blog

いつ諦めるのか?

諦めることで、前に進む時もあります。

受け入れることで、未来が開けることもあります。

今日はまたモチベーションシリーズです。でもちょっと哲学的です。せっかくですので、このシリーズはしばらく続けます。

頑張りか、固執か?

何かを成し遂げようとして、ずっと頑張っていることは、とても良いことなのですが、それが「頑張り」ではなくて、「固執」だったりすることがあります。そういう時は要注意です。なぜなら、自分では気が付かないからです。

Accept what u can’t change. Change what u can’t accept.

自分では頑なに何かを信じて、その目標があるからこそ、日々研鑽して前に突き進む。それは良いですが、時に、それが、自分のキャパシティを超えていることもあります。つまり、almost impossibeだったりすることもあるのです。

それに気づくには、客観視が必要です。

しかしながら、客観視をするためには、誰か他の人に頼まなければなりません。しかも、だんだんおっさんになってくると、そういうのもちょっと青臭くて、そんなことを他人と話すことは、非現実的です。

したがって、自ら客観視する癖をつけておくことをお勧めします。

客観視する癖とは、どのように身につければ良いのか?

それは、簡単です。

「自分、間違っているかもしれない。」

「もしかして、他人の方が、正しいかも知れない。」

というような意識を常日頃持つように心がけてみてください。

自分が間違っていることもあります。

相手の方が合っていることもあります。

Accept what u can’t change. Change what u can’t accept.

このような意識を持っている人は、前に進める人かと思います。

前に進みましょう。 固執しないで、moveしましょう。

前、それはただ一つ、正しい方向なのです。その正しい方向に動くために、時には固執を捨ててみましょう。

例えば、全く関係のない、全く違った、予想もしなかった道に、踏み込むことさえ、それは前に進むことになります。

思い描いていた道と違う方向は、何か、踏み外しているように見えるかも知れませんが、そうでもありません。

受け入れて、

変えて、

進むのです。

そのためには、執念を捨てて諦めてみましょう。

ただ、それはいつなのか?

いつ諦めるべきなのか?

それは、壮大なケースバイケースなのです。なぜなら、簡単に諦めては、何かを達成することが難しくなるからです。

簡単に、諦めろ! と、言っているわけではありません。

では、いつ諦めるのか??????

そのタイミングを知るためには、常日頃からの客観視が必要かと思います。

受け入れて、未来に進みましょう。

◆ ◆   ◆  ◆

🐳 公式LINEを作りました。まずはお友達登録。

🦑 顔本のグループを作りました。ジョインしてください。Club Kenny

🦀 Instagram フォローしてください。全くインスタグラマブルではありません。

🐠 コントラクトMRを受けたい、ちょっとキャリア相談したい、コメントしたい、文句言いたい、などなどは、こちらへ ストライキングリーのページ

カテゴリー:blog