安定の座に居座るは衰退の一歩なり

5年前。彼は38歳だった。ここでは、便宜的に、彼を鈴木君としよう。東京出身ではあったが、新卒で就職した製薬会社でMRとして、縁も所縁もない地方で勤務をした。30歳代前半で地元の病院で知り合ったナースと結婚して子供2人。そ続きを読む “安定の座に居座るは衰退の一歩なり”