CSOを受けたAさんとBさん。

2年前くらいの話を持ってきます。今今のやつは、リアルすぎて、身バレの恐れがあると迷惑がかかるので、数年前のことを紹介します。

AさんとBさんの話です。他にも、Cさん、Dさん、Eさんと考えると、ほぼアルファベットを何周もすることになります。それだけ、一人一人物語があります。

Aさんは外資系の製薬企業でオンコロジーの支店長を勤めた後に、早期退職しました。友人に紹介されたということで、僕と面談しました。コントラクトMRの案件を紹介しましたが、30年以上MRをやってきたので、何か他の事がやりたい、という事で、CSOは考えていないとのことで、その時は紹介までは至りませんでした。その後医療機器のマーケティングなどを受けたそうですが、英語力と年齢と経験が無いということで落ちたそうです。しかも複数。 その後しばらく、半年以上連絡もなく、僕も忘れかけた頃に連絡があり、コントラクトMRを受けたいということでした。聞くと、CSOも数社受けましたが、希望の勤務地が無くて落ちたとのことでした。まだ受けていないCSOがあったので、そこに紹介して、タイミングよく希望の勤務地があり、受かりました。CSO全部受けてなくてよかったと思います。

Bさんは同じく外資系製薬企業のオンコロジーのマネージャーです。52歳。以前からお世話になっている、30歳代のMRから、「早期退職するみたいだけど、苦労してそうな先輩が居る」というので、連絡をとりました。聞いていた電話番号に電話をかけて、初めて電話をしていることや、自分が人材紹介業で働いていること、連絡をした経緯などを説明しましたが、イマイチ理解できないらしく、「誰ですか?」「なぜですか?」という質問の繰り返し。こちらも根気よく電話をかけた経緯や、ある人から紹介を受けたことや、僕が14年この仕事をしていて、このように連絡をすることは、よくあることということを説明しましたが、そのうちに怒り出しましたので、話を続けられませんでした。聞くところによると、1度も転職をした事がなかったとのことです。怒っている中で、「自分はオンコロジーのマネージャーで、各メーカーに知り合いがいるから、その人たちに頼んでいる。だからエージェントは要らないし、CSOは全く考えていない」という事でした。まあ、僕も世代も近いですし、長年やってますから、何かありましたら連絡をください。という事で、その場は終わりました。その後、また、半年以上たち、同じように忘れかけた頃にこの方から連絡がありました。僕もほとんど忘れていましたが、かすかに覚えていました。聞くと、色々メーカーはダメだったので、CSOを受けることにしたの事です。ところが、初めて話したという大手エージェントの担当者が、製薬業界のことも知らなくて話にならないとの事でした。エージェントの若い人に怒っても仕方ないですよと諭して、状況を聞くと、ほぼ全てのCSOにエントリー済みでした。エントリーしたものの、やりとりが気に入らなくて辞退したり、面接で落ちたりしたとのことでした。僕から再度エントリーできないかと聞かれま下が、直近で落ちているなら、受けられませんと言いました。だから、初めから僕に相談してくれればよかったのにと、思いました。

パンデミックでブラックフライデーはどうなるの?

年末年始がやってきます。2020年は誰もが経験したことのない、特殊な年になりました。いや、「なりました」ではなく、いまだにそれは続いているどころか、まだまだピークがこの先にあるのかもしれない、それすらわかりません。

これからの季節、もっとも活況になるはずの小売業界にとっては最も深刻な年末を迎えそうです。

ただでさえ消費者の購買意欲も、購買力も下がっている中、どのような取り組みをすれば良いのでしょうか。取り組みどころか、普通に売れてくれればラッキーという声さえ聞こえてきます。

日本人にはあまり関係ありませんが、11月11日は「独身の日」と言いまして、中国ではオンラインショッピングを中心にこの日に売りが殺到します。

アリババでは前日の11月10日の夜からイベントなどを開催して、11月11日のセールが始まると売り上げがものすごく殺到するのです。

ウェブサイト、Statista によると、

中国で今年のアリババの独身の日(11月11日)の売り上げは、741億アメリカドルで、去年の384億ドルの倍近くの売り上げを出しております。

Covid-19の中で、これだけの売り上げを出すのはすごいとしか言いようがありません。

それか、Covid-19でオンラインショッピングが逆に追い風になったのでしょうか?

購買欲も落ちて、「独身の日」も売り上げが下がるかと思っていたので、意外でした。中国のパワーはすごいですね。

中国人のパワーなのか、

それともアリババがアグレッシブに戦略を立てた成果なのか? 

CNN香港のニュース によると、

市場調査会社フォレスターのアナリストであるシャオフェン・ワン氏は、「中国経済は力強い回復を見せており、中国の消費者の購買行動はすでにパンデミック前のレベルに戻っています(高くはないにせよ)」と述べています。中国は先月、第2四半期連続でプラスの経済成長を報告し、世界第2位の経済がパンデミックからいかに早く回復したかを強調しています。数ヶ月に及ぶ閉店からの回復に奔走するブランドや小売業者や消費者にとって、収益性の高い中国人の買い物客は、大いに必要とされる明るいスポットとなっています。ワン氏によると、多くの企業がシングルズデーのセールイベントを「倍増」させているという。

とのことで、中国はすごいです。日本は、負けちゃいますよね。このパワーには。

さて、独身の日でアジアの大国である中国が去年の倍増の売り上げを示したということですが、

アメリカにはいよいよ、クリスマス前のブラックフライデーがやってきます。

ブラックフライデー
2020年11月27日金曜日
ブラックフライデーとは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日のことである。小売店などで大規模な安売りが実施される。 アメリカ合衆国では感謝祭の翌日は正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。 ウィキペディア

ホリデーシーズン前のショッピングが最も集中する日です。今年は、11月27日(金曜日)になります。

今年のアメリカの小売業界の戦略はどうなるのでしょうか。なんとなくですけど、中国の独身の日ほど成功しないような気がしてなりません。

レイオフが度重なり、雇用そのものが心配、購買欲も落ちているでしょう。それ以前に購買力が低下しているかと思います。

11月26日のサンクスギビングのターキーの売り上げを見れば少しは予想がつくかもしれませんが。

アマゾンはどのような戦略をしているのでしょうか?

パンデミックが抑えられていないので、やはり、オンラインがメインになりそうな気もします。

オンラインに頼るしかない事情もあります。いや、オンラインでも追いつかないくらいの深刻な事態に陥っているかもしれません。

アメリカの小売業界は、パンデミックのせいで、オワコンです。

JCペニーズとシアーズはファンドに買われていますし、メイシーズは店舗閉鎖、バーニーズニューヨークは破産です。

クリスマスショッピングどころか、全米にものすごいレイオフの嵐が吹き荒れているのです。

こんなクリスマスは、今まで経験もしたことはないと思います。

小売業界が売り上げを伸ばすどころか、業界が生き残るだけで必死です。この落ち込みは、オンラインだけでは解決できないレベルかと思います。

アメリカの小売業界の戦略は、どうすれば良いのでしょうか。今年のブラックフライデーは、一体どうなってしまうのでしょうか。

そしてクリスマスは?

エビデンスがあるかわかりませんが、武漢から始まったとされるCoVid-19で、中国は素早い回復を見せました。それも本当なのかわかりませんが、少なくとも独身の日は去年のダブルスコアの売り上げです。これは事実です。

その中国から始まったパンデミックで、今年のアメリカのダメージは、数字にすればこの世のものとは思えない、天文学的なものになりそうです。

アマゾンは、ブラックフライデーにどのような戦略をするのか、もう為す術もないのか? 色々とググると、アマゾンのセールなどが出てきますけど、なんとなくパッとしません。

中国はダブルスコアですよ!!

今年のアメリカのブラックフライデーは、どうなるのでしょうか?????

【薬剤師またはMR資格のある方 募集】年齢不問【都心のオフィス】

業務内容:医薬品に関する、医療機関や一般の方からの問い合わせ対応

就業場所:都心の製薬会社オフィス 在宅あり

給与: 時給制になります。計算すると、月々30万円くらいになります。

(今回、明らかになり、30万円ということで変更します。)

就業開始時期:早めです。 例えば11月終わりころから

就業期間:8ヶ月くらいです

早期退職した方、離職中の方、子育てが終わった方、などなどに最適です。

詳細、お問い合わせくださいませ。

アストラゼネカのワクチンに期待してしまいます

現在新型コロナワクチンの治験で進んでいるのは、やっぱりアストラゼネカとオックスフォード大学がやっている治験ですよね。

とにかく、ワクチンが早く出ないと、経済がやばいです。

企業はリストラ、赤字決算の嵐です。

三菱重工も、国産旅客ジェット機の開発を辞めちゃうみたいですし。

ワクチン出てくれば、まあ、少しは安心できます。アストラゼネカに期待してしまいます。それにしてもこのパスカル・ソリオの写真ジャック・マーみたいに見える。。

アストラゼネカに関しては、このブログでも過去に色々取り上げてきました。

ワクチンは、各社開発しておりますが、アストラゼネカとオックスフォード大学の候補がリードしております。

ていうか、P-3までいっているのは、10月19日時点で、WHOによると下記の治験のようです。

SinovacInactivatedInactivated
Wuhan Institute of Biological Products/SinopharmInactivatedInactivated
Beijing Institute of Biological Products/SinopharmInactivatedInactivated
University of Oxford/AstraZenecaNon-Replicating Viral VectorChAdOx1-S
CanSino Biological Inc./Beijing Institute of BiotechnologyNon-Replicating Viral VectorAdenovirus Type 5 Vector
Gamaleya Research InstituteNon-Replicating Viral VectorAdeno-based (rAd26-S+rAd5-S)
Janssen Pharmaceutical CompaniesNon-Replicating Viral VectorAd26COVS1
10月19日時点での、治験のドラフトは、このWHOのページからダウンロード可能です。
https://www.who.int/publications/m/item/draft-landscape-of-covid-19-candidate-vaccines

ちょっと、中国のも入っていますし。それがどうという訳ではないのですが。

やっぱり、アストラゼネカに期待してしまいますよね。

【続報】PMS / MRの感じのポジション

このポジションの採用担当者に聞いたら、急ぎであることがわかりました。

ほぼほぼ、東京のオフィスでやる仕事らしいです。

数ヶ月からのコントラクトですが、その後、その会社の別の仕事をしていただく検討も可能となっているということです。

MRで離職中の方、お友達もいらっしゃいましたら教えてください。

コントラクト会社での募集です。

60歳前後でも大丈夫です。

時給制です。働き方も変わりました。計算すると、月々40万円くらいにはなるかと思います。

数ヶ月からのコントラクトになります。

現状離職中の方でもご相談ください。

ご相談はこちらから

【募集】PMS / MRの感じのポジション

コントラクト会社での募集です。

60歳前後でも大丈夫です。

時給制です。働き方も変わりました。計算すると、月々40万円くらいにはなるかと思います。

数ヶ月からのコントラクトになります。

現状離職中の方でもご相談ください。

ご相談はこちらから

【募集】リモートコミュニケーター @外資系製薬企業

外資系製薬企業での、直接採用正社員です。

おそらく、グローバルでこのようなポジションが発生したので、日本でも正社員でポジションを作ることになったのかと思います。

CSOなどで、薬剤師資格のリモートDI業務などのポジションがありますが、あのイメージかと思います。お問い合わせいただければ、詳細をお伝えいたします。

◆Must◆

薬剤師資格必須
製薬会社でのWebベースでのコマーシャル経験
コマーシャル関連組織での経験が3年以上

◆Nice to have◆

MR経験
組織横断的なプロジェクトマネジメントの経験
デジタルツールを利用したwebなどの企画、立案の経験。(Eディテールなど)
英語力

◆学歴◆

B.A. PhD尚可

こちらより、お問い合わせくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

https://kenyamazaki.com/application/

Do you know your life’s purpose?

何か突然哲学的なメッセージです。これは、マッキンゼーのウェブサイトに載っているのです。しかし、こう言う哲学的な言葉って、日本人からすると、ドキっとしますよね。

あなたはあなたの人生の目的を知っていますか?

こう言うことって、内に秘めているものじゃないですか? 日本人的には。まあ、みんなそれぞれ個人的にこう言うことを考えてはいると思いますけど、おおっぴらに議論とかなかなかしないですよね。

でも、企業がこう言うことを言うって、ちょっと、関係ないかもしれませんが、DiorのCMを思い出しました。ナタリー・ポートマンが出ているやつです。

AND YOU, WHAT WOULD YOU DO FOR LOVE?

なんか、似てる感じがします。突然、愛についてですから。これって、もしかしてマッキンゼーが手がけていたりして???

これって、2017年だそうですから、もう3年も経つんですか???
時が経つのが早すぎます。

さて、マッキンゼーのやつに戻りますけど、マッキンゼーによると、人生の目的は、9つの普遍的な価値観にマッピングする事ができるそうです。

ほんまかいな?

マッキンゼーのウェブより

でも、見てるとなんとなく納得してしまうと思います。9つの価値観は、このスクショのように並んでいます。

それは4つの辺があって、それぞえ、AGENCY、SELF、INTEGRATION、OTHERSになっていて、それ添えに近い価値観が3つづつ並んでいるのです。角の価値観は、その二つの方向にまたがると言う感じかと思います。

そして、どの辺にも一定の距離があるのが、RESPECTと言う価値観になるわけです。

あー、これなんだか面白いですね。実際のウェブでは、その9つの価値観をクリックすると、それぞれの説明とかが出てきます。

凝っていますよね。これ、作るの大変じゃないんですかね? マッキンゼーなら大丈夫なのでしょうか。

しかも、これって、ただなんていうか、そんなにみんながアクセスしないかもですよね。膨大なコンテンツに埋もれてしまう可能性もあるのに、シレーッと、こんな手が込んだウェブが作られています。さすがです。

僕の場合は、この9つの価値観に当てはめると、どうやらSELFというのが一番しっくりきてしまいます。

SELFは、

Achievement / Freedom / Enjoyment

という事です。達成したいこともあるけど、そこは自由に努力して、喜びを感じたいみたいな。

あってますかね?

いかにもバブリー社員ですね。

Do you know your life’s purposeも、What would you do for your loveも、日本人的には、常日頃、日常的になかなか口にしない内容だと思います。

ですよよね!!!

話していて、いきなり、

「ねえ、人生の目的知ってる?」

とか、

「愛のために何をする?」

とか、

そんな話題を切り出したら、ちょっと、アホというか、

「ちょ、何言ってんのかわかんない。。」

みたいな扱いになってしまいますよね。これは良いことなんでしょうか、それとも良くないことなんでしょうか。

僕はどちらか選べ、というなら、あまり良くないことだと思います。この、真面目な話を冷やかすようなこの、文化的な傾向がです。

なぜなら、結構、アメリカ人に限らず、グローバルでは、こういうテーマを突然友達同士て話したりすることって、結構あります。

良く、

Life is short!!!!

って、グローバルでは、みんな言うんですよ。アメリカ人も、中国人も、シンガポール人もインドネシア人もタイ人も言いますね。

こう言うことを言って、小っ恥ずかしくなるのは、日本社会だけのような気がします。

それにしても、人生目的って、何だろうな???

愛のためにすることって、何だろうな????

常日頃、そんなこと考えていないのです。日本人ですから。

これを機に、もっと考えよう。

外資製薬企業 免疫2ポジション

外資系製薬企業の描き領域で、

・乾癬領域

・リウマチ領域

Immunology Solution Managerを探しております。KOL対策や、マーケティングをするポジションです。

詳細ご案内しますので、ご連絡くださいませ。

https://kenyamazaki.com/application/

免疫チェックポイントを牽引した後は、AI企業でNASH

メルク(MSD)の研究開発のトップであるロジャー・ペルムター氏が、7年間居たメルクを去り、AIの会社である、Insitro社の取締役に就任することが決まったとのことです。

ロジャー氏がメルクに来た7年前から、現在を考えると、正にイムノオンコロジー、免疫チェックポイントの時代を牽引したと言えると思います。

T細胞の免疫活性を負に調節するPD-1経路を阻害し抗腫瘍効果を示す、免疫チェックポイント阻害薬というのが、もう、各社こぞって開発しましたよね、ここ数年。

オプジーボと、キイトルーダが牽引しました。

ただし投資家たちは、ここに来て結構不安視し始めました。2020年の第二四半期の売り上げを見ますと、キイトルーダの売り上げが3分の1を占めております。1つの製品に依存しすぎているという見方です。

(メルク 4-6月・第2四半期)
・1株利益(調整後):1.37ドル(予想:1.07ドル)
・売上高:108.7億ドル(予想:105億ドル)
  キイトルーダ:33.9億ドル(予想:31.9億ドル)
  ジャヌビア/ジャヌメット:13.4億ドル(予想:13億ドル)
  ゼチーア/バイトリン:1.75億ドル
  ガーダシル:6.5億ドル(予想:6.9億ドル)
  アイセントレス:2億ドル(予想:2.1億ドル)
  シンポニー:1.9億ドル(予想:1.9億ドル)

(https://fu.minkabu.jp/news/180913)

さらに、ジャヌビアの特許切れが2023年とのことです。

医薬品業界というか、製薬会社では常に起こりえることなのですが、その次のパイプラインです。キイトルーダの次は?

と、いうことになるのです。

そんな中で、このブームというか、免疫チェックポイントで時代をリードしてきた張本人の一人である、研究開発トップのロジャー・ペルムター氏が、7年在籍したメルクを去るということになったとのことでございます。

https://www.merck.com/leadership/roger-m-perlmutter-m-d-ph-d/

まだ、リンク先はあるかと思います。が、そのうちになくなるかと思います。

これは、ただ単に、「免疫チェックポイントの流行りが終わったから、研究開発のトップが去る」という話だけではないという見方があります。

なぜかといえば、CEOのKenneth C. Frazier氏
https://www.merck.com/leadership/kenneth-c-frazier/

が、新しいCEOを探すために、退任する予定を延ばしたという報道が出ていたからです。

現状のCEOが新しいCEOを探すために、退任を延ばしているところに、研究開発のトップが退任したわけですから、なんとなく、経営陣のドラスティックな入れ替えが予想されております。

Kenneth C. Frazier氏といえば、つい最近まであった、人種差別反対のムーブメントで、
「Could be me」と言って、話題になりました。

そういえば、あのムーブメントは、どこに行ったのでしょうか?

なんか、企業がこぞってレインボーカラーのロゴマークを使っていましたよね。とりあえず、あのレインボーカラーのロゴは終わったのですね。

で、そのKenさんですけど、多様性のムーブメントで、自分が数少ない、フォーチュン500企業の黒人トップということをインタビューで答えていましたよね。相変わらず差別があるよ、というようなことを。一時期話題になりました。そのインタビューでは、確かハーバードを出て、白人だらけの中で鍛えられた、、というような事を言っていたかと思います。

その、弁護士でもある、メルクのCEOのKenさんですが、前述もしましたけど、後任が見つからないので、CEOを辞めるのを延ばすみたいな事を言っていると、報道がありましたね。

その中での、ロジャーさんの退任ですので、そのうちに経営陣の大幅な刷新があるのでは? みたいな感じになっているわけです。

Insitro

さてロジャーさんが新しく取締役で就任する、Insitro社ですけど、サンフランシスコにありまして、2018年にステルスモードから抜け出してきたばかりの人工知能を創薬に応用する専門企業とのことです。

全く知りませんでしたけど、フォーブスで話題になっています。スタンフォードの女性教授が創立した会社のようですね。

https://forbesjapan.com/articles/detail/31206

ニューヨークというか、ニュージャージーですけど、広い意味でGeater NYエリアの伝統ある製薬会社から、いきなり西海岸のIT、AI企業への転職です。

しかも、ロジャー氏は68歳とのことで、そのパワーはすごいですよね。

しかもしかも、もっとすごいのが、またまた時代を読んでいるのでは? と、おもわせる転身なのです!

ロジャー氏の転身するInsitroは、すでにGilead社と大規模な提携を結び、今年初めに1億4300万ドルのラウンドを含む2億4000万ドル以上のベンチャーキャピタルの資金調達を行っているのです。

そうです、NASHです。

ギリアドというか、次の大型化される分野の一つに、NASHがありましたよね。

ロジャー氏の次の数年は、このNASHの分野になるのかと思います。NASHで有力な薬が出てくれば、またまたすごい売れ行きになりますよね。

ところで、下世話な話かもしれませんが、僕はリクルーターですので、給料とかが気になります。一体、いくらなのでしょうか。

って、ググったらすぐに出てきました。 まじか?

$9,223,350
What is the salary of Roger Perlmutter? As the Executive Vice President and President – Merck Research Laboratories of Merck & Co, the total compensation of Roger Perlmutter at Merck & Co is $9,223,350.

ということは、ドル円で言いますと、
JPY 977,785,780.20-

10億円切るくらいなのですね。ここで色々と他の偉い人たちと比べた数字を出そうかと思いましたが、ググれば出てくるみたいですし、やめておきます。興味のある方は、「salary 名前」で検索すれば、出てきますよ。役員クラスの方でしたら。

話が、バラバラですみませんけど、kenさんの後任って、誰なんでしょうか?????

僕は、だいたい予想しています。

参考

https://www.businesswire.com/news/home/20201001005212/en/insitro-Adds-Biopharma-Industry-Leader-Roger-Perlmutter-as-First-Independent-Board-Member

【募集】Head of Pricing @国内製薬企業

国内製薬企業で、Head of Pricingを探しております。

薬価担当です。

ご興味のある方、自薦、他薦も、こちらからご応募、お問い合わせ、ご相談承ります。

何をやるのか?など、お問い合わせくださいませ。

https://kenyamazaki.com/application/

【募集】Head of Regulatory IT @国内製薬企業

国内製薬企業で、Head of Regulatory ITを探しております。

薬事部門のITヘッドです。

ご興味のある方、自薦、他薦も、こちらからご応募、お問い合わせ、ご相談承ります。

何をやるのか?など、お問い合わせくださいませ。

https://kenyamazaki.com/application/

【募集】薬事オペレーションのヘッド @国内製薬企業

国内製薬企業で、Head of Regulatory Operationsを探しております。

ご興味のある方、自薦、他薦も、こちらからご応募、お問い合わせ、ご相談承ります。

何をやるのか?など、お問い合わせくださいませ。

https://kenyamazaki.com/application/

【募集】CMC薬事ヘッド @国内製薬企業

国内製薬企業で、CMCのヘッドを探しております。

国内20名と、欧米、アジアのチームをマネージします。

ご興味のある方、自薦、他薦も、こちらからご応募、お問い合わせ、ご相談承ります。

https://kenyamazaki.com/application/

【募集】ブランドマネージャー  外資系スペシャリティファーマ

外資系のスペシャリティファーマで、ブランドマネージャーを探しております。

美容領域、の経験があれば、Nice to haveです。

年齢は結構上の方でも、元気があれば大丈夫です。

外資なので、英語など求められます。

ご質問、自薦他薦はこちらよりお願いいたします。

https://kenyamazaki.com/application/

MRはコロナ前よりももっと必要になるが、求められるものは? ーアクセンチュアのリサーチより

こちらをクリック

アクセンチュアが今後のヘルスケアプロバイダーと医療従事者との関係を色々と打ち出しております。このPDFを開くと、色々なデータ、サーベイが出てきて、なんだか勉強になります。というか、結構予想の範囲内であったりもします。

ネットの海にそのまま漂流して見つからなくなりそうなので、自分のためにも、ここにメモをしておければといと思っています。

スライド2

調査対象

720名のヘルスケアプロバイダー (医師?)

下記の国々から、それぞれ120名ずつ。
USA, UK, France, Germany, China & Japan.

領域は、それぞれ下記から25%ずつ
General Practitioner / Oncologist / Immunologist / Cardiologist
General Practitionerは所謂GPですよね。開業医。それにしても、良く綺麗に集まりましたよね。

データを集めた期間は、2020年の5月から6月で、この時はちょうど6カ国ともコロナの真っ最中だったということです。ていうか、今もですけど。ちょっと中国は違うような気もしますが、まあ、良いですよね。

スライド5

医師は、患者とも製薬会社ともバーチャルで対応することが多くなったとのことです。これは全く状況が変わりましたよね。

また、医師によると、コロナの中で、製薬会社のほとんどが、バーチャルで伝える内容が、コロナ前よりも価値の高いものに変遷してきたとのことです。

Healthcare providers said the services that pharma companies are offering now are of higher value than before COVID-19. Now is the time for pharma companies to redefine their relevance.

https://www.accenture.com/_acnmedia/PDF-130/Accenture-HCP-Survey-v4.pdf

これ、良い事を言ってくれていると思いました。

製薬会社は今、コロナ前よりも、より高い付加価値を求められていると言っています。つまり、

コロナ後は、コロナ前よりも高い価値で、尚且つMRがもっと必要である

という事ですよね。不要ではないのです。

スライド20

スライド20ですが、コロナ前と、後とのヘルスケアレップとのコンタクト方法ですよね。要するにMRとどういう風にあっていたかという事です。

コロナ前は64%が直接会っていた
コロナ後は65%がバーチャルで会っている

つまり、これが今後も続くという事ですよね。対照的なデータです。

スライド21

61%の医師は、コロナ前よりも、MRとのやりとりが多くなっているとのことです。アクセンチュアでは61%はマジョリティと言うみたいです。まあ、半数よりは多いですよね。

なぜかと考えれば、バーチャルになれば、逆にアポイントになるので、返ってやりとりが増えるのでしょうか。「ちょっと寄る」みたいな訪問は無いですから、そうなるのでしょうか。何れにしても、コロナ前よりも、やりとりが多いって、意外です。

一方で、ちょっと辛口なデータが。
57%の医師は、MRが医師のニーズとwantsに応えていないと言うか、理解していないと思っているとのことです。つまり、

61%の医師はコロナ前よりもMRとのやりとリは多くなったと思う反面、
57%の医師は、MRは本当にコロナの影響を理解していないと思っている

とのことです。

やりとりは多くなったが、良くわかっていないMRが多い

と言うことです。厳しいですね。

スライド22

アフターコロナの答えが、こんなところに、シレーっとありました!!!

コロナ後のMRとの関わり方のアンケートです

39%の医師 全てのMRとのミーティングはバーチャルにすべき
48%    バーチャルと、対面とミックスにすべき
10%    全て対面にすべき
 3%    ミーティングはいらない

ここで言えるのは、

87%の医師が、全て、あるいはミックスでバーチャルを推奨している

と言うことです。つまり、コロナ後は、こうなります。

もう一つ、個人的に興味深いのは、3%の医師が、MRとのミーティングは要らないと言っている点です。と言うことは、

97%の医師はコロナ後にMRとのMTGが必要と言っていると言う意味に取れます!!

MR必要です。

スライドをスクショして載せようかと思いましたが、何かあると嫌なので、やめておきます。みなさん、リンクをクリックして、スライドのページを見ながら、この記事を見てください。

ちなみに、この資料を作成した人たちが、下の方に乗っているので、経歴を見てみましょう。メアドも載っています。

Brad Michel  Managing Director Life Science Lead, North America
アクセンチュア一筋20年の方ですね。

Laura Dix  Managing Director  Life Science,  United Kingdom
この方も、アクセンチュア一筋14年。ケンブリッジ大学卒ですね。

Aman Bajaaj Managing Director Life Science Lead, Growth Markets
この方はニューヨークでサノフィに居たかもです。古いインドの業界紙にも名前はあります。詳しく載っていません。

Petra Jantzer, PhD Managing Director Life Science Lead, Europe
この方はアクセンチュアのスイスにいる人ですね。アクセンチュア4年で、その前はマッキンゼーに17年です。


【募集】外資スペシャリティファーマ 薬事ヘッド

外資のスペシャリティファーマでの薬事ヘッドの募集です。

三役をやりますので、薬剤師になるかと思います。

グローバルとのやりとりあります。

これから、チームを作っていくので、ハンズオンで業務を行う必要があります。

お問いあわせは、こちらからお願いいたします。

https://kenyamazaki.com/application/

【募集】佐賀県 MR 外資製薬CNS

募集です。

佐賀県でCNS領域です。

40歳くらいまでOKです。

こちらから、お問い合わせくださいませ。

https://kenyamazaki.com/application/

MRがこの先も無くならないのは実体験

なぜ早期退職をしたMRの転職先が決まらないのか、書かせていただきました。もちろん、あっけなく、さっさと決まる人もいると思いますし、そう言う人も何人も知っています。

ただ、全然決まらなくて、溢れているのが現状です。

今回の武田だけでなくて、以前のMSDもノバルティスも決まらずに残っている人がたくさんいます。

決まらない理由の一つに、年齢も高いし、給料も高いし、理想も高いからと言う事を書かせていただきました。ただ経済学的には給与が高い仕事をしている人と言うのは、価値があるから給与が高いわけで、価値の高い人であれば、普通は転職先はあるはずなのです。

なぜ、価値の高い人材であるにも関わらず、転職先がないのか? 

鶏と卵ですけど、

転職先がないと言うことは、価値が無い(普通)人材であり、価値が無ければ(普通)給料が安いはずなのです。

給料が高いと言うことは、価値が高い、と言うことは転職先はあるはずである。

転職先が無いと言うことは、価値が普通、と言うことで、給与は安いはずである。

以上が経済学的には自然なのですがMRの場合はねじれ現象が起きています。このねじれ現象を考えると、こう言う仮説に行き届きます。

MRは普通の人材だけど高い給料

ここで疑問になるのが、仮に、価値が低いとしたら、なぜずっと職があるのでしょうか? ここがトリックです。

理由は、「資格制度に守られていた」と言うことに他ならないと思います。MR資格制度は、MR試験そのものはほぼほぼ合格するわけで、問題は、その研修などのルールに守られていたかと思います。製薬会社に属して、継続研修を受けなければならないと言うことです。

頭の良い人なら、MR経験が無くても、MR試験に合格することは可能かと思います。

頭の良い人でも、製薬企業などに属していない人は、基本的に継続研修を受けることはできません。

この製薬業界の継続研修の制度によって、他業界の頭の良い人がやたらと医薬品業界に入って来れなくなっています。これによって、MRが普通の人材にも関わらず、給与が高いグループとして、業界に守られていたのかと思います。

ですので、給与が高くても、MRは普通の人が多いので、世の中に出ると、普通の人というカテゴリーに入ってしまうため、そんな1000万円以上も出るような転職先は見つけられないのです。

忘れがちだけど、MRの給料は保険制度から

とはいえ、普通の人材であれば、それほど営業力が無いはずであり、そうするとそもそも企業の売り上げがさほど立たないと思うのですが、なぜ高い給料を払えるのでしょうか? と言う疑問に差し掛かります。

理由ですが、薬が売れるからです。

なぜ薬が売れるのでしょうか?

薬価制度があるからです。保険請求だからです。MRの高い給料は、そもそも薬の売り上げで、その薬は医療用医薬品なので、保険請求なので、売り上げは国の保険制度のおかげなのです。

つまり、まとめると

普通の人材だけど、誰でも受かる資格制度に守られていて、高い給与の原資は保険制度があるから。

優秀な人が参入したくても、MR試験は受かるかもしれないけど、継続研修は受けられないので、MRにはなれないので、参入できない。

もちろん世の中には、MR以上に給料が高い人も沢山居ますが、そう言う人は優秀な人です。

MRは優秀な人もいるでしょうが、MRの給料をもらうためには、色々と守られているため、特段優秀である必要はなく、普通の人で大丈夫な形となっております。

仮に「普通の人」部門というのがあったとしたら、MRは、「普通の人部門」でランキング1位の給与水準となります。

でも、もう、そのMRもいい加減に消滅するのでは?

不要論と言うことでしょうけど、僕は個人的に無くならないと思っている派です。

理由は簡単、実体験に基づいております。

僕が新卒で国内上場製薬会社に入社して、MRとなったのは、1992年です。今から28年前です。その時、僕が新人の時に、10年目の先輩が「もう、こんな仕事無くなるから・・・。もう新人の時からみんな言ってるけど。」と、言っていました。

その先輩が新人の頃は、1992年よりも、10年以上前なので、1982年頃です。その頃から少なくとも不要論が言われていたわけです。

その先輩は計算すると、今60歳ですが、結局サラリーマン人生、MRで通しました。

こう言う実体験があるので、そうそう無くならないのではと思います。

不要不要と、30年以上も言われ続けていて、無くなっていないからです。

具体的な根拠ではありません。

実体験です。

転職サイトはdoda

有料相談もはじめました。

早期退職のMRが再就職先を見つけるのが大変な理由

MRで早期退職した人がなかなか転職先を見つけられなくて困っている人は、周りにたくさんいらっしゃるかと思います。なぜMRは転職先を見つけるのに苦労するのでしょうか。

早期退職MRが転職(再就職)先を見つけるのに苦労する理由

年齢が高い

わかってはいると思いますが、敢えて書いておきました。一概には言えないのですが、だいたいMRの転職偏差値が高い年齢層は27歳から40歳くらいまでです。早期退職のMRはこの年齢層を超えてしまっております。

退職者の給与が高い

大手製薬企業で50歳くらいまでになれば、普通の人でも給与が1000万円を超えております。退職者も、それと同じくらいは出ないのはわかっているようですが、まさか500万円とは思っていなかったりします。実際コントラクトMRなら500万円などはザラです。この金額で驚いて、一旦断ったりしてしまって後々まで決まらなくなったりします。

勘違いしてしまうのは、給与が高かった理由を実力やスキルだと思ってしまうところです。給与が高かった理由は、幸運にもMRだったからで、実力に比例していたわけではありません。ですので、MR以外の仕事は難しいと思います。

退職者の理想が高い

リストラの事を最初から言えば良いのに、「キャリアアップをしたい。」「チャレンジしたい。」などとエージェントに言ったりして、MR以外の職種などを聞いてきたりします。または、「医療機器とかでも良いから、マーケティングとかないですか?」などと聞いてきたり。そもそも「医療機器とかでも良い」という時点で、認識のズレが著しいというか、「医療機器とか」なら医薬品よりも簡単だと思っているから、「でもいいから」みたいな言い方をするのでしょうが、その時点でもう手に負えなくなります。そもそも、マーケティングの経験もゼロですし。
よくよく聞いたら、早期退職だったので、それならそれではじめからそう言えば良いのです。はじめからそう言っていただける方は、こちらも親身にサポートさせていただく傾向にあります。

求人がない

まさに1番の理由です。もう、これに尽きます。
単刀直入に言いますが、MRは、ほぼほぼMRしかできません。(個人の意見)
もちろん、中にはマーケやMSLや開発や事業開発などに転身する方もいますが、ほぼほぼ、概ね、だいたい、MRはMRです。別に悪いと言っていません。MRで早期退職したら、メーカー正社員は難しくてもCMRをやれば良いと思います。CMRもハードルはありますけど、それは置いておいて、とりあえずCMRが現実的です。とは言え、最近、CMR自体も求人が減ってきております。 ですのでとりあえず早めにCMRを受けて、紹介された案件は、多少希望に合わなくても、サインする事をお勧めいたします。断ったり、躊躇したりしていると、案件がなくなります。

退職者の理解力が乏しい

「勤務地は札幌でお願いします。」と言われても、ないものはないです。他の勤務地では絶対ダメという人が多いです。
「年収は落ちるのは覚悟しています。800万円くらいまでなら可能です。」いや、500万円ですので、800万円は無理です。
「履歴書、職務経歴書、今出張中なので、月末まで待ってもらえますか。」出張中になぜ書類が出せないのか聞いてみたら、パソコンが家にあるからだそうです。活動中はラップトップくらい持ってたらいかがでしょうか。
「ずっとオンコロジーでしたので、オンコロジーが良いです。なければオーファンとかでも良いです。」無いです。領域なんてもうなんでも良いではありませんか。コントラクトMRとして活動するので、領域に拘らなくても良いですよね。

有料相談を始めようと思っています

Photo by cottonbro on Pexels.com

メール、LINEし放題、通話は週1程度で1ヶ月8000円でいかがでしょうか。マジです。

早期退職のMRの方はもちろん、そうでなくても、何かを相談したい方が対象です。

期間は1ヶ月

なぜ有料なのか?
今まで、エージェントとして成約(転職の成功)を目標しなければならず、困っている方の相談事を蔑ろにしてきた事を反省しております。

とはいえ、エージェントは成約しなければ利益が出ないので致し方ない事でした。

最近、私事ですが、勝手に「働き方改革」をしまして、色々な働き方が可能となりました。

その一環で、たとえ僕を通じて成約に至らなくても、有益な情報や、相談事がある方には、僕でわかる事であれば相談に乗らせていただこうと考えることにいたしました。

従いまして、個人でのプロジェクトになりますので、有料とさせていただくことにいたしました

  • メール、LINE何回でも可能です。
  • 基本はLINEの通話機能ですが、週1程度、30分程度、通話相談OKです。
  • メンタル、気持ちの切り替えなどの話もいたします。
  • 履歴書、職務経歴書を拝見して作成のアドバイスをします。
  • エージェントさんとのやりとりについて、わからなければアドバイスします。
  • ネットワークで、良さそうなエージェントさんを複数紹介します。
  • 場合によっては僕自身が持っている案件も紹介します。
  • 社員紹介で転職のプロセス中とのきは、エージェントが間に入っていませんので、色々と不利になる可能性もあります。出てきた条件について交渉したい場合は、どうしたら良いのか、こっそりアドバイスします。
  • 社員紹介のプロセスで面接があるときには、ロールプレイで面接官になり、練習などします。これは料金を別途請求します。3000円。
  • 孤独になりがちな転職活動中に、何かあればLINEでつまらないことでも送っていただければ、相手をさせていただきます。
  • お金の運用などにめっちゃ詳しい、信頼の置ける元外資MRのファイナンシャルプランナーがおりますので、必要であれば、紹介します。
  • CSOから直接誘われたりしているときには、どのように立ち回るのが有利になるのか、教えます。

ご興味のある方は、連絡をくださいませ。




作並温泉「かたくりの宿」自己破産

“平和産業” の危機

平和産業の不景気が止まりません。平和産業とは、旅行業、ホテル業、アミューズメント業などなど、平和でなければ成り立たない産業です。平和産業の危機は、不景気になると訪れます。

まさに温泉旅館なんて、平和でなければ、維持できないですよね。特にコロナではもうお客さんも遠のいていたでしょうし。まあ、大変な時代が続いています。そろそろマジで温泉とか自由に行けるようにならないですかね。

作並温泉はといえば、老舗の岩松旅館というのがありまして、そこは個人的にも何度か訪れていてとても良い温泉なのですが、大丈夫でしょうか。心配になります。川沿いの岩盤をくり抜いた風呂がありそこにたどり着くまでにずっと階段を下っていくのです。

OYOだったのか

で、今回の作並の「かたくりの宿」は、インド資本のOYOが入って、外国人観光客のインバウンドをずっと狙っていたようです。

OYOと言えば数年前に若きインド人が作った会社で、若いと言っても本当に若いのですよ。確か19歳とか。。デジタルとかで不動産に参入したのですよね。ソフトバンクグループも投資したりして、去年日本でも大量に採用したりしたのですが、大幅なレイオフが今年ありましたよね。それにしてもソフトバンクグループの投資はことごとく失敗していますね。WeWorkとか。

とは言え、コロナに関係なく、温泉旅館にOYOってどうなんでしょうか。なんかインドのイメージがちょっと強すぎて、日本の山の中の温泉ばにはちょっとミスマッチじゃないでしょうか。それも全て、日本人観光客が減ったから、海外からのインバウンド観光に頼らざるを得なかったのでしょうね。気持ちはわかります。作並温泉だけではなくて、もう日本中の観光地が外国人観光客目当てに変わってきていますよね。理由は簡単です。

日本の観光は、日本人にとっては贅沢極まりないからです。

ううん。

しかも外国人観光客頼みの経営。

日本を旅できない日本人

ではなぜ日本人の観光客が少ないのか?
それは、高いからですよね。

考えてみてください。例えば一般的なサラリーマンの年収は500万円とします。

そんな、年収500万円の家族4人が、東京から作並温泉に旅行するとします。

新幹線で上野から仙台まで

座席料金合計乗車券特急料金
自由席10,350円6,050円4,300円
指定席11,080円6,050円5,030円

家族4人で、新幹線で上野から仙台まで行くだけで、4万円以上かかります。

そこから作並までタクシーでだいたい4000円くらいです。

旅館に1泊しますと、岩松旅館で13300円(一人)。なので4人だと53,200円です。ちなみに2泊すると宿泊費の合計は106,400円です。

仙台、山形の市内観光ではいくらかかるでしょうか。家族4人で5万円くらいでしょうか。

そうすると、

新幹線往復 ¥82,800–

旅館2泊 ¥106,400-

観光に多分 ¥50,000-

家族4人で2泊の作並温泉旅行は、

¥239,200-

になりますね。日本人は、ちょっと温泉に行くのに239200円かかるのです。これは一般的な年収500万円のサラリーマン、ちなみに平均年収はもっと低いですが、こういう一般人がちょっと行ける旅行ではないのです。

何か、そもそもこの辺りを改善しないとダメじゃないですかね。コロナの前に。

ついに早期退職

武田がついにリストラするのですか?

それは、待ちに待っていたという方も多いのでは無いでしょうか。おそらく、すぐに売り切れると思います。

MRはオワコンとか言われて久しいです。それでみんなMR以外の道を模索したり。

ただ、早期退職制度だけは、MRで良かったと思う理由だと思います。

早期退職制度が出てきたら、爆速で手を上げる人が多分たくさんいると思います。このご時世だからこそ。

現在の年収が1000万円を超えていて、で、コントラクトMRの年収が福利厚生無しで600万円以下。それでも良いじゃ無いですか。

割増退職金が何十ヶ月も出れば。

600万円というけど、他業界の普通の上場企業の営業ってそんなもんですよ。

それから、50歳とかを超えて、なんだかやたら自信家の人がいて、コントラクトMRの案件を勧めると、コントラクトでも年齢は厳しいのに、

「MR以外のことに挑戦します。他業界のマーケティングとか。」

などと言って、数ヶ月紆余曲折あって、色々うまくいかずに、結局最終的にコントラクトMRを受けるパターンが多すぎます。

「MR以外のことに挑戦します」

Business Man

とか言う時点で、その世間知らずぶりを指摘しても良いのですが、そこは敢えて泳いでもらいます。で、数ヶ月後にコントラクトMRの案件を探すことになるのです。

MRをやってもう長年経つ方は、早期退職して、すぐにコントラクトMRになって、適当に趣味でも増やすのが、一番良いと思います。

ISRCTN89951424 治験の概要を翻訳しただけのページ

これはオックスフォード大学での新型コロナワクチンの治験の概要です

このページ(http://www.isrctn.com/ISRCTN89951424)の翻訳

フェーズIII

薬剤名
ChAdOx1 nCoV-19ワクチン、MenACWYワクチン

一次アウトカム指標
ウイルス学的に確認された(PCR陽性)COVID-19の12ヶ月間の症候性症例

副次的なアウトカム指標

  1. ワクチン接種後7日間、電子日記に記録された勧誘された局所的および全身的な反応性の徴候および症状の発生(参加者200名のサブセットのみ)。
  2. 12ヶ月間に参加者から報告された/電子日記に記録された重篤な有害事象の発生状況
  3. 12ヶ月間に参加者が報告した/病院の記録に記録された疾患強化エピソードの発生状況
  4. 参加者が報告したPCRで確認されたCOVID-19疾患による入院、12ヶ月間の経過で
  5. 重度のPCRで確認されたCOVID-19病、病院の記録/参加者インタビューから記録されたパラメータ、12ヶ月間の経過
  6. 12ヶ月間のCOVID-19病との関連死
  7. 12ヶ月間にELISA法で測定したSARS-CoV-2非スパイク蛋白質に対する抗体(血清効力率
  8. ワクチン接種後28日目にELISA法で測定したSARS-CoV-2スパイクタンパクに対する抗体(血清転換率)。
  9. ワクチン接種後28日目の生および/または偽型SARS-CoV-2ウイルスに対するウイルス中和抗体(NAb)アッセイ

すべての参加者は28日目、90日目、182日目、364日目にフォローアップ訪問に招待され、試験中のいずれかの時点でCOVID-19を示唆する症状を発症した場合は、試験チームに連絡するように求められる。症状のある参加者は、SARS-CoV-2 PCR検査のために来院していただくことになります。

試験全体の開始日
01/05/2020

試験全体の終了日
31/07/2021

オックスフォード大学
Photo by David Jakab on Pexels.com

(山崎)ていうか、これも来年の7月とか言ってたら、もうオワコンというか、もうあれですよね、オリンピックとかって、無しなんですよね。誰も言わないけど。

治験ボランティアの参加条件は下記の通りです。

治験ボランティア参加資格

  1. 18 歳から 55 歳までの成人。上限年齢は、高齢者における追加の安全性データが得られた場合には、延長することができる。
  2. すべての試験要件を遵守する能力と意思があること(治験責任医師の見解)。
  3. 3. 研究者がボランティアの病歴についてかかりつけの医師や主治医と話し合うことを許可し、研究手順に関連する場合には、すべての医療記録にアクセスすることを許可すること。
  4. 4. 妊娠可能性のある女性のみ、試験期間中に継続的に効果的な避妊を行う意思があり(下記参照)、スクリーニングとワクチン接種の日に妊娠検査が陰性であること。
  5. 試験期間中の献血を控えることへの同意
  6. 書面によるインフォームド・コンセントの提供

性別
両方とも

目標とする参加者数
2000

参加者除外基準もあります。ごくごく当たり前ですが、興味ある人もいるかと思いますので、翻訳を載せます。

参加者除外基準

  1. 試験期間中のCOVID-19の予防薬試験への参加。注:COVID-19治療試験への参加は、COVID-19が原因で入院した場合に認められる。試験チームには、できるだけ早くその旨を通知すること。
  2. 2. SARS-CoV-2 の血清学的調査に参加し、研究期間中は参加者に血清状態が通知される。注:登録後に血清状態を開示すると、誤って参加者のグループ割り付けの盲検化が解除される可能性がある。COV003 への参加は、ボランティアが地域/国別の血清学的調査から得られた血清学的結果の盲検化を維持している場合にのみ認められる。
  3. 研究介入以外のワクチン(認可または治験薬)を、研究ワクチン接種の前後30日以内に受ける予定がある。
  4. 試験データの解釈に影響を与える可能性のある治験薬または認可ワクチンの過去の受領(例:アデノウイルスベクターワクチン、コロナウイルスワクチン)。
  5. ワクチン候補の投与予定日に先立つ3ヶ月以内に免疫グロブリンおよび/または血液製剤を投与した場合
  6. 免疫抑制剤または免疫不全状態が確認されているか、または疑われている場合、無菌症、重度の感染症の再発、および過去6ヶ月以内の免疫抑制剤の慢性使用(14日以上)(ステロイド外用薬または短期経口ステロイド(14日以下のコース)を除く)。
  7. ChAdOx1 nCoV-19、MenACWY、パラセタモールのいずれかの成分によって増悪する可能性のあるアレルギー疾患または反応の既往歴がある。
  8. 血管性浮腫の既往歴がある場合
  9. アナフィラキシーの既往歴
  10. 研究期間中の妊娠、授乳、または妊娠の意思・意図
  11. がん(皮膚基底細胞がんおよび子宮頸がんin situを除く)の現在の診断または治療の有無
  12. 研究への参加に影響を及ぼす可能性のある重篤な精神疾患の既往歴
  13. 出血性疾患(例:因子欠乏症、凝固障害、血小板障害)、またはIM注射または静脈穿刺後の重大な出血またはあざの既往歴がある。
  14. 現在のアルコールまたは薬物依存の疑いがあるか、または知られている場合
  15. 15.重度および/またはコントロール不能な心血管系疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患、肝臓系疾患、腎臓系疾患、内分泌疾患、神経系疾患(軽度/中等度の良好な合併症は認められます。
  16. 実験室で確認されたCOVID-19の履歴
  17. 登録前にSARS-CoV-2抗体で血清陽性
  18. 2020年2月以降、スクリーニング時にSARS-CoV-2抗体で血清陰性でない限り、新たに発熱、咳、息切れ、無呼吸/老衰を発症した。
  19. クマリンおよび関連する抗凝固薬(ワルファリンなど)または新規経口抗凝固薬(アピキサバン、リバロキサバン、ダビガトラン、エドキサバンなど)などの抗凝固薬の継続的な使用
  20. その他、研究への参加によりボランティアのリスクを著しく増大させたり、ボランティアの研究への参加能力に影響を与えたり、研究データの解釈に支障をきたすような重大な疾患、障害、所見がある場合。

募集開始日
15/06/2020

募集終了日
31/07/2020

今月で募集締め切りなんですね。

ていうか、早よ!

筆者にコーヒー代を

¥500

あれ、オックスフォードって、来年もずっとオンラインにすると言ってなかった?

ワクチンバブルの割に、進まない治験

そろそろ、コロナ何とかして欲しい

Photo by Anna Shvets on Pexels.com

それはみんなが思っていますかね。

ちょっとWHOのページを見たら、開発中のCovid-19のワクチンは、170ありましたよ。そんなにいらないよね、とも思いますけど。

ワクチンバブルでも起こすのでしょうか。それはそれで、活気付けば、新たなマーケットが生まれて良いかもしれないけど、今はとにかく、早く第一号を出して欲しいですよね。

経済はもう、止められないですよ。日本も第二波でなんだか、やだなーとみんな思い始めていますよねこの週末とか。

170の候補のうち、臨床開発に入ったのは21本です。そのうち、P-3はたったの二つ。

開発中 COVID-19 フェーズⅢはたったの2つ。

DRAFT landscape of COVID-19 candidate vaccines –
7 July 2020

全候補170
フェーズ Ⅲ
フェーズ Ⅰ から Ⅱ19
非臨床139
WHOの発表から

何かと、バッシングのあるWHOがまとめています。

もう、経済活動を止めるのはそろそろ限界なので、新型コロナがあっても普通のインフルみたいな扱いにして、経済活動を続けるには、ワクチンや治療薬あってこそです。

それにしても、ワクチンの候補物質、すごい数ですね。みていると、色々な国で開発しています。

臨床開発に入った候補物質は21本です。
そのうち、Phase3はたったの2つ。

こちらと
https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT04456595?term=vaccine&cond=covid-19&draw=2&rank=1

こちらです
http://www.isrctn.com/ISRCTN89951424

いずれも、SARS、MERSの適応ですよね元々。ダウンロードできるようにしておきました。

どうでも良いけど、早く出して欲しいです。みんな思ってますよね。

非臨床は139もあります。
これも、ないよりは良いけど、そんなにいるのか? という話ですね。

ところで、アメリカはWHOから撤退するみたいですね。これこそニューノーマルという感じですね。日本も続くのでしょうか。

ワクチンと、薬、早く出してもらわないと、こちらも商売になりません。

企業が採用を控えているので、大変な事になっています。人材業もそうですけど、その前に平和産業と言われている、ホテル業界、旅行業界、やばいです。

Photo by Nathan Cowley on Pexels.com

日本の大手企業でジョブ型採用は難しいだろうなと思う根拠

ジョブ型採用が日本の大手企業で難しいだろうなと思う理由は、出て行く人が居ない組織だからだと思います。

つまり特定のスキルを持った人を中途で入れるのは良いけど、組織で特段スキルのない人が出ていかないので、ヘドカウントの確保も難しいとおもうのです。

その根拠は、役員などの情報を見てみればわかるのです。

例えばランダムに、このニュースから富士通を見てみます。

https://www.fujitsu.com/jp/about/corporate/management/

トップの人から順番に経歴を見てください。だいたいみんな、新卒で「当社入社」から、ずっと一筋なのです。他からと言えば、たまに、天下りが居る感じ。

悪いことではないのですが、日本独特ではあります。

こういう会社が、例えばPythonとかRとか、C++とかに通じているデータサイエンティストで最新のスキルを持った人を、ジョブ型採用しようとしても、上司がたぶんそういうスキルがない人ばかりだと思います。

そうなると、そもそもジョブ型採用で転職に興味のある人は、そもそもフレキシブルな環境を好む傾向にありますから、その組織を知っただけでこの会社で就業することに興味を持たなくなると思います。

「周りを見たら、新卒で入ってずっとずっと居る人ばかり」

こんな組織で、ジョブ型採用ができるはずがありません。

Photo by Ketut Subiyanto on Pexels.com

それに、ヘッドカウントの確保も単純に難しいと思います。特定のスキルを持った人を獲得したい気持ちはわかりますが、どうやってその部署にねじ込むのでしょうか。

それには、ある程度、ターンオーバー率が無いと、物理的に難しくなります。つまり、一定の割合で辞めて行く人も居ないと、そんな中途で入れるのは難しいのです。

このような日本の大手企業は、転職で入れるのも珍しいし、出て行くのも難しいだろうと思います。

それから、妙な一体感というか、帰属意識的なところが、大手日本企業にはあるかと思います。例えば、さっきの例でたまたま富士通の人がほとんど新卒から定年までずっと一社という話をしましたが、こういう人は、そもそも自分の会社大好きなはずです。

そう、富士通で新卒からずっと居る人は、富士通が大好きなのです。たぶん誇りを持っています。悪いことではありませんけど。。。

で、ジョブ型採用って、要するに競合他社から来ることが多いですよね。当たり前ですけど。そうなると、例えば、「富士通大好き」みたいな環境の中に、しかも新卒からずっと働いている人ばかりの環境の中に、ある人と全、競合他社の、例えば東芝などから社員が入ってきたら、ちょっと変な空気にならないでしょうか。たぶんなると思います。

逆に、そういうことが当たり前の社会なら良いのですが、日本の大手企業は、そうではありません。その証明は、トップから順々に経歴を見ても、みんな富士通入社で何十年も経っている人ばかりで、どこかから転職してきたなんていう人は、そもそも出世もできないのかもしれません。もちろん、想像でしかありませんけど、トップの人の経歴を順番に見て、みんな新卒生え抜きで何十年もその会社に居る人ばかりであれば、そのような想像になるわけです。

到底魅力のある組織ではありません。たぶん、優秀な人を中途で採用しても、優秀だけにすぐに環境も理解しますから、不利な環境ということになり、速攻で辞めてしまうかもしれません。

従いまして、日本の大手企業では、競争力強化のためにジョブ型採用をやりたいのは分かるのですが、難しいと思います。

コーヒー代をドネイションします。

筆者の励みになります。

¥500

稼げるけど、社会の役に立っていないから

Goal Missing Elite

またまた殊勝な心がけの転職動機を持つ若者と話しました。

何の役にも立っていない。誰得なのかわからないから、転職したい。

Photo by Mica Asato on Pexels.com

その人は、とある外資のトレーダーの超フロントです。30歳手前くらいですが、まあ多分、数千万は稼いでいるはず。金融のフロントあるあるですけど、稼ぎ過ぎるともう他の仕事できなくなります。それに、稼げなくなった時は突然訪れます。

よくあるのは、他の金融に移るか、あとは疲れちゃってる人は、海外のMBAに遊学します。

ところがその人は、普通のいわゆる、金融関連のコンサル側に移りたいと。多分、年収は12Mくらいになるかもしれません。大幅に落ちることになります。

このコロナのご時世で、不景気の煽りもあるのでしょうが、理由としては、

「全く誰の役にも立たない売りや買いを仕組んで、稼ぐことはできるのですが。」

「その対価はなんなのか、全くわからない。」

という、事を言うのです。

この前登場した若い人を彷彿とさせます。

「超ホワイトすぎて楽すぎるから」

「茨の道を歩きたいから」

「稼げるけど、社会の役に立たないから転職したい」

そんな奴、おらへんだろ〜?

居た!!

まるで明石家さんまの芸です。

こう言うような話を聞くと複雑な気分になります。

自分は、楽で、心地よくて、自分が潤えば良い。。的な事を無意識に思ったりしているからかもしれません。

安定している人は、不安定からの安定する過程を求めて、安定していない人はとりあえずなんでも良いから安定した仕事がしたいと思っている。

わがままですよね。

答えはないけど、間違っている気もしないでもありません。

稼げるならとことん稼いで、寄付でもしたらどうか?

なんて、思ったりしたので、その若い方には、そのように助言しました。今時、そんなやついるのかと思いますけど、居ます。

彼らには、何か、ゴールを与えるのが必要なのかもしれません。それって、結構日本人の優秀な人にありがちです。

基本的に地頭がよくて、デフォルトで優秀で、放っておいても好業績を残す人々だけど、その状態に不安を持つ人たち。

そのようなグループに名前をつけました。

Goal Missing Elite

ゴールミッシングエリート

つまり、そう言う人には、ゴールをセットしてあげたら良いのです。そうすれば、現状の強みをもっともっと伸ばすことに邁進できるのです。やっぱり、何かゴールがないと、日々の行動にも意味を見出せなくなるのでしょう。

今後、そのような若者が現れたときには、そのようにすることにします。そして数年後に雇ってもらいます。笑

【武田】損失影響は2億ドル!! 目ん玉ぶっ飛ぶ。 

Xiidra 早く日本で売ってくれ

「シードラ」Xiidra X i i d r a 二つの i (eye) ね。

ノバルティスが欧州で申請しなければ、売却した武田薬品の損失影響は2億ドルですか⁉︎

目薬だけに、目ん玉ぶっ飛びます。

シードラと言えば、当時シャイアーの経営陣が満をじして開発に取り組んだというか、大型で超期待していた製品。シャイアーの想いが詰まっているかどうかは、言い過ぎか知らないけど、それくらい期待していた製品です。

シャイアーと言えば、オーファン。

でも、まさかこの広く一般的な「ドライアイ」の領域を製品化するなんて。だいぶ企業イメージをチェンジするというか、広げるというか、そういう予定だったのですね。

そのことは、ここにも シャイアーの過去記事

FDAに申請されたのは、2016年。綴りにiを二つ続けて、二つのiで、Xiidraなんて、洒落たネーミングじゃないですか。

Xiidra (lifitegrast ophthalmic solution)

Company:  Shire Development, LLC
Application No.:  208073
Approval Date: 07/11/2016

これは本当に期待されていた薬なのです。多分、このコロナのリモートでみんな一日中パソコンパチパチしていたり、ウェブミーティングしていたりしたら、相当目が疲れるので、コロナ時代にもマッチしている薬かもしれません。

シャイアー買収後の武田薬品も、6000億円くらいでノバルティスに売却しているので、相当な金額なのです。それくらいの製品なのに、なぜ、欧州で申請を取り下げたのでしょうか。

ちょっとよくわからないのです。

これは、日本では発売されるのでしょうか。実際試してみたいと、マジで思っていました。

それにしても、シャイアーが期待して開発して、武田に買われて、武田がノバルティスに売って、で、申請取り消し。

諸行無常です。

理由は、わからないけど、経営判断ですよね。

そう、

ドライアイなんてやってる場合じゃねー

みたいな判断があったのか、なかったのか、知りませんけど。プレスでは2億ドルの損失「影響」と出ていて、売上予測が2億ドル規模で、それがなくなるから、損失影響という表現なのでしょうね。

これも経営判断で、その2億ドルは色々と回収できると判断されたのでしょうね。そういうのを判断しているのって、マッキンゼーとか、ATカーニーの戦略なのでしょうか。わかりません。

申請すれば良いのに。

レムデシベルの25万円は、ICERとの攻防。でも結局患者にとって良いことなら、株価も上がる。

レムデシベルの薬価がやっと決まったようです。

何日も前から、色々と予想が飛んでおりました。ギリアドの社長のオ・デイ(Daniel O’Day アニタ・オデイのO’Dayですね。知らないか・・)さんにとっては、株価に影響する大問題で、もっと高くを望んでいたかと思います。なぜかといえば、開発費に1000億円以上かかっているらしいからで、それを回収するためにはもちろん、高い方が良いに決まっているのです。

しかもオデイさんにとっては、2018年に就任後、何とかC肝の後の影の薄くなったギリアドの切り札ですから、そりゃ期待の製品だったわけなのです。もちろん、開発当時はコロナのことなんて想定していなかったはずですけど、色々と思わぬ展開になったともいます。

ところが、ここ数年続く新薬の高薬価の問題で、アメリカでは臨床経済的評価研究所(ICER: Institute for Clinical Economic Review)が目を光らせていて、それにO’dayさんも結構議論をしたりしていたのです。

ちなみに、ICERってあるんですね。ご興味のある方は、この動画を。。

25万円は妥当なのか

よかったのか悪かったのか、それは株価も示すように、悪くはなかったはずです。なぜなら、何となくギリアドはまず話題にかけていたのではないかと思うからです。C肝炎の後話題がなくて、日本のMRも暇でした。営業所もないし、元々家から通っていた人も、在宅になり、かなり暇だと思います。そこに来て、この話題ですから、別に損するわけではないし、良いのではないでしょうか。

高薬価の連続で世の中の感覚がいささか麻痺しているので、ブームに乗じて馬鹿高い薬価をアナウンスすることもできたはずです。しかもアストラゼネカに買われそうになって、焦ったのかはわかりませんけど、高く売りたいはずです。

ちなみにアストラゼネカに買われたら、インパクトはギリアドに

ちなみにアストラゼネカに買われたら、日本では結構インパクトの大きな出来事になるかと思われましたが。ギリアドにとってはまず給与が下がる。無かった営業所が地方にも現れる。そんなの、嫌ですよね多分。

ここはさすが、O’Dayさんは、CEOとして世論を見て、ICERも見て、馬鹿高い薬価をつけるのをやめました。言っているのが、「患者にとって良いことをしている。」ということなのです。

ていうか、O’Dayと聞くたびに、どうしてもアニタ・オデイを思い出してしまいます。ご興味のある方はこちらを。。。好きな女性ボーカルはどなたですか。アニタ・オデイは結構好きです。

患者にとって良いことをすれば、製薬会社は株価も上がると思います。

ちなみに、アメリカの有名な投資家は、今、ギリアドの株は買いであると言っているようですよ。25万円というのは、妥当で、これは評価できるようです。

さてさて日本ではどうなるのでしょうか。

buy me a coffee

筆者にコーヒー代をおごる

¥500

超ホワイト過ぎるから

茨の道を進みたいから転職をしたい

カンファタブルゾーンから抜けたいから転職をしたい

殊勝な心がけの人が、たまに居ます。

Photo by Olga Neptuna on Pexels.com

転職の理由は様々ですが、大体はなんらかの事が、しかも大体良くない事があるから転職をしたいのかと思います。

しかしながら、人間は不思議なものです。すごく良い会社過ぎて、

「このままじゃいけない」

と思っての転職相談もたまにあるのです。

「超ホワイトな会社に入って、このままだと何の試練もないかもしれない・・・。」

「恵まれ過ぎていて、鈍ってしまう。カンファタブルゾーンから抜けなければ・・・。」

凡人はそれでハッピーなのですが、違う人もいるのですね。しかし贅沢なものですよね。みんなホワイトでカンファタブルな場所を日々探しているのかと思うのですが、

マジでホワイト

マジでカンファタブル

な会社に入ってしまうと、それはそれで不安になるのです。これは本当に不思議です。

  • 若いのに平均よりも給料が高い。
  • 潰れることはまず無い。
  • 苦労して何かしなくても、普通にやっていれば将来も安泰。

でも、何となくわかる気もしませんか?

それは、本当に将来のことって、神様しかわからないですよね。絶対安泰と思っていた会社も、いつ何があるのかはわかりません。

その、もしもの時に、今超ホワイトな会社にべったりとまるでフジツボのように吸い付いていても、もし崩壊した時には、気づくと何ら苦労も乗り越えていないし、何らスキルも身についていなかったら、焦ります。しかも年齢も結構過ぎていたりすればなおさらです。

世の中の同世代は、ITリテラシーや金融リテラシー。プログラミングとか自然言語とかディープラーニングとかを身につけたりしていて。使用しているソフトウェアも豊富で次々とサーティフィケートを獲得したりしているのに、

それにひきかえ自分は特に何もしなくても大丈夫。別に潰れる会社じゃないし、せいぜいエクセルくらいしか使っていないよ。。。

みたいな状況なら、もし何かあったときのことを考えると、これは焦ります。

高学歴看護師のキャリアプラン失敗を救いたい

東大、京大出身の看護師

保健学科を卒業していずれはヘルスケア企業や、ライフサイエンス系のコンサルとしてキャリア構築したい人は、新卒の時に、まず大きな組織に就職をした方が良いです。

医学部保健学科などで、看護師やコメディカルの資格を得て、新卒で比較的小さめのクリニックなどで働くと、その先のキャリア構築が難しくなります。

東大や京大を卒業した看護師資格保持者もも居ますが、活躍の場は、看護師だけではないはずです。

ざっと、このようなサイトを見るだけで、名だたる大学に、保健学科のような学部学科があることがわかります。

http://janpu-hyouka.jp/hensa_kokuritsu.html

もちろん、看護師として就業したいなら、それは素晴らしいことですが。

看護師になりたいなら、専門学校でも免許を取ることができると思いますが、東大や京大、名だたる国立大学などに医学部保健学科として存在するのです。

もちろん、私立大学で、特に医療系の学校ではなく、例えば上智や早稲田などでも、医療従事者資格を得る学部学科がございます。

病院看護師やコメディカル以外のキャリアを目指すなら

Photo by Gustavo Fring on Pexels.com

そのような方達は、看護学が独立した学問ということを考えているかと思います。であれば、看護学をベースに、病院看護師以外のキャリア展開をした方が良いかと、個人的に思います。

もちろん、仕事は、人それぞれ、考えもあると思いますので、専門学校ではなくて、敢えて東大や京大、筑波大、弘前大などの国立大学や早稲田大学や上智大学を出て看護師やコメディカルとして勤務したいという方は、それは素晴らしいことです。

しかしながら、看護師やコメディカルなどの医療従事者以外に、色々な可能性を考えている方は、スタートが医療従事者だったとしても、比較的大きめな組織に居た方が、その後の転職に有利になります。

新卒で小さめのクリニックに就職して5年くらい経ってしまうと、そこから企業に転職するのは難しくなります

保健学科を出て、ヘルスケアビジネスや、ライフサイエンス系のコンサルタントになったりして活躍すれば、仕事の幅も広がりますし、高い給与も望むことができると思います。

外資、国内の総合コンサルティングファームなど、たくさんの可能性があります。

そういうキャリアプランを作ることは十分に可能です。

とは言えたくさんの人が、キャリア構築に無頓着というか、キャリアプランをあまり考えていなくて失敗するケースがあります。

もしかしたら、学生の段階で、しっかりとしたキャリアカウンセリングを受けていないというか、実際のキャリアパターンを知らずに、就職してしまうケースが多いのではないでしょうか。

もし、現在保健学科などに在学中の方や、看護師としてスタートしたばかりの方で、キャリア構築をお考えの方がいらっしゃいましたら、お気軽に連絡ください。無料で、キャリア構築の方法をお話しさせていただきます。

お気軽にご連絡ください