AIで作った食品で糖尿病予防

世界初の生理活性ペプチドを組み込んだ食品を発売するかもしれない、ニュリタスの情報です。

「人工知能」と「DNAシークエンシング」

最新テクノロジーを組み合わせています。

うまくいけば、2020年にも生理活性ペプチドを組み込んだ糖尿病予防の食品が発売されるかもしれません。

予防医学の最先端です。

すでに、ネスレ、BASFとコラボしています。

CEOはノラ・カルディ博士。CEOに見えないですね。

 

カルディと言ってもコーヒーが売っているお店ではありません。

 

ノラ・ジョーンズもびっくりでっす。

AIで作った食品で糖尿病予防なんて、”Dont know why” と言っていることでしょう。

 

平野ノラもびっくりです。

AIで糖尿病予防できる食品できたら、儲かって”バブリー”と、言っていることでしょう。

 

 

 

 

ノラ・カルディ博士はアイルランド人の母とフランス人の父をもち、ダブリン大学トリニティ・カレッジで分子進化と生物情報工学を学び、博士号を取得したそうです。

 

 

その彼女の創業した会社、Nuritasのバックアップしている投資家がすごいです。

マーク・ベニオフ・・・・セールスフォース・ドットコム最高経営責任者

アリ・パルトビ・・・・起業家。フェイスブックのアドバイザー

ボノ・・・・U2

ジ・エッジ・・・・U2

ニュー・プロテイン・キャピタル・・・・シンガポールのキャピタル

 

 

Nuritasはわずか1年間で数百ものペプチドを発見し、特許を取得している。このうち血糖値の調整機能がある2つのペプチドは、糖尿病予防に役立てるため開発が進められている。

最大の難関は、実際に効果があるだけでなく、美味しく摂取できる分子を見つけることだ。また、食品に加える際にペプチドが上手く混ざるようにすることや、加熱しても問題ないかなどを確認する必要もある。

食品がもたらす健康効果について、消費者はますます敏感になりつつある。しかし、残念なことに、こうした意識の変化が彼らの食習慣を劇的に変えるとは限らない。だからこそ、慢性疾患と闘うためにはこうしたペプチドを含む食品が必要になってくるのだ。

ニュリタスが開発を進めているペプチド食品は、人々の健康に大きな効果をもたらすことになるだろう。

(https://forbesjapan.com/articles/detail/15272#)

 

 

ニュリタスの戦略は、なんとなく新しく見えます。どこかを買収するとか、どこかのシェアを奪うとかというよりも、コラボするというスタイルです。

 

まず、ネスレとのコラボです。

こちらのプレスリリースをみても、

Nestlé and Nuritas to Work Together on Discovery of Food-Derived Bioactive Peptides Through Artificial Intelligence

Nestlé and Nuritas to Work Together on Discovery of Food-Derived Bioactive Peptides Through Artificial Intelligence

なんか、「一緒にやろうよ!」みたいな雰囲気ですよね。会社のプレスリリースに見えません。

 

 

 

次は、BASFとのコラボです。こちらは、BASFサイドのプレスリリースですが、Nuritasに影響されたのか、波長が合ったのか、化学カンパニーだけに、化学反応してしまったのか、どうかわかりませんが、BASFまでが「Togetherしようぜ」みたいになっちゃってます。 ルー大柴もびっくり。

https://industries.basf.com/en/Omega-3/News-Events/News-Release/2017/BASF-and-Nuritas-to-Work-Together-on-Delivering-Next-Generation-Peptide-Ingredients-Through-Artificial-Intelligence.html

BASF and Nuritas™ to Work Together on Delivering Next Generation Peptide Ingredients Through Artificial Intelligence

 

 

 

すでに出願とか、こういう情報も出ていますよ。

https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2018523704

 

AIを使って抽出したペプチドの食品。そしてそれが血糖値を抑える。これが、ガチで市場に出てきたら、予防医学がますます盛り上がりますね。

 

 

ADHDとAI

落ち着きがない子供なんてそこら中に居ますよね。それが、何年前でしょうか?  ADHDという病気であることがわかりまして。ただ単に「落ち着きがない」が、病気になりました。まあ、それは良いことなのか悪いことなのか。治療法があって、それが改善される手段があるなら、良いことかもしれませんね。そして、確かにその改善される手段である医薬品も登場していますね。まあ、これも落ち着きがないで放って置かれた子供達にとっては良いことなのでしょうか。マーケットで見れば、落ち着きがなくて放って置かれた何万人の子供達に医薬品が出て、数百億円の市場が突然登場したことになるのでしょうか。

最近は、気づかなかったけど自分はADHDだった。。。みたいにカミングアウトする大人というか、有名人が出てきましたね。なんか、トレンドみたいにされても困ります。

最近の各報道によると、福井大学の先生がAIを使って、ADHDの子供の脳の特定の部位に特徴が現れることを解明したらしいですね。(https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/752917

ただし、5年前から福井大学の友田先生は研究をされておりましたね(https://www.u-fukui.ac.jp/wp/wp-content/uploads/tomoda.pdf)。それで、5年後の今、AIを駆使してさらなる成果が出たということなのでしょうか。

この特徴的なことを検査するのは、5分くらいでできるそうです。まさにGame Changerですね。

今回の解明により、脳の特定部位のMRI画像などから74~79%の精度で識別できると結論付けられたそうです。ADHDなのか否か、診断指標ができて、それができたら今度は治療指針に影響してくるのでしょうか。さらには、さらなる良薬の開発にも繋がりそうですね。

 

 

そのうちに、AIを駆使すれば、ギャンブルとか、タバコとか、酒とか、そういうaddictedな部分を司る部位がわかるようになるのでしょうか。

医者も、製薬会社も、ワトソンがやれば良いの?

日経新聞やその他メディアが「ワトソン=人工知能」であるという表現をしていることに関して、知ってか知らずか、IBMはそのまま放置しています。ただしIBMはワトソンをコグニティブシステムとか、コグニティブコンピューティングとして、人工知能という表現を自分からは使いません。良くある議論で、人工知能が人々の職業を奪うのではという問いかけに対して、IBMはあくまでも人工知能は人間が主体であり、人の生活を豊かにするためのものである、ということを強調しています。では実際にワトソンが様々な業界で取り入れられた後、どうなるのか?という素朴な疑問に対して、IBMは実際はわからないとしながら、ワークライフバランスの充実や、人の生活をどこまで豊かにしてくれるのか、楽しみであるという、なんというかエレガントな回答に終始しています。
医療現場では、すでにワトソンは活躍していて海外のみならず、国内においても東大の医科研で医師でもわからなかった患者の的確な診断に成功しているようです。IBMのみならず、自治医大では、人工知能ホワイトジャックの開発が進んでいます。
製薬業界ではテバとIBMが提携しました。喘息のような、というか喘息なのですが慢性疾患の予防に使えるようにするらしいです。喘息患者が発作を防ぐように、最適な処置を提供する仕組みを開発するようです。
http://www-03.ibm.com/press/jp/ja/pressrelease/50948.wss

29938464493_49be1caa10_n
ヘルスケア業界のみならず、IBMはゼネラルモーターズとは自動車向け情報提供サービス、今飛ぶ鳥を落とすかの勢いのアメリカのビジネス向けチャット、スラック(slack.com)とはネット開発技術を、オンライン教育が盛んなアメリカで展開する教育ベンチャーのユダシティ(udacity.com)とは教育事業を、ドイツのシーメンスとは画像診断、ドイツ自動車部品大手のシェフラーとはIoT、企業のみならず、フィンランド政府とは医師支援、スコットランドの金融、ロイヤルバンクオブスコットランドとは自動応答システムと、大きな動きだけでざっとこれだけ出てきます。

これらの報道全てに、IBMの人工知能という表現が出てきます。実際、人工知能はIBMだけでなく、各社現状しのぎを削って開発をしているところです。IBMは人工知能ではなくてコグニティブシステムというのであれば、そこは声高にメディアに対しても指摘しても良いのかと思ったりもするのですが、そこはトーンが低い気がします。物理的に、ひとつひとつの報道を指摘できないのか、またはIBM=人工知能と刷り込まれても、この競争には有利と判断しているのか、わかりません。

実際、IBMはこのワトソンで攻勢をかけているというか、社運をかけています。IBMのここ数年の業績は必ずしも良いとは言えませんでした。しかも数年前からクラウドに乗り遅れてしまったIBMが、ワトソンに起死回生を賭けているというのは、複数のメディアが指摘しています。

人工知能と医療は良いのですが、コンプライアンスなどの問題が出てきそうな気がします。すでに出ているのかもしれません。また、人工知能が仕事を奪うのではという危惧に関しては、私個人的には、奪われる仕事はあると思いますが、逆に未知の、今までになかった新しい仕事が増えると思っています。今までになかった、全く新しい仕事が、人の手によって行われることが必要になってくると思います。例えば、まあ、自動車の登場により、馬車は姿を消したかもしれませんが、自動車部品という、今までになかった新しい業界が誕生して、計り知れない雇用が生まれたと思います。e-mailが登場して、Faxなどは減ったと思いますが、コンピューターウィルスソフトの開発など、未知の業界が誕生して人が必要になりました。ワード、エクセルが誕生してワープロや印刷屋は減ったかもしれませんが、マニュアルや動画を作成する会社や、サービスが誕生しました。つまり、人工知能、ワトソンも急速に発展して、奪われる仕事もあるかと思いますが、今までに想像すらできなかった未知の仕事、業界が誕生することになるかと思っています。

医者も、製薬会社もワトソンに任せておけば、医者も製薬会社も要らないのでしょうか?

そうはならないと思います。むしろ、何らかの未知の仕事が増えると思います。もしも仕事が奪われると危惧されている方は、その未知の仕事が何か、常にアンテナを貼ってみてください。それもジョブセキュリティに繋がるかもしれません。