モデルナのがんワクチン mRNA-4157

詳細はわかりませんが、モデルナが日本に上陸するようです。現在、現地とコンタクトをしております。

この記事では日本のGMを探しているようです。他にもPVのヘッドを探しており、本格的な日本でのリーガルエンティティと上陸を試みているという感じです。

モデルナといえば、コロナのワクチン、mRNAですよね。日本では武田がやるようなので、日本上陸には武田と密接に絡むのかもしれません。ただ、今までの歴史で武田との絡みでうまくいったところがあまりないので、モデルナにとってもそれは得策なのかどうかわかりません。

モデルナのがんワクチンとは

モデルナのm-RNAによるがんワクチン(mRNA-4157)はこちらです。

2020年11月10日、Moderna社は、mRNA-4157とペムブロリズマブを併用した第1相用量拡大コホートの中間データを発表しました。このデータでは、mRNA-4157をキイトルーダ®と併用して投与した場合、すべての用量レベルで忍容性が高く、HPV(-)HNSCC患者においてRECIST1.1基準による腫瘍縮小で評価される奏効が得られました。MSS-CRC患者群では奏効は認められませんでした。

そもそもワクチンは、第4の治療と言われていましたよね。

がんの新しい治療として注目されること間違いなしですね。このモデルナのワクチンは、キイトルーダとの併用ということですので、免疫療法とワクチン治療の組み合わせということになりますね。患者にとっても、医療にとっても、選択肢がさらに広がる、良いニュースですよね。

日本法人も無事に立ち上がり、製品がローンチされる事が期待されていますよね。

MRのBYODは可能か

自分のパソコンを持っていないというMRが昔から一定数居る。履歴書や職務経歴書などの書類を要求すると、

「今出張中なので週末にならないとできません。」

とか、また、メールアドレスを聞いても

「自分のがないので、妻のアドレスになるますが良いでしょうか。」

などと、いう返事があったりする。さらにウェブでの面接などの時には、

「スマホでzoomしても大丈夫でしょうか。」

などなどという、答えが帰ってきたりする。

自分のパソコンを持っていないので、メールアドレスは奥さんの、zoomはスマホ。書類作成もフル出張の人は家に帰らないと作成できないということである。

自分のパソコンを持ていないという時点で、少し驚いたりもするが、考えてみたらMRみたいに基本的に外勤で移動は車、宿泊はホテルだと、自分のパソコン持っていなくても仕方がないかもしれない。

MRも人によって、色々と興味関心が多方面にある人は自分のパソコンが無いなんて、信じられないと思う人も居るかもしれないけど、MRという仕事にどっぷりと浸かってしまって居る人は、特段自分のパソコンなんて要らないということになるだろう。

これを例えば、社用車みたいにしたら良いのかなと思ったりした。

MRの車は、基本的に自分で選んだものを社用にも使うという名目で、補助が出たりするのだ。MRは基本的に自分の車を運転している。

それと同じように、自分のパソコンを社用に使えるようにすれば良いのではないだろうか。所謂BYODである。

BYOD Bring Your Own Device

こうすれば出張時にも自分のパソコンを持ち歩くことができるかと思う。さらに、会社のデータへのアクセスはセキュリティを強化すれば良いのかと思う。

MRのアクセスするデータは一般顧客のものはないかと思うので、比較的セキュリティも難しくないのでは。開発職などはまた話が別になるけど、MRだったら良いでは? と思ってしまう。

MRのアクセスする情報は比較的セキュリティは簡単かと思うので、BYODにすれば良いのかなと思う。