【パクリOK】志望動機書(コンサルのヘルスケアセクター)

コンサルティングファームで、特にヘルスケアセクターへの転職に挑戦する方用に、サンプルを作りました。
自由にパクって構いません。
コメントをいただければ、ハッピーです。転職相談もお気軽に。

広告

45歳以上MRに価値はあるの?

転職できる?

  • MRの転職は年齢が大体35歳くらいまで。
  • 40歳前後でもオンコロジーやバイオ、専門領域なら転職可能な場合もある。
  • 強い社員紹介であれば、誘われることもある。

こう考えると、普通のルートで転職をすることが難しく、転職市場では価値がないのかと思ってしまいます。

また、プライマリーだけで45歳以上ともなると、早期退職などの対象にすぐになりがちです。

45歳以上は、もう価値がないのかと思ってしまいます。

が、それは大きな勘違いです。なぜなら実質的な価値と市場価値は違うからです。

市場価値と実質価値は違う

市場価値は、市場の売り手と買い手のマッチングで決まります。サントリーウイスキー山崎18年(700ml)の価格は、10年くらい前は1万5千円くらいでしたが、現在は7万円以上で推移しております。

市場価値が変わったのです。が、実質価値が変わっているわけではありません。また、ウイスキーに全く興味ない人にとっては、1円の価値もないかもしれません。

かつて、希少疾病医薬品は、どの製薬メーカーも開発を拒んできました。なぜなら、市場が小さければ売れないと信じられてきたからです。

ところが、医薬品はご存知のように、生命関連製品、企業には希少疾病用の医薬品を開発する使命がありました。したがって、開発を渋る企業を政府が後押しして、資金を助成してやっと開発をしているという現象がありました。

希少疾病の医薬品を扱っている企業は小さくて、また大きな企業のオーファン事業部も、見ているとなんだかよくわからないような、第一線で活躍できなかった人たちの溜まり場的な雰囲気が漂っていました。

第一線のプライマリー領域で使えなくなった人たちが、希少疾病医薬品の事業部に左遷される。

今では信じがたいですね。

当時グローバルで製薬会社がこぞって開発競争にしのぎを削ったのは、糖尿病、高血圧、喘息、アレルギーなどなどの医薬品です。なぜなら、市場が大きくて売れると判断していたからです。

当時は、希少疾病を担当している人たちの市場価値は低く、糖尿病の薬を担当している人たちの市場価値は高かったのです。

ウイスキー、医薬品とは違いますが、二つの例では、実質的価値は同じでも市場価値が時代とともに違っているのです。

MRの実質価値は経験とともに上がると思いますが、市場は生き物。市場価値は変遷します。


次に市場を席巻するのは

次に市場価値を上げるのは、どんな形態なのか、何百人のエコノミストが予測してもその通りにはなりません。それが市場は生き物であると言われる所以です。

考えてみれば、ハーバードとか、東大、ソルボンヌ、ついでにタイの名門チェラロンコン大学の経営学の教授が、会社を作ったとしても、必ずうまくいくとは限りません。市場はいきているからです。神の見えざる手とは、こういうことなのかもしれませんね。

経営学だの、MBAだの、そういう人が考えてもその通りになりませんよね。製薬業界も同じですよね。

武田はかつてARBの開発にこだわって、とても良い薬を出しましたが、ARBでは7番手でした。発売当時、すでに同種同効品のニューロタンの特許が切れてジェネリックが出始めていました。今では考えられない失敗ですよね。全然売れませんでした。

それでも、当時さらに開発中だった某プライマリー製品の開発をやめないと言っていました。あとで結局やめることになったのですが。なんでこの時に分からなかったのでしょうか。

わからなかったのですから仕方ないですね。予測はできても誰にもわからないですよね。

市場というのは、そういうものです。

45歳以上MRの価値

で、45歳以上のMRに話戻します。すみません、だいぶ前置き長くて。しかもつまらない前置きで。

「転職市場」での価値は確かに下がるかもしれませんが、MRそのものとしての実質価値は、むしろ最強にある。これが45歳以上です。

仕事はできるし、身体は元気だし、業界知識はあるし・・・。お金はあるだろうし。遊びの知識もあるし、人脈はあるし。

ゴルフ、釣りなどなどの趣味には長けているし。物知りだし、遊びも仕事も知っている。

MRであれば、特に趣味は深くて広い人が多いです。若手にとっては、神のように頼れる存在でもあります。

そう、もう最強な状態なのが、45歳以上のMRなのです。

ただ、MRの転職市場では、年齢要件がかなり厳しいので、転職市場での価値が下がる。MRとしての価値が最強にあるのに、転職市場では価値がない。という現象です。

別に否定すべきものではありません。

であれば、いっそのこと、45歳以上は、転職に真剣にならなくても良いと思います。


もうキャリアアップなど、しなくて良い

具体的にどんなスタンスで過ごしていれば良いかというと、

ー転職をしないで出世を目指すなら目指す。
ー出世を目指さないなら、そして早期退職制度に該当するのであれば、とっとと退職をしたら良いかと思います
ー早期退職制度がなくても、思い立ったら(こだわりなく)転職をする。しかも、オーファンだのバイオだの言わないで、たとえばCSOを選ぶのも一つの手です。

給料が1000万円を軽く超えている45歳以上のMRの人にとっては、こだわりのない転職をしてしまうと、給料が下がると思うかもしれませんが、そもそも転職せずにしがみついても、昨今の状況であれば、ずっと雇用が守られるわけではありません。それに、何と言っても、しんどいです。毎日毎日、「今後どうすべきか」みたいな強迫観念に煽られたりして。

であれば、CSOなどのステイタスを利用して、自分自身をブラッシュアップをする時間を作ったら良いです。コントラクトMRでも、たとえ給料が下がっても、一般的なサラリーマンよりはそれでも高値を維持できるので、生活に困るまでのことはないかと思います。

しかしながら、家のローンもあるし、子供の教育費もまだまだかかるから、そんなところに飛び込めないと思う方も多いと思います。それは、もう、幻想なのです。ただ、そうでもないのです実際は。意外と、大丈夫じゃね?


現状は素晴らしい、続けるのは無理ゲー

「現状」MRをしていることは、素晴らしいことではあるけど、「将来」までMRを続けるというストーリーは無理ゲーです。

メーカーに残ろうが、コントラクトだろうが、MRをこの先ずっと続けるという考えを改めなければなりません。

そのためには、前にも触れていますが、ある程度、副業であるとか、投資であるとか、本業以外での収入を得る状況、そして、ひいては、本業をやめて、MR以外のことを主たる仕事とすることまで考えなければならないと思います。

以前にオススメしたのは、行政書士の資格を取って、病院や調剤薬局やその他諸々の関係先をお客さんにして開業することです。

病院の事務に入る人もいます。

趣味を仕事に変えた人もいます。

簡単ではありませんが、3年くらい、準備すればできるのではないでしょうか。なぜなら、45歳を超えたMRには、実質的な価値があるあからです。

人脈も、常識もたくさんあるので、むしろ最強なのです。3年くらい真剣に準備すれば、何かの道は拓けます。

実質的な価値はあり過ぎ

その準備期間には、コントラクトMRの立場はすごく良いと思います。ベテランの威力を発揮していれば、プロジェクト先企業からも一目置かれるでしょう。そのうちMRを辞めようと考えていたのに、スカウトされるかもしれません。

CMRの立場の間に、どんどんインプットして、将来に備えるのです。

そもそも、将来にわたってMRを続けるというのがもう無理ゲーな訳ですから、メーカーに残っても同じことです。ただし、メーカーに残れば、色々と面倒なことだらけです。

45歳以上は、人として実質的な価値は最強なのです。市場価値に惑わされてはいけません。

将来、MRそのものがオワコンになるくらいだったら、もう楽しんだ者勝ちです。

MR転職案件枯渇時代にすべき事

MRの転職案件が少なくなってきています。

5年くらい前は、年がら年中募集がありましたが、今はほとんどありません。

ゼロではないのですが、ほんの一部、そしてあったとしても社員紹介などです。

MRに限らず、時々転職すべきであることは、以前にも触れております。転職によって幅も広がるし、キャリアアップにつながるからです。

ただし、MRにとって、このような転職案件枯渇時代には、良い会社に転職することはとても難しいです。

前述のように、転職案件はゼロではありません。例えば、僕がサポートしている人とかに、今どこか受けている企業はあるかどうか、聞いてみると、意外と募集企業数が多かったり。

社員紹介や、一部のエージェントしか扱っていない案件が結構はびこっています。

それもそのはずです。


転職の潜在ニーズはある

元々、転職によってMRを補うこと、つまりMRの中途採用は、企業には潜在的にニーズがあるからです。

ここ数年で、早期退職により業界のMRの全体数を減らしたからと言って、潜在的な転職ニーズがなくなるわけではありません。

企業としては、リストラによって営業部門のコスト削減をしている中、中途採用のニーズがあったとしても、エージェントに支払う手数料をコストにするのは本末転倒的なところもあるのかもしれません。

したがって、エージェント経由よりは安く済む社員紹介などの方法にシフトしているのかと思います。

社員紹介の良い点や悪い点

良い⇨  コストが安くすむ・・・エージェントを使うと、年収の30%が手数料の相場です。1000万円の年収であれば、1人採用するのに300万円の手数料がかかります。

良いかな⇨  選考に失敗が少ない・・・これは、失敗がないわけではなく、「少ない」ということです。なぜなら、業界内で評判の良い人を社員が誘うことになっていますので、評価にエビデンスがあるからです。

良いとは言えないか⇨  失敗が「無い」ではなくて、あえて「少ない」にしているのは、例えば、お友達が来ちゃう可能性があるからです。ある程度のポジション、例えば、営業所超レベルの人が、仲の良い他社MRから懇願されたりして、人事がそれに気づかずに採用してしまうパターンです。 

良く無い⇨  よく人数の少ないバイオファーマなどでは、顕著で、同じ会社の仲間をどんどん引っ張ったりしてしまいます。

悪い⇨  入社後に、その人を紹介した人物が、未来に渡り偉そうにしていることです。まるで人事権を握ったかのような振る舞いです。

悪い⇨  入社後に突然状況が変わったりしても、その紹介者は会社には抗議できないと思います。

何れにしても、営業部門にコストをかけるのが、製薬業界ではなんとなくよろしく無いような雰囲気がトレンドみたいになっちゃってるのでしょうか。

現実問題

良し悪しがあるにせよ、現実的には社員紹介でうまいこと転職したいです。

それには、普段から発信することを覚えた方が良いのかもしれません。つまり控えめではダメなのかも。

その市場内で、その担当地域で、ある程度名前が知られるように、常に発信した方が良いですね。

自社の薬と全く関係ない先生にも挨拶したり

関係ないメーカーとも雑談したり

そのためには、常に話のネタをインプットしておかないとダメですね。仕事の話はもちろん、その他何でもです。

そうやって、ある程度名前を売っていれば、社員紹介でも推薦されるMRになりますよね。

まあ、考えてみれば、ひいてはそれがコミュニケーション能力というものなのかもしれませんね。

MR転職案件枯渇時代を乗り切るには、自分自身の中身を枯渇させないようにしなければならないということです。

中身を枯渇させないコツ

枯渇を避けるためには、潤いが必要です。

また、枯渇だけではなくて新しい情報を仕入れるためには、循環が必要です。

循環を促すためには、発信しなければなりません。

いろいろな方法があるかと思いますが、発信を心がけることも一つの方法です。なぜなら、

発信することに、ある程度プレッシャーをかけると、インプットがどうしても必要になります。

発信をある程度自分に課していれば、そのうちネタ切れになりますよね。ネタ切れを防ぐためには、インプットをしなければなりません。

アウトプットをしない、控えめなMRであれば、インプットしなくてもよくなってしまいます。 インプットしない状況になれると、ますます枯渇しますよ。

黙々と、淡々と文句を言わず責任を果たすことは、美徳かもしれませんが、それを美徳、それをその人の美学にしてしまうと、発信する必要がない状況に陥ります。

それが危険なのです。

発信しないと、新しい情報が意外と手に入らないのです。

黙って新しい情報をたくさん入れることは、困難です。

発信するから、新しい情報が入ってくると考えられます。それによって、中身が循環し、枯渇が避けられるのです。

発信するには、何も、人に会って喋れば良いというものではありません。

SNSツールを使うことも一つの手ですよ。

ブログやツイッター、インスタグラム、FB、ピンタレストとか、たくさんSNSありますよね。それでどんどん発信することです。

ただし、長続きしないという経験のある方、たくさんいると思います。僕もそうです。ある程度、負荷をかけて発信を半強制でやらないと、新しいネタを仕入れることはできません。




I Don’t Seek, I Find.    ーピカソ

新ネタを仕入れないと、発信できないのです。当たり前です。

常にアンテナを張って情報を仕入れたいと思っている人、居ますよね。実は、そのためには。常にアウトプット、発信が必要なのです。

新しい情報を得るために発信が必要。意外かもしれませんが、これが、実は、社員紹介で、社員から誘われるような人材になるコツだと思います。

みなさん、発信しましょう。

もう探す時代ではありません。発信して、相手に気づかせる時代かもしれません。

そうすると、探さなくても見つかるのです。そう、

探さなくても、勝手に見つかる状態を作るには、発信をすることです。






弁当について

久しぶりの更新になりました。今後も淡々と更新します。

最近製薬会社の弁当の話題がツイッターでバズっています。どこかの若い熱血先生が、説明会などで提供される製薬会社の弁当を食べるべきでないと発言した事に端を発しているようです。

その先生の言い分は、利益相反であると。つまり、その製薬会社の高級弁当を食べれば、自分の処方傾向に少なからず影響してしまうからだそうです。そういう論文も存在するようです。

学会のランチョンも辞めてほしいと言っているようです。アホすぎる。

僕個人的には、相当世間知らずの医者がいるもんだなと思いました。まあ、医師はだいたい会社勤めしたことある人はごく一部を除いて居ませんし、そもそも医学部に進む時点である程度裕福なご家庭の出身の方が多いでしょうから、世間を知らなくても無理もありません。それを考えると、話逸れますが、製薬会社で働いている医師の方は、病院も知っているし、会社も知っていて、最強です。

資本主義社会だし、製薬会社も利潤追求と競争を強いられておりますので、ある程度は競争の範囲レベルです。

その先生は、製薬会社の説明会なんか聞かなくても、良い薬は使うと言っているようですが、その「良い薬」というのは、熾烈な販売競争に勝利したことによる利益を、熾烈な開発競争に勝負をかけて投資して、治験を生き残り、世の中に承認を得た薬なのです。

若き熱血敏腕医師も良いのですが、彼が医療行為に使用する素晴らしい薬は、利潤追求の賜物であることを少しは意識していただきたいと思いました。

逆に言えば、弁当食ったくらいで処方に影響させるなよと、言いたいです。ご自身の処方傾向は、弁当で変わるのか。

さらに、世の中には、理不尽なことや、説明できないことがあるかと思います。製薬会社が宣伝したくて弁当出している。まあ、コンプラとかあるけど、仕方ないよな・・・。それで良いではありませんか。

また、そういう先生ほど、MRとは対等の立場などというのですが、対等であるはずがありません。会社とお客様なのですよ。

そもそも、学会運営は製薬会社抜きにはできないですよ。

よく、MRと「対等であるべきだ」と言っている先生は、医師の方が上からなので、上から目線しないて、対等であるべきというのが主旨ですが、大きな勘違いに気づいていないと思います。

医師が立場が上である・・・・大きな大きな勘違いをしっぱなし状態の、まさに世間知らずも甚だしい症状です。

医師ほど、おだてれば簡単に木に登る人種はいません。

つまり、MRは、医師をおだてて、医師を木に登らせてあげているだけなのです。気づきましょう、登らされた木の上から、MRを見ているだけだということを。

実際はMRの方が上の立場にいるのかもしれませんよ。

僕の出会ってきた、尊敬する素晴らしい先生は、実はそれもわかっています。わかった上で、僕のおだてに乗って僕のために木に登ってくれていました。懐の深いというか、世の中の様式を理解している先生です。そういう先生は、出世していきました。患者からの評判も良いです。

そういう先生は、自分自身のことを、世間知らずだと自覚していらっしゃいます。「世間のことは知らないので、患者に向き合うだけだ」と、自覚していらっしゃいました。その時点で、実は世間のことをよく理解しているのですよね。

本当に良い先生。実在の先生なのですが、今某私立大学の教授になっていらっしゃいます。当時は接待もありましたが、喜んで来てくださったし、お弁当も喜んで召し上がっていただきました。 その上で、僕の会社の薬を使えないときは、「山崎君、ごめんな、それ使えないわ」と、言っていただきました。 

接待したから、弁当を食ったからと言って、その会社の薬を使えないときは、使えない。それをはっきり言っていただける。

その先生は、わかっていたのです。接待するのも僕の仕事、弁当出して説明会するのも僕の仕事。したがって、接待受けるのも先生の仕事、弁当食うのも先生の仕事だと。 

弁当を食うのは、先生の仕事なのです。

つまり、仕事の一環なので、弁当出したからと言って、製薬会社も必ず使ってくれるなんて思っていないし、先生も使わなきゃいけないなんて思っていないのです。

まさに、MRと医師の成熟した関係がそこにあるのです。

ああ、素晴らしい、先生だった。

だいたい、尊敬できる先生は、尊敬できすぎてやばいくらいで、アホな先生は、アホすぎてやばいくらい。というのが構図でした。

弁当が目の前に出てきたら、美味しく食べれば良いだけのことだと思います。