成功例の落とし穴

タイトルと結果のequivalentを取れ

成功例を話すときの順番を前述しました。

タイトル、ミッション、ハードル、アイデア、アクション、リザルツ

それは良いのですが、たまに自分で話していて話が盛り上がり、タイトルとリザルツに相違が出てしまうことがあります。

「何がどうしてどうなりました、、と言う例を紹介します」と、話し始めて、途中のミッション、ハードル、アイデア、アクションの段階で、自分の話がドラマチックすぎて話が盛り上がり、リザルツの着地点が完全に脱線してしまうことがあります。

盛り上がりすぎ

Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

と言うことです。よく、自分の言葉で熱くなっちゃう人、居ます。それに気をつけて、常に冷静さを保ちましょう。

成功例のequivalentとは
  • タイトル「何がどうしてどうなりました、、と言う例を紹介します。」
  • リザルツ「結果として、何がどうしてどうなったと言うことになりました」

このタイトルとリザルツの生合成は、ロジカルな展開として大事です。

熱くなりすぎて、頑張って喋りすぎると、落とし穴に陥ります。

気をつけましょう。

コーヒー代をドネイションします

今後も面接シリーズを書いていきます。

¥500