キャリアプランはなぜ大事か

キャリアプランは大事です。

開発職の場合を考えてみます。

1社目が製薬メーカー勤務の臨床開発職の人は、一度外資のCROを挟むと給与が上がります。

例えば、それぞれ職歴10年目の、同期4人が居ました。

Aさん  メーカーに10年目
Bさん  メーカーに5年 別メーカーに5年目
Cさん  メーカーに5年 別メーカーに3年 別メーカーに2年目
Dさん  メーカー3年 外資CRO3年 メーカー4年目

もちろん、どんなメーカーなのか、どんなプロジェクトなのか、個別にどんなスキルを持ち合わせた人々なのかにもよるのですが、この場合、同期キャリアの4人の中では、Dさんが結果的に1番給与が高い場合が多いです。

少しの差と思うかもしれませんが、年収で100万円以上、いや、10年目であれば、もしかしたら300万円近く違う場合があります。生涯賃金ではかなりの差になります。

さらに、その後の転職は、そこから叩き台で昇級するわけなので。

つまり、新卒でメーカーにCRAで就職した場合は、5年以内に外資のCROに転職をお勧めします。

これは、エビデンスを取っているわけではないので、いい加減なことは言えないと思いますが、僕の12年のリクルーター経験から体感しているものです。

また、営業の人々と違って、臨床開発は常に採用側がハイデマンドなので、採用側の意欲もいつも高く、転職に多少失敗してもまたどこかに移れる可能性は高いです。

つまり、冒険しても大丈夫ということです。

さらに、臨床開発の人は、営業の人と違いまして、特にメーカーかCROかというこだわりはない人が多いです。
逆に、働きやすさとか、給与には敏感だったりします。まあ、当たり前です。

新卒でメーカーに就職したCRAの皆さん、ご連絡ください。キャリアプランを考えましょう。

 

インダストリーX.0 製造業の「デジタル価値」実現戦略
エリック・シェイファー
日経BP社
売り上げランキング: 24,654

 

広告

 ロボットクラウドラボラトリープラットフォーム

AI、ロボティックスについて情報を発信していきます。

少し前の、2018年7月のニュースです。

リリーがトランスクリプティック社と提携しました。

→参考(https://www.businesswire.com/news/home/20180724005252/en/Transcriptic-Selected-Oversee-Robotic-Cloud-Lab-Platform)

ロボットクラウドラボラトリープラットフォーム

シリコンバレーに本社を置くTranscripticは、オンデマンドライフサイエンス研究用の最初のロボットクラウドラボラトリープラットフォームを作成しました。

それにしても、この会社のロケーション良いですね。

Dumbarton Bridgeという綺麗な橋のたもとですね。

CTOによる、ロボティッククラウドラボの説明です。ていうか、若い。

同社のTCLE(The Transcriptic Common Lab Environment )は、堅牢な自動化、スケーラビリティ、柔軟性、および機器の遠隔監視を可能にするために、単一のユーザインタフェースを介して実験室のプロセス、プロトコル、および機器をIoTテクノロジと統合します。

つまり、ラボの装置と装置がAIで繋がって、IIoTになっている感じでしょうか。

ヘルスケアのインダストリー X.0(エックスポイントゼロ)でしょうか。

TranscripticとLillyは、自動化の力と人工知能および機械学習を組み合わせて、コストを削減し、スピードを上げ、環境を最小限に抑えながら、次世代の創薬を形作り、個々の科学者が新しいアイデアを試す範囲を広げようとします。

AIによる創薬ですね。

 

シリコンバレーのAI企業と、老舗の製薬企業とのコラボの良い例ですね。これでどんどんアンメットメディカルニーズの新薬が出てくると良いですね。

すごいイノベーションです。

今後も、ヘルスケアとAI、機械学習、ロボティックについて紹介していきます。

 


【実例】敢えてコントラクトMRになる人

敢えてコントラクトMRになる人が一定量います。

「いや、コントラクトはもういいです。」
「いや、それは考えてはいないです。」

コントラクトMRを勧めると、だいたいそういう答えが返ってきます。

なんとなく安定していないというイメージがありますよね。待遇もメーカーMRよりは良くないだろうし。

とはいえ、募集があります。

業界未経験者なら、MRになりたいというモチベーションはわかりますが、MR経験者で、敢えてコントラクトMRになる人が一定量います。

どんな人でしょうか??

大部分は、ロケーション事情です。志望理由というか、志望事情ですよね。

しかしながら、それ以外の理由が最近増えてきました。腹が据わってというか、事情ではなくて

しっかりした志望理由のある人が増えてきています。

そういう人はメーカーMRを去って、スムーズにコントラクトMRになります。

では、実際の実例を順次紹介していきます。

・リストラが実施されたメーカーの20代、30代 MR

→早期退職プログラムが発表された会社にいる若手MRです。自分自身は年齢的にもプログラムの対象にはなっていません。ただ、先行きとても不安になります。
特になんの取り柄もない、45歳くらいの先輩MRを目の当たりにして、自分の将来と重ね合わせてしまいます。

自分はその頃、何か取り柄があるのだろうか?????

将来の自らのMR力を高めたくて、CSOなら様々な経験が積めるのではないだろうか。という動機です。

・日系中小メーカー(社員数500人前後)

社員数500人前後の日系メーカーは、老舗が多く、その会社を代表するブランドを大事にしている会社です。

それはそれで素晴らしい会社なのですが、大手新薬を扱っていないと、MRとして成長できるか不安になります。

一度は大手で新薬を扱ってみたい。という動機です。

・特化メーカー(特定の診療科のみ)

外資、国内企業問わず、ある特定の診療科しか行かない会社ありますよね。ターゲットマーケティングといては理に叶っていて良いのですが、本当にそれだけで将来のキャリアビジョンが描けえるでしょうか。

特定の診療科だけではなくて、他の診療科も経験しておきたい。

でも転職の募集はないし。

そんな人がCSOを志望して、大手新薬プロジェクトに就いたりしています。

・過去に早期退職を経験し、尚且つCSOでのプロジェクトも経験した50歳代MR

CSOも経験ずみで、プロジェクトが終了し、別のCSOに移るという人。勤務地も関係ないという人。結構います。

・プライマリ MR で、売ることに貪欲な MR

昨今、オンコロジーだの、専門領域だのというMRが多いのですが、実はプライマリで、競争や売ることそのものが好きなMRたちがいます。

元々他の業界の営業を経験していた人たちに多いです。数字に燃えるタイプの人です。こういう方々は、コントラクトMRとしてプライマリやGEのプロジェクトで活躍しています。

そもそも、考えてみたら異業界よりは、CSOの方が給料が高かったりします。そういう人たちから見たら、
「こんな楽でこんなに貰っていいの?」
みたいになるわけです。

・コントラクトMRには興味がないけれど、KAMとか、プロジェクトマネージャーに興味のある人。

居ます居ます。なんか、コントラクトMRじゃなくてマネージャーみたいな仕事はないかという人たち。だったら、CSOに行っても良いという人たちです。
確かにそういう仕事はありますけど、結構スキルに達していない人も居たりします。

ただ自信があり、現状に不満や不安がある人は是非お勧めします。

・他 CSO でプロジェクト終了予定、再配属未確定 のMR

プロジェクトが終了、打ち切りで行く先を考えている人たちは、若手であれば経験不足( 3年未満)でも可能性あります。
ベテランであれば CMR の働き方を理解し、全国OKな人で、契約ベースでも了承 してくれる人。

CSOと言っても、各社特徴もあります。
僕の方で説明しますので、是非コントラクトMRを検討しましょう。

 

コントラクトMRをご検討の方、
転職相談をしたい方、

今すぐご連絡ください