MRは業界を背負うな

MRは素晴らしい仕事なので全然続けて問題ありません。業界の将来を悲観する人が多いですが、一人ひとりが業界を背負っているわけではありません。MRの全体数が減ってるとはいえ、自然に辞める人もいるし、早期退職で、割増退職金をもらって、ハッピーで去る人も居るので、何か、斜陽産業と必要以上に思う必要はありません。業界はオワコンでも、現職MR一人ひとりが影響を被ることは考えにくいです。

仮に斜陽産業だったとしても、一人ひとりのキャリアにはそれほど影響ありません。かつて、自動車業界や半導体業界がボロボロになりましたし、新卒も中途も全く採用がなくなり、大規模なリストラがありましたが、業界内では、一人ひとりしっかりとキャリア形成している人がほとんどです。

業界の将来が悲観的だからと言って、自分の将来に照らし合わせる必要はありません。

ただし、学べるものがある程度吸収し終わった、これ以上MRをやっても、新しい成長は無いと考えた場合、今後の選択を迫られることになるかと思います。

選択1:MRは素晴らしい仕事なので、このまま続ける。

職人的な生き方です。悪いことはありません。ベテランのまま、続けます。そしてもし将来早期退職制度があれば、手あげしても良いですし、しなくてもよいでしょう。ただ、必要なことは、仮に、万が一、MRから突然はじき出された時にことを少し考える必要はあります。私が個人的に進めるのは、今から投資などをして、資金形成だけはしておくことです。年齢が進んだら、もうMR以外で同レベルの給料をもらうのは難しいと考えてください。

選択2:社内でMR以外のキャリアを模索する。

社内公募などあるかと思います。MSLやマーケがMRからのキャリアパスとしては多いかと思います。ただハードル高いと聞いております。そのためには、英語力だと思います。英語といっても、何も日常的に英語をペラペラ喋るわけでは無いので、その指標としてはTOEICになるかと思います。TOEICが高いからといって、英語が得意とも限らないのですが、外から見せるためには、TOEICの点数をあげることだと思います。社内での異動であれば、最低でも750点必要でしょうか。
注意点としては、マーケとかMSLがやりたい仕事なのかどうか。実は結構きつい仕事であるという事の認識が必要かと思います。

MRの将来に悲観して別職種という選択肢は、オススメしないです。

選択3:社外に転職する

MRの転職先はMRが一般的です。個人的に勧めているのは、将来独立開業を見据えて、コントラクトMRで気楽な立場に移る事です。独立開業は、調剤の経営や、行政書士などの開業になるかと思います。それまでだいたい2年くらい、コントラクトで気楽に過ごして、勉強に集中するという事です。
新しく募集する企業もありますけど、圧倒的に少なくて、応募が殺到するかと思います。そのためハードルが上がっています。なかなか難しいです。
社員紹介が多くなりますので、アホだと思う上司にも普段から不義理しないほうが良いです。そういうアホな人ほど、要領よく新しいポジションに居たりするものです。

よくMBAのコースなどを日本語で履修して、転職によってマーケに行きたいなどというMRが居ますが、無理ゲーです。


転職の場合はマーケならマーケとしての職務経験が必要になります。社内異動なら、大丈夫です。その前に、前述しましたが、そもそもマーケやMSLがやりたし仕事なのかどうか、MRは考えた方が良いかと思います。なぜなら、結構キツイという声が、元MRの方から聞こえてくるからです。
薬剤師や理系の方なら、CROでCRAに転職することも考えられます。最近は文系出身のMRもCROでCRAになっている人もいます。ただしこれも同様で、それがやりたい仕事なのかどうかです。もちろん、仕事というのは、どんな場合でも負荷はあるし、嫌なこともあるのですが、MRに慣れている人は、結構他の職種に苦痛を感じることが多いです。その一番の理由は、ずっと社内に居たりすることとか、資料作りとか、そういったフィジカルな事が実は大きいです。社内で、9時から夕方6時まで嫌な人とずっと同じ空気吸えますか?

選択肢2と3は、給料が一時的に下がるということを念頭においてください。

このように、MRがMRを続けても、特段問題もないし、それほど悲観することもありません。ただし突然はじき出された時には、MRしかできないので、路頭に迷わないように、お金を貯めた方が良いかと。

続けるならお金、続けないなら英語です。

友達の宣伝2件!!!

  • 個人的に、保険代理店に行った、仲の良い元MRの人が居ますので、お金の相談のある方はお気軽に連絡ください。紹介します。
  • アメリカ時代から知っている方、その後外資企業の法務関連を渡り歩いた女性が、英語コーチで独立しました。TOEIC対策したい方、お気軽にご連絡ください。紹介します。

MRは業界の将来と自分のキャリアは分けて考えても大丈夫です。業界の将来を憂えるのは、時間の無駄です。MRは素晴らしい、色々な人とトークして、色々な人に会えて。こんなにコミュニケーション能力が鍛えられる仕事ありません。MRを続けても、全然良いのですと、個人的に思うのです。別に行きたくもなければ、他の仕事になんて行く必要も無いかと思います。憂えるよりは、毎日楽しんだ方が良いです。ただし、資産形成を考えましょう。

広告

オペラシティ方面のリストラ

サノフィはよくわからない。数年前から毎年毎年リストラをしていて、今回もまた発表なので、特に驚きはないけど。

わからない点1:ジェンザイムビジネスユニットでIL5(デュピルマブ)とIL6出したけど、IL5は売れているみたいだけど、それは良いとしてもどうして発売時に外から人を採ったのか?

リストラするほどサノフィ本体に人材がいるなら、デュピルマブ発売時に外から採らずに、中の人を異動させて活用すればよかったのに。

サノフィ歴長いA君の話:

いやー、サノフィ本体の人が免疫とか難しいのなかなか無理っすよ。なにせ、プラビックスとかアレグラとか特に何もしないようなMR活動が基本になってる奴ばっかですから。ドクターにも、今まで長年、「眠くなりません」くらいしか言ってませんから。

わからない点2:リストラは良いけど、そんなに毎年毎年何回もするほど、余ってる人がいるのか? 確かに糖尿病とかの薬だと、時代が難しいのはわかるけど。売れてる薬本当にないのか?

サノフィ歴長いB君の話:

いやー、プラビックスの特許切れて、アレグラもゾロが出て、もう低迷長いっすよ。パイプもPCSK9は薬価でコケるし、IL5は期待ではありますけど、会社全体を挽回するのはちょっと。それに乾癬の方は、、もう時効かもですけどアレグラのゾロ出るときに皮膚科の顰蹙買ったままですから。。。

わからない点3:バイオベラティブの買収だけど、血友病の薬は、もう中外の良いやつが出て、シャイアーのもバイオベラティブも減るばかりと聞いているけど、どうなんだろう。仮に頑張って、なんとか減らなくて済んでも、増えることはないと思うのだが、それが素人でもわかってて、何故買収したのか。

サノフィ歴長いC君の話:

謎ですよー。ていうか、元サノフィの人とか結構いますからねえ、ベラティブには。合併しましたので、もしあと数年いて元サノフィの人が早期退職の対象者から外れたら、おかしなことになるでしょうね。同期でもかたや10年20年いる人と、ベラティブから出戻りは2年か3年?対象外になっちゃうこともあるでしょうね。まあ、そんなこと想定せずに辞めたのでしょうから、辞めたときには。だからそれはまあ、良いのでしょうけどね。。。

まあでも、早期退職で割増金もらったら、お金持ちになるし、別に良いのでは??そのあと何も行く先がなければ、長距離トラックの運ちゃんになり、海沿いをゆったりと走りますね。もし俺だったらですけど。