実力があるのに面接で落ちる人 その2

○すぐに同僚や知人に相談する人

よく、「狭い業界ですから…」と、言いますよね。どんな業界でも、ご自分の所属する業界を狭いと感じている方が多いかと思います。製薬業界にいたってはおそらくそれに輪をかけて狭いですよね。例えば丸5年も経つと、ほとんどの同業他社の会社に知り合いが数人ずつ居るような状況になりますね。逆に言えば、5年もやっているのに他社に知り合いがあまり居ないという人は、コミュニケーションに問題があるかもしれません。

ということで、製薬業界の人々は、同業他社の人々とコンタクトも簡単に取れる環境に居ます。場合によってはプライベートでもかなり仲良くなったりするものです。

そんな中で、当然転職云々の話は出回るのです。今度面接に行く予定のA社の知り合いにちょっと聞いてみようかな…なんて話にはすぐなるのです。そこで実際にA社の知り合いに電話をかけてみると…

ウチ? ああ、それやめておいたほうがいいよ!

半数以上、もしかしたら90%以上の方が、ご自分の所属する会社についてはこのように言うかと思います。理由は簡単です。自分の会社のことを、

ウチ、マジで最高。すげーお勧めのよい会社だよ。戦略もうまくやっているし、よい新製品出るし、周りの人も良い人ばっかり…。

こんな風にいう人、いませんよね。実は、実際に良いと思っていたとしても、このように言う人は少ないと思います。

従いまして、自分の受ける会社の噂というのは、ほとんどがネガティブな場合が多いのが現状です。その噂に惑わされるとどこにも転職ができなくなる可能性がありますよ。待遇や勤務地など、あらゆる情報を知人から集めようとする人が居ますが、やればやるほど不安が募ってきます。そこで、こういう方に申し上げたいことは、

「パーフェクトな会社ってありますか?」

ということです。転職の際に知人から情報を集めることは悪いことではありませんが、惑わされないようにしていただきたいと思います。情報を分析しすぎると、転職できなくなります。

知り合いにあまり話さないほうが良いという、もうひとつの理由があります。たとえばこんなケースです。

山崎さん、ぼく、今度山崎さんの居る会社受けるんですけど、どう思いますか? 何か情報ありますか?

こんなときに、聞かれたほうはどう思うでしょうか。

あれ、ウチ募集してるのか…。

ここまでなら、ネット上でもわかることだと思います。しかしながら、さらに突っ込んだ相談になると、一気に事がややこしくなります。

山崎さん、それで、僕、東京支店の支店長さんと面接するんですが、どんな人ですか?

え!! ウチの支店か。。でも人員は充足しているよな…増員? ちがうよな…え、もしかしてまだ社員に言ってないけど、これから転勤があるのかな???? だとしたら、誰だろう? ちょっと所長に聞いてみようかな・・・

その後、山崎さんの会社内で、誰が転勤になるのかなど大騒ぎになることは明らかです。しまいには、■■製薬の何某という奴がウチ受けるらしいんだけど・・・という話にまで発展します。MRであれば、車を運転しながら移動時間にハンズフリーのモバイルでみんな話しまくってることでしょう。

そうこうしているウチに、噂が飛び交っていることが本社にまで伝わり

ちょっと、社内がナーバスなので、今回の採用は一旦中止にします。

なんていうことになりかねません。面接を受けるということ自体が、コンフィデンシャルです。情報を集めることは、悪いことではありませんが、何でもかんでも話す人は、結局実力があったとしても、思わぬところで転職に失敗する可能性があります。それは控えるべきです。なぜかといえば自分自身を守るためでもあるからです。

広告

実力があるのに面接で落ちる人 その1

○面接のスケジュールができない人。

採用企業は履歴書・職務経歴書もさることながら、当然人物重視で採用を進めます。当然のことではありますが、面接が重要になってくるのです。ただ、その重要な面接ですが、実はそれ以前の問題を抱える方がかなり多くいらっしゃいます。それは面接のスケジュールができない人々です。

エージェント:「○○製薬ジャパンの一時面接ですが、先方から○月○日の日程が提案されていますが・・・」

候補者:「あ、その日は上司との同行があり難しいです。」

企業側の人事部は、採用活動が本格化するとかなり多忙になります。それも当然です。なぜなら、1名の内定者を出すために、平均してだいたい4人くらいの面接をします。例えば4人のうちの2人が二次面接へ進むことになると、次のステップは実際の支店長や所長になる場合、支店長や所長と候補者との面接を2スロットスケジュールしなければなりません。支店長や、所長はご存知のようにそんなに暇ではありませんので、そのスケジューリングはとても大変な作業になるのです。つまり、1名の内定者を出すために、一時面接で4スロット、2時面接で2スロットの最低でも6時間くらいの時間を空けなければいけないのです。これが2名の内定者であれば、単純に2倍、3名なら3倍です。

従いまして、企業側から提示された面接日程というものは、実は忙殺された中で搾り出された時間であり、大げさに言えば二度とないチャンスなのかもしれません。その貴重な日程と上司との同行をどのように天秤にかけるかということが候補者側の課題になります。もちろん、現職の業務をおろそかにする事は、プロフェッショナルとしてどうなんだろう? という意見もあるでしょう。 しかしながら、よほどの状況(例えば自分が司会をする研究会がすでにセットされている)でなければ、ある程度は調整できるはずです。自分の将来のチャンスと天秤にかけられますか? 単なる上司同行やただアテンドすればよい研究会などであれば、何らかの方法で調整できるはずです。

実は、企業の人事部によっては、その調整能力が見られる場合があります。面接日程が2週間先であれば、仮にその時間がバッティングしていたとしても、なんとかハンドリングできるだろう…と。そのハンドリングができない候補者って、どうなんだろう? という疑問にも発展しかねません。 

また、これはリクルーターとしての経験なのですが、実は優秀な人ほどもちろん忙しくはあるのですが、優秀な人ほど当然ヘッドハンターも多くコンタクトしますし、また優秀な人ほど多忙な中で面接調整をしてくれるのです。そういうものです。

実力のある方々、企業側から提示されたピンポイントでの面接日程を調整することも、貴殿の実力のうちですよ。