プライマリー領域は専門性が低いの?

最近、というか、結構前からですけど業界のトレンドは専門領域みたいになっていますね。特に医薬品業界でキャリアを積もうとする若い方は、なにかとオンコロジーをはじめとした「専門性の高い」領域に携わろうとしますね。

そもそも、専門性が「高い」って、なんだよ?という議論もあると思います。プライマリー領域、たとえば慢性疾患の糖尿病や高血圧、喘息などなどは専門性が「低い」のですか???。 そんなことないと思います。そんなこと言ったら、糖尿病の先生に怒られますよね。というか、むしろこれらの疾患は専門性はかなり高いとも思ったりします。

つまり、いわゆる「専門領域」に携わりたいという人々は「専門性」という日本語を隠れ蓑にして、実際はジョブセキュリティをかなり気にしているということこが見え隠れします。ジョブセキュリティというのは文字通り安定した仕事、つまり、「食いっぱぐれない」とでも言いましょうか。

現在の各社のパイプラインを見れば、オンコロジー、しかもその中でもオーファンの製品が軒並み並んでいますよね。これらの候補物質が数年後に薬として世の中に出てくると見込むなら、若い方々はその領域に精通している方が「食いっぱぐれない」と感じますよね。また、ここ数年のメガファーマを中心とした大幅な人員削減を目の当たりにすれば、若い方々にとっても気が気ではないですよね。「明日は我が身」という気持ちは察します。特に長期収載品や慢性疾患の部署ほど人員整理の対象となりやすく、オンコロジー領域やCNSやオーファンなどの領域は各社残そうとしていますよね。この業界の動きの中にいれば、そりゃ、だれでもオンコロジーに携わりたくなりますよね。

でも本当にプライマリーはダメなのでしょうか。私は製薬会社を辞めた身で言うのもなんですけど、プライマリー領域のほうが相性があいます。同じ領域で5剤も6剤もあり、シェアを取り合ったり、ジェネリックが出てその対策をしたり、そういう中にいると、なにか「戦っている」気がします。ドクターも一社一社といちいち長話する時間もないので、手短なディテールが必要になります。むしろその手短なディテールの方が、私のような文系MRには合っていました。例えばドクターと腰を落ち着けて個別の症例について処方の提案をしていくような仕事は、大変素晴らしいとは思いますが、私にはハードルの高いものでした。その代わりというか、高血圧や糖尿病の薬で、制限されたルールの中であの手この手を使ってシェアを勝ち取っていく方が合っている・・・・そんな方々、居ませんか?居ますよね。で、けっこうレベルの高い学術内容まで話したりしますよね。

株価は続落しますと反発しますよね。振り子は右に触れると左に触れますよね。何か、今のトレンドが専門領域偏重に振れ過ぎているような気がします。このトレンドが続くとそのうちオンコロジー領域担当者数がダブつく時が来るかもしれません。プライマリーは客観的に見れば、開発品目は少なくなっても、依然として糖尿病や高血圧の領域は画期的な新薬を待ち望んでいます。また長期収載品も製薬会社の収入の柱になっていることも明らかです。ご自分にとってはどれが「幸せ」な選択なのでしょうか。なにか、固執して何が何でも専門領域にという考えでキャリア構築を考えると苦しくなっちゃうのではないかと感じております。

広告

データ化できないこと

最近複数の会社でデジタルMRなる新しいポジションを作る動きがあります。ITを使って医師とやり取りをするというもの。スカイプのようなビデオ会話を使って、医薬品の情報提供をするというものです。

そものそもその成り立ちは色々なデータから生まれたものです。医師が医薬品の情報を得る方法の中で、MRから直接聞くということが少ない、そしてインターネットからの情報が多いという、よくありがちですよね。ですので、スカイプで良いじゃんという、論旨の展開ですね。

確かにデータも正しいのでしょうが、であれば、誰でも良いということになりますよね。

 

ありきたりなデータだし、ありきたりな展開ですよね。「だから、デジタルで済む」とか、そういうリードをしたいという展開ですよね。薄いです。人と人とのコミュニケーションはそんなものではありませんよ。

ウマがあうとかあわないとか、そういうのありませんか。つまり、「よくわからないけど、あの先生は使ってくれる」とか、そういうのです。妙に気があったりすることありますよね。あのMRが来ているから使うとか。同じような知識や同じように努力していても、誰でも同じではないですよね。それが個性でそれが「なんとなく」というところではないでしょうか。

売れるMRっていますよね。それは知識や勤務態度に必ずしも比例するものではありませんよね。空気読んだり、うまく懐に入ったりできる人。なんとなく売ってくる人です。それはビッグデータで補えないでしょうね。

社内でもそうですよね。全く同じような知識、経験、年齢の人材が20人いても全員同じ職位ではありませんよね。

面接もそうです。同じような経験とスキルの人が複数いて、ポジションが1つしかないときは、なんとなくで1人が選ばれます。

なんとなくというのは、データでどのように説明するのでしょうか。

 

Pitfalls of referral program for mid-career hirings at Pharmaceuticals in Japan.

Referrals is one of the efficient way to get good people as a company. However, Referrals are also pitfalls to fair the hiring people.

Pharmaceuticals would do the same with. Keeping the fairness with judgement for hiring people is the key thing when the company try to hire by referrals. Even if the hiring manager try to keep fair judgment, in many cases, the group of new hire tend to be the acquainted party.

Think about that, the organization that everyone knows everyone else. It will be extremely unusual.

During the restructuring-hurricanes hovering the Japanese pharmaceutical employee market on these few years, bunch of senior people left from mega pharmaceuticals. Now in the beginning of 2016, the trend of the decreasing people in pharma industry seems to come end, and start to change up from now. Some companies actually try to start to hire people again in 2016.

One of the good thing about the referral hiring program is the low cost. It would be No agency fee, no interview time and schedule, to get good experienced people. It sounds amazing.

However, companies sometimes need people who said something different, need people who has the new point of view. If companies try to hire only by referrals, it would be very difficult to get people who has different point of view. Especially in this particular period right now, many people who left the mega-pharma company is seeking the opportunities. This is the situation, bunch of people in the market but very few open positions in the market.

In this “buyer’s market” make the hiring manager think about referral program because hiring side is very strong. It is not necessary for company to use agencies to get good people. Also, in this market looks nonsense to pay agency fee to get people, because too easy to reach the job seekers.

Actually there are many hidden pitfalls in the way to get people by referrals now.

As a company, easy to get people, however, as job seekers, it is very difficult to get opportunities. So, if there are opportunities, many job seekers should be interested in. And the process will be the referral, many job seekers try to become nice with the hiring managers. Many job seekers try to watch out the hiring managers, many job seekers try not to have different opinion with the hiring managers. These kind of people are hired in the results, but the after words, the organization or the group would be just a Don and mafia.

If your organization want to get new people with low cost.If your organization want to get better people with low cost. Call me now.  This might the message to expat people in pharmaceuticals in Japanese organization, “contact me now, I have solution for hiring strong force to you.” Also, tell me the cost issue, I have the solution about that. To let you win your business here in Japan, I am here to help you.