Zoom面接の注意点

Photo by cottonbro on Pexels.com

カメラの位置を目の高さ(あるいは若干上)に

  • ラップトップ使用してデスク上に設置する時は見下ろした目線になってしまうので、台を置くなどして高さ調節をする。
  • スマホやタブレットの場合も同様に目の高さに

相手からどう見えるかに注意

  • ネクタイ着用
  • 顔のドアップではなくて、上半身が映るくらいに
    • あるいは少し離れて椅子に座り全体が映る形でもOK
  • 背景に注意
    • 洗濯物やベッドや家具などが写らないように
    • かといって、zoomの背景機能もいかがなものかと。
    • 背景は、壁で一色が好ましい

声に注意

  • 少しハッキリ目に
  • 少しゆっくり目に

準備

  • ダウンロードしておく 
    • 当たり前と思うかもしれないけど、意外と多いトラブル。
  • 音声、モニターのテストをしておく
  • 時間になる前にログインする(面接官よりも早く)
  • 緊急連絡先の電話番号を相手に知らせておく
    • エージェントから聞かれると思う
    • エージェント通していない時には、相手に事前に渡しておく

本当にzoom?

zoomと信じて疑っていなかったら、違う場合もあったりする。使い慣れていないときは、事前にチェックをしておく。

Google Hangout

Skype for business

Teams

だったりすることもありますよ。