アストラゼネカの新人事

アストラゼネカは、新しいCEO人事を発表しました。 その方の名はパスカル・ソリオ! 考える人みたいで恰好いいですね。

http://www.astrazeneca.co.jp/activity/press/2012/12_8_28.html

パスカルさんも相当優秀な方だと思いますが、アストラゼネカが、ロッシュの社長を採ったところに、なにかアストラゼネカの希望というか、期待というところを見て取って良いのでしょうか。例えば最近ヤフーがグーグルの重役を採用したのと似ているような感じがします。

パスカルさんはロッシュのCOOです。ロッシュと言えば、現在最も注目されている製薬会社と言ってよいのではないでしょうか。注目されている理由は何と言っても最大のバイオ医薬品メーカーだからです。これからの医薬品業界は、遺伝子、個別化医療に乗らないと、生き残りは難しいですよね。そしてその主役となるのは抗体医薬です。ロッシュは「ジェネンテック」を2009年に完全子会社化した後、バイオ医薬品を中心とする分子標的治療薬の開発がさらに加速していますよね。現状のパイプラインで、抗体を用いて使用する医薬品が最も多い会社の一つです。その、ジェンティック買収、さらにロッシュのバイオファーマ化を先導し、売り上げを伸ばし続けてきた張本人が、パスカル・ソリオさんです。

ロッシュはパスカルさんが就任してから取ってきた方向性により、現状最もホットなファーマになっているのです。抗体医薬、オーファンに不可欠な試薬は、ロッシュ・ダイアグノスティクが重要な役割を果たしています。特にアジアパシフィックでの成長は顕著ですよね。このパイプライン見てもすごいです。http://www.roche.com/roche_pharma_pipeline.htm

最近のアストラゼネカはどうだったのでしょうか。実は今年の4月に新しく会長が就任しました。新会長は元ボルボの社長であり、ヨーロッパ版経団連と申しましょうか、ヨーロッパの経済団体であるERT(European Round Table of Industrialists)の会長でもあるリーフ・ヨハンソン氏です。最近流行の異業界からのボードメンバーと言う感じでしょうか。その新会長が就任後4ヶ月たった先日の8月28日に、ウォールストリートジャーナルのインタビューに答えて言いました。

“There’s a number of medicines going off patent, We need to replenish them.” (http://online.wsj.com/article/BT-CO-20120828-709362.html)

彼が言っているのは、こういうことです。

①「たくさんの薬が特許切れになる」②「我々はそれら(製品)を補充する必要が有る」

特許切れとはなんでしょうか・・・日本で言えば、ネクシウムやクレストールでしょうか。ネクシウムは今のところ効果を全面的に押し出すことで功を奏しているようです。つまりオメプラールのジェネリックという経済性よりも、より良い効果という新規性がメリットを上回っているということでしょう。しかしながら、これもジェネリックが7掛けの日本だけかもしれません。もし他のPPIのジェネリックがもっと安くなれば、どんなにネクシウムが優秀でも新規性よりPPIジェネリックの経済性が上回ってしまうでしょう。クレストールに至ってはスタチンのマーケットそのものがジェネリックに取って代わるところです。アボットやファイザーの様にプライマリー領域、長期収載品には、別のストラテジーが必要になるのかもしれません。

補充する必要があるとはなんでしょうか・・・言葉の通りです。とにかく製品、パイプラインを補充する必要が有るのです。アストラゼネカの会長は、はっきりとインタビューに答えています。つまり、裏を返せば、製品、パイプラインが手薄だと、いうことに他なりません。

なんと言うか、やっぱり、異業界の雰囲気がします。新しい風は良いことだと思います。由緒ある経済紙に自分が会長をしている会社のパイプラインが良くないと言っている訳ですから。なかなか医薬叩き上げの人はこう言えないかもしれません。株主や他の経済団体向けには、とてもわかりやすくて、良いのです。私もそう思います。そういえば、ノバルティスのトップも、ハインツから来た方ですし、最近日本のアストラゼネカに、P&Gから部長が来ましたよね。すばらしい流れですね。私のようなリクルーターとしては、こういう動き大歓迎ですね!(笑)

日本で言えば、トヨタの豊田社長が、武田の社長になっちゃったとか?? ありえなーい! だけどもありえるー。(笑)

ヨハンソンさんの発言は、今まで製薬会社の閉鎖性と言うか、排他的な感じと言うか、他からの参入を嫌うようなカルチャー、その参入障壁のフラストレーションを取っ払ってくれているような気がします。

奇しくも、彼が、WSJのこのインタビューに答えたのは、彼が関与した人事異動、つまり彼がロッシュから辣腕社長を連れてきて、プレスリリースがあった直後でした。すなわち、リーフ・ヨハンソンさんがパスカルさんに期待していることは、火を見るよりあきらかです。それは、古巣のロッシュでパスカルさんがやってきたように、アストラゼネカに置いても例えばジェネンティックのような会社とのコラボレーション、M&Aをして、抗体医薬、オンコロジー、ワクチン、オーファンドラッグなどなどを補充してほしいと言うことです。

アストラゼネカがこれから活況になりそうです。

MR 東京のポジション

外資系大手製薬企業でのポジションです。

勤務地が東京のポジションございます。

特に若手の女性のMRの方、大歓迎です。

 

医薬品パッケージラベルスペシャリスト  

外資系大手製薬企業でのポジションです。

レベルはアシスタントマネージャー。マネージャーの一歩手前です。

基本的に薬事・QA領域のポジションです。

パッケージラベルの経験のある方! ご連絡お待ちしております。

未経験からCRAへ

外資系のCROで、モニターに挑戦。

理科系出身の方、薬剤師の方、臨床開発に興味のある方、是非どうぞ。

第二新卒中心の募集です!

詳細など、下記にご連絡ください。こちらからご案内いたします。

iPad ヘルスケアの未来に

日本にある、国内、外資問わず、製薬企業各社でMRにiPadの導入が進んでいるようです。

ただしiPadが現場でどのようなツールになるのか? どのようなツールにするべきなのか? そこは色々試行錯誤の段階なのでしょうか。実際に外資系製薬企業のMRにiPadの使い方を聞いてみましたが、プレゼンツールや営業管理ツールが現状の様です。現場の医療従事者からは、プレゼンツールのiPadなら、はっきり言って退屈というか、MRさんが近寄ってきてiPadを見せられても迷惑な話かもしれません。

アンケートツールもありました。アンケートを取りながら、実際にドクターの名前入りで記録されます。たとえば、「現在○○○疾患分野の薬は何をお使いですか。」「満足していますか」「近々発売される弊社の製品は、これこれこういうメリットがありますが、発売されたら使いますか」「シェアで言うと、弊社の新製品は競合品に比べてどれだけのシェアで使いますか」などなどというような質問をMRがしながら、iPadに入力していきます。数か月後、実際にその新製品が発売された後に、同じドクターに記録を見せるのです。「先生、70%以上が弊社の新製品に代わるって、言ってたのに、使ってないじゃないですかぁぁぁ???」みたいなツールです。

ちょっとばかり強引な気もします。

そんな中、もしかしたら参考になるかもしれないムービーが、実際のアップル社のiPadの導入例の中にありました。まあ、アップルのwebなので当然宣伝ではあるのですが、何か明確な用途がクリアに表現されています。

メドトロニック社のiPad導入例が紹介されていますが、何だかかっこいいです。

メドトロニック

アップルのwebからです(http://www.apple.com/ipad/business/profiles/medtronic/)

メドトロニックと言えば、グローバルで医療機器No.1の企業ですよね。日本法人も大きいですね。ペースメーカーやステントやスパインを扱っています。僕もお仕事でお世話になっています。

Building business with in-house apps

Medtronic has created more than a dozen in-house iPad apps to access proprietary information, improve efficiency, and enhance customer engagement. The apps are distributed through a password-protected, internal Medtronic website that lets the company control access to qualified staff and easily provide app updates.

メドトロニックではたくさんの社内用iPadアプリを開発しているようです。インハウスのアプリを12個以上作ってるって、すごいですね。

日本で活躍しているMRのみなさん、iPadが導入されたかと思いますが、皆さんの会社でiPad用の社内専用アプリが12個以上ありますか。どうなのでしょう。。。。

not only for pull up information very quickly, but they can use the graphics to help tell us the story in the way that’s very memorable

すみません、英語が早くてよく聞き取れないのですが、何だかプロフェショナルな雰囲気のセールス風の女性がこのように言っている気がします。つまりSales Representatives、日本で製薬で言えばMRですが・・・にとっては、情報を早く引き出すだけではなくて、グラフィックを交えた展開でドクターに紹介できるのでとても覚えてもらいやすいということです。

この映像にあるようなグラフィックは、ステントやペースメーカーだと思いますが、なんだかとてもクールに見えます。

メディカルデバイスなので薬よりもテック、ITなどに合っているような気もします。それにしても、メドトロ、金掛けてますねぇ。さすが、グローバルNo.1医療機器メーカーですね。

集計ツールとしては、ドクターとの相互のフィードバックが、通常期待されているスピードよりとても速く集計できるということですが、それは確かにそうですよね。大勢のセールスレップが同時期にドクターの声を入力すれば、今までとってきた統計の形よりもドラスティックに早い段階で結果を見ることができて、ビジネスがより効率的になりますね。

help more patients have access to the therapies that we offer, to the technology that we created

これも早すぎて正確かわかりませんが、メドトロニックが提供する医療をもっと多くの患者さんが享受できる。つまり、iPad導入によって、メドトロニックが作り上げたテクノロジーによる医療を、より多くの患者さんに提供できるということでしょうか。

実は、数年前に、メドトロニックの日本法人の社長だったスティーブさんと話したことがあるのですが、彼が以前に別会社からメドトロニックに移ることを決意した決めては、まさにこの患者フォーカスということに尽きるということを言っていたのを思い出します。その時にはもちろんiPadはありませんでしたが、メドトロニックが言っていることは、なるほど、一貫しているような気がします。

“iPad is a game-changer in healthcare.”

Michael Hedges, Chief Information Officer, Medtronic

Game-Changerって、世論を変える的な意味ですね。メドトロニックのCIOは、iPadがヘルスケアの世界の動向を大きく変えるものだと、最後に位置付けています。この発言、まあ、アップルの宣伝とはいえ、すごいですね。それだけiPadのインパクトはヘルスケア業界で強いんですね。

iPad、日本で同じように使いこなしているのだろうか。。。。

Confidential:Group Manager, CNS Group at European Mega Pharma 給料1600万円

Required Expertise (knowledge/experience/qualifications)

Experience
 Experience in field force (MR, District or Regional Sales Manger) in pharmaceutical industry (3-5 years)
 Experience in pharmaceutical products in Marketing (3-5 years)
 Experience in management

Knowledge
 High Product Marketing skill
 Analytical skills
 Conceptual and strategic thinking

 

 

詳細など、下記にご連絡ください。こちらからご案内いたします。

Confidential: Head of Global Communications 給料2000万円

日本の企業です。医療・他の産業に貢献している大手企業です。

ポジションは、広報、marcom、コミュニケーション経験者が対象です。

 

詳細は下記にお問い合わせ下さいませ。

Head of Global Communications Maximum Salary: ¥20,000,000

Job Postion Level: Director Job Function: Communication

Confidential:外資系製薬企業で女性の営業 部長職 CNS領域 

ある外資系製薬企業での募集です。

女性積極採用です。

CNS領域の経験は不問です。

詳細など、下記にご連絡ください。こちらからご案内いたします。

Confidential  : あるヘルスケア企業の事業部長 給料2000万円

詳細など、下記にご連絡ください。こちらからご案内いたします。

OTCブランドマネージャー  : ヨーロッパ系メガファーマ

詳細など、下記にご連絡ください。こちらからご案内いたします。

医薬品の売上ランキング 2012第一四半期 日本とアメリカ

久々の更新になりました。7月より新しいファームに移り、いろいろとバタバタしておりました。それにしても、この夏は暑かった。これからお盆ですのでまだまだ夏なのですが、ようやく朝晩は過ごしやすくなった気がします。さて、お盆ということで、ビジネスの世界では第三四半期、Q3の真っ最中なわけですが毎年のようにこの時期のビジネスはスローです。こと、リクルーティングにおいては最たるもので、なにしろ「人事」というように人が居なければ始まらないビジネスなので・・・。お盆はさすがに遅くなります。

そんな中、第一四半期の医薬品売上ランキング的なものが、少し前に出てきました。日米で比較すると面白いです。

日本 (imsより http://www.ims-japan.co.jp/docs/top_line_121j.pdf

上位 10 製品  2012 1Q   JAN-MAR

売上金額 (単位:百万円)

医家向製品  薬価ベース 前年比%

  • 1 ブロプレス   28,259   -7.7%
  • 2 デイオバン   26,727   -3.2%
  • 3 アリセプト   25,847   -18.7%
  • 4 プラビツクス   22,283   17.8%
  • 5 リピト-ル   20,107   -19.1%
  • 6 タケプロン   20,008   2.4%
  • 7 アレグラ   19,794   -12.1%
  • 8 レミケ-ド   19,532   13.3%
  • 9 モ-ラスヒサミツ   19,042   -4.3%
  • 10 オルメテツクダイイチサンキヨウ   18,866   -5.2%

1位は武田のブロプレス(http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2149040F1026_1_21/)そしてそれに次ぐ2位もARBのディオバンですね。日本では高血圧の薬が1位と2位を占めていますね。しかも両剤とももうすぐジェネリックが出そうなくらい発売して何年もたっている製品ですね。まさにARB大国日本ですね。ジェネリックが出たら影響が出ますよね、特にこういう生活習慣病というか、慢性疾患の薬は、ジェネリックに抵抗がある人でも、ジェネリックに替えやすいという話を聞いたことがあります。

3位のアリセプトはアルツハイマー型認知症(痴呆)進行抑制剤ですね。エーザイが開発し、ファイザーが海外では提携して同じ製品名で展開してブロックバスターという、圧倒的な売り上げを残し続けた製品ですね。発売後10年以上たっている今年のQ1でも3位に入っていますが、対前年比でなんと18.7%のマイナスですね。理由は当然ジェネリックの出現によるものですね。アリセプトのジェネリックは2011年になんと30社が参入したそうです。(http://file.marugariita.blog.shinobi.jp/ceefd8ef.pdf#search=’ドネペジル%20ジェネリック’)そりゃ、対前年が落ち続けるのも当然ですよね。これがいわゆる医薬品業界の2011年問題ですね。ざっと30億円くらいは落ち込んでいるわけで、ファイザーも相当の対策が必要になるわけですね。

4位のプラビックスは抗血小板剤で、上位では唯一対前年の売り上げを伸ばしていますね。最近PPIとの相互作用も話題になりましたけど、順調に売り上げを伸ばしています。大型ですね。

そして5位のリピトールはこれも2011年問題ですよね。日米ともにジェネリックが大ニュースになりました。これこそブロックバスターの代名詞だっただけに、今でも影響を受け続けています。それでもまだ5位に入っていますね。ファイザーはアリセプトといい、リピトールといい大変ですよね。

まあ、大変大変と言っても、ファイザーもその他大手先発品メーカーもジェネリックのチャネルをしっかりと持ちつつあります。ファイザーもエスタブリッシュ部門がジェネリックを扱いますし、サノフィ・アベンティスも日医工と提携していますよね。ちなみに、サノフィと日医工はリピトールのジェネリック売るみたいですね。ちなみにたとえば、ノバルティスはサンドが、アボットはホスピーラが関連ジェネリックメーカーで存在しますね。

ただ、ジェネリックと言っても、日本での7掛けはグローバルにおいてはかなり高いみたいですね。たとえば、リピトール10mgの先発品の薬価は113.6円に対して、最初に出たジェネリックの薬価が76.5円、次に出たジェネリックの薬価でも68.9円ですので、本当に7掛けですよね。これにたいして、たとえばアメリカでは先発品に対して15%から20%だそうですから、10円とか20円という世界なのです。保険制度がプライベートのみかもしれないけど(今のところ)、この値段だったら自分で買っても問題ないですよね。

この先発品とジェネリック品の価格の開きは、ただ単に医療費の削減ということだけでなく、ビジネスにおいては何を意味するかというと、そのカテゴリーでどれか一つにおいてジェネリックが出てしまった場合、日米で戦略が若干違ってきます。

たとえば日本ではリピトールのジェネリックが出ても、リバロやクレストールもそれなりに戦えるのです。もちろん、安いほうがよいのですが、ただ、もしリバロやクレストールが気に入っている患者さんがいるなら、多少、つまり30円か40円高くても、「先発品で良いよ」という場合が出てくるでしょう。ところが、アメリカのように、リピトールが10円とか20円で売っていたら、いくら気に入っていても100円の先発品は売れないですよね。 開発品目も同じです。今から、たとえエビデンスも出ている最良の、過去ベストのスタチンが出たとしても、もう売れません。既存の先発品も売れない、同種の開発もストップする…。つまり、そのカテゴリーの医療用医薬品マーケットの終焉的なものを意味するような気がします。日米では、同じジェネリックが出たと言っても、インパクトや意味が違いますね。

さて、6位以下ですが、いやー、昔の薬ががんばっていますよね。やはり、日本のマーケット、日本での製薬会社は製品を大事にする文化があるような気がします。これは、医薬品の場合、良い事なのか、悪い事なのか、わかりません。情報を持った生命関連製品ですから、コカ・コーラのようなコンシューマー製品とはもちろん違う。当たり前ですが。いまだにスタチンや抗アレルギー剤、ARBなどを主力と掲げなければいけない会社、そこの優秀なMRは、なんというか、お腹いっぱいですよね。転職の動機にもなります。「今年もスタチンの拡売かよ・・・」みたいな。

さて、アメリカです。

http://247wallst.com/2012/07/18/top-10-u-s-drugs-for-2012-first-quarter/

ていうか、WSJ、エビリファイのスペリング間違えてますしたので、修正しておきました(笑)

  1. •Plavix (BMY) — $1.62 billion in sales
  2. •Nexium (AZN) — $1.40 billion
  3. •Abilify (Otsuka) — $1.34 billion
  4. •Singulair (MRK) — $1.24 billion
  5. •Seroquel (AZN) — $1.16 billion
  6. •Advair Diskus (GSK) — $1.14 billion
  7. •Crestor (AZN) — $1.12 billion
  8. •Cymbalta (LLY) — $1.03 billion
  9. •atorvastatin (generic) — $0.95 billion
  10. •Humira (ABT) — $0.93 billion

それにしても、エビリファイすげー!!

エビリファイは、ちょっと置いておいて、見てください。

リピトールが消えています。そして、9位に早くもリピトールのジェネリックが入っていますよね。アトルバスタチンです。これが今回のランキングの日米の最たる違いじゃないでしょうか。リピトールは日米ほぼ同時にジェネリックが発売されて、しかも、アメリカよりも日本のほうが圧倒的に参入会社が多いはず。にもかかわらず、日本ではまだ先発品のリピトールが5位に食い込んでいて、ジェネリックは10位以内に入っていません。さらに薬価が10円20円のジェネリックがランクインするわけですから、それだけ量が出たんでしょうねえ。いやあ、リピトールインパクト大きいな。

さて1位にプラビックスが入っています。アメリカではブリストル・マイヤーズ・スクイブが売っています。日本ではサノフィです。長年リピトールが座っていた1位の座ですが、同じくブロックバスターのネクシウムを上回り、Q1では1位ですね。

まあ、しかしながら、Plavix、一般名clopidogrelも、すでにジェネリックが出始めましたので、おそらくQ4にはランク外に消えてしまうのでは? そして、この領域の他の競合品が全く売れなくなる・・・・ちょっとQ4は早すぎるかな?。 決して早くはないですね、なぜならプラビックス75mgの薬価は日本では275円ですが、アメリカでは、しかもオンラインで1錠あたり$0.25くらいで買えちゃうわけですから・・・。

Crestorもランク外に消えるでしょうね。それにしても、日本とはだいぶ薬の種類が違いますね。

エビリファイすごいですね。しかもアメリカでもOtsukaですね。

Wikiでは、一般名アリピプラゾール(Aripiprazole)(商品名:エビリファイ®)は大塚製薬が発見・開発し、世界60カ国・地域以上で承認されている非定型抗精神病薬の一つである。略称はARP。2006年1月に許可。

医薬品もなんというか、生活習慣病だの、高血圧、高脂血症というところから、心の病気にマーケットがシフトしてきたような気がするのは私だけでしょうか。そろそろ本格的に日本人が精神科に堂々と通う時代が到来かもしれませんね。

大塚製薬と言えば、サントリーや出光のように非上場の勇ですね。いやー相当株価は上がるはずですよね。 非上場かと思ったら、ホールディングスが上場してました。 2010年の年末に、鳴り物入りで上場し、当初2100円で売り出した株価は、現在2407円ですから、300円以上上げているわけですね。大塚の株、アメリカで売り出したら絶対売れますよ、ただでさえ気運に左右されやすい医薬品株ですから、ランキング3位ってインパクトがありますね。

まだまだこちらに関連の話題は続きますが、次回に。