大手か、中堅か、提携せずに自前か?

こんにちは。

ある薬があるとして、日本ではA社(販売会社)が売っていたとしても、実は海外ではB社(製造元)が開発元だったりするケースです。 コプロの形にも色々とあるのですが、今までは大体が外資の日本法人が開発元で、国内企業が販売元だったりするケースが多かったのではないでしょうか。

国内企業のA社は、自社製品ではありませんが、売上も大きいので、注力したりします。

開発元のB社の日本法人は、その薬は日本では全てA社に委託しているので、自分で販売しておりませんが、実はMSLやマーケは結構いて、その人たちは販売元のA社に相当入り込んで馴染んで仕事しなければならない身分だったりするケースです。

あるあるですよね。

開発元の外資のB社としては、自分達の会社にその薬のMRが居ないので、その薬に携わるチームは本社だけで、どうしても少数になります。少数精鋭なチームということです。なんか特別感というか、選ばれた感みたいなのが勝手に芽生えたりします。特殊な任務を負っているかのような、自意識過剰になっちゃう人もいるでしょう。

昔みたいに、ガチンコでコプロして、取ったとか取られたとか、ひっくり返されたとか、卸の勢力図がどうとかいうのは、もうないのです。昔のリストラゼネカとシオノギみたいなのは、もうありません。外資の新卒のイケイケお姉ちゃんMR vs 国内企業のおっさんによる、なんとかスタチンの奪い合いとか、もう無いですよね。それに今は、国内企業の方が、新卒女性なども多いですし、平和で雰囲気も明るいかもしれないですね。 外資のおっさんは、いつもカネカネ カネカネ言ってそうで、嫌気差されたりするかもですよね。

若い方々は、実際おっさんの話なんて興味もないけど、可哀想だから、スマイルで聞いてあげているだけなのです。

まあ、話はそれましたけど、結構前からですけど、コプロの形って、開発元には、営業部隊が居ない可能性が結構あるし、今後そういうスタイルは、前にも増して増加するかもしれないですよね。

開発元企業には、その薬担当のMRは居ないけど、MSLやマーケや、KAM、ストラテジーのような人々は居たりするパターンです。

そのストラテジーですけど、よくわからんですけど、もしかしたら、今後中堅狙いもありかもしれないですね。例えば、モデルナがワクチンを武田と組みましたが、武田のような大手は、自社製品で忙しそうな感じがして、あまり注力してくれないかも? みたいに思っちゃったりするのでは無いでしょうか。

そこで、MSDの期待のモルヌピラビルですが、なんとキョーリンとコプロですよね。キョーリンにとっては、なかなか新薬も乏しかった中で、極めて話題性のある製品を販売することになって、注目ですよね。株価にも影響するのでは無いでしょうか。キョーリンは昔、神田の猿楽町というところにありまして、お茶の水駅から近い場所ですが、今でも多分あるでしょうけど、個人的に中学、高校、大学とそのあたりをウロウロしていたので、馴染み深いです。オフィス街に突然、キョーリン製薬って、看板が出ているのです。自社ビルなのでしょうか?

また、MSDにとっても、例えば自前で営業部隊を作って、その部署を運営して、足りない人員はCMRを採用する、、、みたいなやり方だと、そもそもCMRにはスキルや経験のバラつきがありますし、なおかつ、コロナとか、終わりそうですし、季節性の製品の可能性もあるので、できれば外に出したい。。みたいな戦略があったのかと想像します。違うかもですけど。

そこに行くと、キョーリンのような国内中堅は、歴史もあればスキルもあるし、また、コロナの飲み薬とか、話題性もありますし、注目されて、なんとなく一生懸命やってくれそうな期待値が高まったりするのでは無いでしょうか。少なくとも、武田とかアステラス、第一三共みたいな国内大手よりは、一生懸命にやってくれそうな気がしたりするのです。

今後、このような、国内中堅を狙ったコプロはトレンドになるかもしれないですね。まさにトレンドルリナ。

ところで、そんな中で、ワクチンでは大手の武田と組んだモデルナですが、実は日本で治験している薬ですけど、今後もしそれが世の中に出てきたら、モデルナはどうするんだろう? と、勝手な思いを巡らせております。

例えば、日本でも治験をやってるだろうと、思われるモデルナの製品はどうなるのだろうな?? と、思います。2品ともあと2年くらいで世の中に出てくるのでは? と思います。

mRNA4157 ペムブロリズマブ 黒色種 MSD

AZD8601 (一般名わかりません)心血管疾患 AZ

この製品に関しても、個人的には、国内中堅と組んだ方が良いのではと思ってしまいます。ただ、オンコロジーとかになると、どうしても元々経験している企業の方が良いでしょうか。それとも、モデルナが、自前で営業部隊を作るでしょうか。

モデルナは日本法人もありますし、もしMRを採用するなら、そしてもし上記の製品を展開するなら、少なくとも200人くらいのMRは必要ですよね。もっとでしょうか? そうなったら、採用は大変になりそうですよね。リクルーターとしては、良い話だと思います。

+_+_+_+_+_

飲み薬も出るし、シオノギミュージックフェアは面白そう。観ようかな。

♪ 歌おう 踊ろう 今夜はぁ 夢ぇのー ラララ ミュージーックフェア〜

とうとう、塩野義製薬から、今度は、今度こそは本当にコロナの飲み薬が出るっぽいですね!!

本当に期待したいです。

僕の親の世代は、国産の薬と聞いただけで、安心するかと思います。

今まで、治験中もずっとニュースになったりしましたけど、株価操作などと言われたりすることもあって、色々大変だったと思います。そんな中で、しれーっと MSDが承認され、ファイザーも普通に承認されそうな感じですよね。塩野義製薬から出れば、安心する人も多いのです。期待できます。

晴れて、承認されれば、シオノギミュージックフェアの視聴率も上がるでしょうか? 12日はアルフィーと鈴木雅之が共演ということで、普通に面白そうなので、見ようかな。

株価はどうなるのでしょうか? 元々日本の製薬って値嵩株なので、昔から株やっている人たちの世界かもしれませんね。若い人は、株よりも仮想通貨ですね。仮想通貨といえば、僕も海外で入れる取引所の会員になりました。少し手数料が高いけど、登録が簡単な方を選びました。

今日はこの複合施設で仕事しています。

Wi-Fiフリーのフリースペース。電源もあります。

先日、そういえば、甘利明氏に、塩野義が治験の途中経過というか、結果みたいなのを報告していましたよね。

まあ、ロビイ活動かもしれないです。ロビイ活動もそれはそれで、無い方が良いかと思います。

もし、ロビイ活動でであれば、甘利さんは、言っちゃダメですよね。

言っちゃったんですよね。世界に向けて。

しかも、言葉遣いが、

「副作用は既存薬より極めて少なく、効果は他を圧しています。。。」

これって、多分、塩野義のロビイ担当者が、甘利明氏に分かりやすく説明するために、そういう言葉を使ったのかと思います。そして甘利さんが、そのままそれをTweetした。。。そんなところかと、思っています。

「極めて」とか、「圧している」などの表現そのものは、とてもアンプロフェッショナルですよね。

ロビイ活動しなくても、治験の結果が避ければ承認されますので、これで選択肢が増えれば良いということになりますよね。

ロビイ活動は必要か?

誰も大っぴらには言えませんが、必要というか、存在しているのだと思います。

必要か? と問われれば、不正はあってはならないですけど、合法的なロビー活動は、企業としては必要です。例えば、寄付や講演会など、世の中の役に立つようなアクションをして、なおかつ、国や役所などのパブリックセクターを巻き込んで、製品や企業プレステージを植え付けていくということは、必要なのです。

アメリカは、それうまいです。日本は、そもそも、その役割をしている人が製薬会社に居るでしょうか? 実は、居るのです。私のお世話になった方も、ロビーイストとして活躍しています。この仕事は、外資よりも国内企業に多いですよね。例えば、シオノギもまさに、国内企業ですし。

アメリカですけど、1999年から2018年まで、選挙献金とロビー活動に関する公開データを分析したこの観察研究が存在します。

An external file that holds a picture, illustration, etc.
Object name is jamainternmed-180-688-g001.jpg
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7054854/

このスタディによると、

1999年から2018年まで、全産業にわたり、米国では合計643億ドルが議会や連邦政府機関へのロビー活動に費やされました。

この間、医薬品・健康食品産業が全産業の中で最も高い支出を記録し(47億ドル[7.3%])、次いで保険産業(32億ドル[5.0%])、電気事業産業(28億ドル[4.4%])、電子製造・設備産業(26億ドル[4.0%])の順となりました。

保健分野では、ロビー活動費の総額は97億ドルであった。医薬品・健康機器産業による支出のほか、病院・老人ホーム(19億ドル)、医療従事者(17億ドル)、医療サービス・健康維持団体(13億ドル)、その他健康団体(1億3900万ドル)が記録しています。

医薬品・健康食品業界の連邦ロビー活動への支出は、年平均で2億3300万ドルでした。1999年から2009年にかけて、年間支出は増加し、その後、一時的に減少し、再び増加した(図1)。支出額のピークは、「患者保護・医療費負担軽減法」が成立する前年の2009年で、3億1800万ドルでした。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7054854/

さらにさらに、なんと企業名別のデータがありました!

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7054854/table/ioi200006t1/?report=objectonly

Top 20 Lobbying Spenders and Campaign Contributors in the Pharmaceutical and Health Product Industry at the Federal Level, 1999-2018a

RankOrganizationbExpenditures, $ in millions
Lobbying spenders
1Pharmaceutical Research and Manufacturers of America422.3
2Pfizer219.2
3Amgen192.7
4Eli Lilly and Company166.2
5Biotechnology Innovation Organization (BIO)c153.4
6Merck143.0
7Roche Holdingsc135.9
8Novartis130.2
9Johnson & Johnson129.9
10Sanofic116.7
11Bayer111.0
12GlaxoSmithKline110.8
13Bristol-Myers Squibb101.6
14Abbott Laboratories96.6
15Advanced Medical Technology Association79.4
16Seniors Coalition65.3

日本で新薬として売っている薬って、こうやって誕生しているのですね。ロビイ活動が、これだけ存在するなら、国内製薬企業が、日本の政治家に会うことくらい、当然のことなのです、ただ、なんか、FDAへの申請に比べれば、なんというか、小さいですよね。

ともあれ、日本国民にとって、コロナの選択肢が増えるのは良いことなのです。

そして、晴れて申請されれば、ここ数年、出る出る言われていた塩野義から、やっと出るのです。俺たちの塩野義製薬。昔は渋谷にあった塩野義。


そしてシオノギミュージックフェアを観ます。



* * *