デジタルヘルスケア キーワード

デジタルヘルスケアには、だいたい下記のドメインがあります。

 

デジタルヘルス

  • 疾病を予防、診断または治療するためのヘルスケア技術の評価およびモニタリング

  • 患者のモニタリング

  • リハビリテーションまたは長期ケアのためのモニタリング

  • 自立支援

  • 障害者用の支援技術

  • リハビリロボット

  • 監視センサー、およびウェアラブルデバイス

  • 臨床的意思決定支援

  • 診断、分析、および患者関連データの解釈

  • 計算機シミュレーション

  • モデリング

  • 機械学習アプローチ

 

E-Health

モバイルヘルス

→モバイルデバイスによってサポートされている医学および公衆衛生の実践

  • ヘルスシステム工学アプリケーション

  • 知識発見

  • 意思決定

  • 最適化

  • ヒューマンファクタ工学

  • 品質工学

  • 情報技術とコミュニケーション

 

 

自然言語処理のための音声および聴覚システム、音声認識技

術、ならびに医療機器

→音声および聴覚を補助することができる(例えば、人工内耳)

 

遠隔医療、遠隔医療、テレケア、

telecoachingとtelerehabilitation

→遠隔距離で患者ケア

 

概ね、これらをデジタル、機械学習、AIなどでリンクさせることが、産業界のみならず、医療産業革命と言えるかもしれません。

これからは全てが繋がります。

 

4419537146_a173bbcfc6_q

 

今後一つ一つ話題を追っていきましょう。




広告 頭金ゼロからの不動産投資【保険ニュース】

 

 

広告

IT 企業の名前

会社の名前は結構重要だと思う。製薬企業の名前はカッコいいと思う。
ファイザー
グラクソ・スミスクライン
ノバルティス
アストラゼネカ
イーライ・リリー
アッヴィ
バイオジェン
・・・・・などなど。

ところが同じエージェントをしていても、最近のITベンダー企業の名前には、「本当にそれで良いのか?」と思ってしまう。製薬業界に慣れている人にとっては、そんな名前の会社に転職するとなった時には、二の足を踏んでしまうかもしれない。

オリガミ
オートメーション・エニウェア
ウィーワーク
データロボット
スラック
スプランク
サービスナウ
ユーアイパス

コンサバティブな医薬品業界からITヴェンダー業界に行くためには、こう言う環境に慣れなければならない。ホームページを見ても特に採用ページはなにやら若い人たちが私服で楽しそうに話していたりするようなイメージ。

それでももちろん給与もしっかりしているし、ナスダックカンパニーだったりするのです。ヘルスケアビジネスにもどんどん参入している。

特にヘルスケア分野へのビジネスの紹介ページなんかを見ていると、AIとかデータサイエンスとか色々と新しい試みをどんどんやっているのですが、個人的には、「そんな簡単にやって大丈夫か?」とか、コンプライアンスとか色々気になってしまう。



おまけ

もしこれからできる製薬会社もトレンディな名前をつけるとしたら、考えてみました。パクって良いです。

ドラッグ

ドラッグナウ

ウィーメディック

メディシンエニーウェア

ユーアイピル

タブレットボット