広告

異業種営業職から、ヘルスケア業界(医薬品MR、医療機器)営業職に転職するという事

●安定した業界

医療は我々にとって必要不可欠であるように、関連するヘルスケア業界は当然の事ながら安定して需要のあるマーケットです。

 

●成長し続けている業界

医薬品、医療機器は常に進化をしております。また常にアカデミックと密接で、クオリティが高く、またマーケットとしてもクオンティティもたかい、成長業界であると言えます。

 

●ハイ・エンドな業界

医薬品、医療機器業界での営業職の場合、コミュニケーション相手は主に医師や薬剤師、その他の医療従事者になります。学歴も社会的地位も高い人々へのコミュニケーションで営業スキルも磨かれます。

 

●貢献度の高い業界

医薬品、医療機器業界でのコミュニケーション相手は医療従事者ですが、その延長線上は患者です。患者への最新の医療の提供を担う、貢献度も意義も高い営業です。

 

●待遇の良い業界

クオリティもクオンティティも高く、ハイエンドな営業には当然の事ながらそれに比例した報酬が伴います。MRも医療機器業界での営業職も他の業界での営業職よりも一般的に高い給与であるデータが多数有ります。
そんなヘルスケア業界に飛び込んでみませんか。貴方の営業力を常に求めています。

大学卒、営業経験3年以上、5年以下、30歳以下の若手の方。他業界でご活躍の方、是非ご連絡ください。
企業選びから面接対策まで、すべてサポートさせていただきます!!

 

 

広告

About Kenichi Yamazaki
Recruiter for Healthcare companies since 2007. Graduated Meiji University. Work at Nikken Chemicals, Kowa pharmaceuticals as a MR. Join SUNY Stony Brook Incentive English Center 2 years. Upon 2007, Recruiter for over 10 years. From 2017, Located Bangkok.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。