Jnana なんて読むの?

多分ですけど、答えは「ニャーナ」

どうやらサンスクリット語が語源らしいです。

Jnana Theraputic Inc はボストンにある、創薬を主体としたバイオ企業です。希少疾病、PKU、免疫、オンコロジーの開発をメインにしています。すでに、アッヴィ、ファイザーから投資を受けていて、今回、ロッシュとの提携がニュースになりました。

今回、ロッシュはJnanaのパイプラインについて40万ドルの提携をしたのです。えっと、40億円ですか。。なんか、まだ世の中に出ていない薬の奪い合いですよね。しかも薬になるかどうかもわからないのに、40億円も出すんですね。さすがです。

ああ、日本にも、こんな会社、無いんですかね? 期待された再生医療とかは、今どうなってるんでしょうか? なんか、ワクチンの工場とか作ってる場合じゃ無いですよね。

Jnanaはサンスクリットではジュニャーナ、バーリ語ではニャーナだそうです。仏教用語っぽいです。

パーリ語 ñāṇa
サンスクリット語 jñāna
中国語 智, 若那
日本語 智
(ローマ字: chi)
英語 knowledge

なんか、高尚な会社名ですよね。本当にボストンの会社なんでしょうか? この会社のロゴまーくも何やらサンスクリットの綴りを思わせるようなフォントです。

サンスクリットは、結構タイ人の名前とか、タイの王様の名前とかも由来していたりするのです。なので、タイに住んでいると少し身近です。仏教で言えば、日本は大乗仏教でしょうけど、タイは上座部仏教です。まあ、とはいえ、出どころはサンスクリットなので、タイの名前にもあるのかと思います。

地名にもあります。例えば、スリランカという国のスリは、崇高なという意味です。このスリは、例えばタイの多様のシーなかりんのシーは、実はスリなので、スリランカのスリです。シーラチャーというパタヤの手前の日本人の多い街も、綴りをよく見るとスリラチャなので、崇高な土地という意味になります。อำเภอศรีราชา 日本語だとシーラチャーですけど、英語の綴りはサンスクリットをリスペクトして Srirachaというふうに、Sriになるわけです。シラチャーソースのシラチャーです。

そんな話は、どうでも良いですよね。

ニャーナは、悟りだそうです。

この会社は、多分、悟っているのかと思います。

悟っている人々は誰なのでしょうか? もしかして、創業者が仏教徒? さあどうなんでしょうか? それは分かりません。

ジュニャーナ(梵: jñāna、若那、智)とは、サンスクリットで物事を分別する知恵・知識のこと。パーリ語では、ニャーナ(巴: ñāna)と言う。

バラモン教の伝統では、ウパニシャッドに記されているように、自身の中のアートマン(真我)を探求・分析することで、梵我一如の境地に到達する知恵「アートマ・ジュニャーナ」(Atma jnana)の獲得が目指されてきた。

ジャイナ教では、目指される最高の知識のことを「ケーヴァラ・ジュニャーナ」(Kevala Jñāna)、すなわち「「完全者」(ケーヴァリン)の知恵」と呼ぶ。

大乗仏教においては、般若経や龍樹・中観派によって、この分別的な「智」である「ジュニャーナ」(若那)を超えた、究極的な無分別の「慧」としての「プラジュニャー」(般若)が、釈迦の悟りの境地として賞揚された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A

Jnana Therapeutics について
Jnana Therapeuticsは、次世代ケモプロテオミクスRAPIDプラットフォームを活用し、有効性が高く、アンメットニーズの高い疾患に対する薬剤を発見する、臨床段階のバイオテクノロジー企業です。Jnana社は、希少疾患、免疫疾患、癌を含む幅広い疾患を治療するためのファーストインクラスおよびベストインクラスの治療薬の開発に重点を置いています。Jnana社が100%保有するリードプログラムは、希少な遺伝的代謝疾患であるフェニルケトン尿症(PKU)の治療薬として、フェニルアラニン輸送体SLC6A19のアロステリック部位を標的としたファーストインクラスの経口投与の可能性を持つもので、Jnana社は、このような治療薬の開発に取り組んでいます。ボストンに拠点を置くJnana社は、低分子医薬品の創製と開発における科学的リーダー、経験豊富な経営陣、そしてライフサイエンス分野の主要投資家であるBain Capital Life Sciences、RA Capital Management、Polaris Partners、Versant Ventures、Avalon Ventures、Pfizer VenturesおよびAbbVie Venturesの支援を得て、設立された会社です。詳細については、www.jnanatx.com、TwitterとLinkedInでフォローしてください。

https://www.linkedin.com/company/jnana-therapeutics/

ケモプロテオミクス

Jnanaのポイントは、なんと言っても、ケモプロテオミクスです。意味がわかりません。まるで恐竜の名前のようです。トリケラトプスなら知っています。

ところが、知らないのは僕だけで、結構有名な概念のようです。色々と、こういうところでやっているようです。https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2022/pr20220517/pr20220517.html

分析、解析する技術のようです。読んでもわかりません。お疲れ様です。

ケモプロテオミクス

化合物と蛋白質の相互作用を解析する技術。プロテオミクスは、質量分析計などを利用し、網羅的に蛋白質の存在量を測定する技術だが、従来のプロテオミクスでは、蛋白質が持つ活性については解析できなかった。ケモプロテオミクスは、化合物と蛋白質との相互作用を手掛かりとして、蛋白質の生物活性を解析することができる。同技術を用いることで、フェノタイプスクリーニングでヒットした化合物の標的となる蛋白質を解析することもできる。

 ケモプロテオミクスの1つが、活性ベース蛋白質プロファイリング(Activity-Based Protein Profiling:ABPP)プローブを利用する手法だ。ABPPプローブは、生物活性を阻害することが分かっている化合物と、蛍光物質などのプローブをリンカーでつなげたプローブ。解析したいサンプル中にABPPプローブを添加すると、活性を持つ蛋白質にだけABPPプローブが結合するため、その蛍光量を検出することで、活性を持つ蛋白質を解析できる。

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/011900001/18/07/05/00188/

なんというか、悟りを開いたかのようなバイオ企業が、ボストンにあるという話で、そこのパイプラインが高額でアッヴィ、ファイザー、そしてロッシュに買われているという話です。そのバイオ企業のポイントはケモプロテオミクスです。

患者さんにとっては新しい選択肢ができつつあるのは良いことです。ただ、日本の会社も頑張ってほしいです。

Jnanaはボストンのシーポートというエリアにあります。なんていうか、近くまでは行ったことあるのですが、用がないと行かないエリアです。そもそも、ボストンってあんまり良い感じがしないんですよね。それは個人的な問題ですけど。ただ、この海岸沿いに行けば、ケープコッドがあって、そこにはよくNYから船で行きました。なぜかといえば、Striped bassという、日本でいえばスズキみたいな魚がよく釣れるのです。ストライプ°ドバスを狙う人々をストライパーと言いました。そのストライパー向けの雑誌がありまして、20年前にケープコッドで釣ったバスのフォトを送ったら乗せてくれました。笑 なんか、寒いし、ホテルも高いし、クラムチャウダーとかロブスターは美味いかもだけど、自分には合いませんでした。ハーバード大学も見学したりしましたし、バークレー音楽院もチラッと行ったりしましたかね。。

というのも、なぜかこの悟りとか、叡智とかいうJnanaって、どっちかいえば東海岸の雰囲気かと思ったから、こんなことを言ってみました。バイオ企業といえば、今、カリフォルニアとか、あるいは東でもフロリダとかに多いかと思ったりしているのですが、この、いかにも深い雰囲気が、東というか、ニューイングランド地方の人々に合っているような気がするのです。ていうのも、会社のフォントをサンスクリットっぽくする時点で、思慮深い人々が中にいるんだろうなあ、と思ってしまいます。個人の感想ですよね? 笑

再就職支援で知っておいた方が良いこと

◇  ◇

再就職支援についての勘違いが多すぎます。

会社にとっては義務ですが、辞める従業員にとって受けることは自由です。

なぜこの勘違いが発生するかといえば、従業員がそんな仕組みを全く知らないからだと思います。早期退職を発令、手を挙げる。。

「なんか、会社に業者が入ってるから、とりあえず、説明聞くわ。」

もうその会社を辞めるのに、会社人間が発動してしまっている例です。

いろいろなケースはあれど、従業員は会社が用意した業者の支援を受けることは、自由です。言い方を変えれば、受けなくても良いのです。

なぜ、従業員のクビを切る企業側が支援をするのか? 一見、親切に見えます。確かに、実際に親切心もあるでしょう。

ところが、それは、会社側がある法律を満たすためなのです。

その法律とは【労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律】のことです。

◇  ◇

よく、早期退職などの発表で、「従業員には誠心誠意のサポートをします。」みたいなプレスリリースがありますが、もし、僕みたいな捻くれた人間が解釈すれば、法律を満たしたいだけなのに、それを「誠心誠意のサポート」と、都合よくトランスフォームして、なんか良い人ぶるなよ。と、思ってしまいます。

従業員がこんな法律どうせ知らないだろうと、鷹を括って、あたかも会社側が積極的に、親身になって支援するみたいな態度をとっているのでは? つまり、無知な従業員をバカにしている。みたいに思ってしまうことも可能です。

それはアメリカから始まった

◇  ◇
再就職支援という制度そのものは、アメリカが発祥です。チャレンジャーグレイというアメリカの弁護士さんが始めたのです。

これはもちろん、純粋な支援の目的で、そういう崇高なミッションの下に始まったものです。もちろん、法律なんかありませんでした。

◇  ◇
1962年に、世界初の再就職支援事業を始めた会社は、Challenger, Gray & Christmas, Inc. なのです。

この会社、日本法人もかつて、ありました。チャレンジャーグレイクリスマス株式会社。ここの方とはよく連携した覚えがあります。とても良い人達でした。

この再就職支援はアメリカでも一般的になりました。また、よくアメリカで雇用統計などが発表されると、その失業率云々のトレンドなどについて、よくCNNとかで、チャレンジャーグレイクリスマスの役員とかが出てきて解説したりしました。
本当に、必ず出てきました。

その後、アメリカを中心にこの再就職支援、アウトプレースメントと言いますが、そのビジネスに参入する企業も相次ぎました。

例えば、今はManPowerGroupに買収されましたが、かつてのRight Managementなどです。

日本では

◇  ◇
さて、再就職支援、outplacementという概念がアメリカから始まったことはお分かりいただけたかと思いますが、日本ではどんな広がりを見せているのでしょうか。

かつて、チャレンジャーグレイクリスマスの日本法人もありましたがおそらく撤退しております。また、ライトマネジメントはマンパワージャパンとして存続しております。

チャレンジャーグレイクリスマスは、とても良い会社です。

その後、主に人材系の企業が、再就職支援部門を立ち上げました。なぜかといえば、分かりませんが、きっと儲かるから、あるいは儲かると思っているから、だと思います。

人材系の企業とは、人材派遣業、人材紹介業がメインです。殊更、outplacementの事業部を広げているのは、大手が多いです。

マンパワー、アデコ(リー・ヘクト・ハリソン)、リクルート、パソナなどなどです。

僕が今まで在籍したような、いわゆるブティックファームには、そういうサービスはありません。

そして、日本での再就職支援の内容は、こんな感じになっています。

  • 早期退職が発令された時の全体の面談を丸々請け負う。
  • 会社側がスケジュールするので、みんなとりあえず出ます。本当は出なくても良いのですが、みんな前述してきた内容なんて知らないので、まるで仕事のミーティングにでも出るかのように出ます。業者も、そんな雰囲気を作ります。
  • 個別の面談
  • 履歴書、職務経歴書の書き方
  • 面接の受け方
  • マインドセット
  • 落ち込んでいる方へのケア
  • 会社に恨みを持っている人へのケア

上記が、大体の日本での再就職支援業者のやることです。

「再就職支援」という業務においては、これで完結するのです。これで、もう、企業側からサービス料をもらっているのです。

ですので、所謂、次の仕事や就職先を見つけてくれる「エージェント」ではないのです。

もちろん、転職先を見つけるという名目で入ります。ですので、転職先を紹介したりはします。中には、次が見つかるまでサポートするというサービスもあります。

次を見つける気がないかもしれない支援業者

次が見つからなくても「支援」をすれば、フィーは発生するのです。契約によって、次が見つかるまでサポートと言っても、実際に見つかればフィーが多めになり、見つからなければゼロにはならないので、そこまで必死に見つける必要がないのです。それが支援業務です。

そこで、純粋な支援業務であれば、例えば、エージェント各社にヘルプを求めたりするのです。これが、前述した、僕も提携したことがある。という意味です。つまり、アウトプレースメントの企業が、相談を受けている人々にポジションがないか、エージェントに助けを求めるということです。

なぜ、外部のエージェントに助けを求めるのか? 理由は、もうフィーが発生していて、必ずしも自分達で次の就職先を見つけて上げなくても良いからです。

再就職支援業務(アウトプレースメント)は、成果報酬ではないのです。

プロセス報酬なので、サポートをすることによって、結果はどうあれ、絶対に報酬がもらえる仕組みなのです。ですので、その人の次が見つかる、見つからないは、実際そこまでのモチベーションがないのです。

一方で、転職エージェントは成果報酬ですので、その人の次を見つけることには必死になります。逆にいえば、見込みがなさそうな人には手薄になる可能性もありますけど。。。

人材ビジネスの多角化で、囲い込み


最近というか、数年前から、人材ビジネスも多角化する企業が増えています。特に大手です。

例えば、人材紹介、人材派遣、そして再就職支援の部署もあるような企業です。

こういう企業は、部門は違うけど、例えば再就職支援に来た人を紹介部門に流したりもしているのでは?と思います。

こうなると、流れるプールみたいになります。

人材ビジネスなんて知ったこっちゃないリストラされる従業員
→ 会社の言われるがままに会社に常駐している支援業者の支援を受ける 
→ そのまま言われるがままに紹介部門に流される 
→ 紹介を受ける

こうなると、外部のエージェントがコンタクトしても、その人はすでに、支援業者の紹介部門から各企業に応募済みだったりするのです。

それで次が決まれば、ハッピーですけど、もしかしたら別のエージェントにしておいた方がよかった。という事も十分に考えられます。

よくよく考えれば、

そもそも、会社が用意した支援業者の支援なんて、受けなくてもよかったのかもしれない、、

と思い始めたりします。

なぜかといえば、支援業者の会う人会う人、全て単なる担当者で、担当業務をこなしているだけで、そんな人がエージェントとして力があるなんて、とても思えないからです。

でも、それに気づいた後で、評判の良いエージェントにコンタクトしても、すでに各社に応募してNG済みだったりすると、もう応募はできません。もしかしたら、評判の良いエージェントに最初からコンタクトしていれば、NGの企業からもオファーが出ていたかもしれません。

今日の夜10時にスペースやります。

お暇なら、来てよね