1990年代後半の話

また、個人的な勝手な話シリーズです。ワクチンのこと、薬のことは、色いろとネタは揃えておりますが、それはまたの機会にこちらで紹介できればと思います。

2002年から2年間、ニューヨークに移り住んだのですが、その前にちょこちょこと旅行でマンハッタンを中心に訪れておりました。当時はインターネットの黎明期、でもないか、黎明期が少し過ぎた頃でしょうか。メールもウェブもあり、旅行の予約もウェブでできました。

当時の数年前まで、ベンチャー企業っぽかったHISが大きくなり、格安航空券とホテルのセットをウェブで買うことができました。97年頃から、頻繁にNYを訪れ、最初のうちは、オプショナルツアーで1日観光などにも参加しました。

個人旅行が主流になり、結構1人で行けるようになると、オプショナルツアーとか馬鹿にしがちになりますが、むしろ、少しそこを知った後にオプショナルツアーに参加するとすごく楽しいです。なぜなら、もう結構その街を知っていると思いきや、知らないことだからけで目から鱗の連続。

ツアーはマンハッタンのミッドタウンからスタートして、バッテリーパークから自由の女神に行って、その後解散という感じで、途中でチャイナタウンでお昼ご飯も食べたりするのです。

すでに色々と色いろと行った事のある僕にとって、その時の日本人のガイドさんがすごく話が面白く、色いろ知識も豊富で、価値のある時間でした。

僕は一人で参加しましたが、お昼ご飯の時に、老夫婦に色いろと話しかけられ、僕はすでに一人でNYに何回か来ている事を言ったり、製薬会社に勤めているという話をしたりして、そんな交流もできて楽しかったです。

エンパイアステートビルに登って、NYCを眺めていつも思っていたのは、この街に住みたい、という事でした。なぜかはわかりません。

ベーグルと、ジャズと、ミュージカルは好きだったことは間違いありません。ただ、それだけの理由ではもちろん、住むことはできません。

そしてNYに住むということに向けて具体的に動き出し始めるのでした。1998年頃のことです。日研化学株式会社でMRをしておりました。

月並みで本当にベタなのですが、独りで海外に行くと、やっぱり人生観が変わります。これは本当です。

さてオプショナルツアーは大体半日観光です。日程は1週間くらいあるので、他の日は独りで自由行動です。

まず朝起きて、ベーグルショップに行くのです。大体アッパーからロウアーまでのベーグルショップに行き尽くしました。個人的に好きだなと思ったのはMurraysです。そしてロウアーのDavidsも、穴場だと思いました。

カフェが終わると、とりあえず散歩するのですが、TKTSに行って、昼の部のミュージカルの半額券をチェックしに行きます。良いのがあると、買います。良いのがない時には、ジャズクラブの昼の部に行きました。ジャズクラブに行くと、ミュージシャンと話とかできたりする距離感なのです。結構、話しました。たまに日本人ミュージシャンも来ていました。

昼で結構行ったのが、イーストの6のインド街です。ストリート全部インド料理で競争があるのかわかりませんが、お得なランチセットがあるのです。4.9ドルとかで、カレー3種類くらい食べられました。ある店ではシタールの演奏なんかがあったりして、ジョージハリスンを思い出しておりました。

ちなみに、日本人街というのはなくて、ただ、やっぱりイーストの9くらいか忘れましたが、日本食が結構並んでいたりしました。蕎麦屋もあったり。日本酒のバーがあったりしました。まあなんというか、独りで気楽、気ままでした。今思えば。そういう旅行も、MRという仕事だからできたのかと思います。有給休暇とか、勝手に取れますから。

夜はミュージカルを見ていて、それが終わると、夜中はジャズクラブに行きました。ミュージカルは見すぎて、トニー賞をとった作品はほぼほぼ見て、さらにオフブロードウェイも見ました。まあ、当時、キャッツのミストフェリーを日本人がやっていたのに衝撃を受けたのを覚えています。その人は今頃何をしているのでしょうか。

お気に入りのジャズクラブは、ビレッジバンガードの後のZinc Barでした。特にZinc Barは観光客も少なく、なんか自分もニューヨーカーになっちゃった気分がする場所でした。英語もわからないのに、カウンターに座ると、店の人や隣の人と話したり。すごく高揚感があったのを覚えています。

実はその後、東京医大の整形外科の先生でなおかつジャズ評論家として一流の小川隆夫先生にマンハッタンでお会いしたりしました。マンハッタンで会う前に、千歳烏山の整形外科でアポイントを取ったりして。こんなことも、MRだからですよね。

というわけで、ベーグルショップ、ジャズクラブ、ミュージカルはほぼほぼ抑えていたのです。

その後、MR10年目の2002年に会社を辞めることになるのです。2001年の9-11の翌年です。9-11に関しては、別記事で書きたと思います。

転職した方が良い

最近、初めて連絡をする人に、「ブログ読んでます」みたいな事を言われることが多く。いや、それは昔からそういうことはあったのだけど、最近特に多いので、更新しようと思いました。

ただ、このブログで今まで色々と紹介してきた、企業のコンディションとか、新薬の情報などなどは、今回は少しネタも無いのでお休みです。それに結構、そういう事を書いている人が沢山います。

なので、あまり為にならない、よもやま話でも良いので、更新することにしました。

ここまで読んでいただいて、お判りかと思いますが、この記事は読んでもなんのためにもなりませんので、あしからずご了承ください。

製薬会社って、そもそも真面目な人たちが多い職場かと思います。外資といっても、金融とかITとかに比べれば、製薬会社はかなり日本的というか、もう日本の会社と言えるかと思います。その日本の会社の他の業界に比べても、真面目な人たちが多いです。

真面目というのは、多分、MRではなくて、(まあMRもそういう人もいますが)何方かと言えば、R&Dの人々です。

多分、アカデミアに近いので、その延長線上という感じがします。

同じ研究室の先輩だの後輩だの、なんというか、そういう先輩後輩とか、同じ大学とか、そういうものを意識する世界があるかと思います。国内大手においては、だいたい新卒から1社で定年まで過ごすという人たちが、多分半数以上です。

別に悪いことではありませんが、良いことでもありません。なぜなら転職に慣れていないと、ものすごいストレスになるからです。

会社に入る時には、当然のごとく定年まで勤めると思っている人が半数以上いる環境は、珍しくありません。国内上場企業とかなら、多分そうです。

それが、自分の意思に反して転職活動することになっちゃった時のストレスは計り知れません。

意に反しているわけで、そんな方にとっては、転職そのものが、間違いなく非日常です。そんな状況が長引けば、メンタルにも支障をきたしてくるのです。

怒っちゃう人もいれば、泣いちゃった人もいました。

ですので、転職など予定もないし、したくもないと思う人であっても、時々転職してその状況下に慣れておく必要があるかと思います。

慣れていれば、色々とスムースに事が運びます。

ワクチンを開発したスピンオフベンチャーが、本腰をいれるのは実は他のパイプライン

AZ1222(アストラゼネカのコロナワクチン)を開発したのはオックスフォード大学とアストラゼネカですが、そのオックスフォード大学と協力関係にあった、というか治験を先導していたのかもしれないのは、オックスフォード大学からスピンオフしたバイオスタートアップであるVaccitech(https://www.vaccitech.co.uk/)です。

その、Covid19のワクチンを共同開発したVaccitechは、オックスフォード大学のスピンオフなだけに、UKの企業ではありますが、この4月30日にアメリカのNasdaqにIPOしました。

Vaccitechとしては、最大6億1300万ドルの評価額を目指しているとのことで、発表がありました。

なぜIPOしたのかと思うのですが、理由としてはVaccitechが持っているパイプラインの開発を加速させたいということに他ならないかと思います。Vaccitech社がどんなパイプラインを抱えているかというと、B型肝炎、前立腺がん、非小細胞肺がんなどなど、どう見ても大型化しそうな候補ばかりなわけです。

IPOをするずっと以前から、実はこれまでにギリアド・サイエンシズ社、セコイア・キャピタル・チャイナ社、オックスフォード・サイエンシズ・イノベーション社などから2億1600万ドルを調達しています。

特にギリアドにとっては、とても欲しいパイプラインに間違いありません。C肝でのファンドがどこまで持つのか、それによってM&Aなどに関わってくるからかなと思いまします。シャイアー、アレクシオンのように大手に吸収されるパターンが考えられますが、その次は? というところで、各社必死になっているところではないでしょうか。

ギリアドが自社のラインアップにVaccitechno開発品目を加えたいというのは明らかかと思います。そのためにシリーズBの投資判断をしたのかと思います。

VaccitechにシリーズBの投資をした企業は、ギリアドの他に
Tencent
Monaco Constitutional Reserve Fund
Future Planet Capital

です。ヘルスケアだけではなくて、名だたるファンドから資金を得ていますよね。チャイナマネーまで絡んでいます。

それだけ、Vaccitechにとっては、このパイプラインの開発が大事だということが伺えますし、また、投資企業にとっても投資判断をする価値のあるパイプラインだということだと思います。

特にVTP – 800 850に関しては免疫チェックポイントの前立腺がんへの適応ということで、なかなか化けそうな感じがします。

Vaccitechに限らず、モデルナなど、COVID19のワクチンを手がけたバイオベンチャーは、そのパイプラインにオンコロジーや免疫領域のパイプラインを抱えています。まず、ワクチンで世の中に出て、資金を調達できたら、すぐに治療薬の方にアクセルを踏みたいのだろうという印象があります。

今後、このようなベンチャーがもしかしたら、単独で日本に上陸するかもしれないかと思っております。そうしたら、セールスフォースもローカライズする必要がありますので、MRを採用するだろうなあと、思っているところです。Vacciechの中の人たちはアカデミアの人が多いでしょうから、あんまり商売っ気もないのかもしれませんが、ファンドとしては、モルガン・スタンレーなどがしっかりと食いついておりますので、おそらくアグレッシブに市場に出てくるかと思います。

患者さんのためにももちろん朗報ではありますが、コロナでワクチンを開発したバイオベンチャーがその他のパプラインを拡充して、日本に上陸したら、良いなあと思っております。