AZはどこに行く

フィナンシャルタイムズによると、アストラゼネカの2017年の売り上げは去年よりも落ちています。

https://www.ft.com/content/aa880c90-07e9-11e8-9650-9c0ad2d7c5b5

記事によると、224.6億ドルから、5パーセントダウンの201.5億ドルに、売り上げが下落したそうです。パイプラインの相次ぐ脱落などが原因かと思います。さらに記事では、4年前にCEOのパスカル・ソリオが予言したことに触れています。それによると、2017年から持ち直すとパスカルさんが言っていたのに前年より減っていると。さらに目標は450億ドルとしてたらしいということに触れて、暗に半分以下であることを示唆しています。

元気のない心配な数字ですね。なぜ取り上げたかというと、パスカル・ソリオさんが新任でCEOになった2012年に、実は当ブログでもその件を触れていたからです。

↓     ↓

https://kenyamazaki.com/2012/08/31/az/

 

パスカル・ソリオさんは、ロッシュで活躍し、世界一のパイプラインを築き上げました。ロッシュは現在も調子が良いですよね。それはジェネンティックの買収などにより、パイプラインを拡充したのでした。

そのパスカルさんを呼んだかもしれない人が、自動車のボルボの会長でもあったリーフ・ヨハンソンさんですね。つまり、ロッシュでのパスカルさんの手腕を買ったのでしょうね。ロッシュと同じように、バイオメーカーをどんどん買収してパイプラインの強みを増して欲しいと思ったのかと思います。

しかしその後アストラゼネカはファイザーに買収されそうになりましたよね。フィナンシャルタイムズによると、それを阻止したのもヨハンソンさんですね。ロッシュのように、買収する側ならともかく、される側はどうかと思ったのでしょうか。定かではありません。

↓     ↓

https://www.ft.com/content/b69c8a70-1bab-11e4-adc7-00144feabdc0

 

やはり、買う側が似合っているのかと思います。ヨハンソンさんはアストラゼネカに来る以前にボルボの社長として日産ディーゼルを買収しました。カルロスゴーンと、一緒に記者会見してましたよね。もう相当前ですが。買う側でした。

http://www.afpbb.com/articles/-/2184342

 

そのボルボも今では中国資本って、隔世の感がりますね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BA

 

もちろんパスカルさんは、ロッシュの時の手腕を発揮しようとして、買収活動もしたのですが、その後のパイプラインが良くないですよね。

その一つが、当時従業員数は30人にも満たないようなAmplimmune社ですね。

https://www.astrazeneca.com/media-centre/press-releases/2013/medimmune-amplimmune-aquisition-07102013.html#

PD-1抗体の開発が止まってしまいました。こういうことがありますよね。それは誰も予想できなかったことだと思います。医薬品は1つ出るか出ないかで、まさに会社は明暗ですよね。買収ももちろん優秀なアナリストたちが投資判断をしたのでしょうが、こればかりはギャンブル的な要素があるのでしょうか。

 

アストラゼネカは、なんとなく、投機筋的な雰囲気になってきたような気がします。またファイザーが名乗りをあげますかね????

 

 

広告

リストラは最大のチャンス

福利厚生が良い会社は人気がありますけど、同時に福利厚生に人生が縛られることもありますよね。

 

「給料も、まあ、新卒の割には高いな。」

とか、

「日当ってすごいな」

とか、

「借り上げ社宅って、すごいな。」とか、

細かい話ですが、例えば、車とか、ある程度金額が張る買い物の時に、ディーラーで普通にローンを組んでも良いのですが、ある程度の規模の会社には、共済会みたいなのがありますよね。優遇金利でローンが組めたりとか。

「会社というのはすごいなあ、ああ、ありがたい。」

なんて、思ったりするのです。

住宅を購入するときのローンも、生保や医療保険も、結婚資金とか、色々とサポートがあったりしますよね。まあ、特に国内企業などは、新卒から定年まで一社で過ごす方が多いので、それはそれで良いことですね。

 

ただ、一度しかない人生だし、誰しもたまには、色々考えるものですよね。もしかしたら、もっと違う道があるのかもしれないとか。

現状でこれほど手当が厚いと、なかなか飛び出すのは怖いものです。住んでいる家も会社のおかげ、病気をしても休職できるし、お金に困っても共済がある、同じ業界の中では、それほどでもないかもしれないけど、他業界から見れば待遇は良い。。などなどと、気がつくとそういうスパイラルの中に居ることに気がつくのです。

「商売なんかやったって、俺みたいにぬるま湯で生きてきたような奴にうまくいくわけない。」

「転職しても、社内で競争に勝って、良い評価を得られるかな。」

「今から英語勉強したって、帰国子女とかそういう人に叶うわけない。」

「転職する奴は、昔にとっくにしてしまっている。自分はもう、年齢も年齢だし、もうここで良いわ。」

などなどというアイデアが浮かび、自分にとっては今が最良な状況なのだと暗示をかけながら生活していることがありがちなものです。

これが、人生の可能性を自ら狭めてしまう瞬間であります。

 

ところが、早期退職制度が発令されたらどうなるでしょう。

これは、とても良い機会だと考えられます。

ぬるま湯から、出て行く、チャンスでもあるし、違った道も自分にあるかもしれないと思っていた方は、飛び出すきっかけになりますよね。そこに理由があるわけですから。

イバラの道でも、楽しいかもしれません。