blog

MRの処理能力の高さがコマーシャルサイドのDXの改善を阻害している件

MRは何でも、良きに計らってしまいます。

ですので、正確なレビューは出てきません。

ポンコツなツールを本社が導入したとします。

MRは、その時、そのツールのポンコツさ加減を本社に問うべきなのです。

  • なぜ、そのツールがポンコツなのか?
  • リアリティとどんな乖離があるのか?

このような事を、特に営業の上層部は本社に訴えるべきなのです。

ところが、MRの思考回路は、残念ながら、そのようにはできていません。

  • また本社が変なツールを導入する。
  • そのツールのポンコツさ加減は使用前から分かっている。
  • 営業本部長が導入を許可したので、営業本部長の手柄を考えなければならない。
  • マーケが苦労してそのポンコツツールを導入したので、マーケの功績も作らなければならない。
  • なんとか、そのポンコツツールを活用したと言う体を作る。
  • ツールに関係なく、数字を伸ばして、数字が伸びた理由をそのツール導入の成果と後付けする。
  • 営業部長が仕事を成し遂げた感じで、ドヤ顔でいるので、ミッションクリア。
  • マーケ部門が自分たちの分析とマーケティングの結果、ツールを導入して数字が伸びたと言う事を誇らしげに言っているので、ミッションクリア。
  • なんとか、そのポンコツさが表に出ず、成功裏に各方面が収まる。
  • めでたしめでたし。

MRの思考回路として、丸く収めてしまうと言うことがあります。

先生を怒らせないように。

上司を怒らせないように。

本社からポンコツな施作が来たら、それがよかったかのようにこなす事を考えてしまうのです。

どうにかして、ポンコツさが表に出ないように、丸く収めてしまうのです。

なぜでしょうか。

理由は簡単。

面倒くさいからです。

偏屈な先生が、そこらへんのツールでピコピコやるはずがありません。

スノビッシュな先生が、メールなんか読むはずがありません。

結局、訪問して、上から話しかけられて、それを聞いておかないと、薬なんて使ってもらえないのです。

ただ、そんな、アナログな方法は、会議では言えません。

デジタルだのなんだのと言っている流れに逆らうようなことは、それがたとえベストな方法であったとしても、言わないでおくのです。

理由は、面倒くさいからです。

そうこうしているうちに、体裁が整ってきます。

MRを取り巻くポンコツなツールが、またどんどん増えます。コンテンツ企業も商売ですから、次々と新しいツールを出してきます。

その度に、その繰り返しです。

従いまして、ネガティブフィードバックがないので、どんどんポンコツなままのツールが蔓延るのです。

本社部門も、そろそろ気づけよ! と、言いたくなります。

ただ、気づいているのです。MR出身者も居ますから。

本社も気づいていて、ポンコツツールを必要悪のように導入し、MR部門が処理してくれるのも分かっていて、無事にポジティブフィードバックのまま終わると言う。

まさに様式美です。

MR部門の様式美。もはや、改善は見込めないのです。

カテゴリー:blog