが、まだまだMRに比べると非常に少ないです。

手術室に入るいわゆる立会いがあるのもMRとは違います。

安定していて、比較的収入が異業界よりも高いという点では医療器メーカーも医薬品メーカーに似ています。関係法が薬事法というのも同じです。

医療機器メーカーはジョブローテーションが医薬品メーカーに比べて多いような気がします。営業以外のポジションに移動するチャンスは医薬品より多い気がします。

MRから医療機器メーカーに転職しても、また医薬品のMRに戻れますし、そういう方はたくさん居ます。

医療機器メーカーに興味のある若いMRの方、連絡ください。

広告
blog, MR

MR のキャリアデザイン

MRになったら、すでにMRとして活躍している方も、今後の自分のキャリアをデザインしてみましょう。デザインというのは、まさに、ご自身の将来像を考えてみようと言うことにほかなりません。

昇進昇格という観点から言えば、マネージャーになり、部長になる。ということでしょうか。

それを営業畑で言えば、チームリーダーになり、営業所長になり、支店長になり。。ということですね。

職種、という観点を付け加えると、人によってはどこかの時点でMSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)をめざしたり、また本社のマーケティングの部門、プロダクトマネージャーを目指したり、あるいは採用担当とか、種々のMR以外のキャリアパスをお考えの方も少なくないですね。その時には特に外資では英語が必要になりますね。私は最低でもTOEIC750は必要だと思います。なぜ750なのか? それは次回にチャンスが有った時にお話しさせていただきます。

さて、どんなにデザインをしても、なかなかその通りになるとは限りません。MR個人として起こりうる事は、結婚をしたり、人によっては離婚をしたり。子供ができたり、そしてその子供が私立の学校に行って転校できなくなったり、家を購入したり、親の介護が必要になったり。大きな病気をしてしまったり、メンタルが疲れてしまったり。。

セクハラやパワハラをされたり、逆にマネージャーになってからアホな新人からパワハラの濡れ衣を着せられたり・・・。

外的要因としては、会社が合併したり、転勤を余儀なくさせられて単身赴任になったり、早期退職をしたり、などなど、様々な要因で、デザイン通りに進まないということもあるのです。

まさか、こんなはずじゃなかった…という事態は、多かれ少なかれ誰にでも降り掛かってきます。もちろん、まさか、こんなに上手く行くなんて! みたいな事態にも遭遇するかもしれません。そんな中でも、常にそこから始まる将来について、常にベストなデザインをし直す必要があるでしょう。

その全ての段階で関わってくるのが、転職をする、しないという選択肢ではないでしょうか。

仮に、あるいは、結果的にMRとして、営業畑だけのキャリアパスを辿った場合、転職マーケットでの価値はどうしても年齢が大きく影響します。一般的には35歳という年齢がいわゆる、一般的なMRの転職適齢期MAXです。現実的には、40歳くらいまでです。MRの場合はです。

例えばですが、3人の違ったキャリアパスを経てきた、40歳の所長さんの例を出して考えてみましょう。

A: 40歳まで一社のみ。社内で昇進して現在所長。

B: 30歳のときに一度転職。現在40歳で所長。

C: 28歳のとき、33歳のとき、と合わせて2度転職。現在40歳で所長。

もちろん、人物本位なので、簡単な比較はできませんが、3人について、問題形式で考えてみましょう。

Q1: 3人で、現状一番給料が高いのは何方ですか。

 一概には言えませんが、なんとなくCさんのような気がします。なぜなら、転職の度に現状より多い条件が提示されたはずだからです。しかもそれが今まで2回あったわけですから。たとえば、外資ということで考えると、28歳の時の転職は、そうですね、現状600万円位から転職で700万円少し切る位のオファーでしょう。33歳の時の転職は、おそらく、900万円を少し切るくらいの現状から、もしかしたら1000万円近くのオファーかもしれません。そして現在40歳で所長ですので、1200万円くらいになっちゃっているかもしれません。

一方で、Aさんは現時点で950万円くらいでしょうか。AさんとCさんの数字の差は200万円くらいかもしれませんが、生涯賃金で言うと、少なくとも28歳の時からだいたい100万円くらいの差がついていたので、単純に40歳までの12年では最低でも1200万円以上の差が生じる訳です。しかも、この12年の間には、1度の転職も含め、差が年々開いているでしょうから、もしかしたら2000万円くらいの差がある可能性が十分にあります。この差はちょっと見過ごせないと思いませんか。やっている仕事は同じです。

Q2: 業務拡大のために、本社の営業本部の要職に優秀なMRを抜擢することになりました。このとき、3人の中で、最も本社の要職に呼ばれそうなのはだれですか。

 同じくもちろん一概には言えませんが、これもCさんではないでしょうか。なぜなら、今までに3社のカルチャーを体感しているからです。違う会社では違うやり方をするものです。また、カラーや強み・弱みを見てきた訳で、製薬業界の人材としては、幅がありそうに見えます。なにか、困難の乗り越え方などを幾つか知ってそうな気がするのです。

したがいまして、3人の所長さんは、もう40歳の今となってはMRとしての転職はなかなか難しいですが、結局Cさんが色々と有利であるような気がします。

このように、転職経験が有ると、何となく要職を任せたくなります。お金の面だけでなく、やりがいを獲得するうえでも、転職経験は有利に働くことが多いです。

では、実際にCさんが本社勤務になったとしましょう。そうなったとき、実はまだまだ転職マーケットが広がるのです。リエゾンやマーケティング職は、40歳以上でも50歳以上でもたくさんの求人が有ります。どんなに、所長や支店長になったとしても、Aさん、Bさんは極端に転職の機会は激減します。 Cさんだけは、またまたMR以外の、新たな転職市場にまた給与額アップのチャンスが到来する訳です。

ただし、次のQ3の答えは、だれにもわからないと思います。

Q3: 3人の中で、一番幸せな方は何方ですか。

→わかりません。価値観の問題になります。でも一番大事なQではないでしょうか。

お金も、キャリアも大事だけど。。。ということですよね。

やはり、家族や環境がよかったり、自分らしい生き方ができているMRは幸せだと思います。お金だけではありません。

確かに、キャリアアップや給与アップは、MRにとって考える必要が有ることです。仕事の動機づけとして、社会への貢献、患者の役に立っているといことができる、MRとはすばらしい仕事だと思います。一方で、やはり社会的責任のある製薬会社も、営利企業ですから、MRには当然のことながら目標数字があるのです。そして、当然、競争も、昇進・昇格への戦いも厳然としてあります。社会への貢献も、数字ありきで、計画が達成できないMRはどんなに患者フォーカスの気持ちが強くても、very goodとは言えないかもしれません。

そんな成熟した世の中で、仕事もバランスをとり、自分と家族のためにバランスをとれるキャリアデザインを考えることが求められるかと思います。

blog, Key word, MR, 医療機器

良い志望動機

転職マーケットは相変わらず一定のニーズがありますね。皆さんの中には転職の面接を受けた方もいらっしゃるでしょう。面接で困る事は意外と沢山有りますが、志望動機もその中の一つですね。

「志望動機なんて、別に無いよ。今の所が嫌だからだよ。」

というのが本音だと思います。もちろん、このまま面接で言ってしまったら、落ちますね。まあ、本当に物好きな面接官が居たとして、

「君、面白い」

みたいな事を言ってもらえる可能性も有るかもしれませんが。。

 

では、実際の面接ではどのように志望動機を言えば良いのでしょうか。

そもそも、志望動機に求められている回答は、様々な「何で?」に対する答えです。

「何で、転職したいの?」

「何で、今の会社に、前の会社から転職したの?」(既に転職の経歴が有る場合)

「何で、ウチの会社に来たいの?」

このように、色々な「何で?」対策が必要なのです。もちろん、転職の理由は人それぞれですから、自分の思う事を言っていただいて良いのです。貴方の転職の動機、理由を、言っていただいて、もちろん構いません。

ただし! 私なりにお伝えしたい注意点があります。

志望動機の注意点

否定をしない。・・・否定とは、何の否定でしょうか。それは、全てです。現在の自分、過去の自分、未来の自分。現在の会社、仕事、上司、製品、将来性、人間関係、給料、勤務地、その他全ての否定をするべきでは有りません。

むしろ、肯定をした方が良いのです。今の自分の置かれている環境、給料、周りの人々、勤務地、会社の将来性など、全てを肯定をした方が、もちろん聞こえも良いです。ただし、ただのべつ幕無し、肯定しておけば良いというものでもありません。ここで若干の本音、いわゆるタフな経験を挟み込むことは、とても有効なのですが、それを書かせていただくには、新たなトピックを作る必要がありますので、ここでは割愛します。

では、肯定をしたとしましょう。

「現在の会社の製品はすばらしい、大変勉強になっている、周りの方も良い方ばかりで、自分の将来を期待してくれている、給料も恵まれている、勤務地も気に入っている、、、、」

確かに、聞こえは良いです。面接では良い響きになるでしょう。人格も、良く映ります。人物的なプレゼンスは上がるかもしれません。しかしながら、そんな、すばらしい会社を辞めて、他の会社に移ろうとしている訳です。こんな風に現状を肯定した上で、さらに志望動機に言及する・・・そんなことできるのでしょうか。できます!

キーワードとしては、「更なるキャリアアップ」「更なるチャレンジ」など、現状がうまくいっているからこそ、さらに上の段階を目指すというような内容、現状に甘んじる事無く、チャレンジする事を忘れないというような流れです。「更なる・・・」というのは、良い言葉です。簡単に言えば、

「現状は上手くいっていて、周りも良い方で、将来性も良い会社で、恵まれた環境に居るけど、この環境に甘んじる事無く、更なるキャリアアップ、更なるチャレンジを目指している・・・」

ということです。

 

ここで、ツッコミ所となってしまうのが、

「では、貴方の会社では、チャレンジやキャリアアップできないんですか?」

という、面接官のツッコミです。さあ、どう対処しましょうか。この対処方法は考えないといけません。

実は現在置かれている個々の状況に、この突っ込みに対処するヒントが有ります。まず、ご自分でお考えくださいませ。

実はそれは人によって違いますから、普遍的なものではなく、個別にカスタマイズする必要が有り、まさにケースバイケースの領域になります。

もし、私が、貴方の状況を伺えば、貴方用のおすすめの回答を考えて差し上げる事もできます。お話を伺えば、一緒にそのヒントになるような事を考える事ができます。転職を考えているが、面接対策が心配な方、そんな方は、ぜひ、私に連絡をくださいませ・・・って、最後は宣伝になってしまいました。

 

転職を目指すみなさま、面接を受ける前にぜひ準備をしましょう。

ご質問は、下記まで。