「病気の予防、健康寿命に投資を」 本庶佑先生

日本はすごいですね。ノーベル医学生理学賞受賞者を数年に一度輩出しておりますね。

さて、今年のノーベル賞の本庶佑先生が受賞のインタビューなどなどで、先生は、基礎研究への投資を提言されました。ノーベル賞の賞金も元手の一部にして、基礎研究に対する基金を設立されたり、本当に偉業と言えますね。

 

そして実は、もう一つの提言がありました。

それは、予防に投資しようとおっしゃっておりました。

「これから寿命が延びるわけですから、病気にならないようにしないといけない。ぜひお願いできたら」と語りました。これに対し、根本大臣は「しっかりと取り組んでいきたい」と答えました。

日本は、平均寿命が高いことはみなさん認識しているところですよね。他にどんな国が高いのかを見てみますと、なんと、香港が2017年まで、3年連続で1位に輝いております。

 

寿命データ2017、香港は3年連続で世界一

香港BSより

平均寿命2017

日本はおそらく、医療の進歩ということは理解できますが、香港が平均寿命が高い理由はなんでしょうか。

香港中文大学の教授は、「香港人が長寿である理由は、健康的な食事や生活習慣に気をつかっているからである。」と話しており、また香港のメディアでは、「香港人は少しの体調不良でも漢方医や病院を訪れてケアしている」、「香港には身近にハイキングや海水浴などの運動できる場所が身近にあるからだ」

この記事によると、まさに予防医学、医食同源が進んでいることが要因ではないでしょうか。つまり、日本人は病気でも医療の進歩で長く生きることができるけど、必ずしも健康のまま長生きしているわけではないかもしれない。

それにひきかえ、香港は、健康で尚且つ長生きなのかと推測できます。

まさに、健康寿命、医食同源、それは、漢方によるものなのでしょうか。

漢方すごいですね。

僕もメタボだから漢方飲もうかな。足が攣る時には、68番を飲んでいます。また、ヨメはたまに25番を飲みます。さらに肩こりなどでも葛根湯を飲んだりしています。もっと色々ありますよね。

 

本庶佑先生の提言を、日本政府が、日本企業が、そして世界が本格的にフォローすることになれば、ますます漢方やサプリなどの食事、そして予防に対するマーケットがこれから益々大きくなるのでしょうか。

いや、大きくなってほしいです。

これから、予防医学マーケット、そして漢方マーケットが日本で活況になるのかもしれませんね。

 

 

 

広告

戦略コンサルタント — ライフサイエンスセクター そしてイノベーションのジレンマ コンサル②

最近、破壊的イノベーションがヘルスケアでは話題になっていますよね。今までになかった治療。この仕事をしていても、ここ数年に出てくる治療薬や、また、医療製品の概念は、常識を覆すものが多いです。

昔では考えられない。ほとんど治療法のなかった難病の薬が登場したり。またそれが数千万円もしたり。

対処療法しかなかった疾患に、画期的な新薬が出たり。

遺伝子治療とか、例えばCAR-Tなど。

再生医療とか。

 

ただ、高すぎる薬価や、リスクの見えない治療法ゆえに、そこまで広まらなかったりしている現実もありますね。これはまさに、

破壊的イノベーションに対して、イノベーションのジレンマと言えるのかななんて思ったり。

イノベーションのジレンマ!!! 違いますか? 昔々、そういう本を読みました。

 

そんなわけで、コンサル案件です。

 

 

ジョブ摘要

【one of big 4】

戦略コンサルタント — ライフサイエンスセクター・グローバルプロジェクトチーム

戦略コンサルティングファーム、Big4コンサルティングファームでのグローバルプロジェクト経験を豊富に有するメンバーが中心となって、トップティアグローバルライフサイエンス企業へのコンサルティング支援を行っているチームです。
「グローバルCEOと同じ視点に立って経営を俯瞰できるコンサルタント」を目標に、CEOアジェンダに含まれる経営課題全てをカバー領域としてコンサルティング支援を実施しています。

グローバルライフサイエンス企業におけるコンサルティング支援:
・グローバル戦略に基づいたローカル事業戦略・製品戦略立案
・グローバル企業の日本市場参入戦略立案
・グローバル本社と連携した日本国内市場・顧客調査、分析
・営業・マーケティング計画策定・実行支援
・事業収益改善
・組織再編
・ビジネスモデル・トランスフォーメーション
・経営ビジョンの策定/導入/浸透支援
・経営/事業構造の評価および改革支援
・意思決定スキームの設計/導入/運用/定着支援
・戦略実行を可能にする組織の設計/導入
・グローバルプロジェクトのマネジメント/実行支援(特に、Executive層対象案件、Global In-Bound/Out-Bound案件)
・End to Endのグローバルバリューチェーン改革支援(サービス設計/製造/販売/カスタマーケア等)
・改革実現スキルの設計/向上支援

■コンサルティングファームでの実務経験(特に事業戦略や業務改革などのビジネスコンサルティング経験)
■論理的思考力、問題解決力、コミュニケーション能力
■英語:上級ビジネスレベル以上必須(完全英語環境におけるプロジェクト経験必須)
■日本語:上級ビジネスレベル以上必須
■ライフサイエンス業界経験:不問、ただしライフサイエンス業界への強い興味と学習意欲は必須

 

関西で  外資系コンサルでのヘルスケアセクター コンサル①

関西でご活躍のかた、または関西に行っても良いという方。そして製薬業界で活躍、または興味のある方。どの業種の方でも可能性あります。もちろんMRも面接に進んでいる例もあります。

最近の働き方改革で、コンサル業界もワークライフバランスに優れた状況が築かれ、長く働く人もいます。

地方への転勤もありません。

おそらく、リストラは、当分の間ありません。なぜかといえば、人材がとにかく枯渇していて、採用にはアグレッシブなのです。

そしてこのポジションは、なんと、関西で積極採用です。

西日本の方、東京に出なくても、クリエイティブな組織で働くことができます。

 

主な業務内容

製薬・医療機器業界向けコンサルティング業務の例

ガバナンスコンサルティング

リスクマネジメントコンサルティング

コンプライアンス体制支援、コンプライアンス監査

内部統制構築支援、内部統制監査

内部監査、ロイヤリティ調査実行支援

経営管理制度構築(予算管理制度・業績予測高度化、業務管理・評価指標体型の見直し、原価企画高度化・原価管理制度再構築、研究管理制度構築など)

M&A戦略立案、M&A取引の実行(取引条件の交渉支援)、財務・ビジネスデューデリジェンス、企業価値評価(バリエーション)、PMI実行支援

 

求める業務経験

必須条件(下記のいずれかの条件に当てはまる方)

  1. 製薬・医療機器企業に対するコンサルティングまたはコンプライアンス監査の実務経験
  2. 製薬・医療機器企業内での実務経験(5年以上)

 

求める能力

以下の能力の方を特に重視します

  • コミュニケーション能力
  • プレゼンテーション能力
  • 論理的思考
  • ビジネス文書(コンサルティング提案書や報告書を想定)作成能力また、上記に加えて英語力がある方が望ましいです。

 

求める資格

上記業務経験および能力に該当すれば資格は問いません。ただし、公認会計士、米国公認会計士、公認内部監査人(CIA)、公認情報システム監査人(CISA)については保有していればなお良いです。

 

詳細ご希望の方は、こちらにご連絡くださいませ。