バイオジェン ”急降下”

24日の金曜日、ニューヨークの株式は続落しました。材料としてはバイオジェンの20%近い急降下があります。

snapshot_chart_api

元気のないメガファーマとは対照的に市場に活気をもたらしていたバイオテク関連株。少ないパイプラインではあるものの専門性の高い製品や効能の優れた製品力のイメージが上回り、リスクを抱えながらも投資家を引きつけていたのがバイオ関連株です。しかしながら、一旦このような目だった下落があると利益確保に走る投資家が増えてバイオ関連株は一気に売られるかもしれません。製品力、実体のある評価だったのか、はたまたバブルだったのか、来週以降の株価の動きに目が離せなくなってきたかもしれません。

そもそもの発端はQ2の決算発表で

①下方修正したこと。

②期待していたアルツハイマーの候補物質の治験について。

これらは、24日の早朝8:30から開かれたバイオジェンの決算発表で明らかにされたもので、CEOのGeorge Scangosがなんとなく暗い声で発表しているのがわかります。

ある投資家はしきりにbad weekと、せっかくの金曜日を楽しめないということを言っていますが、はたしてこれはbad weekなのか、monthなのか、yearなのか、わかりません。たかだか1週間のことだから、そんなに慌てなくて良いと、ということを自分に言い聞かせているように聞こえます。

さらにこの投資家はSNSでたのシェアホルダーに売るのか、維持するのかとまるで自問自答しているようにつぶやいています。ここ1年で購入した人は運が悪いかもしれないけど、数年前から持っている人はその時よりは高いわけだから文句は言えないだろうと言っています。

日本でも元気の良いバイオ関連企業は従業員に株式のオプションを配布しているところも多いです、RSUやストックオプションといった形です。そもそも株価が急激に下がってしまうと、これらの評価額がさがり、ひいては従業員のみなしの給与の下落にも繋がりかねません。それだけ株価の維持は大事です。

来週以降のバイオ関連株マーケットに注目が集まります。まあ、そういう時もあります。

広告

勤務地に納得していないMR必見の募集案件 仕入れました!

MR募集案件仕入れました。

 

☆外資系製薬企業での募集です。

☆勤務地、第三希望まで提示してください。どれかに行けると思います。

☆プライマリー領域 と オンコロジー領域

 

以下は、山崎の私見です。こういう人は強みがあります。オフィシャルな募集要項ではありません。

①女性営業所長・・・ダイバーシティです。

②女性の営業所長に準じる、一歩手前のキャリアの方・・・ダイバーシティを達成したいです。

③30歳前後の男女問わず若手MR・・・将来を背負う人材です。

 

こんな方はぜひお考えください。

☆女性で、結婚や出産が将来あったとしてもずっとキャリアを続けたい。

☆女性で新卒で縁もゆかりもない、親戚も友達も誰もいない土地に配属になった。若い女性にもかかわらず田舎暮らし。(田舎が悪いというわけではないけど)。女子会も合コンもできない! いつかは地元に戻してくれると信じて、早5年経過・・・。

☆男女問わず!! 今のこの土地で生活の基盤がある。このままだと来年転勤になってしまう。

☆オンコロジーやりたい。(領域未経験の方はプライマリー領域でスタートですが、異動は活発です)

☆良い会社だと思っていたけど、雲行きが怪しくなってきた。

☆日当や借り上げ社宅がなくなりそうだ。

ダイバーシティを達成したいので女性は重宝されると思いますが、男女問わずの募集です!!

この求人案件に応募する、しないに関わらず、このような事をお考えのMRの方、一度ご連絡くださいませ。お気軽にご相談に乗らせていただきます。お問い合わせだけでもどうぞ。